動画編集・加工・作成ソフト/アプリのおすすめ28選!無料版から高機能な製品版まで+人気の動画テンプレートTop30

ひとつのアカウントでMacやWindowsからでも、スマホアプリ(iOSやAndroid OS)からでも動画が簡単に作成できるCanvaなら、スマホで撮影した動画をその場で簡単に加工し、あとから自宅のパソコンでじっくり編集するといった使い方も自由自在!
Canvaで動画を作成!
title image-movie soft

スマホさえあれば、誰でも簡単に動画を撮影できる時代になりました。すてきな動画素材が揃ったなら、魅力的な動画コンテンツを作成し、SNSで共有したり、YouTubeで配信したりしたくなりますよね。この記事では、初めて動画を作成する人でも、簡単におしゃれな動画を作成できるさまざまな動画ソフトをご紹介します。

さらに、オンラインで簡単におしゃれな動画が作成できるCanvaの人気テンプレート30選もご覧いただけます。気に入ったテンプレートがあれば、クリックまたはタップするだけですぐに動画を作成できます。ぜひお試しください!

この記事はこんな人におすすめ

  • はじめての動画制作にチャレンジしてみたい
  • そろそろ本格的な動画ソフトを触りたいが、どれがいいのかわからない
  • ハイエンドな動画エディターも含め、動画編集ソフトの特徴を知りたい

目次

おすすめ!気軽に試せる動画ソフト

オンラインのドラッグ&ドロップ操作であっという間にプロレベルの動画がデザインできるCanvaをはじめ、無料やお手頃な価格で本格的な動画制作を実現できる動画エディターの使い勝手をテストし、メリットとデメリットをじっくりチェックしました。初心者の方から上級者まで、きっと参考になるはずです。

ひとつのアカウントでMacやWindowsからでも、スマホアプリ(iOSやAndroid OS)からでも動画が簡単に作成できるCanvaなら、スマホで撮影した動画をその場で簡単に加工し、あとから自宅のパソコンでじっくり編集するといった使い方も自由自在です。

 

1. Canva

SNSで注目される動画をブラウザやアプリで簡単に作成できる

Canva

ドラッグ&ドロップで操作する直感的なユーザーインターフェイスが特徴。とくにInstagramやFacebookなどSNSへの投稿や、YouTubeなどに特化した専属デザイナーによるテンプレートが豊富で、あらかじめデザインされたテンプレートに文字や写真を追加していくだけで簡単におしゃれな動画が完成します。テンプレート内の写真やイラストなどのグラフィック要素のアレンジも、直感的なドラッグ&ドロップ操作で動画作成が初めての人でも戸惑うことがありません。

完成したら汎用性の高いmp4形式で書き出すことができます。さらに、完成した動画は、簡単にオンラインからInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSや、YouTubeなどに直接投稿したり、友人にメールやメッセージでシェアすることも可能です。

  • ソフト名:Canva
  • メーカー:Canva
  • 価格:無料(Proは月額1,000円~)
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:PC(ブラウザ上で操作)、アプリ(iOS、Android)
  • 対応フォーマット:ip4、mov、gif、mpeg、m4v、mkv、webm、heic/heif、mp4、mp3、m4a、wav、ogg
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者

2. Microsoftフォト

Windows10ユーザーなら誰でも無料で使えるシンプルな動画編集ソフト

Windows10に標準装備されている「フォト」内の「ビデオエディター」では、動画を簡単に編集することが可能。スマホで撮影した動画や写真などを、気軽にまとめるのにおすすめです。ファミリー動画などに便利な「ビデオの自動作成」機能は、選択した写真や動画から自動でビデオを作成してくれるので、動画初心者でも安心です。書き出しはmp4形式です。

  • ソフト名:Microsoftフォト
  • メーカー:Microfost
  • 価格:無料
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows 10、Windows 10 Mobile
  • 対応フォーマット:mp4、mkv、wmv、mts、aviなど
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者

3. iMovie

Macユーザーならこれ!4Kをサポートする高品質な動画作成が簡単な操作で実現

クオリティの高い動画編集を、iPhone、iPad Pro、Macなど、デバイスを問わずシームレスに操作できるのが魅力のiMovie。iCloudを使えば、iPhoneで撮った動画をMac上ですぐに加工することができ、ストレスなく編集できます。「グリーンスクリーンエフェクト」機能を使えば、動画の背景を変更することも可能。長尺の動画にも適しているので、YouTube用の動画作成など、中級者でも満足できる機能と操作性です。

  • ソフト名:iMovie
  • メーカー:Apple
  • 価格:無料
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Mac
  • 対応フォーマット:avi、mp4、mov、3gp、m4v
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者から中級者

 

4. Lightworks

無料で本格的な動画編集機能を使いたいならこれ!

ユーザー登録するだけで使える本格的な動画編集ソフトがLoghtworksです。ハリウッド映画の制作にも使用されているという多機能なソフトですが、操作はとても簡単で、使いたい場面をトリミングしてつなげるだけで直感的に編集することができます。エフェクトも豊富で、色調整や音楽の追加なども簡単です。英語版ではありますが、ダウンロードページにわかりやすいチュートリアルビデオが用意されているので、すぐに流れを把握できます。mp4形式で出力することが可能。

  • ソフト名:Lightworks
  • メーカー:LWKS Software Ltd
  • 価格:無料(Proは24.99ドル/月)
  • 対応言語:英語
  • 対応OS:Windows、Mac、Linux
  • 対応フォーマット:dvcam、dvcpro、mpeg-2、imx、avchd、avc、xdcam ex、apple pro res、dpx、cinema dng、sony xavcほか
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:中級者から上級者

 

5. Spark Video

テンプレートを選択するだけで、簡単にオンラインで動画が作成できる

オンラインやアプリ上で好みのテーマを選択して、テキストや動画、写真など追加していくだけで、簡単に短い動画を作成することができます。複数のトラックといった高度な機能はありませんが、スマホで撮影した動画をつなぎ合わせてショートムービーを作成してSNSやYouTubeにアップしたり、PR動画を迅速に作成したりするといった用途に非常におすすめです。

  • ソフト名:Spark Video
  • メーカー:Adobe
  • 価格:無料
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:PC(ブラウザ上で操作)/アプリ(iOS)
  • 対応フォーマット:H.264 ビデオコーデック、および MP3 または AAC オーディオコーデックのいずれを使用してエンコードされた mp4、mov、m4v コンテナ形式のほぼすべての動画形式
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者

 

6. DaVinci Resolve

ハリウッドの編集環境を入手できる!

ハリウッド映画の制作にも多く使われている本格的な動画編集ソフトがDaVinci Resolve。8Kを含む動画編集、3D、VFX、モーショングラフィックス、カラーコレクション、オーディオポストプロダクション、2,000までのトラックに対応、多彩な読み込み/書き出しなど、多様な機能がひとつのパッケージにまとめられています。トレーニングビデオやテキストなど教材も豊富に用意されているので、本気で動画編集スキルを身に着けたい人にもおすすめです。ただし、使いこなすには動画編集に対応したハイエンドなマシンスペックが求められます。初心者向けの動画ソフトに飽き足らなくなり、本格的に動画編集を学びたいといった場合の選択肢となります。

  • ソフト名:DaVinci Resolve
  • メーカー:Blackmagic Design
  • 価格:無料
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows、Mac、Linux
  • 対応フォーマット:数百種類に対応。詳細はこちらを参照
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:中級から上級

 

7. VideoPad

非常に操作が軽く、初心者におすすめの動画ソフト

インストールするとすぐに表示される画面では、上記のように簡単なチュートリアルが案内されているので、初めてでも操作に迷うことがありません。エフェクトや画面切り替え効果、音声編集機能、テロップの追加など、動画編集に必要な機能が一通り揃っています。また、「自動作成」機能を使えば、テンプレートや音楽素材を選ぶだけで簡単に動画作成をスタートできます。動画編集の操作に慣れたいという場合に、初めてのステップとして選択肢となります。ライセンスは複数あり、最も安いもので3ヶ月で21.48ドルなので、英語表記ではありますが、すでに紹介したLightworksなど、無料でより高機能なソフトを検討するのもいいでしょう。

  • ソフト名:VideoPad
  • メーカー:NCH Software
  • 価格:無料試用(使い続けるためにはライセンスが必要。約800円/月~)
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows、Mac
  • 対応フォーマット:avi、mpeg、wmv、divX、Xvid、mp4、mov、vob、ogm、H.264、RMなど多数
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者

 

8. VSDC Free Video Editor

Windowsユーザーにおすすめ。初めての動画作成から高度な作り込みまで

3Dエディター、モーショントラッキング、さまざまなフィルターや色補正、ブレンドモード、クロマキー、マスキングなど、多様な機能を備えたWindows向けの動画ソフトです。クリックするだけで適用できるエフェクトは、Instagramと同じものがデフォルトで設定されているので、使い慣れた操作感で編集できます。無料版でも十分多機能ですが、さらに多くの機能を使いたければ有料版にアップグレードすることも可能。日本語でチュートリアルを参照できるので、ダウンロードしたらすぐに動画編集に取り掛かることができます。

  • ソフト名:VSDC Free Video Editor
  • メーカー:Multilab LLC
  • 価格:無料(Proは19.99ドル/月)
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows
  • 対応フォーマット:多くのフォーマットに対応。詳細はこちらを参照
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者から中級

 

9. HitFilm Express

多くのグラフィックエフェクトを利用可能

動画編集中級者に適した動画ソフト。華やかなグラフィックエフェクトを140以上備えており、YouTubeのチャンネルや、Webサイトで数多くのチュートリアルビデオが配信されているので、オンラインでさまざまな機能について学ぶことができます。インターフェイスを含めすべてが英語なので、英語に抵抗がなければ膨大なコミュニティを含む動画にまつわる情報を得ることが可能。インストール後、操作を始める前にアクティベーションが必要となり、使い方がややわかりにくく、また、魅力的な機能はアドオンで別途購入する必要があります。

  • ソフト名:HitFilm Express
  • メーカー:FXhome Limited
  • 価格:無料(シェアウェアなので、寄付を促される)
  • 対応言語:英語
  • 対応OS:Windows、Mac
  • 対応フォーマット:quicktime、avchd、 avi、 m2t、 m2ts、、 mov、mp4、mpeg-1 & mpeg-2 (ts、ps、mpe、mpg、mpeg、m2v)、mts、mxf (dvcpro hd)、dv、hdv、wmv
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:中級から上級

 

10. Kizoa

オンラインでサクッと動画を作成したいというニーズに最適

軽い操作性が魅力のオンラインのビデオエディター。ドラッグ&ドロップでパーツを配置するようにエフェクトやフィルターなどを適用できるので、小さな子どもでも動画制作を楽しむことができます。手持ちの写真を組み合わせてコラージュを作成したり、テンプレートを使って手持ちの動画を加工したりすることも簡単です。無料アカウントでは1分間のムービーしか作成できませんが、プレミアムアカウントにアップグレードすることでさまざまな機能を活用できます。まずは手軽に動画に親しんでみたい人におすすめです。

  • ソフト名:Kizoa
  • メーカー:PIXVISIO
  • 価格:無料(プレミアム版は3,980円~)
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:PC(ブラウザ上で操作)
  • 対応フォーマット:mp4、avi、mov、mpeg2、gifフォーマットで保存可能
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者

 

11. OpenShot Video Editor

脱初心者に最適なシンプル操作の動画エディター

Windows、Mac、LinuxのいずれのOSでも使用できるオープンソースの動画編集ソフト。軽くシンプルな操作性は、オンラインの動画エディターから次のステップに進みたいというニーズに最適。複数のトラックが使用でき、多彩なデジタル合成機能、20以上のデジタルビデオエフェクトを備えています。ロゴを追加したり、エフェクトを簡単に加えたりできるので、家族や友人にシェアしたい動画を作成したり、手早くPR動画を作ったりするといった用途に適しています。

  • ソフト名:OpenShot
  • メーカー:OpenShot Studios
  • 価格:無料
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows、Mac、Linux
  • 対応フォーマット:FFmpegに基づく多くの動画、音声、画像フォーマットをサポート
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者から中級

 

12. Moviemator Video Editor

かなり簡単に動画が作成できる中級者向けビデオ編集ソフト

直感的に使いやすい動画編集ソフトで、中級者が気軽に試してみるのに適しています。Webサイトのチュートリアルを含み、すべて英語表記であること、チュートリアルが動画ではなくテキストベースであることを考慮すると、初めて動画を編集する人にはやや敷居が高いと言えます。しかし、無料でダウンロードでき、シンプルながらも十分な動画編集機能を備えていることから、本格的な動画編集に踏み込んでみたい中級者にとって選択肢の一つとなります。

  • メーカー:eTinysoft Inc
  • 価格:無料(有料ライセンスは29.99ドル)
  • 対応言語:英語
  • 対応OS:Windows、Mac
  • 対応フォーマット:200以上のフォーマットに対応
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:中級

 

13. Shotcut

サウンドにこだわりたいならこのソフトがおすすめ

オープンソースの動画エディターで、本来はLinux向けとして設計されたソフト。特徴は、サウンドの編集機能が充実していること。このため、特に音にこだわる人にとって魅力的なエディターだと言えます。無料ですが、高度な機能を備えており、中級だけではなく、音質を追求する上級者も満足できるはず。Webサイトには、動画のチュートリアルが豊富に用意されているので、使い方について迷うことがありません。

  • ソフト名:Shotcut
  • メーカー:Meltytech, LLC
  • 価格:無料
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows、Mac、Linux
  • 対応フォーマット:FFmpegに基づく多くの動画、音声、画像フォーマットをサポート
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:中級から上級

 

14. Filmora

初心者から中上級者まで、幅広く使える編集ソフト

テンプレートが豊富に用意されており、レイアウトに手持ちの素材を追加していくだけで、簡単に本格的な仕上がりの動画が作成できるソフト。ショップやブランドなど、プロ品質の動画を手早く作成したいという需要にぴったり。エフェクトや効果音なども数多く揃っているので、手持ちの素材が少なくても一定レベルの動画を完成できるのが魅力です。ただし、無料の試用版には透かしが入るので、操作性を試して納得できたなら、有料アカウントにアップグレードする必要があります。

  • ソフト名:Filmora
  • メーカー:Wondershare
  • 価格:無料体験版(すべての機能を使用するには有料ライセンスが必要。6980円~)
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows、Mac
  • 対応フォーマット:多数対応。詳細はこちらを参照
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者から中級

 

15. Movie Maker 10

Microsoftストアからダウンロードできるシンプルな操作が特徴のPCアプリ

英語のインターフェイスですが、パネルで操作する直感的な編集画面は、動画初心者にも抵抗がないはず。動画のエフェクトやトランジション、サウンドの編集などをクリックで簡単に設定できるので、家族の休日の思い出などを手軽にまとめるのに適しています。無料版だと機能が限定されるので、タイムラプスや動画のクロップ、トリミング、DVD作成、ファイルのコンバートなど、欲しい機能を使いこなすには追加で支払う必要があります。

  • ソフト名:Movie Maker 10
  • メーカー:v3tapps
  • 価格:無料(Proは1,750円)
  • 対応言語:英語
  • 対応OS:Windosws
  • 対応フォーマット:mp4、wmv、mkv、mov、avi、mpeg、mpg、mts、jpg、png、gif、mp3、m4a、wav. 
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者から中級

 

16. WeVideo

テンプレートを選んでオンラインで動画が作成できるエディター

誰でも簡単にオンラインで動画が作成できるのがWeVideoです。クラウドで操作するので、セキュリティが気になる学校などでも使われており、Chromebookに対応しているため子供の学習用にも適しています。SNS向け、学校向け、ビジネス用途、季節のご挨拶など、無料で使えるテンプレートやエフェクト、背景なども揃っています。さらに有料のプランをを購入することで、豊富なストックメディアを自由に使うことができます。面倒な設定や素材集めをすることなく、動画作成を楽しみたい人におすすめです。

  • ソフト名:WeVideo
  • メーカー:WeVideo
  • 価格:無料(有料ライセンスは4.99ドル/月~)
  • 対応言語:英語
  • 対応OS:Windows、Chromebook、アプリ(iOS、Android)
  • 対応フォーマット:3gp、3gpp、avi、divx、dv、flv、m4v、mjpeg、mkv、mod、mov、mp4、mpeg、mpg、m2ts、mts、mxf、ogv、webm、wmv
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者

 

17. Magisto

素材をアップロードするだけで、自動で動画を作成

洗練されたユーザーインターフェイスと簡単な操作性が、子供やファミリーでの使用に最適。動画に加工したい素材をオンラインのエディターにアップロードし、好みのスタイルや音楽を選んだら、しばらく待っているだけでおしゃれな動画が作成されます。スタイルや音楽、カラーパレットなどを変更するのも簡単です。とても楽しく制作できるので、どんどん新しい動画を作成して、SNSなどでシェアしたくなるはず。

  • ソフト名:Magisto
  • メーカー:Vimeo
  • 価格:無料(有料ライセンスは9.99ドル/月~)
  • 対応言語:英語
  • 対応OS:PC(ブラウザ上で操作)、アプリ(iOS、Android)
  • 対応フォーマット:詳細についてはこちらを参照
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者

 

18. Movavi Video Editor Plus

初心者でも使いこなせる有料動画編集ソフト

操作が簡単で、初めて動画作成する人でもわかりやすいので、将来を見据えてじっくり動画編集に取り組みたい初心者や、オンラインの動画作成ツールに慣れてきた中級者などにおすすめ。フィルターやトランジション、タイトル、ステッカーなど、簡単に使えるグラフィック機能が豊富。動画ソフトにしてはかなりお手頃価格ですが、背景を透明化するクロマキー、ロゴの追加、音声ノイズの除去、オーバーレイ、手ぶれ補正(固定化)など、高度な機能も備えています。

  • メーカー:Movavi Software Limited.
  • 価格:7日間の無料体験版(有料ライセンスは7,600円)
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows、Mac
  • 対応フォーマット:詳細についてはこちらを参照
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者から中級

 

19. Blender

3Dが制作できるオープンソースの動画作成ソフト

高性能な3Dアニメーション作成ツールで、動画エディターとしての機能も備えています。3Dモデリング、アニメーション、シミュレーション、モーショングラフィックス、レンダリング、デジタル合成など極めて多機能なので、インストールが完了したら、ぜひ多くの情報が集まっている日本語コミュニティにアクセスしてみましょう。

  • ソフト名:Blender
  • メーカー:Blender Foundation
  • 価格:無料
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows、Mac、Linux
  • 対応フォーマット:こちらの情報を参照
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:中級から上級

 

20. Filme

軽い操作感で、初心者でも動画作成を楽しめる

ファミリー向けの動画を簡単に作成するのに適した動画作成ソフト。初心者でも簡単に使える操作感と、まるでInstagramのアプリのような数多くのエフェクトやフィルター、音声素材やテンプレート、多彩なトランジションなど、楽しい動画作成に必要な機能は十分揃っています。それでいながら非常にリーズナブルな価格設定なので、初めて動画制作にトライしたい人におすすめです。

  • ソフト名:Filme
  • メーカー:iMyFone Technology
  • 価格:無料試用(有料ライセンスは3,980円)
  • 対応言語:日本語
  • 対応OS:Windows、Mac
  • 対応フォーマット:詳細についてはこちらを参照
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者から中級

 

21. Lumen5

オンラインでSNS向けの動画を手早く作成

あらかじめ設定されたレイアウトに素材を追加していくだけで、簡単に洗練されたSNS向け動画が作成できるオンラインツールです。大手企業でも採用されているテクノロジーは、初心者でも時間をかけることなく見栄えのいい動画を完成させることができるのが特徴です。

  • ソフト名:Lumen5
  • メーカー:Lumen5
  • 価格:無料(有料ライセンスは11ドル/月~)
  • 対応言語:英語
  • 対応OS:PC(ブラウザ上で操作)
  • 対応フォーマット:mp4、mov、アニメーションGIF
  • BGM追加:可能
  • 対象ユーザー:初心者

Canvaで人気の動画テンプレート トップ10

Canvaで人気の動画テンプレートを人気順に10点ご紹介します。気に入ったデザインがあれば、「このテンプレートを使用する」ボタンを押すだけでデザインを開始することができます。ぜひ試してみてください。

1位

フィットネスをテーマとした爽やかなパープルのInstagram投稿用テンプレート

2位

オレンジを基調とした力強い動画プレゼンテーション

3位

手書きのデザインがシンプルで汎用性の高い教育用動画プレゼンテーション

4位

ビビッドな配色がスタイリッシュなInstagram投稿用テンプレート

5位

シックでデリケートなデザインのファッション動画プレゼンテーション

6位

ミニマルで洗練されたモノクロ基調のファッション動画プレゼンテーション

7位

前向きなメッセージを伝えたい優しいピンクの動画プレゼンテーション

8位

お祝いの気持ちを伝える大人っぽい雰囲気の動画プレゼンテーション

9位

ふたりの思い出を刻むベージュのアニバーサリー動画プレゼンテーション

10位

プロモーションに適したポップなInstagram投稿用テンプレート

プロフェッショナルな動画編集に取り組むなら

さまざまな動画編集ソフトを操作し、より高度でプロフェッショナルな機能を求めている人におすすめの製品をご紹介します。いずれも、高価なソフトですが、それ以上に、高性能なマシンスペックが求められるものばかり。購入する前に必要システム構成をしっかりご確認ください。

1. Adobe Premiere Pro

本格的な動画編集をするならこれ

Premiere Proは、PhotoshopやAfter Effectsなど、Adobeの他のグラフィックソリューションと連携して使うことができるのが特徴。クリエイティブの現場では不可欠のAdobe Creative Cloudの一角を担うソフトであり、庵野秀明監督の「シン・ゴジラ」にも採用されたほか、ハリウッド映画の制作現場でも使われている本格的な動画編集ソフト。

 

2. Final Cut Pro

iMovieで物足りなくなったなら

macOSのみに対応した高性能な動画編集ソフト。多くのレイヤーを重ねることができ、エフェクトも多数用意されており、初心者からハイエンドなユーザーまで、Macユーザーに幅広く愛用されています。このソフトを使って動画編集を行っている著名YouTuberが多いとか。プラグインを追加することで、より便利に使用することができます。

 

3. PowerDirector

国内販売シェアNo.1を誇る動画編集ソフト

買い切り版とサブスクリプション版合わせて合計5種類のバージョンが販売されており、どれを選ぶか迷ってしまいそうですが、ビジネス用途でない限り、シンプルなサブスクリプション版「PowerDirector 365」(517円/月)がおすすめです。サブスクリプション版では、Shutterstockの動画、音楽、写真素材を豊富に使用することができます。軽い操作性でありながら、複数のカメラで撮影した動画をまとめる「マルチカム編集」、360度カメラ対応モード、高度なオーディオ編集機能など、多機能な点はさすが。

 

4. Pinnacle Studio 24 Ultimate

全米No.1の人気ソフト。迫力ある映像を作り込みたい人に

カナダのコーレル社が提供する、プロ向けのPinnacle Liquid Editonの一般ユーザー版で、全米売上No.1の動画ソフトです。100種類を超える豊富なエフェクトや1 フレームずつ操作できるダイナミックなマスキング機能など、迫力ある動画を作り込みたい人に適しています。高機能なので、より「映える」動画を制作したい人にとっての選択肢となります。このため、ハイエンドなマシンスペックが求められます。

 

5. VideoStudio Pro 2021

コーレル社による、もうひとつのハイエンドな動画編集ソフト

画面分割、ストップモーション、高度なアニメーション設定、動画背景を透明にするクロマキー合成、マルチカム編集など、高度な動画編集に求められる機能を一通り備えたエディター。上記で紹介したPinnacle Studioと同じくカナダのコーレル社が発売していますが、現在では、上記で紹介したPinnacle Studioが上位モデルとして位置づけられているので、このソフトを検討する必然性は高くありません。

 

6. Adobe After Effects

多彩なモーショングラフィックスが制作できる、TVやCMなどで活躍しているソフト

すでに紹介したAdobe Premiere Proが、時間軸で編集する一般的な動画エディターのインターフェイスであるのに対し、Adobe After Effectsは、レイヤーを使って1つの画像素材にさまざまな効果(エフェクト)を重ねていくツールです。他の動画編集ソフトを使ったことがあればPremiere Proの操作にすぐに馴染むことができますが、動画合成や3Dが強みのAfter Effectsは、チュートリアルなどを参照する必要があるでしょう。また、要求されるマシンスペックも高いので注意が必要です。After EffectsとPremiere Proを連携させて使うことも可能です。

 

7. Vegas Movie Studio

比較的低スペックのマシンでも軽快に操作できる

世界の放送局やスタジオで使われているプロのための映像制作ソフト「VEGAS」シリーズの機能を搭載した、一般ユーザー向けの動画編集ソフト。高度な動画編集に要求されるマシンスペックがなくても使用できるのが特徴。価格的にも手頃で、3つのモデルのうちもっともシンプルな標準モデルなら4,950円と手の届きやすい価格設定になっています。

目的に合った動画編集ソフトを選ぶコツ&ポイント

動画編集ソフトは、プロ向けのハイエンドなものから、スマホで撮影した動画を簡単に加工してSNSにアップロードする用途に適したものまでさまざまです。どのようなソフトを使いたいかによって、求められるパソコンのスペックまで変わってきます。動画編集をしたいと思ったなら、「何のために」「どんなふうに」作成した動画を使いたいかイメージしてみてください。

はじめての動画作成

友人や家族に旅の思い出やかわいいペットのムービーをシェアしたいなら、Canvaをはじめとしたオンラインの編集ソフトから始めてみるのがおすすめです。オンラインの動画編集ソフトは、ドラッグ&ドロップの簡単な操作でデザインできるものがほとんど。手軽に動画の楽しみを体験するのにぴったりです。

少し凝った編集を試したいなら

パソコンに標準で搭載されている実力派ソフトがおすすめです。WindowsユーザーならMicrosoftフォト、MacユーザーならiMovieを使ってみましょう。さらに複雑な編集作業をしてみたくなったなら、LightworksやDaVinci Resolveなど無料で使える高度な編集ソフトをダウンロードしたり、FilmoraやMovavi Video Editor Plusといった有料ソフトの試用版を使ってみるのがいいでしょう。

プロフェッショナルな動画編集をしたいなら

Adobe Premiere ProやFinal Cut Proを使って高度な動画編集をするには、まずはパソコン環境やモニターのスペックのチェックが必要です。パソコンを新規購入するなら、高性能なグラフィックボード(ビデオカード)とCPUを備えていること、メモリは最低16G以上あること(快適な動作には32G以上が望ましいです)、ストレージは高速なSSDを使っていることなどがチェックポイントになります。

Canvaで人気の動画テンプレート トップ11~30

Canvaで人気の動画テンプレートを11位から30位までご紹介します。気に入ったデザインがあれば、「このテンプレートを使用する」ボタンを押すだけでデザインを開始することができます。ぜひ試してみてください。

11位

スタイリッシュな雑誌の表紙デザインのTikTok向け動画テンプレート

12位

明るく爽やかなコラージュ動画テンプレート

13位

子供向けに最適なポップな3Dイラストレーションの動画テンプレート

14位

パステルカラーがキュートなクイズ用動画テンプレート

15位

オンライン学習に便利な Instagram用カルーセル動画テンプレート

16位

新年のご挨拶にぴったりのゴールドとブラックのメッセージ動画テンプレート

17位

ラブリーなシュガーピンクのコラージュ動画テンプレート

18位

新年のメッセージを伝える優しい雰囲気の動画テンプレート

19位

美容アカウントに最適なYouTubeのアイコン用動画テンプレート

20位

アクティブでエネルギッシュな企業向けプレゼンテーション用動画テンプレート

21位

教育機関に最適なLinkedIn(リンクトイン)向け広告動画のテンプレート

22位

大切な友人の誕生日を祝うための楽しさあふれるカラフルなFacebook動画テンプレート

23位

スポーツやファッションをテーマにした動画に最適なシャープな印象のテンプレート

24位

インパクトのあるテキストレイアウトが特徴のTikTok用動画テンプレート

25位

フード写真をFacebookやInstagramに投稿するのに便利な動画テンプレート

26位

自宅学習をテーマにしたイラストレーション動画のInstagram投稿用テンプレート

27位

ブレインストーミングにぴったりのシンプルな動画テンプレート

28位

ポップなパステルカラーがキュートなTikTokの広告向け動画テンプレート

29位

すっきりしたイラストが特徴の英語のレッスン向け動画テンプレート

30位

シックな配色がエレガントな美容向け動画テンプレート

まとめ

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス