オリジナルメモ用紙を作成するならCanva!テンプレートが豊富

Canva - Red Rose Flowers Bouquet on White Surface Beside Spring Book With Click Pen and Cup of Cofffee

オリジナルメモ用紙を作成する際に役に立つサービスが、Web上のグラフィックツール「Canva」です。Canvaのテンプレートを利用すると、簡単にメモ用紙のデザインを作成できます。

今回の記事では「Canvaの具体的なテンプレート例」と「オリジナルメモ用紙を作成するメリット」と「デザインのカスタマイズ方法」を紹介します。

オリジナルメモ用紙に適したテンプレートの紹介

メモ用紙を自分で作成する際は、一からデザインするよりも既にデザインの出来上がっているテンプレートを利用することで、デザイン作成時間を大幅に短縮できます。

Canvaにはオリジナルメモ用紙の作成に適したテンプレートが多数用意されています。ここでは、Canvaの豊富なテンプレートの中から特におすすめしたいデザインを紹介します。

ビジネス向けのデザイン

・テンプレート:Beige & White Corporate Minimal Modern Memo

社名が大きく記載されたデザインです。日付や名前の項目があるため、いつ誰からのメモであるかすぐに分かります。

・テンプレート:Black and White Building Corporate Memo

メモ用紙のテンプレートでは珍しく、写真を配置できるデザインです。企業や個人をよりアピールしたい場合におすすめします。

シンプルなデザイン

・テンプレート:Pale Green Grid Minimalist Paperclip General Memo

名前やメールアドレス、電話番号が印刷されたデザインです。連絡先を記入する手間を省けます。

・テンプレート:Simple Pastel General Memo

余計ない項目がなく、記入できるスペースを広くとったデザインです。真っ白なメモ用紙では少し寂しく感じる方におすすめします。

オシャレなデザイン

・テンプレート:White with Grid Background General Memo

白をベースに朱色と藍色がアクセントのオシャレなデザインです。背景が方眼であり、図やグラフを記入しやすくなっています。

・テンプレート:Dark Forest Green and Cream Tropical General Memo

ビビッドなカラーで目立つデザインです。人とは違うデザインのメモ用紙を使いたい方におすすめします。

オリジナルデザインのメモ用紙を作成するメリット

市販のメモ用紙ではなく、オリジナルデザインのメモ用紙を作成するメリットを3つ紹介します。

記入する項目を設定できる

メモ用紙の用途によっては、書く内容を定型化できる場合があります。

オリジナルデザインのメモ用紙であれば、記入する項目を自由に設定できます。用途に合わせて記入項目を設定することで、使い勝手が大きく向上します。

自分好みのデザインを選べる

オリジナルでメモ用紙を作成すれば、自分好みのデザインを自由に選べます。可愛いものやおしゃれなもの、シンプルなものなど、デザインは思いのままです。

気に入ったデザインのメモ用紙なら、使用する際に気分も上がります。また誰かに渡す時には、話題作りとしても一役買ってくれるはずです。

裏紙を再利用できる

最近ではCSR(社会貢献)活動として、企業によるエコ活動が注目されています。その一環として裏紙を有効活用することで、少しでもゴミを減らせるはずです。

エコ活動の推進は経費削減だけでなく、企業イメージの向上にも繋がります。メモ用紙は普段目にする機会も多いため、社員にエコ活動を意識させるきっかけ作りとしても役立ちます。

テンプレートをカスタマイズする方法

Canvaのテンプレートはカスタマイズすることで、さらに使い勝手が向上します。カスタマイズ方法の中でも、特にメモ用紙のデザイン作成に重要な3つの操作について紹介します。

既存項目のテキスト内容を変更・削除する

「企業名」「宛先」「記入者」「日付」「題名」「内容」など、既に各種項目が記入されたテンプレートが存在します。

既存の項目内のテキストを変更する際は、変更したい箇所をクリックして入力モードにします。入力モードになるとクリックした項目内のテキストの変更が自由に行なえます。既存のテキストを削除して、変更したいテキストを入力しましょう。

項目内のテキストを削除したいなら、削除したいテキストをカーソルとSHIFTキーで範囲選択して「Delete」キー、もしくは右上にあるゴミ箱マークの削除ボタンをクリックするとテキストを削除できます。

項目を追加・変更・削除する

テンプレートの項目が用途と合わない場合は、項目自体を追加・変更・削除することもできます。

  • 項目を追加する
  • 作成中のメモ用紙にテキストや素材を新たに追加したくなったら、画面左の「テキスト」タブや「素材」タブをクリックしてください。気に入った項目を編集中のメモ用紙にドラッグ&ドロップすることで簡単に追加できます。
  • 項目を変更する
  • 既に配置されているテキストや画像は一度クリックすると、フォントや向き、サイズを自由に変更できます。また、項目の位置もドラッグ&ドロップすることで簡単に移動できます。
  • 項目を削除する
  • 既に配置されているテキストや画像が不要だと感じたら、項目をクリックして「Delete」キー、もしくは右上にあるゴミ箱マークの削除ボタンをクリックすると項目が削除できます。

デザインを変更する

テンプレートをカスタマイズすると、より自分好みのデザインを作成できます。

背景を変更したいなら、画面左のメニュータブの「背景」をクリックします。お好みの背景をクリックすると、デザインの背景が変更されます。

また、お気に入りの画像をメモ用紙の背景にすることも簡単です。画面左のメニュータブの「アップロード」を選択して、「画像のアップロード」ボタンでパソコンに保存している画像を選択するだけ。あとは背景の追加と同じようにアップロードした画像をクリックすると編集中のメモ用紙に背景として配置されます。

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス