ホワイトデー用のおしゃれなカードを作るなら、無料のテンプレートや素材が豊富なCanvaがおすすめ。

ホワイトデーのカードを無料で簡単手作り

3月14日はホワイトデー。チョコレートのお返しに、メッセージカードを添えて日頃の感謝を伝えましょう。普段はなかなか言えないことでも、カードなら素直に伝えられます。無料テンプレートのなかから好みのデザインを選択したら、あとは画像や文章を入れ替えるだけ。デザイン知識がなくても簡単に作成できます。

おしゃれでかわいらしいものから会社で使えそうなシンプルなものまで、幅広いタイプのテンプレートが勢ぞろい。カードを渡す相手が職場の同僚や友人、恋人でも、それぞれにぴったりなものが見つかります。さっそくCanvaにアクセスして、ホワイトデーのカード作成を開始してみましょう。

5ステップでホワイトデーのカードが完成

  1. Canvaを開いて、カードのデザインタイプを開きます
  2. 豊富にそろったテンプレートから、好きなものを選択します
  3. 手持ちのロゴや素材をアップロードするか、100万点を超える素材集から好みのものを選びます
  4. 画像を加工したり、テキストを追加したりします
  5. 保存して共有しましょう

相手に合わせてテンプレートをアレンジ

  1. 画像を変更します。手持ちの画像をアップロードするか、100万点を超える写真、グラフィック、イラストをとりそろえたCanvaの素材集から選択します。
  2. フォントを変更します。130種類を超えるフォントから選択します。
  3. 背景を変更します。ライブラリーから背景を選択するか、画像を使用します。
  4. カラーを変更します。テキストボックスとテキストのカラーを変更して、自分らしくアレンジします。

ホワイトデーのお返しはギフトだけでは不十分?

ホワイトデーのお返しに用意したギフト――せっかくなら、ここにちょっとしたひと手間を加えてみては?ギフトにあなたの気持ちを伝える手作りカードを添えるだけで、贈る相手にうれしいサプライズを届けることができます。

付き合っている彼女には、愛情のこもった言葉を添えたおしゃれなカードを。普段お世話になっている同僚へは、日ごろの感謝をこめたカードを。幼稚園や小学校のお友達へは、「これからも仲良くしてね」の気持ちをこめた、明るくポップなカードを。

ホワイトデーのギフトを贈る相手は、女性だけとは限りません。気持ちのこもったチョコレートをくれた相手が喜んでくれるように、一人ひとりの顔を思い浮かべながら、素敵なホワイトデーカードを手作りで用意してみましょう。

おしゃれなカードがCanvaを使えば無料テンプレートや素材で作成可能

「カードを手作りしたくても、そんな時間がなかなかとれない」

「複数人にギフトを用意するので予算が限られている」

「デザインセンスに自信がないし、喜んでもらえるカードが作れるか分からない」

こんなあなたにおすすめしたいのが、Canvaを上手に活用する方法。Canvaには、無料で使えるテンプレートや素材が豊富に用意されています。デザインの知識がなくても、簡単におしゃれなカードを作ることができて、費用をかけずにすむことも。

すでに用意されている何種類ものテンプレートを自由にカスタマイズできるので、ギフトを贈りたい相手に合わせてカードを作ることができます。

また、デザインしたカードは、自宅やコンビニのプリンターで簡単に印刷できるのも、Canvaをおすすめするポイントです。

ホワイトデーのお礼の気持ちをこめて、デザインを自由にカスタマイズ

Canvaなら、テンプレートのカスタマイズが自由自在。豊富に用意されている無料テンプレートの中からお気に入りを選んで、どんどんカスタマイズしていきましょう。

テンプレートであらかじめ設定されている文章やフォント、カラーはもちろん、そこで用いられている写真やイラストなども簡単に取り替えることができます。

もともとのデザインがしっかりしているので、そこに自分なりのアレンジを加えるだけで、手作りだとは思えないような完成度でカードを仕上げることができます。

ちょっとしたカスタマイズで、ギフトを贈る相手にぴったりのカードを作れるのは、Canvaの大きなメリットです。

いつでもどこでも作業ができる

「仕事に忙殺される毎日で、カードの制作時間がとれない」

「子どものお友達用に複数枚のカードを作りたい」

こんな悩みをかかえた方にも、Canvaはおすすめ。CanvaはパソコンではWebブラウザで、スマホでは専用アプリで利用できます。同じアカウントでログインすることで、作成中のデザインも共有することができます。

 

例えば、自宅のカード作りはパソコンで、外出中にスマホアプリで仕上げを行うこともできるんです。ちょっとした空き時間やデザインのアイディアがひらめいたときに、スマートフォンを使ってサクッとデザインできるのでとても便利です。

いつもなら、暇つぶしのサイトを眺めているような移動中の隙間時間、家事と家事の間の数分を使って、どんどん作業していきましょう。「時間がない中でも、完成度が高いカードを作りたい」という人にも、Canvaはぴったりです。

付き合っている女性への愛情たっぷりのカード作りに

お付き合いしている女性からもらった、愛情たっぷりのチョコレート。チョコレートをもらったときの嬉しさ、喜び、そしてあなたから彼女への愛を、ホワイトデーギフトに添えるカードで伝えてください。

Canvaには、数百万を超える素材が用意されています。その中から、彼女との記念日を思い起こさせるような素材やイラストを選んでみたり、花言葉などを使って気持ちを伝えてみては?

さらにCanvaでは、二人の思い出がこもった写真を取り込み、カードの背景画像にすることもできます。こんな機能を使って、手作りのカードならではのうれしいサプライズをちりばめてみるのもおすすめです。

愛し合う二人の気持ちをさらに盛り上げてくれるようなカードを作って、彼女からとびきりの笑顔を引き出しましょう!

会社の同僚に日ごろの感謝をこめたカードを贈ろう

バレンタインデーに会社の同僚からもらったチョコレート。自分の業務を手伝ってくれたりアドバイスしてくれる同僚に、せっかくならホワイトデーを利用して、日ごろの感謝の気持ちを込めたカードを送ってみましょう。

会社の同僚に、感謝の気持ちを伝える機会はなかなかないもの。かといって「あまり重く受け取られるようなカードは避けたい」というのが本音かもしれません。ちょうどよい距離感を保ちながら、気軽に受け取ってもらえるカード作りも、Canvaなら簡単にできます。

Canvaに豊富に用意された素材やテンプレートの中から、ちょっとコミカルなイラストやおだやかな色彩のカードを選び、あなたなりの感謝を伝えていきましょう。

幼稚園や小学校のお友達へのカード作りも

子ども同士のバレンタイン事情は、少しさま変わりしています。好きな男の子にチョコレートをあげるだけでなく、仲のいい女の子同士でチョコレートを贈り合ったり、お友達全員にチョコを手作りするという女の子も多くなっているのだとか。

そんな中、子どもたちの間でのホワイトデーのお返しも多様化しており、数十人にホワイトデーのお返しをするという家庭もあるそうです。

お返し選び・お返し作りもさることながら、そこに添えるカード作りも、お母さんたちにとっては大仕事です。そこでおすすめなのが、大量のカード作りも簡単に行えるCanvaです。

子どもらしく、ポップで可愛いカードがデザインされたテンプレートがすでに用意されていて、お友達の名前を入れるのも簡単。大量にカードを用意するときも、自宅のプリンターやコンビニで簡単に印刷できます。

FAQ

Canvaを始めるにはどうしたらいいですか?

まずはwww.canva.com/ja_jp/にアクセスしてアカウントを作成してください。メールアドレスとパスワードを設定するか、FacebookまたはGoogle+のアカウントを使用してログインします。ログイン後はすぐにデザインを開始できます。

手持ちの画像をデザインに使用できますか?

はい、ご使用いただけます。ご自身の画像フォルダ内の画像以外にも、Facebookアカウントと連動させておけば、過去に投稿した写真を使って画像をホワイトデーのカードを作成できます。

オリジナルのフォントをデザインに使用できますか?

Canvaには無料で使えるフォントも数多く用意されていますが、オリジナルのフォントをアップロードしてデザインに使用することもできます。(※フォントのアップロードはCanva for Workユーザーのみの機能です。Canva for Workの詳細はコチラをご覧ください。https://about.canva.com/ja_jp/pricing/