ブランドのインスタグラムフィードを洒脱にするための10の方法

Canvaはインスタグラムフィードもおしゃれにデザインできます!
Canvaでインスタグラムフィードをデザイン!

インスタグラムへの投稿をアカウント全体のフィードも含めてデザインしていくことは、今やマストであると言えます。

一体感を与えながら、それぞれの画像が表示されるようにすることで、より印象的なフィードを作成することができます。実際にフォローするという段階になったときには、フィードそのものが美しくデザインされているかということが、個々の投稿の編集と同じくらい重要なのです。しかし、見た目に面白く、かつ統一感のあるフィードを作成するというのは、難しいこともあるでしょう。どのようにして色を決めれば良いのか、グラフィックやフォントはどうすれば良いのかなど、考えるべきことはたくさんあります。そういった場合、Later(https://later.com/)やCanva Pro(https://about.canva.com/pro/)が役立つのです。

Canvaには、あなたのインスタグラムのフィードのブランディングを簡単にするためのツールが揃っています。美しいフォントのペア、すぐに使えるテンプレート、ブランドカラーのパレット。ブランドに即した個々の投稿を作成したら、Laterのようなフリーツールを用いてそれぞれの投稿をスケジュールで管理すると良いでしょう。

とはいえ、インスタグラムのフィードをブランディングしていくのは骨の折れる仕事で、適切なインスピレーションを得ることがとても重要になってきます。そこで以下では、その参考になるかもしれない10のブランドの例をご紹介しましょう。

01. メインのフィルターを見つける

Read our article: How to use photo filters to enhance your images

インスタグラムにおける投稿に統一感を持たせるための方法としては、用いるフィルターの種類を限定してそれだけを使うようにする、あるいはひとつのフィルターのタッチを他の写真にも適用するというような方法があります。例えばStaplesはこの方法を活用して、様々なオフィス文具を美しく表示しています。

Canvaのフィルター編集ツールを用いれば、あなたの美辞根雨にぴったりの共通テーマや共通した色を見つけることができるはずです。それによってフィードに統一感を持たせることもできるでしょう。画像の準備ができたら、Laterを使ってインスタグラムへの投稿スケジュールを設定しましょう。

02. ブランドカラーを設定してそれを使う

あなたのブランドと相性の良い色合いや色の種類を見つけ、それをメインで用いるようにするというのも、フィードに統一感を持たせる上では有効です。例えばDrybarは、そのブランドカラーである黄色をフィードの中に取り入れることによって統一感を持たせることに成功しています。

Canva Proでは、ブランドカラーに合わせたパレットやフォントを簡単に作成し、それによってブランドにとって統一感のある色合いを実現することができます。また、フィードについて様々なアイデアを試したい場合には、新しい色のパレットを作成すると良いでしょう。インスタグラムのユーザー生成コンテンツを活用すれば、フィードのコンテンツを増やし、ブランドのストーリーを伝えることもできます。

Canvaで人気のインスタ投稿テンプレート

ここで、Canvaを日本でご利用いただいている方たちが最も使っているインスタ投稿テンプレートのトップ10を紹介します。このテンプレートを使うだけで一瞬でオリジナルのインスタ投稿画像が作れます。

1位 - エレガントコラージュテンプレート

好きな写真をエレガントに演出できるインスタ投稿テンプレート

2位 - 白を基調としたビジネススクールテンプレート

イベントやセミナー告知に使えるインスタ投稿テンプレート

3位 - ブルーオーシャンテンプレート

ブルーオーシャンを背景に使った検索窓つきインスタ投稿テンプレート

4位 - グレーを基調としたアイキャッチテンプレート

ブログのアイキャッチ画像として使えるインスタ投稿テンプレート

5位 - 茶色を基調としたアイキャッチテンプレート

ブログのアイキャッチ画像として使えるインスタ投稿テンプレート

6位 - 線入りノートスタイルテンプレート

メッセージが書き込めるインスタ投稿テンプレート

7位 - ヨーロッパ街並みテンプレート

メッセージが書き込めるインスタ投稿テンプレート

8位 - ミニマリストテンプレート

ミニマリストなデザインが可愛いインスタ投稿テンプレート

9位 - ボーダー線入りシンプルテンプレート

メッセージが書き込めるインスタ投稿テンプレート

10位 - 水彩バックグラウンドテンプレート

桃色とグレーを基調とした水彩背景のインスタ投稿テンプレート

03. 大胆に色を使う

インスタグラムのフィードについてアイデアを考えるとき、ひとつの色に固執しなければいけないというわけではありません。いくつかのパターンのパレットを作成し、様々な色のスキームを試すこともできるのです。そうして様々な色を周期的に用いれば、統一感を与えながらクリエイティブさもアピールすることができるのです。

Kat Von D Beautyは様々な色を徐々にフィードの中に取り入れたことで、フィードを美しく飾っただけでなく、その色合いがグラデーションのように変化していく様をも表現しています。

この手法はKat Von D Beautyと特に相性の良いものでしたが、アート作品や凝った作りのお菓子、ライフスタイルブランドなどのアカウントも見習うべき点がある手法であると言えるでしょう。こうしたカラフルなフィードを作成する場合には、大胆に色を用いることが重要になります。Laterを用いれば、そうした色使いのグラデーションをより確実に作り出すことができるようにもなるでしょう。

04. 正しいフォントを使う

色や画像だけでなく、フォントも重要なポイントです。ただ、特別に美しいフォントを使う必要はありません。正しくイメージを伝えられるなら、最も基本的なフォントであっても画像を目立たせながらブランドとしての統一感を実現することができるのです。

その証拠としてTEDのアカウントを見てみると、楽しげで魅力的なフォントを活用し、TEDトークの内容を上手に引用しています。

Canvaのフォントツールを用いることで、こうした効果を簡単に再現することができます。ライブラリからフォントを選択して、色々と試してみましょう。このとき、フォントを2種類ペアとして組み合わせるとより動的なデザインになります。

05. イラストで画像にアクセントを加える

インスタグラムで元々使えるツールは充分素晴らしいものですが、時には自分で手を加えることで画像にプラスアルファをしなければいけないこともあります。例えばStarbucksは、綺麗なイラストやアートをフィードで活用しており、そうして画像の中にプラスされたイラストは時にアクセントとして機能して、写真そのものをより印象的なものにしているのです。

Canvaで自身の画像を編集するときには、無料(およびプレミアム)のイラストライブラリを自由に検索してそれを活用することができます。

Canva Proでは、アカウントにブランド画像をアップロードすることもでき、必要に応じてそのグラフィックにアクセスすることも可能です。

Canvaで人気のインスタストーリーテンプレート トップ10

ここで、Canvaを日本でご利用いただいている方たちが最も使っているインスタストーリーテンプレートのトップ10を紹介します。Canvaを使えば自分だけのかわいいインスタストーリーが簡単に作成できます。お気に入りのインスタストーリーテンプレートがありましたら、クリックすればすぐにCanvaで自分だけのおしゃれなインスタストーリーがデザインできます。

1位 - モノクロトーンのインスタストーリー

モノクロトーンで裂けた紙を使ったコラージュ風のインスタストーリー

2位 - ポラロイド写真風のかわいいインスタストーリー

グレー基調でシンプルなポラロイド写真風インスタストーリー

3位 - 2枚の写真コラージュを使ったモダンなインスタストーリー

2枚の写真コラージュを使ったモダンなイメージのインスタストーリー

4位 - 写真を3枚並べたミニマルなインスタストーリー

3枚の写真を並べたミニマルなInstagramのストーリー

5位 - ベージュを使ったかわいいインスタストーリー

はかなげなベージュを使ったかわいく優美なインスタストーリー

6位 - ミニマルなポラロイド写真インスタストーリー

ポラロイド写真を2枚使ったミニマルでモダンなインスタストーリー

7位 - 白背景の爽やかなインスタストーリー

見ているだけで旅に行きたくなる白背景の爽やかなインスタストーリー

8位 - パステルブルーのミニマルなインスタストーリー

パステルブルー背景で写真が映える涼しげで落ち着いた雰囲気のインスタストーリー

9位 - 映画フィルムのようなインスタストーリー

映画のワンシーンを集めたようなフィルムフレームのインスタストーリー

10位 - 英語版モノクロトーンのインスタストーリー

ランキング1位の英語バージョンインスタストーリー。Canvaはおしゃれかわいい英語フォントも豊富に使えます!

06. ブランドテンプレートを作成する

Click the image to read our article on building your visual brand

同種の画像を大量に投稿する場合、Canva Proでブランドテンプレートを作成してしまうのも良いでしょう。そうすることで、ちょっとしたヒントや引用などを投稿するときにも、画像作成がぐっと楽になります。例えばSephoraのアカウントでは、フィードにちょっとした格言やテキストを投稿するのに決まったテンプレートが用いられています。

このように、テンプレートを用いることで、様々な画像を簡単に編集して作成し、投稿することが可能になるのです。

07. ブランドイメージを統合する

インスタグラムにおけるビジュアルブランディングの核は、会社のロゴを投稿する画像に取り入れる際にクリエイティブに行う術を見つけるという点にあります。例えばTaco Bellは、上記の例のように、タコスの画像をその投稿の多くに取り入れています。

Click through for 50 brand templates you can use for free

このように、あなたのブランドにとってシンボル的なイメージ、あるいはロゴを活用してみることを考えてみましょう。Canva Proを用いることで、必要な画像やロゴを保存し、それを活用して画像を作成することでフィードをよりブランド的に統一感のあるものとすることもできます。インスタグラムに投稿する前に画像をCanvaにアップロードしてロゴを追加すればOKです。

ブランドロゴを画像に追加するというのはシンプルなアイデアに思われるかもしれませんが、そうすることによってあなたを見つけてもらいやすくなり、また覚えてもらいやすくもなります。更に、インスタグラム上やその他のSNSでその投稿がシェアされたときには、あなたのブランドがより広まることにもなるのです。

08. コラージュを試す

あなたが主催するイベントや開発中の製品の写真を載せたい場合、それをコラージュにしてフィードに掲載するのも面白い方法です。Canvaが提供する埋め込みフレームやグリッド機能を用いることで、ダイナミックなコラージュを作成し、フォロワーにもより覚えてもらいやすくなるでしょう。

コラージュの参考としてはConveseのアカウントが参考になるかもしれません。同アカウントは、商品をまとめて表示するためにコラージュを活用しており、見た目としても面白いフィードが完成しています。ただし、コラージュを作るときには『やり過ぎない』ように注意しましょう。できるだけシンプルに、より良い組み合わせの写真だけを選ぶようにするのです。

画像を重ねる場合もグリッドを活用してレイアウトする場合も、複数の商品を見せたい場合にはコラージュは有効な方法です。Canva Proのコラージュテンプレートを用いれば、こうした画像を簡単に作ることも可能です。

09. データをビジュアル化する

インスタグラムは美しい画像を広めるためだけのアプリではありません。例えばインフォグラフィックや統計など、シンプルな内容のあるデータを広めることもできるのです。例えばNFLは、ちょっとしたアクションシーンのショットと共に、ドラフトや選手のデータなどのインフォグラフィックをも共有しています。こうした投稿を作成するのもCanvaなら簡単ですし、それをハッシュタグを付けて拡散するともっと効果的です。

10. 動画のサムネイルにこだわる

Oreo's Instagram Page

インスタグラムに動画を投稿することで、何らかのプロセスを見せたり、新しく面白いコンテンツを作成したりすることもできます。そうした動画をプロらしく見せ、その上でフィード自体の美しさを保ちながら統一感を持たせるには、クリーンかつプロフェッショナルなサムネイルが必要になります。例えばOreoは動画の始まりをプロフェッショナルでクリーンなブランドイメージで統一することで、この効果を実現しています。

最後に

インスタグラムを用いたマーケティングを最大活用するには、Canva ProとLater(のスケジュール管理機能)を組み合わせて使いましょう。そうすることによって投稿作成を完全に管理しながら、フォロワーに見て欲しいときに適切な投稿を行うこともできるようになります。

インスタストーリー・インスタグラムの関連記事

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス