次のイベントでは、バッジをデザインして堂々と胸に飾りましょう。

初対面の相手に話しかけるとき、「こんにちは、私の名前は…」から会話を始めることはあまりないですよね。バッジも同じです。Canvaでオリジナリティあふれるカッコいいバッジをデザインして差をつけましょう。自己紹介用のバッジがあれば、イベントで自分を紹介する手間を省けます。

Canvaでは、豊富なレイアウトとテキストホルダーをとりそろえており、ニックネームを添えて、イベントにぴったりのバッジを作成できます。バッジはPDF形式でエクスポートして、印刷サービスに依頼することもできます。あいさつの代わりにバッジを使ってみませんか?

LP_バッジ_スクリーンショット

バッジをデザインして記念日のお祝いやブランドの宣伝を

イベントやコンテスト、誕生日パーティーの主催者にとって、バッジは自己紹介やお祝いを盛り上げるのに使える便利なアイテムです。印刷してピンで留めたり、友達グループで共有したりしましょう。

LP_バッジ_01
LP_バッジ_02

アイコンライブラリーからソーシャルメディアのアイコンを簡単に調達

検索可能なCanvaのストック写真ライブラリーには、さまざまなソーシャルメディアアイコンが事前に用意されているため、オリジナルのバッジデザインに簡単に追加できます。デザインのテイストに合わせてソーシャルメディアアイコンを編集すれば、ブランドイメージに合わせたり、明るいトーンで統一したりしてアレンジできます。

ロゴやカラーなどでバッジをブランド化

第一印象はバッジから始まります。次のイベントでは、ブランドイメージを追加して、ビジネスを魅力的にアピールしましょう。以前作成したCanvaデザインを開き、画像、カラー、フォントを調整すれば、イベントや展示会ですぐに使えるバッジが出来上がります。

LP_バッジ_03
LP_画像のトリミング_04

チャリティー用のバッジを作成

バッジは人から人へと広まっていく傾向があるため、イベント会場でブランド認知を高めるのに最適です。わかりやすく支援の意思を共有して示すことのできるようなバッジを作成して、地域のチャリティーや国際的な慈善活動についての言葉を広めましょう。

誰もがバッジを編集できるよう許可

他の人が自分のウェブサイト、出版物、店頭に合わせてデザインを編集できるようにすることで、バッジをさらに広めることができます。[共有] ボタンをクリックして、ボックスにチェックマークを入れるだけで、誰もがバッジの背景を変更したり、思い通りのデザインになるようカラーなどさまざまな要素をカスタマイズしたりできるようにします。Canvaはホスティングにも対応しています。

LP_バッジ_05