ブックカバーを手作りするコツ・デザイン事例・作成手順まとめ

ブックカバーを手作りするコツ・デザイン事例・作成手順まとめ

読書好きで本にも愛着を持つ方は、ブックカバーを手作りしてみませんか?好きな素材とデザインで、お気に入りの本をドレスアップするのもいいですし、本好きな方へのプレゼントにもおすすめです。

この記事では、ブックカバーに使う素材の選び方と、基本的な作り方を説明します。最後に、Canvaのデザインテンプレートの中から、おすすめのブックカバーをいくつか紹介しますので、ブックカバーデザインの参考にしてくださいね。

ブックカバーの素材選び

190920Canva141_Canva---3-tier-of-Books

ブックカバーにはさまざまな素材が使われます。素材ごとに長所と短所がありますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

オリジナルデザインを楽しめる紙

ブックカバーとしておなじみの「紙」。書店で購入時にオリジナルのブックカバーを付けてもらうことも多いのでおなじみですね。紙のブックカバーなら、好きにデザインできてオリジナリティーの高いものが作れます。本の形状を計算してデザインを考えるのも楽しいでしょう。

紙素材の短所は、水に弱く破れやすい点です。ただ、紙カバーの上からさらにクリアファイルなど汚れに強くデザインが楽しめる素材を被せるようにすれば、欠点を補うことができます。

防水仕様ならクリアファイル

柔らかなプラスチック製のクリアファイルも、簡単にブックカバーにリメイクできます。クリアファイルを使ったブックカバーは、防水・防汚に優れ、クリアファイルの模様を楽しむこともできる点が大きなメリットです。

料理のレシピ本や旅行のときに持っていくガイドブックなど、利用時に水や汚れなどが付きそうであれば、クリアファイルのブックカバーは重宝します。また、透明のクリアファイルは、お気に入りの紙製ブックカバーを保護するために利用するのにも適しています。

ただし、クリアファイルのブックカバーは、折り目にカッターで切れ目を入れて作るため、工作が苦手な人には作りづらいかもしれません。

模様の切り取り方で楽しむ布

布製のブックカバーは、本1冊1冊に被せるというより、持ち歩くときに使う人が多いのではないでしょうか。自分の好きな模様の入った布のブックカバーは、それだけでもお気に入りになりそうです。手触りの良さや模様の出し方でオリジナリティーを出せる点もメリットと言えます。

デメリットは、手作りするのに少し手間がかかるという点です。カバーの端の処理をミシンや手縫いにする場合は手間がかかります。

高級感のある素材なら革

高級感のある革を使ったブックカバーもおすすめです。文庫本でもハードカバーの本のような重厚感が生まれ、使い込むほどに革がなじんでいきます。今回取り上げた素材の中では、加工にもっとも手間がかかりますが、長く愛用するブックカバーが欲しい場合は、思い切って革を選ぶのもおしゃれです。

ブックカバーの基本的な作り方

ブックカバーの基本的な作り方

ここでは、ブックカバーの具体的な作り方を紹介します。 基本の作り方を説明した後は、革を使った本格的なブックカバーの作り方についても紹介しますね。

革を使った本格的なブックカバーの作り方

革を使った本格的なブックカバーは、少々手間がかかりますが長く愛用でき、愛着のわく逸品になります。

作り方の手順をご紹介しますので、革の扱いなど専門的な部分は調べながら作業を進めてください。

  1. 本のサイズに合わせて革を裁断します。文庫本なら高さ17cmで幅は24cmぐらいが目安です。表紙を挟み込む革を確保するために、高さ17cmで幅5cmぐらいを2枚分裁断します。
  2. 革の毛羽立った面を「床面」と言いますが、床面に床面処理剤を広げ、ガラスで磨いてならします。
  3. 革の切れ端のことを「コバ」と言いますが、コバ処理剤を切れ端につけて、割りばしなどで磨きます。
  4. コバ処理が終わったら、折り返し部分を本体の左右に貼り合わせます。後から本の表紙を差し込むので、あまり接着剤が内部で広がらないよう注意しましょう。
  5. 接着剤が乾いたら、キリなどで貼り合わせた部分の端に穴をあけていきます。
  6. 麻ひもと針を使って、折り返し部分を固定するように縫い付けて完成です!

Canvaのブックカバーテンプレートの紹介

Canvaのブックカバーテンプレートの紹介

最後に、Canvaで提供しているブックカバーテンプレートの中から、おしゃれなものやビジネス向けにおすすめしたいデザインをご紹介します。興味のあるデザインがあったら、ぜひ使ってみてくださいね。

おしゃれなブックカバー

ファンタジー小説の表紙のような、端正なイラストのブックカバー。文字はもちろん好きなように編集できるので、本のタイトルを入れてもいいですね。

落ち着いたシックなイメージのブックカバー。野菜が手描きタッチで描かれています。このイラストをそのまま使うなら、料理のレシピ本などに使ってもいいですね。

ビジネス書向きのブックカバー

キャッチコピーが印象的なブックカバー。ブルーベースなので爽やかですが、メリハリのあるデザインです。

こちらはレッドで派手な印象ですが、ビジネス書と分かりやすいデザインです。ハウツー関連の本にも使えそうなデザインとしておすすめします。

写真を使ったブックカバー

写真を使ったブックカバーは、写真をどのように見せるかがポイントです。このデザインテンプレートは、折り返される部分に文字が印刷されていて、カバーの表の面はすべて写真が見えるようになっています。

旅行記などにおすすめのブックカバー。片面は写真がメイン、もう片面は文字がよく見えるデザインです。

気軽に紙のブックカバーを作るなら、無料のデザインテンプレートが豊富なCanvaをぜひ一度使ってみてくださいね。

ブックカバーのデザイン、作成方法についてより詳しいことは「オリジナルデザインの表紙を無料で簡単に作成できます - Canva」をご覧ください。」

デザイン作成の切り札