結婚式の招待状を手作りする段取りと押さえておきたいポイントを紹介!

結婚式の招待状を手作りする段取りと押さえておきたいポイントを紹介!

結婚式の招待状を手作りする場合には、段取りが重要です。結婚式の2~3ヶ月前には郵送しなければならないため、早い段階で準備を進めましょう。

この記事では、結婚式招待状の作り方と段取り、そして作成時に注意したいポイントをご紹介します。おしゃれなテンプレートが豊富なCanvaのおすすめテンプレートもいくつか紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚式の招待状を手作りするなら段取りが重要

結婚式の招待状を手作りするなら段取りが重要

結婚式の招待状を手作りする場合は、事前にしっかりとスケジュールを組み、どこまでを手作りするかなどの段取りを決めておくことが重要です。段取りのポイントを以下の3点にまとめました。

  • 結婚式の2~3ヶ月前には発送できるように逆算してスケジュールを組む
  • 印刷を自分でやるか業者に頼むかも決める
  • 装飾やサイズに注意!切手代が意外とかかることも

それぞれのポイントを具体的に見ていきましょう。

スケジュールを立てよう!2~3ヶ月前に完成を目指す

結婚式の招待状は、一般的に2~3ヶ月前には郵送する必要があります。手作りに凝ると、郵送する時間も遅れがちになるので、あらかじめスケジュールを立て、余裕を持って招待状を作り始めましょう。 招待状を手作りして費用を節約する場合は、デザインの検討、デコレーション、あて名書きなどすべて自分で行うため、それなりに時間がかかります。まずは招待状を1枚自分で試作して、どのぐらいの時間がかかりそうかを確認してからスケジュールを組むといいでしょう。

印刷を自分でやるか業者に頼むかも決めよう

仕上げはきれいにしたいから、印刷を業者に頼みたい、という人もいるでしょう。印刷を自分でやるか業者に頼むかも決める必要があります。業者に印刷を頼む場合、納期がある程度遅い方が価格も安くなる傾向にあります。納期と価格のバランスは業者ごとに違いますので、下調べをして余裕を持ったスケジュールで発注しましょう。 自分で印刷する場合は、ギリギリまで完成版を検討できる点がメリットです。ただし、印刷に手を取られてしまうデメリットもあるので、作業時間を確保したスケジュールにしましょう。

装飾やサイズに注意!切手代が意外とかかることも

結婚式の招待状をデコレーションして華やかに演出できる点も、手作りならではの良さです。ただし、装飾品の重さや招待状のサイズに注意しないと、思ったよりも郵送代が高くかかかるかもしれません。 試作品を作って、実際に郵送代がいくらになるかも確認しておきましょう。

結婚式招待状を手作りするポイント3つ

結婚式招待状を手作りするポイント3つ

段取りができたら、結婚式の招待状を手作りするときに知っておきたいポイントも確認しておきましょう。

文字は読みやすくデザインでオリジナリティを出そう

結婚式の招待状は、友人だけでなく親族や上司など年配者も多く受け取るため、文字は読みやすく、必要な情報はひと目で分かるようなデザインにしましょう。 「いつ」「どこで」結婚式が開催されるのかが、しっかり分かるようにレイアウトすると分かりやすくなります。オリジナリティは文字ではなくデザイン部で出すように意識してみてください。

紙のエンボス加工は手軽にできておしゃれ!

紙にエンボス加工をすると、簡単にしゃれた感じを演出できます。エンボス加工用のグッズは文具店や100均で販売されていて、さまざまな模様があります。不器用な人でも簡単に使えて招待状の重さも増えないため、何かひと手間加えたい、という方におすすめです。

印刷する前に入念なチェックで誤字脱字を防止

招待状の試作品が完成したら、実際に印刷する前に、内容に間違いがないかどうか入念にチェックを行いましょう。印刷を急いでいるのに、誤字脱字が見つかってやり直しになると、コストも時間も無駄になります。 パートナーや親しい第三者にチェックしてもらうと、自分では気づかなかった誤字脱字が見つかることがあります。

結婚式招待状に使えるCanvaのおすすめテンプレート紹介

結婚式の招待状に使えるおしゃれなテンプレートを探している方は、ぜひCanvaの用意しているテンプレートをチェックしてみてください。テンプレートなら、文字や写真を入れ替えるだけで、簡単にイメージ通りの招待状が作成できます。

ここでは、おしゃれなイメージのもの、かわいいイメージのものなど、結婚式の招待状におすすめのテンプレートをいくつかピックアップして紹介します。

おしゃれなテンプレート

結婚する2人の名前と結婚式の日取りなど、必要な情報が分かりやすくデザインされたテンプレート。落ち着いた配色でセンスの良さが感じられます。

パステル調の優しいカラーリングが幸せな雰囲気で、結婚式の招待状らしくエレガントにまとめられています。シンプルでおしゃれなデザインをお探しの方におすすめです。

真ん中のバラがインパクトのあるデザイン。結婚式の情報掲載部分のフォントが小さく感じる場合は、少し文字を大きくする、という調整もCanvaなら簡単にできます。

かわいいテンプレート

結婚式にまつわるモチーフをリズミカルに並べたテンプレート。ハートやケーキなどのモチーフがかわいらしいです。

結婚する2人を動物に見立てたテンプレートも、かわいらしくおすすめです。イラストの得意な友人に、2人に見立てた動物イラストを描いてもらって、中央のウサギ画像と入れ替えるという使い方もできます。

手作り感のあるテンプレート

手作り感を出すには、2人が写った写真または、2人に関係するオリジナル写真を入れると効果的です。こちらは、2人の写真を大きくレイアウトしたテンプレート。明るいイメージで写っている2人の写真を選びましょう。

こちらは2人の日常が感じられるスナップ写真を使ったテンプレートです。結婚式の日にちが分かりやすく、きれいにまとまったデザインです。

招待状のデザイン、作成方法についてより詳しいことは「Canvaを使った結婚式招待状の作り方 - Canva」をご覧ください。」

デザイン作成の切り札