リモートワーク中にチームカルチャーを構築するための5つの方法!

How-to-build-culture-in-a-remote-team_banner

リモートワークをベースに働く人々は年々、増加し続けています。リモートワーカーが増えて行く現代で、事業を効果的に継続する鍵となるのは、テクノロジーを通じて全てのチームメンバーを業務に取り巻く事です。チームメンバーを効果的に取り巻くためには、チームカルチャーを構築することが大事。テレワーク推奨が世界中で広まるなか、より創造的なチームカルチャーの構築方法を考える必要があります。

この記事では、リモートチームの文化を構築する5つの方法を紹介し、簡単なヒントとコツを実践することで、チームの一体感を育む方法について説明します。

なぜチーム文化が重要なのか

2020年に行われたBufferの調査では、リモートワーカーの業務パフォーマンスが、オフィスワーカーよりも高いと主張されました。ただし、同じ調査で、リモートワーカーの共通の課題が「チームから孤立している悩み」であると明らかになりました。

そのため、チームメンバーがテレワーカーに常に耳を傾け、コミュニケーションを取る努力をすることがチームの文化を構築する上、必要不可欠なのです。

アトラシアンが実施した調査で、調査対象となった労働者の94%が相互の尊重とつながりがチームの成功に不可欠であると回答しました。同じ調査で、19%の労働者が、チームの友好な関係性維持が業務をする上での幸福感における最大の要因であると回答しました。

1.毎週行う定期的な進捗ミーティングを組み込む

チームのモチベーションを維持するためには、授業員の仕事が事業全体に与える影響をチーム全員に共有することが大事です。定期的に進捗状況や成功を共有すると良いでしょう。その上、チームとして目指すべき大きな目標を実現させるためには、どのように動くべきかをチーム全体で決めていく事が大事です。

チーム内で密なコミュニケーションが取れる文化を築くために、以下の手段を提案します:

  • 週1の定例会議。月曜日の朝に、1週間をかけて進めるべき仕事をチーム単位で設定しましょう。ミーティングを行う時間が無い場合はタスクシートの共有だけでも、業務へのモチベーションが高まります。
  • 金曜日には進捗会議。1週間で成し遂げた成果を共有する時間を設定することも大事です。月曜日の定例会議にて設定したアジェンダがどれほど進んだかなど、チームメンバーの進捗情報を確認する事ができます。
  • Slackを活用。Slackは、チームが毎日何に向かって取り組んでいるかを調整するのに役立つ簡単なチャットです。各メンバーがその日に何に取り組んでいるかをすばやく確認し、それが目標にどのように役立つかを特定します。特定の理由で目標を達成できないと感じているチームメンバーがいるかどうかについて話し合うこともできます。各チームメンバーの1日に何が起こっているかを小豆に確認する事ができるので、ミーティングよりも密なコミュニケーションが実現できます。

美しいデイリープランナーとスケジュールをCanvaのテンプレートから作成できます!Green Leaves Daily PlannerYellow Minimalist Daily Plannerをお試しください。

2.フランクなコミュニケーションを促進するために役立つウェブツールを採用する

Image by Canva

Image by Canva

リモートチームは密にコミュニケーションを取る事が最も重要です。なぜなら、オフィス環境で行われるちょっとした雑談などが実現できないからです。オフィス環境と似たようなコミュニケーションをテレワークでも再現するためには、適切なコミュニケーションツールを採用する必要があります。

毎週の議題の会議からお昼休憩での会話まで、仕事と仕事以外の両方のコミュニケーションはチームワークの文化を育てるためには必要不可欠です。あらゆるコミュニケーション手段が実現できる一般的なリモート作業ツールを、下記にてご紹介します。ご参照してください:

  • Slack:Slackはインスタントメッセージングプラットフォームであり、チームメンバーとリアルタイムでチャットができます。
  • Zoom:Zoomは、チームとリモートで会議を行うことができるビデオ会議アプリです。
  • Canva: Canvaではプレゼンテーション資料、ポスターやSNS運用画像などを作成できるグラフィックデザインツールです。Canvaはコラボレーションツールでもあり、チームメンバーと共同作業を行う事ができます。伝えたいメッセージをより明確にするために、画像としてまとめる事ができます。
  • Asana: Asanaは、チーム作業の管理に役立つように構築されたWebアプリケーションです。Asanaにより、チーム内プロジェクトの進行状況の可視化が可能になりました。
  • Googleドライブ: Googleドライブは、Googleが開発したファイルストレージおよび同期サービスです。Googleアカウントをお持ちの方は、チーム全体で簡単にアクセスし、共同作業を行い、他のGoogleユーザーにドキュメントを共有できます。

Professional Office Zoom Background またはOffice Space Photo Zoom BackgroundのテンプレートをそのままZoomのバーチャル背景としてご活用いただけます。

関連記事:リモートワークでも効果的にチームワークを図るためのヒントを5つまとめてみました!

3.成果を祝う

テレワークを行っている場合、自身のアウトプットがしっかり見られていないと思ってしまう場合があります。チームメンバーがそう思わないためには、アウトプットの成果をしっかり祝う事が大事です。SlackやZoom会議などで、互いを評価し合いましょう!

Overlapping Circles や Outer Space Achievement Certificate のテンプレートを活用すれば、成績証を作成できます。

4.スキル開発を推奨する

Students-on-Gadgets

チームとして新たなスキルや知識を取得する事で、チームワークの文化を構築する事ができます。さまざまなスキルや才能をもつ従業員のいる会社で働いている場合、月に1回、オンラインでの勉強会を主催することをおすすめします。互いのスキルを尊重しあい、組織としてスキルアップをする事で、大規模なチームカルチャーを築くできます。それは仕事についての勉強である必要はありません。自家製パスタの作り方や、ヨガポーズのレッスンなどでも、チームメンバー同士がつながり、お互いについてもっと知る機会になります。

勉強会を告知するライにはPride Art Showcase Poster template White Movie Poster Poster テンプレートをお試しください。

関連記事: 在宅勤務中、メリハリのある働き方を実現させるためにできる6つのこと!

5.明確なプロセスを作成する

コミュニケーションから混乱と誤解を取り除くためには、共通した業務プロセスを明確にしなければいけません。チームに一体感を与えるため、最も重要なプロセスを下記にてまとめました:

  • 明確な説明プロセス: プロジェクトを開始するときは、会議を主催し、すべての関係者が出席していることを確認することが重要です。また、十分な情報を共有し、明確な期待を設定し、essの指標を設定することも大事です。チームメンバーが質問や意見ができる環境を初期の段階で用意するとなお良いでしょう。これにより、最初から明確にチーム内での位置合わせができます。
  • 定期的な同期: プロジェクトを立ち上げたら、定期的にチームとコミュニケーションをとり、各個人の状況を確認することが重要です。これが毎週の会議であれ、毎日のメールのやりとりであれ、チームメンバーが効果的に進行状況や発生している問題を伝えることができます。
  • 最終回顧: プロジェクトが終了した際には、何が行われたか及び何を改善できるか確認することが重要です。

プロセスを明確に記載するレポートならCanvaで作成し、チームに共有できます。 Steel blue right triangles social media ReportSimple Pastel Report をおい試しください。

デザイン作成の切り札