• ホーム
  • 学ぶ
  • デザイン
  • 画像加工編集の無料アプリ・ソフト・ツール厳選35。オンラインでもダウンロードでも!

画像加工編集の無料アプリ・ソフト・ツール厳選35。オンラインでもダウンロードでも!

無料で使える画像編集・画像加工アプリやソフト、オンラインツールをまとめてご紹介。今すぐダウンロードできます!
Canvaで今すぐ画像編集を開始!
画像加工編集の無料アプリ・ソフト・ツール厳選35。オンラインでもダウンロードでも!

スマホやデジカメで撮った写真をどうやって加工したらいいのか悩んだことはありませんか?デザイナー向けのグラフィックソフトは高価だし、使いこなせるかどうか不安…。そんな人に向けて、無料で使える画像加工ツールやアプリ、ソフトをまとめて35種類ご紹介します。

スマホの画像加工アプリから、オンラインの画像編集ツール、パソコンにダウンロードできる画像加工編集ソフトまでさまざま。なかには、無料だということが信じられないほど本格的なツールもあります。デザイン初心者の方にも、本格的なグラフィックデザインツールを探している人にも、どちらにも役立つ情報です。

さらに、オンラインで使える便利な画像加工編集ツール「Canva」の操作方法やおすすめテンプレートについても詳しくご説明しています。

目次

この記事はこんな人におすすめ

  • 画像編集アプリやソフト、ツールの使い勝手を比較したい
  • 無料で高機能な画像編集アプリやソフト、ツールなどについて知りたい
  • オンラインで簡単に画像を加工するためのコツを知りたい

無料で使える画像加工編集アプリ20

スマホで撮影した画像を手軽にアレンジできる画像編集アプリはとても便利ですが、あまりに多くの種類があり、どのアプリを選べばよいのか迷ってしまうほどです。ここでは、人気の高い画像編集・加工アプリを20点選び、それぞれの特徴と使い勝手をレビューしました。基本的に無料で使用できるアプリばかりなので、気になったアプリがあればぜひダウンロードして試してみてください。

ここで取り上げたアプリ

1. Canva

50万点+のテンプレート&驚くほど簡単に作成できるおしゃれでSNS映えする画像!

YouTube、Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)といった主要なソーシャルメディアに対応したサイズのテンプレートが豊富に揃っているので、スマホで撮影した画像におしゃれなエフェクトを追加し、即座にSNSに投稿ができるのが特徴です。アプリを立ち上げ、テンプレートを選んで好みのエフェクトや文字を追加するだけで、すぐにSNSに投稿できます。アプリでもパソコンのブラウザからでも、同一アカウントを使えば同じデザイン画面にアクセスできるので、詳細な調整は後からパソコン上で行うという使い方もできるのも便利なポイント。

さらにCanvaは、無料ユーザーでも、数万点以上のテンプレートに加え、無料で使えるスタンプやイラスト、写真画像などの豊富なグラフィック素材、数万点を超えるコラージュテンプレート、数百点以上のフォント(無料で使える日本語フォントは90種類以上)、プリセットされた配色パレット、アニメーション動画など、驚くほど多機能なデザインツールを使用できます。ちなみに、ロゴや名刺をデザインしたら、アプリでそのまま印刷を発注できる機能もあり注目です。

2. PicsArt

ドリーミーなエフェクトや幻想的な二重露光など、クリエイティブな画像加工ツールがいっぱい

マジックエフェクトやカラーチェンジャー、ビューティー加工、ステッカーメーカーなどオールインワンの機能を備えたPicsArtは、世界最大級の写真&動画編集アプリです。コミュニティ機能も兼ね備えており、他のユーザーがアップした画像を加工できる「リミックス」機能では、さまざまなアレンジを見たり、自分でもリミックスしたりすることができます。合計3,000以上のツールがあり、豊富なエフェクトでアーティスティックな画像を作成できるだけではなく、他のユーザーの作成した画像の加工方法をトレースできる「リプレイ」機能、人気のグラフィックに投票する「チャレンジ」など、さまざまな角度から楽しめます。

3. Prisma

簡単操作で驚くほどアーティスティックな画像が作成できて楽しい!

2016年にAppleのApp StoreとGoogle PlayでBest Appに輝いた画像加工アプリ。とにかくシンプルな操作が特徴で、毎日更新されるフィルターを含め、浮世絵風のWave、抽象画風のMondrian、ムンクの筆致を思わせるThe Screamなど、合計500以上のクリエイティブなフィルターがあり、順番にタップしていくだけで時間を忘れるほど。ただし、すべての機能を使用するにはプレミアムを購入する必要があります。インストール時にプレミアム機能への登録を推奨する画面が表示され、登録必須のように思ってしまいますが、画面左上にある [×] をタップすれば無料で使用できる画面に移動します。

4. Snapseed

洗練された操作性と上級者も満足する機能を兼ね備えた優秀アプリ

Googleが開発した多機能な画像加工アプリです。ホワイトバランス調整、階調コントラスト、トーンカーブ調整、周辺減光など高度な画像加工機能を備えていますが、極めてシンプルな操作性なので、インストールしてすぐ使い始めることができます。膨大なチュートリアルが用意されているので、基本的な操作はもちろん、ぼかしやグラデーション、ノワール着色、ローキーなど、雰囲気あふれる画像編集にも簡単にチャレンジできます。さらに、便利なのが「効果のQRコードを作成」機能です。再度やコントラストなど、編集時の設定を保存してQRコード化することにより、その設定を他ユーザーと共有することができます。

上の画像は、[シミ除去] 機能を使って写真の中の舟を削除した様子です。こんな加工も一瞬で可能です。

5. Adobe Lightroom

写真撮影も、画像の整理・編集・共有も、すべてのニーズを満たすアプリ

一眼レフ並みの写真が撮影できるアプリ内カメラ機能、画像の整理機能も備えた多機能アプリ。使いやすい編集画面では、トーンカーブを使った色やコントラスト、露光量調整など、プロ仕様の画像加工機能を無料で使用できるのが魅力です。詳細な設定を行うことなく、きれいな画像を表現したいならプリセットが便利。特に人気の機能は、画像の色の濁りを除去し、クリアなカラーを再現できる [かすみの除去] です([効果] タブ内)。ワンタッチで生き生きとした色彩が生まれます。Lightroomの豊富な機能を使いこなしたいなら、チュートリアルにアクセスしましょう。実際に画面を操作しながら学習できます。

6. BeautyPlus

思いっきりガーリーな世界観を演出!

10代や20代の女性に大人気のビューティー画像アプリ。「美顔自撮りカメラ」を使えば、SNSに投稿したくなるような自撮り写真があっという間にできあがります。ワンタッチで画像を補正できる強力な「スマート美顔」、歯を白く輝かせる「ホワイトニング」、多彩なメイクを施せる「メイクアップ」、なぞるだけできれいな肌になる「肌磨き」、小顔になれる「顔シェイプ」など、きれいになるためのツールが豊富に揃ったレタッチ機能は圧巻。ニュアンスあふれる画像エフェクトがダウンロードできる「フィルターショップ」では、「休日」「食べ物」「自然」「レトロ」「フィルム」などテーマごとに好みのフィルターをダウンロードすることができ、楽しさいっぱいです。

7. SNOW

顔認識スタンプで自撮り画像をかわいく

犬やうさぎなどに変身できるカメラアプリSNOWは、全世界で4億人以上が愛用している遊び心いっぱいのアプリです。自分の画像に動物の耳を付けたり、目を大きく加工したり、細かいメイクを調整したりと、「盛れる」画像作成に役立つ機能がたくさん揃っています。さらに、SNOWならではのバラエティあふれるスタンプも大人気です。CGを使って現実世界にキャラクターが飛び込んできたかのようなエフェクトをかけられるARスタンプで、Instagramなどに投稿する動画を作成することもできます。

8. B612

いつもの日常を手軽にデコレーションして特別な一枚に

SNOWと同じ会社がリリースしている画像加工アプリなので、フィルターや修正機能はSNOWと共通したものもあります。SNOWとの違いは、シンプルな操作性。自撮り画像を美しく撮影することに特化したアプリなので、使い方がとてもわかりやすく、スマホで撮った写真を手早くおしゃれに加工したいという用途にぴったりです。「レトロ」「フェアリー」「ビビッド」「フィルム」「トレンド」など15種類以上のカテゴリーから選べるフィルターを使えば、瞬時にニュアンスあふれる画像を作成可能。見ているだけで楽しくなってくる豊富なステッカーで、あなたの写真を楽しく彩りましょう。

9. Bazaart

スタイリッシュなフォトコラージュが簡単に作成できるセンスあふれる画像加工アプリ

数多くの受賞歴のあるBazaartは、おしゃれなエフェクトやスタンプ、デザイン性の高いテンプレートが豊富に揃っている画像加工アプリです。なんと100枚ものレイヤーを使用できるので、高度な画像加工が可能。ロマンティックなエフェクトを追加できるオーバーレイや、高級感あふれるステッカーを使えば、一味違うグラフィックが作成できます。ただし、便利な背景切り抜きと不要な要素の除去を使うには、プレミアム版を購入する必要があります。

10. Phonto

タイポグラフィに特化した画像加工アプリ

写真を読み込んで、文字を追加するというシンプルな機能ながら、200種類以上のフォントを利用できるほか、手持ちのフォントをインストールして使用することもできる優秀なタイポグラフィアプリです。あらかじめ備えられている日本語フォントも30種類以上あり、縦書きにも対応しているので、さまざまな用途に活用できます。文字スタイルをダイナミックに変更したり、文字を書き込める画像パックを追加するなど、さらに高度な機能を使用するには有料のパックを購入する必要がありますが、お手頃価格な点も良心的です。

11. 履歴書カメラ

インストールしておくと便利な証明写真専用アプリ

スマホで自撮りして、証明写真用のレイアウトを選ぶだけで、あっという間に正式な証明写真が作成できる嬉しいアプリがこちら。証明写真ボックスだと、何度も取り直すことができませんが、このアプリなら「くま消し」や「肌トーン」の調整も可能で、納得できる仕上がりになるまできれいに補正できます。できあがった画像は、自宅で印刷することも、コンビニでプリントすることも可能。履歴書や運転免許証用の写真が必要になったとき、慌てて証明写真ボックスを探さなくてもよくなります。知っておくと便利なアプリです。

12. VSCO

大人っぽくておしゃれな印象の画像が作成できる

女性好みの優しいデザインインターフェイスにシンプルな操作性を備えたおしゃれなカメラアプリ。画像の撮影、加工、共有がこのアプリひとつで完成します。独特の世界観を演出できそうなくすんだ色合いのニュアンスあふれるフィルターを数多く揃えています。ツールを一覧できる操作画面がとても使いやすく、どこをタップすればいいのか迷うことがありません。インスピレーションのヒントを与えてくれる、世界各地のクリエイターの作品を見ることもできます。

13. カメラ360

きれいになれる自撮りアプリ

世界で10億人以上にダウンロードされている「美人になれる」セルフィーアプリ。「美肌レタッチ」「美顔レタッチ」「VIPフィルター」など、女性の魅力を引き立てるエフェクトやツールが豊富です。手動で気になる箇所を丁寧にレタッチすることもできますが、便利な「自動レタッチ」機能を使えば、ワンタップで美人ショットを作成できます。

14. PicCollage

ファミリーにぴったり!テンプレートを選んだら、すぐにコラージュが完成

季節やイベントに合わせたテンプレートで、楽しいコラージュが作れる画像加工アプリです。テンプレートやグリッドを選んで、使いたい写真を選択するだけであっという間にコラージュが完成するので、忙しいお母さんなどにぴったり。スタンプや文字入れもできます。ただし、毎週更新される新しい素材とスタンプを使ったり、その他の多くの機能を使用するには、月額課金のVIPに登録するか、必要に応じて支払いをする必要があります。

15. Ulike

ナチュラルに盛れるセルフィー画像アプリ

美肌補正やメイクアップ、目や鼻、口の大きさ調整など、気になる箇所を細かくレタッチできるのはもちろん、「スタイル」機能がとても便利です。これは、フィルターとメイクを組み合わせたプリセットで、瞬時に好みの雰囲気に変身できます。また、「スタジオ」メニューでは世界各地のユーザーが投稿した魅力的な画像や動画を閲覧することがでる「スタジオ」メニューは、思わず時間を忘れてしまうほど。

16. 合成写真 合成スタジオ

画像の切り抜き、透過、合成が簡単に!

「解析切り抜き」機能を使えば自動で画像を認識して、瞬時に輪郭を切り抜き背景を透明に透過させることができる便利なアプリ。パソコンがなくても、合成写真を簡単に作成できます。レイヤーは20枚追加することができるので、複雑な構図の画像をつくることも可能。メニューが多く、小さな画面だと操作しづらく感じるかもしれません。なるべく大きな画面のスマホを使うことをおすすめします。基本で用意されている素材はシンプルですが、追加購入することでさまざまな効果を追加できます。

17. Fotor

スタイリッシュでハイセンスなデザイン性に注目

「ストア」に数多くのセンスのよいフィルターやステッカー、テンプレートなどが用意されており、無料でもかなり便利に使用できるのが魅力です。明るさやコントラスト、露光量の調整、シャープネスなど、基本的な機能も無料で使用可能。コラージュも、グリッドや雑誌レイアウトなどバラエティ豊かで楽しめます。Pro機能を購入すれば、さらに表現の幅が広がります。

18. SODA

シンプル操作できれい画像を作成!しかも完全無料

自動で顔を認識して、おすすめの輪郭を提案してくれる「スマートビューティー機能」、タップするだけで自然なメイクを追加できる「ナチュラルメイク機能」、自動設定できる「シミ隠し」など、セルフィーに役立つ多彩な機能が詰め込まれたビューティー画像アプリ。なかでも便利なのが、メイクとフィルターの組み合わせをプリセットした「スタイル」機能。タップするだけで細かな調整をすることなく、思い通りのセルフィー画像ができあがります。

19. April - Layouts Photo Collage

洗練されたテンプレートと簡単操作が特徴

小さな子供でもコラージュが作成できるほど、とてもわかりやすく、かつ見た目にも美しいインターフェイスを持つアプリ。グリッド、ポスター、組写真から好みのレイアウトを選んだら、自動でおすすめのコラージュデザインを提案してくれます。「デコレーション」「グルメ」「デイリー」などカテゴリーに分かれているので、ほしいデザインを見つけるのも簡単です。

20. FaceApp - AI表情エディター

無限に変身したくなる!

年齢を変えたり、性別をチェンジしたり、メガネやひげを追加したり、髪型を変化させたり…。驚くほどナチュラルな仕上がりが感動的なイメージチェンジアプリがこちら。また、ビューティー画像アプリとしても優れており、指で気になる箇所をなぞるだけできれいにレタッチできます。人物を切り抜いて背景を追加することもでき、一度インストールしたら時間を忘れて夢中になってしまうほどの楽しさです。

ノンデザイナーにおすすめ!無料で使える画像加工編集ツール・ソフト(その1:オンラインツール9種)

高価なグラフィックツールを購入しなくても、Web上で無料で使い勝手を試してみることができる、おすすめのデザインツールをご紹介します。いずれも簡単操作で使用できるものばかり。デザインの経験がなくても問題ありません!

ここで取り上げたオンラインツール

1. Canva

無料で使える25万点以上のおしゃれなテンプレートと豊富なグラフィック素材

無料で使える驚くほど多機能なオンラインツールと膨大な素材ライブラリーを備えたオンラインのグラフィックツールがCanva(キャンバ)です。特に便利なポイントは、YouTubeやInstagram、Twitter、Facebookなど多数のソーシャルメディア向けにあらかじめサイズ設定されたテンプレートが利用できるということ。一つのデザインレイアウトから、プラットフォームに合わせて簡単にサイズ調整できます。

画像等のグラフィック要素の差し替えも直感的です。変更したい画像を選択して削除し、新たに使用したい画像をアップロードしてレイアウトするだけです(画像の赤枠参照)。また、一つのアカウントでオンラインでもスマホのアプリからでも、同じデザイン画面にアクセスできるシームレスなUI設計なので、デバイスを問わずデザインに集中することができます。

さらに、自分のブランドを打ち出したい個人事業主やビジネスオーナーには、独自のブランドツールを設定できたり、7,500万点以上の画像素材に無制限にアクセスできるCanva Proがおすすめです。

  • 価格:無料(Proは月額1,000円~)
  • 対応プラットフォーム:WebiOS (iPhoneおよびiPad)Android
  • 操作画面:日本語
  • 対象ユーザー:初心者~上級

2. Taler

シンプル操作&個性的なエフェクトが簡単に追加できる

ECサイト構築プラットフォームのShopifyが提供しているオンラインのグラフィックツールがTalerです。テンプレートの数はそれほど多くはありませんが、Facabookカバー、Instagramストーリー、Twitterヘッダー、YouTubeバナー、LinkedInバナー用の洗練されたデザインを使用できます。画像をおしゃれに加工できるオーバーレイがとても便利で、ワンクリックするだけで雰囲気あふれる画像加工が完成します。日本語の入力は可能ですが、フォントはシステム内にあるものだけなので、日本語を使用したデザインを作成したいときは、別のツールで画像化したテキストを用意するなどの工夫が必要になります。

  • 価格:無料
  • 対応プラットフォーム:Web
  • 操作画面:英語
  • 対象ユーザー:初心者~中級

3. Photoshop Express

面倒な切り抜きが一瞬で完成する背景削除ツールが便利

Photoshopの機能の一部をオンラインで手軽に使用できる優秀ツールがこちら。Webサイトにアクセスしたときに、どこから開始すればいいのかちょっと迷ってしまいそうですが、画像①の「今すぐ写真を編集」をクリックすればツール画面が開きます。

背景が単色の画像の切り抜きはとてもきれいにできるのでちょっと感動するほど。背景色の切り替えも一瞬です②。しかし、やや複雑な背景の画像の場合はうまく切り抜けないので、使用する画像を選ぶと言えるでしょう③。その他の注目機能としては、ワンタッチでアートな雰囲気を纏える「Art effects機能」、やSNS別のアスペクト比を選べる「Crop and straighten機能」など。また、ハイライトやコントラスト、シャドウや露光量などを微細に調節できる「Adjust Image機能」もさすがの使用感です。

  • 価格:無料
  • 対応プラットフォーム:Web
  • 操作画面:英語
  • 対象ユーザー:初心者~中級

4. Fotor

美肌効果やポートレートビューティーなど、高度な画像補正機能が特徴

高度な画像編集および補正機能、テンプレートを使用したデザイン作成機能、そしてクリエイティビティあふれるコラージュが作れるコラージュ作成機能の3つを備え、さらにオンラインでもスマホのアプリからでも操作できるオールマイティーなツール。トーンカーブを使用した本格的な画像編集機能や、シミ取りや細身加工、メイクアップなど、高度なビューティー加工が可能です。さらに、アートコラージュやファンキーコラージュなど、独自のコラージュテンプレートの数多く用意されていますが、そのうちの多くでProの登録が必要になります。また、無料アカウントの利用の場合、広告が表示されます。

  • 価格:無料(Proは月額8.99ドル)
  • 対応プラットフォーム:WebiOS (iPhone)Android
  • 操作画面:英語
  • 対象ユーザー:初心者~上級

5. Pixlr

Photoshopライクなインターフェイスが特徴の本格的なオンライン画像加工ツール

無料で使用できる画像加工ツールのPixlrには、高度な画像加工ができるプロ仕様のPixlr Eと、シンプルな操作感で手早く編集できるPixlr Xの2通りあります(画像はPixlr Eの操作画面)。また、Webブラウザから使用することもできれば、デスクトップアプリやモバイルアプリのダウンロードもできるというオールマイティーな仕様が特徴。レイヤーの追加、オーバーレイ、カラーピッカー、覆い焼き/焼き込み、ワンド選択、多様なエフェクト、トーンカーブも含む高度な画像調整機能、背景除去など、無料とは思えないほど多くの機能を使用できます。さらに、無料でも多数のストックフォトを使用できるのも魅力。

6. BeFunky

洗練されたインターフェイスと高度な画像加工機能を兼ね備えたオンラインツール

「写真編集アプリ」「コラージュメーカー」「グラフィックデザイナー」の3つの機能があり、特に写真編集アプリは非常に多機能です(画像は「写真編集アプリ」の操作画面)。「グラフィックデザイナー」では、InstagramやTwitterなど、多くのSNS向けのグラフィックに便利なプリセットのテンプレートが豊富にラインアップしています。ただし、無料で使用できる画像編集機能やテンプレートは限定的なので、すべてを使用するには有料のプラスを購入する必要があります。

  • 価格:無料(プラス機能は月額8.99ドル)
  • 対応プラットフォーム:WebiOS (iPhone)Android
  • 操作画面:日本語
  • 対象ユーザー:初心者~上級

7. SUMO paint

ペイント機能のあるオンラインの画像加工アプリ。マルチなアプリスイートと連携も

SUMO paintの特徴は、「お絵かき」機能が充実していることです。オンラインで操作できるPhotoshopライクな画像加工ツールはこのSUMO paint以外にも数多くありますが、特筆すべきは、この「paint」に加え、画像レタッチができる「photo」、3Dグラフィックが作成できる「3D」、オンラインでプログラミングできる「code」、音楽が作成ができる「tunes」、音声を加工できる「audio」、動画編集できる「video」、ピクセルアートが作成できる「pixel」という合計7つのアプリと連携している点です。さらに、コミュニティ機能もあり、作成した画像を共有して、ユーザー同士で評価したり交流することもできます。

  • 価格:無料(Pro機能は月額9ドル)
  • 対応プラットフォーム:WebAndroid
  • 操作画面:英語(一部日本語化が可能)
  • 対象ユーザー:初心者~上級

8. PIXER.US

手早く直感的に画像を加工したいときに

高度で複雑な操作は不要。今すぐ簡単にリサイズしたり、トリミングしたり、画像を回転させたり、明るさやコントラストを調整したり、ぼかしやシャープネスを調整したい。そんなニーズに応えてくれる、非常に軽い操作性とシンプルな使い勝手が特徴のアプリがこちら。画像はスライドバーを使ってリサイズしているようすです。

  • 価格:無料
  • 対応プラットフォーム:Web
  • 操作画面:英語
  • 対象ユーザー:初心者

9. Photopea

Photoshopの機能に最も近づいたオンラインの画像加工ツール

PSDやAIに加え、Adobeのプロトタイピング作成ツールXDにも対応。また、RAW画像加工、GIMP対応のXCFも編集できるなど、オンラインとは思えないほど多機能なツールです。特に便利なポイントとしては、高度なPSDテンプレートを備えているところ。YouTubeとInstagramを中心に、使い勝手のいいデザインが揃っています。さらに、新規プロジェクト作成画面でも、SNSの投稿や広告に対応したサイズのテンプレートが数多く用意されており、痒いところに手が届くような配慮です。

  • 価格:無料(プレミアム機能は30日で9ドルほか)
  • 対応プラットフォーム:Web(PC版のインストールも可能)
  • 操作画面:日本語表示が可能
  • 対象ユーザー:中級~上級

ノンデザイナーにおすすめ!無料で使える画像加工編集ツール・ソフト(その2:ダウンロードソフト6種)

インターネット環境のない場所でもデザイン作業できるのがダウンロード型のソフトやツールの魅力です。よく知られたソフトから、ちょっとレアなイメージエディターまで幅広くご紹介します。

ここで取り上げた画像加工編集ソフト

1. GIMP

プロレベルの画像加工ソフトを無料で使いたいならこれが鉄板!

高額なグラフィックソフトにも引けを取らない本格的な機能を備えた無料のソフトウエア。無料と言っても、AdobeのPhotoshopと匹敵する機能を持つことで知られます。それだけに、初めてグラフィックソフトを使う人にはややハードルが高いかもしれません。このソフトをおすすめするのは、ハイエンドな写真編集や、レタッチなどの画像加工をしたいというニーズです。他のソフトやツールを使っていて、物足りなくなった人に最適だと言えます。ダウンロードサイトは英語表記ですが、日本語表記に対応しています(インストールするとシステムで設定された言語で表示されます)。有志による日本語のマニュアルも数多く作成されているので、検索してみてください。

  • 価格:無料
  • 対応プラットフォーム:Windows、Mac、Linux
  • 操作画面:日本語表示が可能
  • 対象ユーザー:中級~上級

2. Inkscape

ベクター画像が作成できるオープンソースのドローソフト

コンピューターグラフィックを作成したい人におすすめの無料ソフトがこちら。ベクター画像の作成、ビットマップ画像からベクター画像への変換、ベジェ曲線による描画、マスクの作成など、ドローソフトとして必要な機能が揃っています。オープンソースのプロジェクトとして運営されており、コミュニティに参加することも可能。ギャラリーで作品を発表したり、気に入ったグラフィックをダウンロードできたりと自由な雰囲気が魅力です。完璧ではありませんが、日本語に対応している点も便利です。

  • 価格:無料
  • 対応プラットフォーム:WindowsMacLinux
  • 操作画面:日本語表示が可能
  • 対象ユーザー:初心者~上級

3. PhotoScape X

一括編集できるシンプル&スタイリッシュなインターフェイスのアプリ

写真ビューアーとしても使いやすいインターフェイスでありながら、画像や切り抜きや色調整、モザイク、ぼかし、吹き出し、文字入れなど、手軽に写真加工もできます。「一括編集」機能を使えば、複数の画像ファイルをまとめてフレームの追加やサイズ変更、色調整などを食わることが可能。SNSやブログのための画像をまとめて加工するといった用途に便利です。Windows10の64ビット版(バージョン1709以降)にのみ対応しており、それ以前のバージョンのWindows OSの場合はPhotoScapeをダウンロードしてください。Mac OSの場合は、10.12以降に対応しており、それ以前のバージョンでは利用できません。

  • 価格:無料(Proは4,650円/Windowsのみ)
  • 対応プラットフォーム:WindowsMac
  • 操作画面:日本語
  • 対象ユーザー:初心者~上級

4. Seashore

Macで簡単に画像加工・編集するならこれがおすすめ!

Macで気軽に手早く画像加工したいときに知っておきたいイメージエディター。本格的な画像編集ソフトは不要、たとえるならばWindowsのペイントのような、軽くてサクサク動くツールで簡単に画像を加工したい、といったニーズにぴったりです。すでに紹介したGIMPをベースにしていますが、GIMPよりもずっと省機能なので、マシンスペックが足りないという場合にもおすすめ。複数レイヤー、フォトレタッチ、フィルターなど、一通りの機能を備えています。なかでもおすすめなのが、一括選択機能。画像のように背景をワンタッチで削除したり、逆に背景以外の要素を切り取ったりすることができます。

  • 価格:無料
  • 対応プラットフォーム:Mac
  • 操作画面:英語
  • 対象ユーザー:初心者~中級

5. Photo POS Pro

Windows 10以前のOSを使っているWindowsユーザー向け

Window10以前のバージョンのマシンを使っているという場合は、使用できる画像加工ソフトが限られてしまいます。でも、Photo POS Proがあれば問題ありません。無料でさまざまなエフェクトやレタッチ機能、色調整、カラーバランスの調整、赤目補正など、多機能かつ本格的なイメージエディターです。多岐にわたる機能について詳しく知ることができるオンラインのユーザーガイドを参照するのがおすすめです(英語)。

  • 価格:無料(プレミアムは49.9ドル)
  • 対応プラットフォーム:Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10
  • 操作画面:英語
  • 対象ユーザー:初心者~中級

6. Paint.NET

高性能な画像加工ツールは必要ないけれど、ある程度思い通りにアレンジしたいというWindowsユーザーに

デフォルトでインストールされている「ペイント」アプリでは物足りないけれど、PhotoshopやGIMPなどの高性能なイメージエディターが必要なほど高度な画像加工をするわけではない。

Windowsユーザーなら、こんな気持ちになったことがあるのではないでしょうか。たとえば画像に写り込んだ個人情報の削除、トーンカーブやレベル調整、レイヤーの追加といった画像加工を、軽い動作で実現できるのがこのソフトです。また、ルーラーやグリッドを表示できる点にも注目です。

  • 価格:無料
  • 対応プラットフォーム:Windows
  • 操作画面:日本語
  • 対象ユーザー:初心者~中級

Canvaを使えば、画像加工はこんなに簡単!

オンラインでもスマホアプリでも、シームレスに同じデザイン画面にアクセスできるCanvaは、直感的な操作で本格的なグラフィック機能を使用できます。Canvaの豊富な機能の一部をご紹介します。ここでご紹介しているのは、Canvaが提供している多彩の機能のごく一部です。ぜひ、ご自身でお試しください。

画像のトリミング

画像をダブルクリックまたは選択し、操作画面上部の [切り抜き] ボタンをクリックします。トリミングしたい画像エリアの周りにボックスが表示されるので、切り抜きエリアの角のアンカーを調整してトリミングのサイズを変更します①。完了したら、画面上部の [完了] チェックマークをクリックまたはタップします②。

画像に文字を追加

作成中のデザインに文字を追加するには、デザイン画面左にある「テキスト」タブを使用します。[文字を追加] や [見出しを追加] をクリックまたはタップすると、テキストボックスがデザインに追加されるので、好きな文字に書き換えましょう①。色の変更も簡単です②。

また、あらかじめデザインされたタイポグラフィを使用することもできます。「テキスト」タブの下にある「テキストホルダー」をスクロールすれば、驚くほど多彩なタイポグラフィデザインが表示されます。お好きなデザインを選ぶだけで、すぐにデザインに反映されます。

フレームの追加

写真をおしゃれなフレームで飾るには、「素材」タブ①で [フレーム] を選択し②、好みのデザインを選びます。すると、デザイン画面に選んだフレームが配置されます③。

次に、「写真」タブで好みの写真を選択するか④、「アップロード」タブから手持ちの写真をアップロード⑤して、フレームに写真を追加します⑥。

画像の明るさを調整

Canvaで画像の明るさを調整する簡単なやり方は、[写真] タブから写真を選択するか、手持ちの写真をアップロードして、画面上部にあるメニューで [調整] を選ぶことです①。この画面で [明るさ] スライダーを左右に動かせば明度を調整できます②。また [明暗] スライダーを動かせばコントラストを調整することができます③。気に入った色に調整できたら、左側の [調整] をクリックまたはタップしてください④。

画像にエフェクトを追加

[エフェクト] や [フィルター] 機能を使えば画像の色調をワンタッチで変更できます。[写真] タブから写真を選択するか、手持ちの写真をアップロードしたら、画面上部のメニューで [エフェクト] を選択してください①。[Photogenic(フォトジェニック)]、 [ColorMix(カラーミックス)] など、バラエティ豊かなエフェクトを参照できます②。

背景をぼかす

Canvaで背景画像にぼかし加工を追加するには、[写真] タブから背景に使用したい写真を選択するか、手持ちの写真をアップロードし、画面上部のメニューで [調整] を選択してください①。[ぼかし] メニューのスライダーを左右に移動すればぼかしを調整できます②。右にスライドするほどぼかしが強調されます。完了したら、左上の[調整] をクリックまたはタップしてください③。この背景画像の上に、追加したい文字やグラフィックなどを追加してください。

背景を透過

Canvaには、ワンタッチで画像の背景要素を削除する「背景リムーバ」機能があります。背景を除去するには、[写真] タブから写真を選択するか、手持ちの写真をアップロードしたら、画面上部のメニューで [エフェクト] を選択してください①。[背景リムーバ] を選択して数秒待つだけで、簡単に画像から不要な要素を切り抜くことができます②。この機能を利用するには、Canva Proにご登録いただく必要があります。無料で試用できるので、ぜひお試しください!

フィルターを追加

Canvaでは、ソーシャルメディアのアプリなどによくある画像フィルターを使うこともできます。[写真] タブから写真を選択するか、手持ちの写真をアップロードしたら、画面上部のメニューで [フィルター] を選択すれば、簡単に画像のトーンを変更できるフィルターを参照できます①。この画面では、夏の日差しを表現できる [Summer] を選択しています②。どのフィルターを選択しても、スライダーで好みの輝度に調整できます③。

スタンプの追加

Canvaには、スタンプやイラストなど、豊富なグラフィック素材が揃っています。画像にスタンプを追加するには左側の [素材] タブ①から [スタンプ] を選択するだけです②。色とりどりのさまざまなスタンプを参照できます。さらに、Canvaのグラフィックライブラリーには数多くのイラストが用意されています。もっと多くのイラスト素材を見るには、[素材] タブで下にスクロールしてください③。

コラージュを作成

Canvaには、数千点以上の洗練されたコラージュテンプレートが揃っています。Canvaのトップ画面にある検索バーで「フォトコラージュ」と入力してみてください①。デザイナーによって作成されたおしゃれなコラージュ用のテンプレートがたくさん表示されます。

もう一つのおすすめの方法は、デザイン画面左側にある [素材] タブ②から [グリッド] を選択して、グリッドの中に好みの写真をレイアウトするというやり方です③。シンプルなグリッドに写真を配置するだけですが、数百点以上もの豊富なパターンから選択できます。

画像を検索

Canvaでは、さまざまな方法で画像を検索することができます。デザインのトーンが決まっていて、ある色調の写真を追加したいという場合におすすめなのが、色による絞り込みです。この画面ではライムグリーンを指定して絞り込んでいますが①、左のレインボーアイコンを選択すれば、任意の色を指定することができます②。さらに、この画面では、縦長、横長、正方形のそれぞれの形状を指定して絞り込んだり③、切り抜き画像をだけを指定して表示させることもできます④。

また、キーワードを指定して詳細に絞り込むことも可能です。この画面では「自然」を指定して絞り込みました⑤。キーワード検索バーの下には、入力したキーワードに関連したキーワードが表示され、クリックまたはタップすればさらに画像を見ることができます⑥。

画像加工編集アプリを選ぶ9つのポイント

画像加工編集アプリはとても種類が多く、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。ここでは、画像加工アプリを選ぶ際に確認しておきたい9つのチェックポイントを取り上げます。ニーズと照らし合わせ、使いやすいアプリをダウンロードしてください。

1. 無料、それとも課金する?

まず最初に、完全に無料で使いたいのか、それとも必要に応じて有料機能も使用したいのかを決めておきましょう。たとえばPrismaは、スマホでアート作品のような画像が作成できるとても楽しいアプリですが、多くの機能やフィルターを使用するには有料のプレミアムを購入する必要があります。もちろん、完全無料のアプリの中には、SnapseedSNOWのように高度な機能を備えたものもあります。

2. コミュニティ機能は必要?

画像加工編集アプリには、他のユーザーと交流して楽しむことができるものもあります。たとえばPicsArtは他のユーザーが作成した作品をアレンジして自分らしく加工し、それをコミュニティにアップして人気を競ったりすることもできます。またVSCOも、世界各地のクリエイターによるイマジネーションあふれるグラフィックを見て楽しむことができるコミュニティ機能を備えたアプリです。

3. ビューティー機能が充実している?

「盛れる」写真を撮るなら、ビューティー機能が充実しているかどうかは重要なチェックポイントです。スマホで自撮りする予定があるなら、シミ消しや美肌補正、メイクアップなどの機能があるかどうかを確認しましょう。Ulikeには、肌のレタッチとフィルターを組み合わせた「スタイル」機能があり、ワンタッチで思い通りのニュアンスある美しい写真に加工できます。

4. 背景透過は可能?

コラージュやクリエイティブな画像を作成したいなら、不可欠になるのが背景除去機能です。これは、画像の中の不要な要素を切り抜いて、その部分を透明化することで、合成画像を作成したりする場合に便利な機能です。高性能な背景除去機能を備えているアプリとしては、CanvaBazaartなどがあります(ともにプレミアム機能を購入する必要があります)。

5. フィルターやスタンプは豊富?

スマホで画像加工編集を楽しむなら、フィルターやスタンプがどのくらい充実しているかは大切なチェックポイントでしょう。無料で使えるスタンプが豊富なCanvaや、AR機能によって顔認識スタンプを追加できるSNOWなら、SNSに投稿して盛り上がる画像が作成できること間違いありません。個性的なフィルターを試したいならPrisma、また「フィルターショップ」でテーマに合わせたフィルターがダウンロードできるBeautyPlusも要チェックです。

6. トリミングできる?

画像をSNSに投稿するなら、それぞれのプラットフォームに最適なサイズにトリミングできる機能が必要です。Canvaなら、InstagramやTwitter、FacebookなどのSNS、さらにNoteやはてなブログのヘッダーなどに最適化されたテンプレートを使って簡単に画像のリサイズやトリミングができます。また、SNSとの連携により、作成した画像をそのまま投稿することもできます。

7. フォントの種類は?

イメージどおりのグラフィックを作成するには、タイポグラフィも重要な要素です。クリエイティブなアプリを求めるなら、フォントの種類がどれくらいあるかも確認しなければなりません。たとえばタイポグラフィに特化したPhontoで文字周りの要素を作成し、別にアプリでさらにエフェクトを重ねるといった使いわけも可能です。また、日本語フォントが豊富かどうかという点もチェックしておきたいもの。Canvaなら、90種類以上もの日本語フォントを利用することができます。

8. コラージュ機能は?

シェアしたくなるような画像を気軽に楽しく作成できるのがコラージュの魅力。小さなお子様でも、タップするだけでオリジナルの画像が作成できるコラージュを使えば、クリエイティブの喜びを味わうことができます。PicCollageは、誰でもすぐに使える優しい操作性が特徴です。ファミリーイベントや大切なペットの写真など、コラージュアプリで貴重なひとときを形に残しましょう。

9. 操作はシンプル?

高性能で本格的なアプリを求めているのか、インストールしてすぐに使いこなせるようなシンプルかつ軽快なアプリが必要なのか、ご自身のニーズに合わせて選びましょう。たとえば B612 は、SNOWのさまざまな機能を簡単に使いこなせるようにシンプル機能に特化したアプリなので、画像を手早くきれいに加工したいという場合におすすめです。またSnapseedは、高度な機能とわかりやすい操作性を兼ね備えています。

Canvaで人気のテンプレートはこちら

Canvaで人気の画像テンプレートをご紹介します。

Canvaのテンプレートは、背景色やフォント、イラストなどを自由にカスタマイズすることが可能です。テンプレートを使えば、あっという間におしゃれな画像を作成することが可能です。気になるデザインがあれば、[このテンプレートを使用する] ボタンをクリックまたはタップしてください。

Instagram(インスタグラム)画像投稿テンプレートおすすめ10選

1位エレガントでおしゃれな画像投稿テンプレート

2位 白背景にテキストを書き込める画像投稿テンプレート

3位 検索窓つきシンプル画像投稿テンプレート

4位 白フレームつき画像投稿テンプレート

5位 タイトルを書き込める画像投稿テンプレート

6位 フレーム飾りつきかわいい画像投稿テンプレート

7位 メッセージを書き込める画像投稿テンプレート

8位 ミニマリストデザインの画像投稿テンプレート

9位 青フレーム飾りつきシンプルな画像投稿テンプレート

10位 抽象的な水彩バックグラウンドつき画像投稿テンプレート

インスタストーリー画像テンプレートおすすめ10選

1位 モノクロトーンで裂けた紙を使ったコラージュ風のインスタストーリー

2位 グレー基調でシンプルなポラロイド写真風インスタストーリー

3位 2枚の写真コラージュを使ったモダンなイメージのインスタストーリー

4位 3枚の写真を並べたミニマルなInstagramのストーリー

5位 はかなげなベージュを使ったかわいく優美なインスタストーリー

6位 ポラロイド写真を2枚使ったミニマルでモダンなインスタストーリー

7位 見ているだけで旅に行きたくなる白背景の爽やかなインスタストーリー

8位 パステルブルー背景で写真が映える涼しげで落ち着いた雰囲気のインスタストーリー

9位 映画のワンシーンを集めたようなフィルムフレームのインスタストーリー

10位 一番人気のインスタストーリーテンプレートの英語バージョン。Canvaはおしゃれかわいい英語フォントも豊富に使えます!

Twitterヘッダー画像テンプレートおすすめ10選

1位 空と地平線が素敵なツイッターヘッダー画像。果てしなく続く地平線と青空のコントラストが爽快です

2位 黄色と黒で見た人の印象に残るミニマルなツイッターヘッダーです。イラストやテキストを変えたり色を変えたりするだけでオリジナルの画像が作成できるテンプレート

3位 ノートパソコンの写真を使ったビジネス向けのツイッターヘッダー。写真やロゴを変更すればオリジナルの画像が完成します

4位 グラデーション背景とシンプルなテキストメッセージが洗練された印象のツイッターヘッダー

5位 優しい雰囲気の青背景とかすれた感じのフォントを使った、どこか浮遊感のあるツイッターヘッダー画像テンプレート

6位 全体的に黒い印象を持った画像を背景に使い、白い枠線に注目がいくようにデザインしたツイッターヘッダー。枠線の中にメッセージやテキストを追加すれば、見る人に強い印象を与えます

7位 山の背景画像と手書きメッセージを組み合わせた、冒険心をくすぐられるようなツイッターヘッダーテンプレート

8位 パステル調のオレンジ背景とキラキラマーク、筆記体フォントでかわいくポップにデザインできるツイッターヘッダー画像のテンプレート

9位 白背景とオレンジ色のキャッチーな模様、濃い色のテキストでまとめられたシンプルなツイッターヘッダー画像のテンプレート

10位 定番の桜の写真背景を使ったツイッターヘッダー。Canvaには無料写真素材も豊富に用意されているので、テンプレートからデザインを開始し、好みの画像に変更するだけで素敵なツイッターヘッダーがすぐに完成します

Facebook投稿画像テンプレートおすすめ10選

1位花盛りのピンクが心浮き立つFacebook投稿画像用テンプレート

2位クリスマスキャンペーンやイベント告知にぴったり!ジングルベルが聞こえてきそうなFacebook投稿画像用テンプレート

3位大好きな人に届けたい、ロマンティックでドリーミーなFacebook投稿画像用テンプレート

4位ビジネスシーンや学校などで使いたい、ソリッドな印象のFacebook投稿画像用テンプレート

5位アクティブでパワフルな印象を与える、鮮やかなイエローが注目度抜群のFacebook投稿画像用テンプレート

6位バレンタインセール用のFacebook投稿画像用テンプレートですが、写真とテキストを変更することで、さまざまな用途に応用可能

7位接写画像を大きく使ったインパクトあふれるデザインのFacebook投稿画像用テンプレート。しっかりとメッセージを伝えます

8位イベントや旅の記憶などをシェアするのにおすすめのFacebook投稿画像用テンプレート

9位アパレルブランドやインテリアショップなどのセールの告知に最適なFacebook投稿画像用テンプレート

10位料理写真が映えるミニマルなデザインのFacebook投稿画像用テンプレート

Facebookカバー画像テンプレートおすすめ10選

1位春爛漫の桜が美しい、新しくはじまる世界への期待を高めてくれるFacebookカバー画像テンプレート

2位シンプルで心地よいライフスタイルをイメージさせるFacebookカバー画像テンプレート

3位会心のショットを見てもらうのにおすすめのFacebookカバー画像テンプレート

4位ビジネスやオフィスシーンに適したミニマルな印象のFacebookカバー画像テンプレート

5位優しい色調のシンプルなバイカラーが使いやすいFacebookカバー画像テンプレート

6位マーケティングやビジネス戦略に使用したいFacebookカバー画像テンプレート

7位使いやすい横長のFacebookカバー画像テンプレート。2位のデザインのサイズ違いです

8位シックなトーンの画像を背景に、ネオンカラーの文字が鮮やかなFacebookカバー画像テンプレート

9位タイポグラフィで遊びたい。アレンジ自由なFacebookカバー画像テンプレート

10位インパクトのある画像をレイアウトして注目度アップ。配色がかわいいFacebookカバー画像テンプレート

バナー画像テンプレートおすすめ10選

1位 母の日のメッセージにも使えるカーネーション背景のラグジュアリーなバナー。背景写真とテキストを変えれば簡単にオリジナルバナーのデザインに変更可能

2位 サーモンピンクベースのかわいいバナー。手書き風のピンク背景とかわいい花のイラストがポップな印象です

3位 時計とノートパソコンの写真を使ったシンプルなバナー

4位 猫がテーマのキャッチーなバナー。動物の写真を使ったかわいいデザインが印象的です

5位 ヨットの写真で爽やかなイメージのバナー。青を基調としたヨットの写真と白い円がとても爽やかな印象のバナーデザイン

6位 カラフルなフルーツの写真を大胆に使ってキャッチーな雰囲気のバナーテンプレート

7位 サーモンピンクとベージュの2色が落ち着いたイメージのバナー

8位 夜景写真がかっこいいクールな印象の不動産系バナー

9位 アートな雰囲気のバナーテンプレート。ぼやけたカラーの背景が印象的なアートエキシビションに使えるバナーテンプレートです

10位 オイルペインティング背景を使ってカラフルに表現されたバナーテンプレート

Zoom背景画像テンプレートおすすめ10選

1位 ネームカード、名札として使える綺麗なオフィス写真をあしらった背景

2位 黒板の背景に大事なことを書き込むことができる背景

3位 綺麗なオフィスの会議室の背景で会議に集中する雰囲気を作る背景

4位 広い素敵なオフィスの背景でプロフェッショナルを演出

5位 ビーチからリゾートの開放感と話しやすさを演出

6位 おしゃれなカフェでカジュアルな話しをしやすく演出

7位 大自然の中に行った気分にさせてくれる背景

8位 天空で非現実を演出できる動画背景

9位 海底でいつもと違うリラックスした世界を演出する動画背景

10位 地球を宇宙から見たスケールの大きさを醸し出す動画背景

画像加工編集の無料グラフィックアプリ・ソフト・ツールのまとめ

誰もがスマホやデジタルカメラを手にするようになり、デジタル画像の編集や加工の機会が増えました。このページでは、グラフィックデザインの経験がないという人でも、簡単におしゃれな画像加工や編集ができるツール・アプリ・ソフトを紹介し、それぞれの使い勝手をレビューしました。基本的に無料で使用できるものばかりなので、気になったツールがあれば、ぜひ気軽に試してみてください。

なかでもおすすめなのが、オンラインでもスマホアプリでも、デバイスを問わずに同じ画面にアクセスできるCanvaです。アカウントを作成しなくてもデザイン画面を操作できるので、ぜひこちらから気軽にどんなデザインがあるのか確認してみてください。

画像加工編集に役立つ関連リンク

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス