プレゼン資料は常にアップデート!起業家だからこそ自分でデザインを

yukki_main

2016年、クラウドファンディングでの目標達成を経て、2017年から出身地である沖縄県を中心に「サンゴに優しい日焼け止め」を販売している呉屋由希乃さん。様々なイベントなどに登壇し、講演することも多いという呉屋さんのCanva活用方法とは?

呉屋由希乃(Goya Yukino) ジーエルイー合同会社代表。沖縄県出身。大学休学中に東京で起業したイベント業が軌道に乗り、琉球大学を中退。結婚を機にニューヨークへ移住し、個人バイヤーとしてウェブ販売をスタートした後、地元沖縄に戻ってアパレル業を開業。クラウドファンディングで300万円の目標を達成し、2017年から「サンゴに優しい日焼け止め」の販売を開始。

海外でのビジネスピッチでもCanvaを活用

― Canvaを知ったきっかけは?

2017年の秋、メンバーとして選ばれた「APT Women TOKYO(東京都がグローバルな女性起業家を応援するプロジェクト)」のプログラムの中で、講師の方が「プレゼンやピッチの資料は見た目が大事!起業家は自分でデザインした方がいい」ということを言っていて、Canvaをお勧めのサービスとして紹介していました。その後すぐに試してみたら使いやすく、それから資料はずっとCanvaで作っています。3ヶ月の国内ブログラムを終了した後、無事に海外派遣メンバーにも選抜され、NYで行われたビジネスピッチでも、Canvaで作った資料を活用しました。

― 実際にCanvaを使ってみてどうですか?

素晴らしいです、本当に!私はもともとオフィスワークがとっても苦手で、しかめっ面をしながら資料を作っていたんですけど(笑)、Canvaは操作も分かりやすくてぱぱっと作れるのがいい。いろんな場所で講演をさせてもらっているんですが、たくさん話をするのでただ文字並べていても伝らないんですよね。だがからこそ、視覚に訴えかけられて、分かりやすい資料が作れるCanvaに助けてもらっています。

_CT_0018

沖縄の美しい海をイラストにした、サンゴに優しい日焼け止めのメインビジュアルを資料の表紙として使用

思いついた時、すぐに操作できるアイデアボックス

― Canvaを使うメリットは?

すぐに視覚に訴えかけられる資料が作れるのはもちろん、アイデアボックスとしても活用しています。何かを作ろうと思ったとき、テンプレートからすぐに良いものが作れるのはありがたいです。デザインを作っている時間が楽しいから、今までより資料作成の時間が増えたんだけど、作りがいがあります。でも、昔に比べてストレスが減った。減ったというかほぼ無くなりました(笑)

以前、プレゼンの神と呼ばれる方から直接話を聞いたことがあって。「プレゼン資料は簡単に作らないといけない」っていうのをすごく言われたんです。でも、これまでは画像を取り込むのも面倒くさかったし、フォントを選ぶだけでも大変だし、さらに見た目もしっくりこなくて…。でも、Canvaを使ってからは、魅力的なデザインを簡単に楽しく作れることで作業効率がとても良くなりました。自分の好きな吹き出し素材をアップロードして、そこに分かりやすいフォントを入れる。これまでだったら、外部から探してこないとしっくりくるアイコンがなかったんですよね。でも、そのストレスがCanvaにはない。必要な素材は編集画面から購入できるし、無くてもアップロードすれば今後も簡単にデザインに追加ができる。すごく助かっています。

― Canvaで作っているツールは?

講演が多いのでプレゼン資料がメインですが、プロフィール資料、簡単なポスターなどもCanvaで作っています。ポスターなどを印刷するときは、USBにデータを移してコンビニで印刷しています。あと、プレゼン資料をPPT形式で送ってと言われることが多かったのでjpg形式でダウンロードしてPowerPointに貼り付けていたのですが、Canvaで作ったデータをPPT形式で出力できるようになったので仕事の労力が減って、すごく楽になりました。

_CT_0020

分かりやすく目を引くキャッチーな資料を作る

― プレゼン資料を作るうえで意識していることは?

分かりやすく目を引くことですね。吹き出しとワードだけで大きく配置したり、見ていて楽しい色合いにするなど。基本、デザインは自分で作っているのですが、良いと思った素材はすぐにCanvaに取り入れて、どんどんいろんなデザインを作っています。あとはグローバルなサービスなので、アメリカン人のコンサルタントと一緒に資料を作成するときには、クラウド上でデータを共有できるチーム機能を活用しました。データはコピーして別のデータとして使えるも便利ですね。

_CT_0076

編集画面のまま、素材が探せてそのまま貼れる

― Canvaのどんな機能が好きですか?

私は大体、同じ資料を手直ししてアップロードしているので、写真や素材を一度アップロードしてCanvaに入れておけば、他の資料を作る際にも簡単に取り入れられるのがありがたい。使わなくなったら消せばいいだけですし。あと、Canvaで用意されている素材も、編集画面でそのまま探して貼れるっていうのが便利!スマホのアプリでも使えるので、プレゼン前の資料確認用はスマホで確認しています。そして、優しく頭が疲れない操作画面が本当に素晴らしい!

_CT_0039

スマホで撮影した写真をアプリで取り入れて、資料の作成はパソコンで行なっているそう

― 今後のCanvaの活用方法を教えてください。

うちのようなライフスタイル商品は、本当にビジュアルが大切で。最近、日本語フォントが増えたから嬉しいんだけど、日本語でオシャレに作るっていうのが私にはまだ全然できなくて…。自分のセンスが追いついていないので、もっとデザインのスキルアップを頑張ってCanvaを活用していきたいですね!

_CT_0129

サンゴを白化させてしまう成分を使わず、100%自然成分で作られた耐水・高保湿・無添加の「サンゴに優しい日焼け止め」

_CT_0139

「サンゴに優しい日焼け止め」は使い切りの1個バラ売り(15g)、ポーチ付き2個セット、チューブタイプ(50ml)の3種類を展開。また、99%以上天然成分使用のアフターサンジェル「月桃ミントアロエジェル(140ml)」も販売中。取扱販売店はFacebookページに掲載中。

Webサイト:https://www.coralisfriend.com/

Facebookページ:https://www.facebook.com/sango.yasashii/

写真/macoty

デザイン作成の切り札