企画書の表紙デザインは見やすくて分かりやすいものにして、相手にいい印象を与えましょう。

企画書の表紙を簡単作成

企画書を読む相手が最初に目にするページが「表紙」です。相手に「企画書を読みたい」と思わせるような見栄えになるように、表紙のデザインにも力を入れましょう。Canvaにはプロのデザイナーが作成したテンプレートが豊富に用意されています。企画書の内容にあったテンプレートを選んで、タイトル、日付、企画者名などの情報を入力するだけ。

また、背景に利用できる写真素材や、アイコンなどのイラスト素材も無料で多数揃っているので、インターネットで素材を探す必要はありません。

企画書の表紙を簡単作成

  1. Canvaを開いて、[プレゼンテーション]もしくは[プレゼンテーション(16:9)]を選択します
  2. 豊富にそろったテンプレートから、好きなものを選択します
  3. 手持ちのロゴや素材をアップロードするか、100万点を超える素材集から好みのものを選びます
  4. 画像を加工したり、テキストを追加したりします
  5. 保存して共有しましょう

企画内容にあわせて自由にカスタマイズ

  1. 画像を変更します。手持ちの画像をアップロードするか、100万点を超える写真、グラフィック、イラストをとりそろえたCanvaの素材集から選択します。
  2. フォントを変更します。130種類を超えるフォントから選択します。
  3. 背景を変更します。ライブラリーから背景を選択するか、画像を使用します。
  4. カラーを変更します。テキストボックスとテキストのカラーを変更して、自分らしくアレンジします。

デザインは何度でも編集、流用可能

同じ企画を別の会社に企画することになっても大丈夫。Canvaで作成したデザインはクラウド上に保存され、いつでも編集、何度でもダウンロードできます。作成した表紙のレイアウトはそのまま、色や文字を変えて流用できます。

プロジェクトの仲間と一緒に作成

Canvaなら、同僚やプロジェクトのメンバーと一緒に企画書の表紙を作成できます。表紙はネット上で共有できるので、メンバーと離れた場所にいても共同作業が可能です。

FAQ

Canvaにアクセスするにはどうすればよいですか?

無料アカウントを作成して今日からデザインを開始するには、www.canva.comにアクセスします。 Canvaの無料アプリをダウンロードすれば、iPadからもデザインを作成できます。

Canvaを利用するのにはどれくらい費用がかかりますか?

用意されているテンプレートはすべて無料で、何度でも使用できます。素材に関しても、豊富な無料画像からも選択できるほか、ストックライブラリーにある有料写真はすべてわずか1ドルでご利用いただけます。その他に、Canvaの使用にかかる費用はありません。

デザインスキルがまったくない場合はどうすればよいですか?

Canvaの操作はドラッグ&ドロップだけなので驚くほど簡単です。テンプレートや画像素材、イラスト素材も多く取りそろえているので、デザインの知識やスキルは必要ありません。