デザイン初心者必見!デザインの質を上げるための5つのデザイン原則

https://www.canva.com/ja_jp/learn/wp-content/uploads/sites/10/2019/11/httpswww.canva_.comlearnwp-contentuploads201403The-five-principles-of-design-and-what-they-can-do-for-you.jpg

グラフィックデザインは、何かと専門的知識やクリエイティブなセンスが必要だと多くの方が思いがちです。しかし、プロのデザイナーでさえも、必ず参照する基本中の基本のデザイン原則があります。デザインに初めて挑戦する際、下記5つのデザイン原則を意識していれば、デザイン的スキルが高まるに間違いありません。

1.バランス(Balance)

バランス オリジナル画像

左:バランスの焦点が左に片寄っています。 右:バランスが揃っています。

デザイン的バランスは要素の面積比の変化を指します。バランスの物理的な意味をイメージすると分かりやすいかもしれません。 要素が一箇所に集中することで、読者の目はそこに留まります。つまり、注目点がデザインのその一箇所に集中するということです。 バランスの使い方によって、デザインに安定感、またはダイナミックさを演出できます。ダイナミックなバランスは、見ていて面白いのは確かですが、読者が情報をすべて読み込めない可能性があるので、注意が必要です。

2.反復 (Repetition)

https://www.canva.com/ja_jp/learn/wp-content/uploads/sites/10/2019/11/httpswww.canva_.comlearnwp-contentuploads201403The-five-principles-of-design-and-what-they-can-do-for-you-REPETITION.png

左:図形の反復と配置によって読者の目を左(上)から右(下)へ素早く誘導されます。 右:図形の柄にバリエーションが付き、読者が情報を読み取るために(左に比べて)時間がかかります。

反復とはデザインの注目点を意識的に繰り返し、使う原則を指します。 図形や色、文字、モチーフなど、同じ要素の反復をデザインに取り入れることによって、一貫性が生まれます。すなわち、読者は情報を早く飲み込む事ができ、見やすいデザインにしあがります。しかし、読者が早く情報を飲み込む事ができるとは、デザインが一本調子に見えてしまい、それなりに早く飽きてしまう可能性があります。デザイン要素の反復にバリエーションとリズム感を取り入れることを意識して、読者が見ていて面白いと思えるデザインを作成しましょう。

3.コントラスト (Contrast)

https://www.canva.com/ja_jp/learn/wp-content/uploads/sites/10/2019/11/httpswww.canva_.comlearnwp-contentuploads201403The-five-principles-of-design-and-what-they-can-do-for-you-CONTRAST.png

非なる2つのデザイン要素を並べる時にコントラストが生まれます。良いデザインにはコントラストが必ず取り入れられていると言われています。なぜならデザイン要素に強弱をつけることによって、読者に注目させたい重要な情報をはっきり映し出し、デザインにメリハリをつける事ができるからです。デザインにメリハリをつけることは、英語で「Pop Factor」と言われています。その「Pop Factor」を取り入れることによって、情報の優先順位が明確になり、見ていて面白いデザインが生まれます。

4.割合/強調(Dominance)

https://www.canva.com/ja_jp/learn/wp-content/uploads/sites/10/2019/11/httpswww.canva_.comlearnwp-contentuploads201403The-five-principles-of-design-and-what-they-can-do-for-you-DOMINANCE.png

左:三角形がデザインを割合うことで、単調さが無くなり、読者の目が三角形に留まります。右:図形サイズの強調によって力強さが演出されています。

デザインに割合・強調を取り入れると、要素に注目を集めることができます。分かりきったことだと感じるかもしれませんが、割合・強調によって、読者が一つのデザインから読み取る情報の優先順位が左右される、大事な原則です。つまり、割合・強調を取り入れることによって、デザイン内の焦点を明確にし、読者が最初目にする要素を指定する事ができるのです。 例として、ファッション誌の表紙には、必ず大きな写真がデザインの中央に表示され、見出しなどの情報で囲まれています。読者の目はまず大きな写真に留まり、その後、周りの情報を読み込む仕組みとなっております。

5.階層/ヒエラルキー (Hierarchy)

https://www.canva.com/ja_jp/learn/wp-content/uploads/sites/10/2019/11/httpswww.canva_.comlearnwp-contentuploads201403The-five-principles-of-design-and-what-they-can-do-for-you-HIERARCHY.png

左: 図形の大きさによる階層。 右:色による階層。

階層/ヒエラルキーはデザイン要素の順序を決める、最も大事なデザイン原則です。ここで紹介された上記4つの原則は、 ヒエラルキーを生み出すためにデザインに適用する事ができます。つまり、バランス、反復、コントラストと支配/強調が合わさることで、読者がどの情報を最初に目にするかを決めます。 アルバムのジャケットのような、情報量が比較的少ないデザインにはヒエラルキーが適用されるのは希です。しかし、新聞や雑誌、ポスターなどの情報量の多いデザインにはとても大事なデザイン原則なのです。そのため、見出しの文字は大きく、小見出しの文字は小さく等のデザイン的判断がデザイナーによって下されるのです。重要な要素を大きく、分かりやすくデザインに取り入れ、上記4つの原則を使用してみてください。

デザイン作成の切り札