効果的なイラスト入り名刺作成のコツと無料素材サイト・ アプリ活用術

Canvaは豊富なイラスト素材で効果的な名刺が簡単に作成できます!
今すぐCanvaで名刺をデザインする!
効果的なイラスト入り名刺作成のコツと無料素材サイト・ アプリ活用術

人の顔ともいわれる名刺。

店舗を運営したりフリーランスとして活躍したりしている方にとって、名刺は活動内容を知ってもらうために欠かせない存在です。

そのため、組織に属して働いている会社員とは異なるアプローチの名刺が多く見られます。 名刺にイラストを載せるのも、その一環です。

展開するサービスや得意分野に関連したイラストを載せれば、名前とスキルをセットで覚えてもらいやすくなります。

ここでは、イラスト入りの名刺を手軽に作成するための方法を紹介します。

フリー素材の探し方と合わせて名刺作成用のソフト・アプリについて解説。 読み終えた後すぐに、イラスト入りの名刺を作れるようになっています。

1. イラスト入りの名刺はインパクト大

一般的な名刺は氏名や企業名、連絡先などが記載されたシンプルなデザインが多くを占めます。 文字情報だけの名刺は洗練されていますが、相手に与える情報が限られています。整った印象はありますが、画一的な印象を与えてしまうのは否めません。

その中で、イラスト入りの名刺は受け取った相手に強く印象づけることができるでしょう。 全体のデザインや雰囲気が破綻しないようにイラストを入れることで、インパクトのある名刺が完成します。

1−1. イラストで仕事内容をイメージしやすくなる

イラスト入りの名刺には、仕事内容や事業内容を受け取った相手にスムーズに理解してもらいやすくなる特徴があります。

文字だけで構成するよりも、イラストのほうがスキルを可視化しやすいメリットがあるのです。 以下は、3つの仕事内容とイラストの関連性の例です。

イラストレーターの仕事内容 自作のイラストを載せるだけで、絵に関する仕事をしていることがわかります。

フリーランスの仕事内容 似顔絵のイラストを使用することで、顔と名前を覚えてもらいやすくなる効果が期待できます。

飲食店の仕事内容 提供しているメニューのイラストを乗せれば、店名と合わせて印象に残りやすくなります。

クライアントや取引先にアピールする意味でも、初見で強い印象を与えられるイラスト入りの名刺は、フリーランスや経営者にとって有効なツールであるといえます。

特に初対面の相手にスキルを認識してもらうには、文字だけで構成された名刺よりも、イラストで構成された名刺の方が効果を発揮するケースがあります。

2. 名刺のイラスト選びのポイント3つ

名刺のアクセントになるイラストは、見せ方を工夫することで非常に強い印象を与えられます。 しかし、印象深いからこそ、イラスト選びは慎重に行いたいものです。

次の3つのポイントを軸に、名刺に合わせたイラストを選ぶコツと活用法を把握できます。

  • 仕事内容を伝えたい場合はイメージしやすいイラストにする
  • 趣味を伝えたい場合は好きなもののイラストにする
  • 自分でイラストを描ける人はポートフォリオとして活用する

2−1. 仕事内容を伝えたい場合はイメージしやすいイラストにする

名刺に仕事内容に関係したイラストを入れることで、受け取る側はイメージしやすくなります。

生花を扱う店舗の場合は花のイラストを載せることで、店舗名とセットで業態を覚えてもらいやすくなります。

会社や店舗のイメージキャラクターなどがあれば、全体のバランスを意識して載せることで、印象深くできます。

文字だけの名刺よりも堅苦しさが薄れ、親しみやすい印象を与えられるでしょう。

しかし、明らかに仕事や経営する会社・店舗と結びつかないイラストを載せるのは、あまり効果的とはいえません。会社名や肩書きとイラストの内容に乖離があると、何の仕事をしているのかが伝わりにくくなってしまうからです

また、イラストが主張しすぎて派手すぎる場合は、乱雑な印象を与えかねません。

イラストをメインに据えながらも、余白を活かしたりワンポイントのアクセントとして使ったりするなど、見せ方を工夫してみるのが効果的です。

2−2. 趣味を伝えたい場合は好きなもののイラストにする

名刺の用途はビジネスだけではありません。趣味の活動の場で顔と名前を覚えてもらうのにも役立ちます。

動物を飼っている方はペットのイラストを、旅行が好きな方は景色のイラストを入れることで、名前と同時に趣味の活動内容をアピールできます。

ペットのイラスト入り名刺は、ドッグカフェやドッグランなどの交流の場で配布する機会があります。 ペットのシルエットや足型のイラストは名刺のアクセントになるでしょう。

ワンポイントアドバイス イラスト入りの名刺を自作してみたいとお考えの方には、Microsoftから展開されている「PowerPoint」の利用がおすすめです。

高いデザイン性を持ちながら、直感的な操作だけで作成できるのがポイント。 任意のイラストを読み込んで配置できるので、イメージに近いデザインの名刺作りが可能です。

2−3. 自分でイラストを描ける人はポートフォリオとして活用する

デザインやイラストの仕事をしていたり、趣味にしている方の場合は、名刺をコンパクトなポートフォリオとして活用できます。

文字情報だけの名刺にイラストを添えることで、クライアントやファンの方にどんな作風かを理解してもらいやすくなるでしょう。

表面のデザインは、名前や肩書きなどのシンプルな情報のみにし、作風をイメージさせるロゴマークなどを載せるのがポイントです。作品を集めたポートフォリオサイトのURLやSNSのIDを載せることで、他の作作品集への導線を作れます。

裏面には得意とするイラストを一面に表示することで、画力や作風をアピールできます。

ワンポイントアドバイス イラストを得意とする方は、Adobeの「Illustrator」を使って名刺を作成するのがおすすめです。 イラスト作成に多く使われているAdobeの「Photoshop」との互換性も高く、Illustratorで名刺のフォーマットを作成しましょう。

3. クオリティの高い無料イラスト素材サイト

イラスト入りの名刺を作成しようと思っても、「自分では人に見せられるような立派な絵は描けない」とお思いの方も多いのではないでしょうか。

その場合は、インターネット上で配布されている、無料のイラスト素材を利用するのが効果的です。 無料のイラスト素材を集めたウェブサイトから、好みのイラストをダンロードして名刺作成に活かしましょう。

ここからは、無料のイラスト素材を提供しているサイトを紹介します。

3−1. 素材Good【会員登録不要で利用できる】

豊富なイラスト素材が揃っている「素材Good」では、名刺用のイラストが多く用意されています。 名刺のデザインもビジネス、プライベート、和風、インパクトなど、ジャンルごとに別れていて探しやすくなっています。

気に入った名刺のイラストは背景が透明になっているPNG形式の画像ファイルか、Illustratorで編集できるAI形式でダウンロード可能です。

素材Goodは会員登録が不要であり、各種素材も探しやすいサイトデザインとなっているので、はじめて利用する方におすすめのサイトといえます。

素材Goodの特徴

  • イラストがジャンルごとに別れていて選びやすい
  • データの保存形式を複数から選べる
  • 会員登録が不要

素材Goodの利用が向いている方:素材をジャンルごとに探したい方

3−2. イラストAC【クリエイターの個性が光る素材が集まる】

約130万点のフリー素材や画像が集まる「イラストAC」。 会員登録すれば名刺用のイラストをダウンロードできます。 ダウンロードの際には、イラストを作成したクリエイターにコメントをしましょう。

作成したクリエイターに関連した他のイラストも合わせて確認できるため、気になるタッチのイラストを見つけやすいのがポイントです。名刺のイメージに近いイラストが早期に見つかるでしょう。

ダウンロードしたイラストはPNGやJPG、IllustratorAI形式で保存できます。

イラストACの特徴

  • 異なる作風のイラストを見つけやすい
  • クリエイターに関連するイラストを確認できる
  • データの保存形式を複数から選べる

イラストACの利用が向いている方:方向性の異なるイラストを見比べて採用したい方

3−3. フレームデザイン【おしゃれなパーツ素材が揃う】

名刺のアクセントとして使える飾り枠の素材が揃っている「Frame Design」。 アイコンは表面のアクセントに使え、代わり枠で名刺を囲うことで上品なデザインに仕上がります。

素材はパーツごとに色味や形を変えたり、テキストを入力したりできるなど、好みに合わせた自由度の高い編集が可能になっています。

素材はすべて無料で利用でき、20個を超えて利用する場合には、twitterで紹介するなどの条件を満たしましょう。

編集したイラスト素材は、PNGやJPG、IllustratorAI形式で保存可能です。

Frame Designの特徴

  • 上品なイラストが豊富に揃っている
  • 汎用性の高いアイコンが多い
  • データの色味やサイズをダウンロード前に変更できる

Frame Designの利用が向いている方:おしゃれなイラストを探している方

3−4. シルエットデザイン【素材の色味を変更できる】

名刺や資料などの作成に使える、シルエット系のパーツが集まる「シルエットデザイン」。 人物や植物、食べ物など豊富なシルエットが揃っています。

例えばいちごの素材は4種類あり、黒一色と赤いものがあります。 素材はFrame Designと同様にサイズや色味を変えられるので、名刺に載せる際のイメージに合わせた編集を行ってから、画像をダウンロードできます。

画像編集用のソフトを持っていない方は、サイト上で画像のイメージを作り込めるのでおすすめです。 素材はPNGやJPG、IllustratorAI形式で保存できます。

シルエットデザインの特徴

  • 影絵のイラストが豊富に揃っている
  • 職業や食べ物に関連したアイコンが多い
  • データの色味やサイズをダウンロード前に変更できる

シルエットデザインの利用が向いている方:シンプルなイラストを探している方

4. 無料アプリCanvaを使ったイラスト名刺の作り方

イラスト素材を入手する手段は整いました。次は、名刺の作成です。 名刺作りには特別なソフトは必要ありません。先述のPowerPointやIllustratorの他、「Canva」という無料のアプリを活用して名刺を簡単に自作できます。

50,000種類以上のビジネスカードのテンプレートがあり、イラストが入ったデザインもあるため、手軽に加工して使うことができます。デザインのスキルがなくても完成度の高い名刺作成が可能です。

ここからは、Canvaを使用したイラスト入り名刺の作り方を紹介します。

1.テンプレートの選択

Canvaを立ち上げ、ホーム画面から「名刺」のテンプレートを選択。 表示されたテンプレートから好みのデザインを選びます。

今回は、ムービーカメラのイラストがデザインされたテンプレートを選択しました。

2.イラストの細部を調整する

テンプレートのイラストを活用する方法を紹介します。 イラストの部分を選択すれば、サイズや角度の調整ができます。名刺のデザインに合わせて適切な大きさに調節しましょう。

3.イラストのカラーを変更する

イラストはパーツごとに色味を変更できます。 ムービーカメラのイラストは、本体部分とフィルムの部分が異なるパーツになっているため、別々に色を調節できます。

4.他のイラストを選んで挿入する

左側の「素材」を選択すれば、植物や動物などのイラスト素材を利用できます。今回は猫のイラストを選択し、デザイン上に表示しました。

上記の流れでイラスト入りの名刺を手軽に作成可能です。

4−1. 豊富なイラスト素材を利用可能

Canvaはシンプルなものからインパクトのあるものまで、多彩な名刺のデザインに対応しています。イラストを効果的使ったデザインの名刺も簡単に作れます。

写真の選択画面から「イラスト」と検索すれば、クオリティの高いイラスト素材を利用できます。

また、素材の選択画面にはスタンプ型のイラスト素材が揃っています。 グラデーション、Bold Foilage、Zodiac Symbols、Simple Drawn Objects、Sketchy Flowers、Handdrawn Animalsなどのジャンルから、複数のイラスト素材を利用可能です。

また、Canva Proという有料版を利用すれば、より多くのイラスト素材を利用できるようになります。 オリジナリティのある名刺作りのために、より独自性の高いイラストを入手するのも方法の一つといえるでしょう。

4−2. 自作のイラストも利用できる

Canvaでは、素材として用意されているイラスト以外にも、自作のものやダウンロードした無料素材をアップロードして利用できます。パソコンやスマートフォンに保存してあるイラストをそのまま読み込んで使えるので便利です。

イラストの作成スキルがある方は、名刺の基本的なレイアウトやデザインを作成し、自作のイラストを添えることで、Canvaだけでクオリティの高いイラスト入り名刺を完成させられるでしょう。

4−3. 作成したデータを共有できる

Canvaでは作成した名刺データを、他のユーザーと共有できます。一度作成したデータを友人に見てもらい、意見をもらいつつその場で修正してもらうことも可能です。

他のユーザーに名刺のデザイン部分のみ作成してもらい、自分でイラストを添えて完成させる、という連携もできます。

4−4. 作成した名刺を印刷できる

Canvaで作成した名刺のデータは簡単に印刷できます。 方法は2つあり、1つは画像データとしてダウンロードする方法です。

名刺デザインはPDFやPNG、JPG形式で保存できます。ダウンロードする際には、名刺の印刷用に「トリムマークと塗り足し」にチェックポイントを入れるようにしましょう。

保存したデータは自宅のプリンターやネット上のプリントサービスを使って名刺サイズに印刷できます。

2つ目は、「Canva Print」を利用する方法です。デザインの編集画面からダウンロードを選ぶ所までは同じですが、「Canvaで印刷を注文」を選択します。片面、両面印刷の選択に加え、用紙の種類や印刷枚数などを決めたらすぐに依頼できます。

5. まとめ

フリーランスの方や店舗経営をしている方にとって、イラスト入りの名刺はクライアントや顧客に強い印象を持ってもらえるツールになります。

仕事内容や提供するサービスに合わせた、深掘りしてイメージを伝えられるイラストを選びましょう。 イラストが描けないという方も、無料イラスト素材サイトを活用し、名刺に利用できるイラストを入手できます。

名刺をデザインするにあたって、無料で利用できるCanvaはパソコン、スマートフォンに対応しています。積極的に活用してみましょう。

 

名刺関連のおすすめ記事

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス