• ホーム
  • 学ぶ
  • アイデア
  • 社会的距離を置いていても、社会との繋がりを維持する7つのコツとお役立ちポスターテンプレートのダウンロード

社会的距離を置いていても、社会との繋がりを維持する7つのコツとお役立ちポスターテンプレートのダウンロード

社会的距離を置いていても、社会との繋がりを維持する方法

人間はとても社会的な生き物です。他人との繋がりの欠如が、1日15本のタバコを吸うのと同じくらい健康に有害であることが研究により分かっており、家族や友人との繋がりを保つことがいかに重要であるかを表しています。

コロナウイルスの感染を拡大防止ために自己隔離を促すニュースをきっかけに、他人との直接的な接触を避ける人が増えていますが、長期化するとフィジカルとメンタル両方に影響があると言われています。この記事では、社会的に距離があっても家族や友人との繋がりを保つ方法をご紹介します。

「物理的距離」としての社会的距離

「社会的距離」には様々な捉え方がありますが、この記事では「物理的距離」と考え、これは他の人から一定の距離を保つことを意味します。 コロナウイルスの場合、人との距離を約2メートル以上とることが推奨されていますが、家族や友人と離れて暮らしている場合はそれ以上の距離をとり続けることになります。社会的距離をとる最も簡単な方法は、公共交通機関、レストラン、バー、劇場や友人との集まりなど、人が集まる場所を避けることです。

会えない時は、Facebookの投稿やInstagramの投稿で、親しい人に気持ちを伝えることができます。

社会との繋がりを維持するための7つのコツとテンプレート

物理的に離れていても、友人や家族との繋がりを保つことはできます。金曜日の夜、同じテーブルで飲むことはできませんが、ビデオ電話を繋げば同じメンバーで同じ時間を過ごすことができます。 社会的距離を置いていても、繋がりを感じられる実用的な方法をいくつかご紹介します。

1. 一日の計画を立てよう

Image by Jason Abdilla via Unsplash.

通常の一日は、意識せずとも様々な要素で構成されています。起きて、家を出て、仕事に着いて、昼食を取って、午後のコーヒーを飲んだり、夕食を作ったりして、一日が出来上がっています。

これらの時間の区切りがないと、何か足りないと感じるかもしれません。厳密にスケジュールを管理をする必要はありませんが、普段通りの時間に仕事をしたり、自発的に外の世界と繋がる機会をもつことが大事になってきます。もし普段朝にヨガをしているのなら、自宅でも続けてみてください。自宅で仕事をする場合は、仕事や同僚とコミュニケーションを取るために、通常の勤務スケジュールを維持しましょう。Zoomで会議をしたり、Skypeで友人と午後のコーヒーを飲んだり、いつも通りに過ごしましょう。

2. ポジティブでいるために心がけよう

Image by Priscilla Du Preez via Unsplash.

ポジティブな投稿のInstagramをフォローしたり、明るい気分になる言葉をくれる本を読むことで、ポジティブな思考を保つようにしましょう。ネガティブなニュースが流れるメディアから目を離したり、たまには現状にシリアスになりすぎないことも必要です。

Canvaにあるお気に入りのポジティブな言葉を、家の目のつく場所に貼ってみてはいかがでしょう。

3. 体を動かそう

自宅にいる時間が長いと、それに伴ってソファなどで座って過ごす時間も長くなりがちです。寝室でのヨガでもベランダでのスクワットでも、体を動かすことは健やかな日常生活の基盤となります。気分転換も兼ねて、外に出て体を動かしましょう。

「家にずっといると、必ず外に出たくなってきます。一部の人は社会的距離を保つということを、外の空気さえ吸わないことだと勘違いしている場合があります。」とニューヨークの公衆衛生の研究者であり家庭医であるAsaf Brittonは懸念しています。 「他人との物理的距離を保つことが大事であって、外に出ないことは健康とは言えません。」

4. デジタルを活用をしよう

韓国では、10年近くにわたり社会的な繋がりを保つためにデジタルを活用しています。モッパンは、韓国語で「let's eat」(「mukja」)と「broadcast」(「bang song」)を融合したもので、沢山の食べ物を食べる様子をオンラインでライブ配信することです。一人でいても孤独にならず、世間との繋がりを感じることができると人気になりました。 友人と電話を繋いだまま動画を同時に再生して、一緒に見ているかのようにコメントしたり、冗談を言い合うことができます。友人との約束はキャンセルしないで、Zoomで繋げばいいだけです。同じ場所にいなくても、おしゃべりをデジタルに換えるだけで、社会との繋がりを保つことができます。

5. 自然に目を向けよう

できるだけ自然のリズムに合わせて生活してください。日の出や日没を眺め、芝生に横になり、働くアリや飛ぶ鳥を観察してみてください。変わらない自然の繰り返しは、あなたが社会から距離を置いていても世界は動いていて、そしてこれからも続いていくことを教えてくれます。

6. 考え方を変えてみる

Image by Alisa Anton via Unsplash.

この機会を、今まで立ててきた計画を実行するチャンスと捉えてみてはどうでしょう。今の状況が一時的だからこそ、集中して臨めるでしょう。たまっている本を読み、スペイン語を学び、洋服の断捨離をしてもいいかもしれません。目のつく場所に成果を貼っておけば、気分も向上します。

チェックリストを使って、目標管理をしてみましょう。

7. 助け合いの精神を持とう

他人を助けることは幸福度をあげると言われており、ある研究結果ではなんと死亡率を44%も減らすと出ています。社会と切り離されたこの状況で、支援が必要な人と繋がることはいつも以上に重要になります。家族や友人はもちろん、近隣の知り合いにも気を配り、助け合いましょう。

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス