かんたん操作で使いやすい!無料ロゴ作成アプリを比較してみた

かんたん操作で使いやすい!無料ロゴ作成アプリを比較してみた

誰もが気軽にコンテンツやサービスを作り発信できる現代は、“ブランディングする” ことへのニーズが益々高まっています。ロゴの制作はブランディングにおいて、大切な作業のひとつです。 その団体や持ち主となる個人の「思い」や「社会に持ってもらいたいイメージ」を表現するために重要な要素となるので、しっかり作りたいと考えられる方が多いのではないでしょうか。 しかし、「デザイナーや制作会社へ依頼する予算がない…」「作成ツールがあるのは知っているけれど一体どれがいいの?」など疑問を抱えている方も多いはず。 今記事では、オリジナルロゴを手軽にデザイン出来る、無料のスマートフォンアプリを4つピックアップ!実際にアプリでロゴを作りながら、操作手順や活用方法を交えてご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

  • ロゴを作りたいけど予算がない
  • スマホを使って自分でロゴを作りたい
  • シンプルでおしゃれなロゴにしたい

目次

  1. シンプル操作でおしゃれ度の高いロゴが作れる「ロゴ作成ショップ」
  2. スタイリッシュな印象のロゴが作れる「LogoScopic Studio」
  3. 海外風のオリジナリティー溢れるロゴが作れる「ロゴメーカー」
  4. 豊富な日本語フォントを使ったロゴが作れる「Canva」
  5. ロゴデザインをプロに依頼したい場合
  6. まとめ

シンプル操作でおしゃれ度の高いロゴが作れる「ロゴ作成ショップ」

豊富なテンプレートの中からベースのデザインを選び、素材や背景を変更したり、組み合わせたり、作りたいロゴのイメージへ近づけていくことが出来るアプリです。

ロゴ作成ショップアプリロゴ

  • 対応デバイス:iPhone、iPad
  • 操作画面:日本語
  • デザイン:テンプレート数(13種類のカテゴリー):1000以上(有料あり)/デザインパーツ数(フォント、記号、背景のライブラリー):5000以上(有料あり)
  • 日本語フォント:無し
  • 商用利用:OK ※利用規約をご確認ください
  • アプリダウンロードApp Store
ロゴ作成ショップデザインテンプレート例

▲テンプレートデザイン(一部)

「ロゴ作成ショップ」の操作方法

ロゴ作成ショップ操作手順1

  1. 無料で使えるカテゴリ「ベーシック」からテンプレートを選択。テンプレートを利用せずにゼロから作成したい場合は、画面の下にある「+」をタップして始めましょう。
  2. デザインの下に表示されているアイコンから文字や色の変更、背景選択などを行います。 無料で使える素材は「Symbol」→「ベーシック」から選べます。※ロゴショップのFacebookフォローで「無料フォント」、Instagramフォローで「無料イメージ背景」を入手できます。

    ロゴ作成ショップ操作手順2

  3. フォントや文字間隔、素材のサイズ感などを調整する。
  4. 完成したら右上の「✓」をクリックして、マイロゴに「保存」を選択。サイズ選択は「小サイズ.JPG(無料)」を選んで完成! ※「高解像度.PNG」を選択する場合は「週額550円」「月額1,400円」「年額4,300円」の3つのプランから利用できます。

初心者の人にもぴったり!日本語でわかりやすい操作画面

操作画面は日本語なので、各アイコンから「何が出来るのか」「無料素材はどれか」がとても分りやすく、初めてアプリでデザインする方にも使いやすいツールです。 使える素材に制限を感じる部分はありますが、テンプレートを利用する以外に、ゼロから自由に作成する方法もあるので、おしゃれな有料テンプレートのデザインを参考にしながら、オリジナルロゴ作成に挑戦してみることもオススメです!

スタイリッシュな印象のロゴ作成に「LogoScopic Studio」

イラストの中からロゴの土台になるデザインを選んでテキストを追加。たった数ステップでカタチにできちゃう、デザインも操作性もシンプルなアプリです。

LogoScopic Studioアプリロゴ

  • 対応デバイス:iPhone、iPad
  • 操作画面:英語
  • デザイン:フォント:200以上(有料あり)/デザインイメージ:850,000以上(有料あり)
  • 日本語フォント:無し
  • 商用利用:NG ※利用規約に販売への利用は不可,利用規約に個人利用・商業プロジェクトへの利用は可と記載あり
  • アプリダウンロードApp Store
LogoScopic Studioイラストデザイン例

▲イラストデザイン(一部)

「LogoScopic Studio」の操作方法

LogoScopic Studio操作手順1

  1. デザインカテゴリを選択し無料素材を選んでタップ。無料素材は右上に「♥」表示があるもの。有料素材を選択すると有料プラン「年額39.99ドル」の案内が表示されます。
  2. 素材が表示されたら「TEXT」から文字を入力。フォントの種類を選び、「BACKGROUND」で背景を決めます(画像か色を選択)。素材のサイズなどを調整したら、デザイン右上の「↑」 をタップ。
    LogoScopic Studio操作手順2

  3. 左上の 保存「↓」を選択すると、ロゴの「WITH BACKGROUND(背景あり)」または「WITHOUT(背景なし)」を選択できます。使用するSNSごとに画像サイズを変更して保存することも可能です。画面右下の「SHARE」をクリックすると完成!

直観的シンプル手順であっという間に完成!

記号や簡単な単語など、分かりやすいアイコンで操作できるので、英語に苦手意識のある方でも比較的スムーズに作業を進めることが出来ます。作成ステップも「イラスト素材を選ぶ」「文字を入力する」の2つがメインなので、デザイン迷子になりにくいシンプルさ。直観的にサクサク作れる分、いくつか候補を用意して比較し、ベストな一点へ絞り込むのもいいかもしれません。

海外風のオリジナリティー溢れるロゴに「ロゴメーカー」

バリエーション豊富な素材を組み合わせ、自由度の高い操作性が特徴。細かい加工を加えることも出来るので、個性を表現しながら作り込みたい方におすすめのアプリです。

ロゴメーカーアプリロゴ

  • 対応デバイス:iPhone、iPad、Android
  • 操作画面:日本語
  • デザイン:ステッカー、グラフィック要素、図形、背景、テクスチャなど5,000,000以上(無料あり)
  • 日本語フォント:無し
  • 商用利用:OK ※利用規約をご確認ください。
  • アプリダウンロードApp StoreGoogle Play
ロゴメーカーイラストデザイン例

▲イラストデザイン(一部)

「ロゴメーカー」の操作方法

ロゴメーカー操作手順1

※操作画面はAndroidアプリを使用

  1. トップ画面の「SCRATCHからロゴを作成する(ロゴを作成フリースタイル)」を選択し「アート」から素材を選ぶ。
  2. テキストを入力しフォントを決定。
    ロゴメーカー操作手順2

  3. 「バックグラウンド」で背景を設定する。「エフェクト(効果)」から背景の加工も出来ます。
  4. ロゴマークやテキストの位置などを調整したら、画面右上の「✓」をクリックして保存作業へ。
    ロゴメーカー操作手順3

  5. 保存するロゴサイズを選ぶとスマートフォンに画像が保存されます! ※右下に表示されるサービス名を消したい場合は、有料プラン「月額560円」「年額1,600円」「永久2,220円」の利用が必要です。

オリジナリティを表現できる!素材充実のアプリ

素材のバリエーションが豊富なので、組み合わせ次第であらゆるジャンルのシンボルを表現することが出来ます。「アプリでのデザインが初めて」という方には少し難しく感じるかもしれないのですが、操作の自由度が高く、「写真編集」や「テキスト編集」を活用すれば、オリジナリティを追求したロゴを作る事ができるアプリです。

豊富な日本語フォントを使ったロゴ作成も◎「Canva」

英語フォントを使ったテンプレートはもちろん、日本語フォントを使った実用的なテンプレートも揃うデザイン作成サービス。作ったロゴを活用して、ショップカードやチラシなどもアプリで作成できます。

Canvaアプリロゴ

  • 対応デバイス:iPhone、iPad、Android、PC
  • 操作画面:日本語
  • デザイン:デザインテンプレート60,000点以上(有料あり)/フォント100種類以上 (有料あり)/写真やイラスト300万点以上(無料あり)
  • 日本語フォント:対応 100種類以上
  • 商用利用:OK ※ライセンスにて「Canvaでロゴを作成する際のご注意」をご覧ください
  • アプリダウンロードApp StoreGoogle Play
Canvaテンプレートデザイン例

▲テンプレートデザイン(一部)

「Canva」の操作方法

Canva操作手順1

※操作画面はiphoneアプリを使用

  1. デザインカテゴリから「ロゴ」を選択し、テンプレート一覧を表示する。検索窓から「ロゴ 日本語」を入力すると、日本語を使ったテンプレートの絞り込みが出来ます。
  2. 編集したいテンプレートを選び、テキストをタップすると文字が変更できます。右下にある「+」から「フォント」「色」「背景」などの変更もできます。 ※作成するロゴ内にCanvaの「イラスト」を使用する場合は、ロゴテンプレートの中で使用されている素材のみを選択可。

    Canva操作手順2

  3. イラストの大きさ、文字サイズや間隔など、デザイン全体を整えたら、右上にある「↓」をタップ。「ダウンロード」を選択するとスマートフォンに保存されます。※「透明度付きでダウンロード」の選択は有料プランCanva Pro 「月額1,250円」「年額11,600円(30日間の無料トライアルあり)」の利用で使用出来ます。
  4. 「パブリッシュ」したい方は右上「↑」をタップ。パブリッシュ先を選択してください。

日本語フォントを活かしたテンプレートも充実!

日本語を使ったテンプレートは、日本語のバランスに合わせてデザインされています。また、英語のテンプレートも種類が豊富なので、デザインのバランスや使い方を参考にしてみてください。Canvaではロゴ作成機能の他にショップカード、チラシ、ポップ、メニュー表なども作れるので、完成したロゴを活用してプロモーション用のアイテムへ展開することも簡単です!

※PCブラウザのアカウントで同期・編集も可能

展開した紙媒体アイテムのイメージ例

Canvaロゴ展開例名刺へ

ショップカード(表・裏)

オンラインでプロに依頼したい方は

今回は、スマートフォンから手軽に作れる「ロゴ作成アプリ」を紹介しましたが、「やっぱり自分で作るのは苦手…」と感じた方は、オンラインで手軽にプロへの依頼ができる「クラウドソーシング」を利用してロゴ作成する方法がオススメです。 プロが副業や趣味でスキルを販売しているので、予算を抑えてクオリティの高いロゴを作成することができるのが特徴です。オンライン上で依頼できる手軽さがあり、ロゴ以外も併せて依頼ができるのも魅力です。

出品者の“得意”を売り買いできるスキルマーケット「coconala」

経験、知識、スキルをオンラインで気軽に購入できるサービスです。ロゴをはじめ、キャッチコピー、イラスト、語学レッスン、占いなど幅広いジャンルから選べ、やりとりは非公開(匿名OK)。お手頃な価格設定も魅力的で、支払いはサイトが仲介するので安全に利用できます。

ココナラサイト画像

(出典:coconala公式サイトより)

人の時間を30分単位で売買できるサービス「TIME TICKET」

TIME TICKET(タイムチケット)は時間をチケットにしてシェアする仕組みで、エリアやカテゴリーからぴったりの販売者を探すことができます。取引の形式はいくつかの選択肢から選べ、お金のやり取りはサイトが仲介。プロの時間を最短30分から購入できるので、相談のみ希望という方も利用しやすい。

タイムチケットサイト画像

(出典:TIME TICKET公式サイトより)

まとめ

今回ロゴアプリを使ってみていかがでしたか?各アプリごとにデザインや操作性に特徴があるので、ご自身に相性の良いアプリを選んで、オリジナルロゴを作成してみてください。また、ロゴを商用として利用できる範囲については、各ツールによって規定が異なります。必ずロゴを作成・使用する前に、ツールごとの「利用規約」または「よくある質問」などを確認し、該当範囲内でデザインを活用してください。詳細な不明点がある場合は、デザイン提供者へ直接問い合わせてみてください。

商標について詳しくは特許庁のサイトをご参照ください。

ロゴについてもっと知りたい方はこのようなコンテンツも紹介しています

「ブランドや企業におけるコーポレートデザインの考え方」

「ブランディングとは?デザインを統一するだけでない企業の戦略」

※2020年1月31日現在の情報です。

デザイン作成の切り札