参考になるインパクトの強い履歴書50の実例

Canvaは豊富なテンプレートからインパクトの強い履歴書を簡単にデザインできます!
Canvaで履歴書をデザインする!
50 inspiring resume designs_featured image (edited)

履歴書を書くことは人生において一番重要なプロジェクトの一つであるはずです。

この履歴書によって就職の有無が決まり、新しい仕事分野への開拓を可能にし、第一印象を良くも悪くもします。履歴書を送るということはあなたの一部を送るようなものです。ですから、この機会を有効に活かすためにも履歴書はあなたを最高に表現したものであるようにしなくてはなりません。面接において、服装に気を使うのと同様に、履歴書にも洗練された一番良い印象を与えるようにすることが重要です。

以下の50の履歴書仕様の例は、硬いビジネスから超ユニークなものまで広範囲なスタイルを挙げてあり、これらの例を読み通すことによって、あなた自身の履歴書を更新する際の参考にしてもらえると思います。ここに挙げられた素晴らしい履歴書を参考にすれば、あなた自身の履歴書のデザインもやりやすくなるはずです。

クリックすると履歴書のテンプレートが確認できます。

01. 冒頭から工夫をする

Shed Labs による Loft Résumés のように、履歴書の冒頭に大胆な見出しを使うとあなたの名前に注意が注がれ、印象に残りやすくなります。あなたの名前の下に、応募者としての2、3のキーワードや簡単な概要を付け加えることもできます。

02. スペースを有効に区切る

チェス板スタイルのレイアウトにすると確実に印象の強い履歴書になり、それぞれの項目も独特のスペースを持つことになります。 Mikha Makhoul の履歴書の例に見られるように、簡潔な白黒色を基本色に使うことにより、視覚的に独特である一方で、プロ意識を損なわず、落ち着いた履歴書になります。

03. 浮き出るデザインにする

シャドウ(影)をうまく使うと、履歴書上の項目が浮き出て見え、実際に立体感のあるような錯覚を与えることができます。Errol Veloso によると彼の履歴書のデザインでは青色は彼の創造的な能力を、そして赤色は彼の分析能力を象徴しているのだということです。

04. 重要なことを強調する

形とフレームをうまく使うと強調することができます。例えば幾何学形(円、四角形、長方形など)やリボン、または実線や点線を使って、試行錯誤してみてください。Michael Long のように名前や役職をフレームで囲むとそれぞれが強調されます。

05. 自分にあった色使いをする

青色とミント系の色使いによる類似系色の図表を配置し、たくさんの情報をインフォグラフィックの様に視覚的に表現した Joseph Acena の履歴書は視覚的なテーマを持ち、統一感のある履歴書となっています。

06. 配置を逆にする

従来の縦型ではなく横型の形式にするだけで、履歴書はとても印象的なものになります。それに加えてこの Justin Schueler のようにバランスよく、詰め込みすぎないレイアウトにし、空白のスペースをうまく入れることができるのがこの横型デザインの特徴です。

07. 会話から始める

もし、少なくとも履歴書で冒険をしても良い分野の職業の場合、最近では息の詰まるようなビジネス語を脇に置いて、もっと履歴書で人間性を表に出そうとする傾向があるようです。David Elgena の例のように、見出し部に“こんにちは、初めまして。これは僕の簡単な自己紹介です”と会話調で始めることにより、実際に面会する前にあなたの応募を審査する人との個人的な交流を作り出すのを助けることができます。

08. 自分自身を銘柄化する

Kyle Robertson の履歴書ではカイルの名前をオリジナルの家紋で演出し、注目を引くように作成してあります。特徴のある個人銘柄や独自のスタイル(例えば個人のロゴやテーマ色、フォント選択など)を作ることにより、あなたのプロ意識をさらに輝かせることになります。(それとともに、あなたの能力を表現することにもなります)。

さらに、一旦自分自身を銘柄化すると、その“銘柄”はその後 レターヘッドや名刺やソーシャルメディアのプロフィールなど数多くの場面で 繰り返し使うことができます。

09. 濃淡を逆にする

典型的な履歴書を個性的に演出する例としては、Abdullah Al Mamun がしているように(通常と逆に)明るい色の文字を暗いバックグランドの色に書き込んでみることです。この様式を試してみる場合の注意としては、バックグランドの色に対してはっきりと読める重量感のあるフォントを選ぶことでしょう。

10. 基本に戻る

ここに示す Patrick Rogan の履歴書は、鮮やかな色彩を使い履歴書に載せる情報を基本的なもの(技能と職歴)のみに絞り込むことにより明確さを増しています。注目して欲しいのは、技能の欄でアイコンを用いることにより、簡素なスタイルの中で視覚的に強い印象を与えていることです。

11. 感触の違う紙質を使ってみる

履歴書を従来と異なった感触の紙に印刷すると、質感や創作性、あるいは豪華性を豊かにすることができます。もし白色以外の色が応募する職種に妥当でないと思われる場合には、白色かクリーム色で非常にプロ意識が高くかつ高級に見えるような感触を少し加えた紙を使ってみると良いでしょう。ここで例に取り上げてある S.N. Carter の履歴書はリサイクルあるいはクラフトスタイルの紙に印刷してあり、独自性のある手刷り風の印象を与えます。

12. 簡潔明快にする

独創性は妥当とはみなされない職業に応募する際には、常にシンプルで文章中心の履歴書を明確なフォントで書くことが安全策です。その例としてここでは Frank Schamhart の履歴書が取り上げられていますが、彼は最小限のアクセント色を使い、ごく小さな本人の顔写真を入れることにより、履歴書を少し個性的に仕上げています。

13. 技能をイラストレーション化する

もしあなたの追い求める職業が芸術系かその手の視覚的印象が基本の職種である場合には、ここに示すイラストレーター、Rianti Hidayat の履歴書のように縮小版の画集にしてみると良いでしょう。

14. 単位組み立て式にする

Bradley Brooks は履歴書をビジネスに徹したクラシックな白黒色で統一していますが、ブロック組み立て式のレイアウトと独自のロゴを使うことで独自性を引き出しています。

15. 絵にする

視覚に訴えるスタイルの履歴書は人気があり、上手に利用すれば大変効果的な印象を与えます。しかし、単なる美しい絵の収集になっては意味がありません。 Rachel Winter のように、使われる絵/図は一見であなたのことを表現し、文章を補足するものでなければなりません。

16. 個性的にする

もし容貌が重要な産業での仕事か、あるいは写真を履歴書に含むように指定されている仕事を探しているならば、それを最大限に利用するべきです。顔写真が最大限の注目を浴びるようにデザインしなくても良いですが、小さめの写真を使ったりここに示す、Egotype の履歴書の例のように、有色のスクリーンを上にかけたりして少し控えめに演出すると良いでしょう。

17. 印象的にする

履歴書を郵便で提出することがありますか?封筒を開けたときに受け手の印象に残るような履歴書にしたいならば、Amber Van Mieghem の例のように折りたたみ式で興味を引くような賢いデザインを参考にしてみてください。

18. モノグラムを使う

ごく一般的な仕様の履歴書をもう少し個性的にしたいと思いませんか?Bill Mawhinney の履歴書の例に見られるように、イニシャルをモノグラム(組み合わせ文字)にして見てはどうでしょうか。これによって、仕様は厳格なビジネス仕様のままでありながら、少しスタイリッシュになります。さらに同じモノグラムをカバーレターに使用すると、応募書類全体が洗練された感じになります。

19. 変わった形にする

履歴書作成をするにあたって、個性的に創作する余裕があるならば、John Mujica の円形の履歴書のように、お決まりの長方形ではない形に作成すると絶対に注目されます。このように通常でない形の履歴書を作成する際には、すべての文章が明確に読めるように気をつけてください。

20. 名前をハイライトする

あなたの名前は世界で唯一のものです。だからその(貴重な)名前を印象的にするべきです。もし、名前そのものがユニークであれば、ハイライトすべきです。あるいは Fredrik Andresen の例のように、大きく、太字にするべきです。雇用責任者の目に真っ先に留まること間違いなしです。

21. フォントの選択を注意深くする

フォントの選択によって履歴書全体の見え方がかなり変わります。例えば、 Louis Omari の履歴書のように丸型で縁が柔らかい感じのフォントを使うと鋭いセリフフォントを使ったものと比べると、さりげなく親近感が湧きます。

22. スマートフォン閲覧が可能にする

あなたの特殊技能を出先で披露しなければならない状況にあったことがありますか?ここの例の Julien Renvoye のように履歴書をインターネットに登録し、スマホ器閲覧可能にしておけば便利です。また、履歴書を個人のウェブサイトに挿入しておいたり、LinkedInのようなネットワーキングのサイトに公開しておくこともできます。

23. 段落ごとに変えてみる

履歴書の段落ごとに色紙様の色や線を使うと、見栄えの良い構成になり、履歴書全体が視覚的に読みやすくなります。Beautiful Resumes の例では鮮やかな色を使っていますが、より落ち着いた色使いでも同等な効果が得られます。

24. グラフを取り入れる

もし履歴書上にグラフを視覚的に取り入れたいならば、この Martin Suster の例に見られるようにあなたの技能や経験、さらにバックグランドを提示する種々のグラフを効果的に使うことができます。

25. 組織的に統一する

Anton Yermolov が履歴書を3列カラム立てでレイアウトしているように、きちんと構成された履歴書はそこに載せられた情報を項目ごとに簡潔、明確に提示し、必要な情報をすべて系列立てて見せることができます。

26. サイドバーを利用する

サイドバーを履歴書に入れると強調したい情報を印象づけることができます。Ola Hamdy の例では色付きのサイドバーを使い、彼女の個人的な情報と連絡先をここに示し、その他の学歴や職歴に関する情報と分けています。

27. 創作的にする

Gershom Charig の履歴書は、文章が多いにもかかわらず、2色使いの構成と創造的に寄せ集め式に言葉を表示し、彼の技能と経験をすっきりとかつ強調した出来上がりになっています。

28. 創作的にする: その 2

言葉を寄せ集めて表示することによって、上記と似たような機能を発揮しているのが Silviu Schiau の履歴書です。彼の多様な熟練技能、例えばマネージメントやデザインなどを色々なサイズの円で囲むことにより演出しています。円のサイズは経験の数に比例していて、これは職種適応性を表現する新鮮な方法と言えます。

29. さらなる検索を誘う

これはあなたの履歴書を見た人が、さらにあなたについて検索をしたくなるように誘発するものです。あなた自身のウェブサイトのリンクやポートフォリオ(あるいはここの例の Krysten Newby のようにQRコード)を簡単なアクセス機能として載せることができます。

30. 多少大げさに表現する

あなたの職歴中、ロゴで一目にわかるような大手企業で仕事をした経験があるならば、履歴書上にそれらを表示するのも一つの方法です。Tamás Léb の履歴書のように過去に仕事をした大手企業のロゴを載せる欄を設けることで一目瞭然に興味を惹かれます。

31. テーマを選ぶ

創作的な履歴書を作るには、まず最初にテーマを決めると、それに従ったデザインを選択でき、さらに独創的に情報を載せる方法を決めることができます。Peter Kisteman は研究室をテーマとし、これを基に視覚的に表現をし、彼の芸術的バックグランドを化学実験的なテーマで表現しています。

32. 織り込む

履歴書をホールダーかその種の書類挟みに入れるとあなたの経験や業績などを披露するスペースがよりたくさんできます。その上ホールダーから取り出すという追加の作業自体、 S1M の例のように印象的なものとなります。タイムラインを縦で表記することで、キャリアを視覚的に伝えることができます。

33. アクセント色を使う

この典型的な黒、白、灰色を使ったBrice Séraphinの履歴書はアクセントとして水色を使うことによってとても魅力的な仕上がりになっています。この仕様はどのような色を使っても良いですが、(応募する職種によってはアクセント色を抑え気味にしたほうが良いかもしれないですが)鮮やかな色彩を使うと特にインパクトが強いです。

34. シンプルに徹する

Adam Rozmus の例は上記のアクセント色を使った履歴書のもう一つの良い例でありますが、この履歴書で注目したいのはデザインを明確かつシンプルに徹することでそれ以上の装飾をしなくても非常に良い印象を与える履歴書となっていることです。

35. パッケージ(セット)にする

競争が激しい職に応募する場合、履歴書のセットを作ると1ページに限られた履歴書に比べ、あなたの技能や個人ブランドを作る能力などを含め、情報をよりたくさん表示するスペースができます。Sabraé Precure は独特な色使いとイラストを駆使し、その他大勢の応募から匹出ることに成功しています。

36. 幾つかのスタイルを合わせて使う

Gabriel Valdivia の履歴書は典型的な履歴書形式(典型的な職種、職歴、簡単な説明)と挿絵を組み合わせることにより、より個性的に仕上げています。

37. 賢く表現する

Alison Root は紙を切り込んだようなデザインの履歴書を作ることにより、普通は切ることがない履歴書を新しい見せ方で表現しました。慣習にとらわれない独創的な考えができることを賢く表現しています。

38. くっきり太字で

Rahul Chakraborty の例では、太字と鮮やかな色をうまく組み合わせて演出することにより印象の強い履歴書にし、受け取り手の興味を引くようにしています。

39. 笑いを誘う

状況によっては履歴書にあなたのユーモア性を表現しても良い時があります 。これによってより親近感をもたらすことができるからです。Nick Iannuccilli の例では、彼の難しい苗字のために、発音ガイドを挿入するというユーモアを織り込んでいます。

40. フレームで囲む

Evelien Callens の例のように履歴書の外枠を飾ると、履歴書を少し華やかにし、一方で、プロ意識を損ないません。

41. 折衷し調和させる

ここで紹介する例は、典型的なスタイルと創作的なスタイルがうまく組み合わされた例です。ほぼ典型的なレイアウトに2色使いを行い、控え目ながら適所にグラフィックを配置してあります。Dan Hernandez は履歴書と同じスタイルをカバーレターにも使っており統一感を出しており、この例ように応募書類が複数の書類で提出する場合に大変有効です。

42. 注目を得る

場合によっては注目を得るために、思い切ったことをした方が良い場合があります。こイラストレーターの Lucia Paul は履歴書を手書きにし、彼女の職業適合性を示し、かつ彼女の技能を披露し、他の応募書類から一歩出て見えます。

43. 大きく出るか埋もれてしまうか

大きく太いフォントの文字を使い、コントラストの強い色使いの図を挿入し、全体的に調整のとれた演出をすると、ここの João Andrade の履歴書のように確実に受け取り手の注目を受けます。

44. 要点を押さえる

ダラダラと長い業務説明を省くことも大事です。Gianina Santiago のように単刀直入に必須最低限事項のみでありながら、彼女の背景も含め、彼女についてもっと知りたいと思わせるのに十分な情報が載せることがコツです。

45. 最低限に抑える

サンセリフ活字体を用い、比較的文体を少なめにし、空きスペースを多めにとってすっきりと仕上げた Maxat Malbekov の履歴書は見た目も良く仕上がっています。履歴書に載せる情報を最も重要な情報だけに絞り込むことに成功すれば良い仕上がりになること間違いなしです。

46. 情報満載にする

もし、たくさんの情報を履歴書1ページに詰め込まなくてはならない場合には、Halle Rasco の例を参考にデザインしてみると良いでしょう。彼は読みやすいフォントを使い、それぞれの項目ごとに明確な見出しを使っています。

47. 保守的に

履歴書であまりチャレンジができない場合には、ここの ResumeBaker の例のように、2カラム仕立てでビジネス様の青みがかった灰色をアクセント色として使うと、典型的な履歴書を引き立てることができます。

48. 自分らしく

Syril Bobadilla のイラストは滑稽で子供になじみやすく、彼女の履歴書はそれを反映したものです。彼女は履歴書とマッチしたデザインの名刺も作成し、個人ブランドを作り上げていることにも注目してください。

たとえあなたの職種の分野は芸術系のような創造的な表現を許されない分野であったとしても、フォントの選び方やアクセント色を使うことにより、抑えた表現で個性を出すことはできます。

49. レイアウトを色々試してみる

履歴書は必ずしも左から右、上から下の順に読まなくてはいけないものではありません。ここの例である Milena Filipova の履歴書のように、レイアウトを色々試してみて、限られた空間を、一番見栄えがよく、興味を引かれるように工夫するべきです。

50. グリッド(格子)を使う

Orlando Silvaの例のように、格子を使うことによって履歴書を組織だてて構成し、読み易くすることができます。できるならばあなたの作品集の一部も履歴書に挿入してみてください。(そうすることで最初に手に取ったと同時にあなたの技能が伝わります。)

これまでに上げてきた例からわかるように、履歴書を作成するには色々なデザイン方法があります。しかし、いかなるスタイルや形式を選んでも、共通して注意しなければならない点が幾つかあります:

  • 文章(文字)がはっきりと読めること
  • それぞれの職種に適したスタイルであること(もし確信がなければ、安全対策として保守的なデザインにすること)
  • 正確かつ最新の情報を載せてあること
  • 綴りや文法の誤りがないことそれではここからはあなた自身の番です。これらのテクニックを駆使して自分の履歴書を作ってください!

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス