1,892人ものメール登録者を実現した、CanvaでのFacebook広告制作事例

used-canva-facebook-gain-1892-email-subscribers

フィットネスのプロフェッショナルの多くがそうであるように、私も知識や経験、トレーニングなど、人々の健康のために必要なものを常に蓄えられるように尽力しています。しかし2014年にオンラインでの事業に乗り出してからというもの、私のキャリアは常に輝かしいものではありませんでした。

市場規模が小さくニッチなサイトなので、グラフィックデザインのための予算はなく、自分で考えて素材のデザインを試みても的外れなことが多かったのです。Canvaを見つけたことは、私の事業にとってのターニングポイントになりました。私はようやく、プロらしく見えるマーケティング素材を生み出すことができるようになったのです。

今日は、私がどのようにしてCanvaとFacebook広告を用いて、およそ2,000人ものメール登録者を獲得するに至ったのか、ご説明しましょう。

私のサイトについて

私のサイト(The PCOS Personal Trainer)は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOSと略される、一般的な内分泌障害)を患う女性たちの健康をサポートするためのサイトです。

私がPCOSであると診断されたのは2005年のことでした。その後、体重を落とし、症状をコントロールすることにおよそ2年苦労していましたが、後に特定のエクササイズや食事により症状がほとんど現れなくなることに気付いたのです。

数年前、私は、エクササイズとECOSについてブログを書き、他の女性たちにフィットネスを通じてPCOSを打ち負かしてもらおうと考えました。女性のおよそ5人に1人はPCOSであるとされている今、ソーシャルメディア上にPCOSを患う人たちのコミュニティがあったとしても何の不思議もありません。

私はいくつかのPCOSに関するFacebookグループに積極的に参加しましたが、それでも本当に力になりたいと思っている人たちに私の声を届けることは難しいことでした。

やがて私は、Facebook広告を用いることで、メーリングリストを増やし、より多くの人に言葉を届けることができるのではないかと思うに至ったのです。

CanvaのFacebook広告について

この記事の最後の部分には、Canvaで無料で利用できるFacebook広告のテンプレートをたくさん紹介しています。気になるものがあったら、テンプレートをクリックするだけでOKです。

すぐにCanvaのアカウントでそのテンプレートを開くことができ、そのままカスタマイズしたりダウンロードしたりすることができます。

広告によって私にどのような効果があったか

Facebookで広告を打つことで、ターゲットの客層から1,892人のリードを獲得し、1ヶ月でサイトへのトラフィックは82%も向上しました。

広告に使った金額は492ドル(およそ54,500円)で、売上は692ドル(およそ76,600円)だったので、支出よりも収益が上回った結果となりました。

どうやってオーディエンスが好んでくれるようなオファーを考えたか

完璧な広告をCanvaで作った後に考えなければいけなかったのは、それを見た人が気に入ってくれるようなオファーとは何かということでした。そこで私は、PCOSやエクササイズに関する無料の情報を提供することにしたのです。

ステップ1:ランディングページの設定

広告をクリックした人は、そこからランディングページに変移されるようにしなければなりません。私の場合、LeadPagesの中にあったテンプレートを用いて、およそ30分でランディングページを作成しました。

ランディングページはシンプルでなければなりません。広告のイメージからかけ離れないようにデザインすることが大切です。色の調子や使っている写真、フォントを一致させましょう。広告からランディングページへの移動を、できるだけスムーズなものに感じてもらう必要があります。

ランディングページを作成するときには、設置するCTAはひとつだけにしましょう。様々なオプションがあるランディングページでは、折角そこにやってきてくれた人もいずれのアクションも取ってくれなくなる可能性が高まってしまうのです。私の場合は、無料の情報メールを送信するためのサインアップを求めることがCTAとなっていました。

image02

ステップ2:価値のあるものを提供する

私の場合はPCOSやそのエクササイズに関する資料を提供することをオファーとしており、『PCOSに悩む人に最も良いエクササイズは何か』という疑問に答えることを主な目的としていました。人によっては、こういったオファーを実現するため、その内容を考える上で何らかのリサーチなどが必要という場合もあるかもしれません。

私のケースでは、実際にメールによる情報講座を作成するため、Mailchimpを用いて、エクササイズやPCOSに関する9つのメール自動送信を設定しました。このために最新の研究結果を調べ、それを分かりやすく、一連のメールマガジンおしてまとめ上げました。全てのメールが届く頃には、受信者はPCOSに良いエクササイズを実践できるようになっているというわけです。

ステップ3:製品やサービスのオファー

メールマガジンを受信してくれている人たちに、実際のサービスを提供する必要もありました。そうすることによってFacebookのキャンペーン費用を賄うことができるからです。メールマガジンに登録してくれた人に、お試しレベルの製品やサービスを販売してみましょう。

重要なのは、その販売するものが、その読み手が抱えている問題を解決できるようなサービスや製品であることです。例えばメールマガジンの内容が『野菜で生活すること』であれば、ビーガンの人のためのレシピを提供するというのも良いでしょう。

私の場合、ダウンロードできるPCOSエクササイズプログラムを提供しました。自動送信されるメールの最初でプログラムについて説明をし、プログラムへの参加を促すリンクをその後2つのメールに入れ、そして最後のメールにセールスの意味を込めたメッセージを送信しています。

image03

ステップ4:広告の設定 広告の画像やランディングページ、メールマガジン、提供したい製品やサービスが準備できたら、いよいよFacebook広告の設定を行います。

しかし、Facebook広告に関するノウハウは私にとって門外漢です。私は、Facebook for Businessにあった記事を参考に、自分の広告を設定していきました。

image04

さて、どうするか

美しいデザインとターゲットとしている人たちが噛み合うことは、事業の成長にとって重要な鍵と言えるでしょう。以下に、Canvaで使えるFacebook広告向けの画像を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

また、お試しとしての製品については、ダウンロードできる電子書籍などもアリです。Canvaには複数ページの雑誌や電子書籍のレイアウトもあるので、合わせてご紹介いたします。

あるいは無料の壁紙をプレゼントするのも良いでしょう。Canvaで良さそうなデザインを選び、そこにあなたのブランドを表すような引用句や格言を追加すると尚良しです。

そうした中にロゴやウェブサイトを追加しておくと、その画像を開いたときに常にそれが目に入るようになるので、あなたのサイトへのトラフィックも向上することが期待できます。

理想的な顧客と繋がりたい、そして助けになりたい。そんな風に思っているなら、今回ご紹介したことがきっとヒントになるはずです。まずは、メールマガジンの内容から考えてみると良いでしょう。顧客が悩んでいることをずばり解決できるようなものができれば、あとはCanvaとFacebookがそれを世界中に届けてくれるはずです。

デザイン作成の切り札