写真加工アプリCanvaの魅力とは?他社アプリと比較してみた

Image_processing

Canvaは美しいポストカードなどをデザインするツールですが、タブレットやスマホで操作する写真加工アプリとしても優秀です。

では、PhotoshopやInstagramなど他社アプリとの違いはどこにあるのでしょうか?人気の写真加工アプリとCanvaの違いを説明しながら、Canvaの優れている点を紹介します。

人気の写真加工アプリPhotoshopと比較

PhotoshopはAdobe社製の高機能な写真加工ソフトで、スマホやタブレットで使えるアプリ版も提供されています。今回は、アプリ版を取り上げます。

Photoshopは、手元にある写真を読み込んで加工することの多いアプリです。写真加工の機能が豊富で、レイヤーを何枚も重ねて修正する場所ごとに細かく調整・加工が可能です。

それに対してCanvaは、写真付きのおしゃれなテンプレートが用意されているので、自分で写真を用意しなくても簡単にデザインすることができます。写真フィルタ機能も基本的な機能は一通り揃っています。

PhotoshopとCanvaの大きな違いについては、以降で詳しく説明します。

操作が簡単!豊富なテンプレートで素早く加工

操作が簡単!豊富なテンプレートで素早く加工

PhotoshopはAdobe Stockからテンプレートをダウンロードして利用できます。

Canvaはプロがデザインしたさまざまなレイアウトのテンプレートが用意されていて、無料のテンプレートも豊富です。有料でも1点あたり1ドルなので気軽に利用できます。

テンプレートを使うことでレイアウトや文字フォントの選択に頭を悩ませることなく、簡単に写真を加工できます。操作も簡単で、メニューはどこかを探すまでもなく、直感的に作業を進められる点も魅力。

写真に文字を入れるときは、特にレイアウトが重要で、デザイナーでない人がレイアウトすると、どことなくバランスが悪くなりがちです。悩んでしまって時間ばかりがかかることも。でも、あらかじめフォントや文字の配置がきれいに整ったレイアウトのテンプレートを利用すれば、その悩みから解放されます。

各SNSのサイズに合わせたヘッダーがすぐ作れる

各SNSのサイズに合わせたヘッダーがすぐ作れる

CanvaはTwitterやFacebookといったSNSのヘッダー画像を簡単に作れます。各SNSのヘッダーサイズに合わせたテンプレートがあるので、そのテンプレートを利用してサイズ調整や文字入れをするだけです。

PhotoshopでもSNSのヘッダー画像を画像サイズを指定して作ることはできます。

プレゼンテーション資料をMicrosoft Power Point形式で保存できる

プレゼンテーション資料をMicrosoft Power Point形式で保存できる

Canvaはデザインしたプレゼンテーション資料をそのままMicrosoft Power Point形式に変換できます。統一感のあるデザインテンプレートで作成した資料は、パワーポイントで一から作成するよりも遙かに手軽です。このような機能はPhotoshopにはありません。

定番の写真加工アプリInstagramとの比較

人気の写真SNSであるIntagramは、定番の写真加工アプリでもあります。トイカメラやレトロレンズをほうふつとさせる独特のフィルタや、画像編集が細かくできる点がInstagramの強みです。

Canvaにも同じような写真加工のメニューがありますが、Instagramにはない他の魅力もありますので、順番に確認してみましょう。

豊富なフォントでおしゃれな文字入れが可能

豊富なフォントでおしゃれな文字入れが可能

Instagram自体には、文字入れの機能はありません。一方、Canvaの強みはさまざまな種類のテキストフォントを、簡単な操作で自由に加工して写真に挿入できる点です。

フォントを入れるときは、テキストの向きや角度、文字間の調整などとてもスムーズに行え、思い通りの位置に好きな傾きでレイアウトできます。スライダーでスムーズに文字間の調節ができて、いつでも変更できるため手間もかかりません。

テンプレートでレイアウトもスマートに

Instagramには写真レイアウトを自由に決められる機能があります。しかし、Instagramは画面を複数に分割して写真ごとの配置位置を決められますが、それ以上の加工はできません。

Canvaならテンプレートを使ってレイアウトを決めても、それぞれに配置する写真の大きさを自由に変更できます。

また、Canvaなら写真以外のイラストや文字を配置して、さらに凝ったコラージュも作成可能です。用意されているテンプレートを流用してスマートに素早く加工できて、仕上がりもきれいで統一感のあるデザインになります。

写真加工アプリとしてもっと活用したいCanvaの機能

Canvaを写真加工アプリとして活用するときに知っておきたい機能を、4つピックアップしました。さらに写真加工を楽しんでくださいね。

機能1.文字の間隔や傾きも自由自在に

文字の間隔をスライダーで簡単に操作できる点は、Canvaならではの特徴です。文字の傾きもマウスひとつで簡単に行えます。

文字の間隔や傾きも自由自在に

文字の間隔をスライダーで簡単に操作できる点は、Canvaならではの特徴です。文字の傾きもマウスひとつで簡単に行えます。

機能2.透明度やぼかしなどのエフェクトもスライダーですぐ調整

透明度やぼかしなどのエフェクトもスライダーですぐ調整

透明度やぼかしなどのエフェクトも、スライダーひとつで簡単に調整できます。スライダーを動かすとリアルタイムに写真の変化が分かるので、ちょうどいい具合に調整するのも楽々です。

透明度

透明度の加工は、右上のメニューからすぐに行えます。貼り付けた画像のパーツを選択して変更するだけでOKです。

透明度の加工

ぼかし加工は、画面上部にある「調整」をクリックして出てくる各種スライダーの中にあります。自分好みにのぼかしを入れてみましょう。

機能3.おしゃれなテキストレイアウトの活用

テキストを新たに追加するときには、空のテキストボックスを追加してテキストを記入・設定することもできますが、すでに完成されたテキストレイアウトを取り入れることもできます。

「テキスト」タブを選択すると、おしゃれなテキストレイアウトがたくさん用意されているのが分かります。

テキスト

複数のフォントが組み合わさったレイアウトは位置合わせがかなり面倒です。しかし、このテキストレイアウトを使えば、きれいにレイアウトされたテキストレイアウトはそのままに、文字の内容だけを変更するのも簡単でです。

機能4.Canva Proでさらにグレードアップ

Canvaを使っていると、テンプレートや文字フォントなど、有料の素材を使いたくなることがあります。また、すでに作ったデザインを、きれいに縮小・拡大したいという場合もあるでしょう。そのような場合は、有料版のCanva Proの利用も検討してみてください。

以下の機能は、Canva Proの中でも、「欲しいな」と感じることの多い機能です。

  • マジックリサイズ:画像が崩れがちなリサイズをきれいに実行
  • ブランドロゴ:統一感のあるデザインで自身のブランドイメージを構築
  • 無料素材の増加:Canva Proの契約専用の素材も無料使用可能

今すぐCanvaで写真・画像加工を始める

デザイン作成の切り札