オシャレなデザインテンプレートを使って、オリジナル雑誌ZINEを簡単に作ろう!

FullSizeRender 20-min

いつでもどこでも誰とでも、スマートフォンやデジカメで写真を撮る時代。毎日のように写真がどんどん溜まっていきますよね。だからこそ、写真をSNSにアップするだけではなく、形としてきちんと残せるZINE(ジン)を作ってみませんか?

Canvaの雑誌テンプレートを使えば、写真と文章を入れ替えるだけで、オシャレなZINEを簡単に作ることができます。旅行の思い出、子どもの成長、お気に入りのコーデからディープな趣味まで、編集長になったつもりで、あなたの好きが詰まったオリジナルZINEを作ってみましょう!

【ZINE(ジン)とは?】

自作の絵、写真、文章などを自由にアレンジした個人が少量発行する小冊子。誕生は1960年代の米国と言われており、90年代に西海外を中心に流行。手軽に自分を表現できる手段として、再び注目されています。

※ZINEの作り方はページの一番下をチェック!

ファッション系

01.有名ファッション誌のようなクールなデザイン

1129Aqua Greyscale Teen Magazine Cover1

クールでかっこいい写真が映える、モード系ファッション誌のようなデザイン。表紙はモノトーンでかっこよく決めましょう。

02.K-POPアイドルのような可愛いイメージで

1129Blue and Pink Teen Magazine

ポップで可愛らしいデザインは、明るく元気な女性にぴったり! 盛れた写真はZINEで保存しておきましょう!

03.写真をメインに使えるシンプルデザイン

1129Rustic Female Teen Magazine Cover3

文字が少なく、オシャレな写真を思いきり活かせるデザイン。都会的な雰囲気の写真が似合います。

04. モノクロを楽しむクール&インテリジェンス

1129Street Art Magazine4

メッセージ性の強い写真を、モノトーンでさらにインパクトを出して。力強さが表現できるデザインです。

05.元気いっぱいのガールズ向けマガジン!

1129White Various Teen Photos Teen Magazine5

遊び心のあるタイトルには、明るい笑顔の写真がぴったり。ファッションやメイクを楽しみながらZINEを作りましょう。

旅行系

06.遺跡や歴史的建造物巡りなどの旅写真を紹介!

1129Cream Elegant Modern Photo Travel Magazine6

美術館や昔ながらの街並みなど、雰囲気のある旅写真が似合うデザイン。風景を撮るのが好きな方と相性が良さそう。

07.しっかりと文章で伝えたい人にお勧め

20191211 No7

映画のワンシーンのような写真で表紙にインパクトを。文字もしっかり入るので、旅の思い出日記としても。

08.インスタサイズの写真も並べられるデザイン

1129White and Black Modern Travel Magazine8

写真をたくさん使えるデザインは、SNSへ投稿するように、思い出写真をかき集めて作りましょう。

09.オシャレな女子旅にぴったり!

1129Map Organic Lettering Hipster Travel Magazine9

オシャレなフォントを使った、トレンドが大好きな女性にぴったりのデザイン。女子旅の思い出としても。

10.ビタミンカラーで元気いっぱい!

1129Yellow Cheerful Suitcase Photo Travel Magazine10

世界を旅するバックパッカーにぴったり! 自分旅のコンセプトを写真と文章で発信しよう!

 

ブライダル系

11.写真を目立たせられるモノトーンデザイン

1129White Simple Photo Wedding Magazine11

シンプルで落ち着いた大人ウエディングにぴったりのデザイン。モノトーンなので写真もより映えます。

12.大人な2人の結婚式を思い出として…

1129Rustic Photo of Couple Wedding Magazine11

ガーデンウエディングなどのナチュラルなイメージの写真にぴったり。2人の幸せな表情を、ぜひ表紙に起用して。

13.ロケーションフォトなどの色鮮やかな写真が◎

1129Photo of Married Couple Wedding Magazine13

ハワイや沖縄などのリゾートウエディングの写真がハマるデザイン。楽しかった結婚式をいつまでも鮮やかな思い出として。

14.エピソードや当日の流れをストーリー仕立てで演出

1202White and Bride

2人の結婚式までのストーリーを時系列などで紹介しましょう。オリジナリティ溢れる写真がぴったり!

15.グリーンを使ったウエディング写真にぴったり!

1202Bride Photo with White Text Wedding Magazine15

花嫁の表情を中心とした、人生で一番輝く瞬間を一冊に。本人も知らなかった自分に出会えるかも。

 

フード系

16.好きな食べ物を詰め込んで…

1202Simple Pasta Food Magazine16

どんなジャンルにも対応できる、ベーシックなデザイン。シンプルだからこそ、料理のコーディネートも力をいれて。

17.カフェやレストランの紹介冊子としても◎

20191211 No17

お店のコンセプトからメニュー紹介まで、これ1冊に店舗の魅力をぎゅっと詰め込んで伝えましょう。

18.素材を活かした写真でインパクトを

20191211 No18

インパクトのある写真が映えるので、素材や工程をメインにした料理紹介にぴったり。

19.グランピングやオシャレピクニックに

1202Lime Green Modern Food Magazine19

オシャレなアウトドア料理など、明るく楽しい雰囲気にぴったりのデザインです。

20.素材にこだわったテーマにぴったり

1202Black and White Food Magazine20

レストランやカフェなどで、こだわりの素材や料理を紹介する店内メディアとしても使用できます。

ZINEの作り方

1.まずはテーマを決めましょう

仮でもいいので最初にタイトルを決めると、どんな内容にするか整理しやすくなります。また、「韓国旅行」「柴犬写真集」などの大きなテーマよりも、「ソウルのフォトジェニックスポット巡り」「捨て犬だった柴犬コロの365日」など、より具体的なテーマでタイトルを考えると、まとまりのある魅力的なZINEになるでしょう。

2.テンプレートを決めましょう

次に、テーマに合ったテンプレートを選びましょう。今回紹介した雑誌テンプレートは5ページ分のデザインが用意されているので、足りないページはコピーして使うか、他のデザインからページ毎に追加することも可能です(下記画像参照)。初心者さんにお勧めなのは8ページ。表紙+裏表紙+中面6ページの構成です。中途半端なページ数の場合、白紙ページが出てしまうので注意しましょう。

temple

※こちらはブラウザの編集画面です。

【テンプレート内のページをコピーする方法】

コピーしたいページの右にある「コピーボタン」をクリックするとページが追加されるので、好きな場所へ▲▼で移動する。

【他デザインからページを追加する方法】

編集画面の一番下にある[新しいページを追加]からページを追加し、左のテンプレートから使用したいデザインのページを選んでクリックする。

3.使用する写真をセレクト

事前に、使用したい写真を選んでまとめておきましょう。デザインに当てはめてみると他の写真の方が良い!という場合もあるので、写真は余裕を持って用意しておくのがお勧めです。また、一番重要なのは表紙の写真。ZINEのイメージを左右するものなので、テーマに沿った「これだ!」と思うものを選びましょう。

4.デザインに写真と文章を追加

実際にテンプレートの写真と文字を差し替えていきましょう。デザインによって縦横それぞれ最適なものがあるので、注意しながらテンプレートの写真と入れ替えます。

【写真のアップロード方法】

編集画面の左にある[アップロード]の[画像をアップロード]からデスクトップにある写真を選択してアップロード。差し替えたいページ上にドラッグで持ってくるとプレビューされるので、確認して良ければカーソルをその場で離します。写真の位置を変えたい場合は、写真をダブルクリックして調整した後、左上に出てきた「✓」を選んで確定。

【文字の変更方法】

変更したい文字をダブルクリックして、文字を変更しましょう。完了したら他の箇所をクリックして終了です。

※Canvaの雑誌テンプレートのフォントは欧文フォント(アルファベットを主体とする言語に使用されるフォント)になっていることがほとんどです。日本語を使用する場合は、日本語対応フォントへの変更を推奨します。

5.データサイズをチェックして印刷

デザインが完成したら、[ダウンロード]からデータをダウンロードします。【Canva Pro】プランの方は印刷したいサイズに変更が可能です。ZINEにおすすめなのは、コンパクトで持ち運びしやすいA5縦(148mm×210mm)サイズです。

いかがでしたか? 自宅のプリンターで小冊子サイズで印刷するも良し。印刷屋さんに注文して本格的にするのも良し。本来ZINEとは、ルールにとらわれず好きに作るところが魅力なので、楽しみながら自由に作ってみましょう! その他のテンプレートはこちらからもチェックできます。

 

デザイン作成の切り札