Canvaなら、費用を抑えつつオリジナリティ溢れるゲストカードを手作りできます。

おしゃれなゲストカードを簡単手作り

結婚式当日、芳名帳に記入してもらう手間を省くのに便利なゲストカード・芳名カード。結婚式の招待状と一緒に送付しておけば、あらかじめ記入したものを持ってきてもらうだけなので受付時間を短縮できます。

Canvaなら、無料テンプレートの画像や文章を差し替えるだけであっという間にゲストカードのデザインが完成。色やフォントも自由にアレンジできるので、結婚式の招待状やそのほかのペーパーアイテムと統一感を持たせることもできます。さっそくCanvaを使って、おしゃれなゲストカードを作成してみましょう。

簡単な5ステップでゲストカードが完成

  1. ゲストカードを作成するには、Canvaにアクセスしてログインします
  2. 豊富にそろったテンプレートから、好きなものを選択します
  3. 手持ちのロゴや素材をアップロードするか、100万点を超える素材集から好みのものを選びます
  4. 画像を加工したり、テキストを追加したりします
  5. 保存して共有しましょう

テンプレートのカスタマイズも自由自在

  1. 画像を変更します。手持ちの画像をアップロードするか、100万点を超える写真、グラフィック、イラストをとりそろえたCanvaの素材集から選択します。
  2. フォントを変更します。130種類を超えるフォントから選択します。
  3. 背景を変更します。ライブラリーから背景を選択するか、画像を使用します。
  4. カラーを変更します。テキストボックスとテキストのカラーを変更して、自分らしくアレンジします。

ゲストカードにぴったりな素材が勢ぞろい

Canvaで用意されている素材は100万点以上。イラスト、フレーム、アイコン、ライン、写真など、幅広いタイプの素材が豊富にそろっています。キーワードで検索することができるので、お目当ての素材を見つけるのも簡単。素材のサイズ変更はもちろん、背景やフォントに合わせてカラーを変更することもできます。

イメージ通りのゲストカードを作成できます

テンプレートの画像や文章を差し替えるだけでゲストカードを作成できるCanva。アレンジできる自由度が高いので、どのテンプレートも思い通りにカスタマイズできます。ゲストの住所記入欄を消して名前欄だけにしたり、チェキを入れるスペースを付け加えたり、アイデアをデザインに反映させてオリジナルのゲストカードを作成してみましょう。

ゲストカードを高画質で印刷

ゲストカードのデザインが完成したらデータを保存してダウンロードしましょう。Canvaでは、用途に合わせてさまざまな形式をお選びいただけます。印刷の場合は、PDF(印刷)を選択してください。高画質なままデータを保存できるので、あとは自宅のプリンターで印刷することができ、仕上がりもきれいです。もちろん、プリントサービスに依頼することもできます。

FAQS

手持ちの画像をデザインに使いたいです。

可能です。自分で撮影した写真やオリジナルのイラストなど、手持ちの画像を使ってフォトカードをデザインすれば、よりオリジナリティ溢れるデザインが完成します。