デザインのコツからネット印刷まで徹底解説!Canvaのテンプレートを使って名刺を作ろう!

businesscard

ビジネスマンはもちろん、個人ブロガーやハンドメイド雑貨を販売する主婦まで、今や多くの方が名刺を持つ時代。名刺を作るにはいろんな手段がありますが、予算がなく自作で印刷をしたとき、「デザインが素人っぽく垢抜けない…」「紙質が選べず仕上がりに満足いかない…」なんて悩みもありますよね。

そこでお勧めしたいのが、テンプレートの活用で簡単にオシャレなデザインが作れる「Canva×ネット印刷」の組み合わせ。Canvaはインターネット上でデータを作成するため、情報を変更したいときにすぐに自分で更新できるなど、便利なポイントがたくさんあります。この記事では、ノンデザイナーの方でもオシャレな名刺が簡単に作れるよう、テンプレートの選び方から編集のコツ、印刷会社の比較や入稿までの流れを徹底解説していきます!

1.まずは名刺のサイズを決めよう

名刺の形やサイズは様々ですが、日本で一般的に使用されているサイズは「91×55mm」です。それ以外にも大手ネット印刷会社で入稿できるサイズがいくつかありますが、以下の3種類から選ぶと作りやすいでしょう。

・スタンダード名刺(91×55mm) 日本で多く使用されているサイズ

・欧米サイズ名刺(89×51mm) 海外でよく使われているサイズ

・小型サイズ名刺(85×49mm) 女性に人気の少し小さめなサイズ

Canvaで名刺のテンプレートを選ぶと、小型サイズに近い「85×50mm」で作成されます。上記の3種類もしくは、それ以外のサイズで作成したい場合は、ログイン後のページ右上にある「カスタムサイズ」から、お好きなサイズを入力してください。

1_カスタムサイズの作成

最初の設定では「px(ピクセル)」になっているので、単位を「mm(ミリメートル)」に変更しましょう。縦型の名刺を作りたい場合は、「55×91mm」のように縦と横を逆にして数値を入れると作成できますが、印刷会社によって受付をしていない場合もあるので事前確認を忘れずに。

初めてネット印刷を使用する方は特に、今記事にある印刷の項目をしっかり読んで、あらかじめネット印刷の会社を決めておくと良いでしょう。家庭のプリンタで印刷をする場合であっても、作成前に用紙サイズをよく確認しておくことをお勧めします。

2.実際にデザインを作ってみよう

サイズを決めたら、さっそくデザインをしていきましょう。今回は、日本で多く使われる「91×55mm」サイズで、ヨガサロンのオーナーという設定の名刺を作成します。

1. 名刺に入れる情報を決めよう

これまでにもらった名刺を思い出してみてください。名前、肩書き、メールアドレスだけのシンプルな方もいれば、数種類のSNSアカウントを載せている方、裏面に店舗情報を入れている方など、人によって載せる情報は様々でしょう。

名刺はスペースが小さいので、あまり多くの情報を載せることをお勧めしません。8店舗を経営している会社が全ての店舗情報を載せようと思えば、それだけで多くのスペースを要しますよね。店舗情報の詳細はホームページに載せておき、名刺にはホームページのURLやQRコードを載せればすっきりします。このように、名刺に載せるべき情報と不要な情報を、まずは整理しておきましょう。

2. テンプレートを選ぼう

Canvaのデザイン作成で最も重要といっても過言ではないのが、テンプレート選び。自分の好みだけで選ぶのではなく、「写真の有無」「レイアウト」「文字量」の3つのポイントで選びましょう。

・写真の有無

写真入りの名刺を作りたいのか、文字だけがいいのか。また、写真を入れる場合どんな場所に入れたいのかによってイメージが変わってきます。

design_photo1

写真無し

design_photo2

全面に写真を使用

design_photo3

一部に写真を使用

・レイアウト テンプレートのデザインは、丸やカーブを使った柔らかい雰囲気のものから、鋭いラインや幾何学模様を使ったクールなものまで、豊富に用意されています。自分の好みで選んでしまいがちですが、ロゴや写真を当てはめたり、色を差し替えたときにしっくりくるかを重視して、選んでみましょう。

design_layout1

スタイリッシュでシンプルなロゴが合う

design_layout2

顔写真を入れたい

design_layout3

男性も使いやすいクールなデザイン

・文字量 前項で考えた「名刺に入れる情報」を思い出しながら、どのくらいの文字を入れる必要があるか、想像しながら選んでみましょう。英語は文字量が多くてもすっきり見えやすいのですが、日本語は大きく見えてしまうので、極力文字数は少ない方が洗練された印象に見えます。

design_text1

表はシンプルにブランド名のみ

design_text2

裏面はURLのみというインパクトのあるデザイン

design_text3

連絡先やSNSなどの情報をたくさん掲載

3. 内容を書き換えていこう

テンプレートを選んだら、あとは情報を入れるだけ。ここで注意すべき点は3つです。

・イメージに合った日本語フォントを使用する 日本語を使用する場合は、フォント選択画面の上部にカテゴリ分けされている「日本語フォント」を使用してください(日本語入力時に英語フォントを使用すると、ダウンロード後に違うフォントに置き換わってしまいます)。できるだけ種類は少なくし、3種類以上使わないようにするとすっきりまとまります。

Bcard1-B

(悪い例)ポップでカジュアルな印象のフォントを使用しており、イメージと合っていない

Bcard1-A

(良い例)落ち着いた印象の明朝系のフォントを使用しており、医療系の名刺に合っている

・文字間や行間を調整する

文字間や行間は窮屈すぎても読みづらく、開きすぎてもバラバラした印象で伝わりづらくなります。複数のテキストボックスがある場合は、行間や文字間の数値を揃えておくとすっきりして読みやすくなります。

Bcard2-B

(悪い例)行間が離れ過ぎていて、基本情報が読み取りづらい

Bcard2-A

(良い例)基本情報がまとまっており、シンプルですっきりとした印象で読みやすい

・文字の位置や余白具合をすべて揃える 文字の始まる位置がずれていたり、余白の幅がバラバラになってしまうと、不安定な印象を与えます。文字の位置を均等に揃えると綺麗に仕上がるので、操作するときに出てくる案内線(ボックスをドラッグした際に出てくるピンクの線)に沿って、丁寧に揃えましょう。

Bcard3- B

(悪い例)名前がギリギリに配置されているうえ、全体的に文字のバランスが悪い

Bcard3-A

(良い例)全ての情報が左に揃っていて、まとまり感がある

以上の3つのステップから完成した名刺がこちらです。

▼選んだテンプレート

sample_back

選んだテンプレート(裏)

sample_table

選んだテンプレート(表)

▼色や内容を変更し、完成した名刺

completion_table

色や情報を変更し、完成した名刺(表)

completion_back

色や情報を変更し、完成した名刺(裏)

元のロゴは活かしつつ、ホッとする安心感や、地に足がつくような安定感、身体のことを任せられるような信頼感を与えられるよう、暖かい色味や女性らしい線の細いフォントを選びました。

デザインが完成したらPDF(印刷)を選択し、「トリムマークと塗り足し」にチェックをつけて、デザインをダウンロードします。

2_トリムマークと塗り足し

トリムマークと塗り足しを付けることで、印刷時や裁断時のずれを防げるというメリットがあります。

trim

「トリムマークと塗り足し」をつけた名刺データ

ネット印刷で注文する

デザインが完成したら、次は入稿(原稿を印刷所に渡すこと)です。今回は「ラクスル」で入稿しました。

名刺カテゴリの中から「通常サイズの名刺印刷」を選択し、詳細の情報を入力していきます。今回の用紙の種類は「マット紙」、用紙の厚さは「標準(220kg)」「両面印刷」「両面カラー」角丸やPPなどの特殊加工はなしです。部数は100部で、受付から3営業日で出荷の設定を選択して、まずは購入します。ラクスルでの発注が初めての方は、無料の会員登録も済ませておいてください。配送は2種類あり、メール便(190円)宅配便(470円)が選べますが、到着日に差が出る可能性があるので、詳細を確認して選んでください。今回はメール便を選択しました。請求金額は税込で1,069円。リーズナブルですね。

購入の確定・完了画面の「データ入稿する」からデータが入稿できるので、そのまま進めてしまいましょう。スピーディーに進められる「スピードチェック入稿」と、オペレーターが目視でチェックしてくれる「オペレーターチェック入稿」と選べますが、今回はスピードチェック入稿で進めました。

スピードチェック入稿の場合、デザインをダウンロードする際に「トリムマークと塗り足し」は必要ないようです(ラクスル上では、トンボと表記されています)。トリムマークがついた状態でアップロードしてしまっても、画面上の右下の「再処理設定」から削除することができますので、画面のガイドに従って進めてください。

3_スピードチェック入稿

スピードチェック入稿画面

入稿が完了したら、数分後にメールが送られてきます。問題がある場合はお知らせしてくれるので、必ず確認してください。

Processed with VSCO with a4 preset

数日後、名刺が到着しました。出来上がった名刺はこちらです。

到着した名刺を確認すると、紙質もしっかりしていて、印刷のズレなども無く、自分で作ったとは思えない洗練された仕上がりになりました。家庭にプリンタがある場合は家庭で印刷するのもひとつの手ですが、設定や紙の準備・仕上がりのクオリティを考えると、断然ネット印刷がお勧めです。

購入方法やデザイン入稿の流れは各社で異なるので、入稿先のホームページで確認しながら進めましょう。ほとんどの会社が電話で問い合わせができるようになっています。以下にラクスル、グラフィック、プリントパックの3社の簡単な比較をまとめてみました。

100部あたりの価格 (出荷:3営業日) 選べる紙の種類 送料・その他
ラクスル 800円(税抜) 約 8種類 ・別途送料が必要
グラフィック 2,228円(税込) 約 21種類

・1000円以上で送料無料
・10枚から注文可能

プリントパック 990円(税込) 約 11種類

・送料無料
・10枚から注文可能

※2018年12月現在

料金は、選択する用紙によって変動し、送料なども異なりますので、目安としてご参照ください。この3社はいずれも、スタンダード名刺・欧米名刺・小型名刺のサイズで入稿することが可能です。

いかがでしたか?これから名刺を作る方も、リニューアルを考えている方も、ぜひ一度Canvaで名刺を作ってみてくださいね

デザイン作成の切り札