Canva-Landing-Page-Earth-Day-top-banner

1回の印刷で1本の木を

印刷で自然保護に貢献して気分良く。Canvaでは印刷注文をいただくたびに1本の木を植樹しています。シンプルなアイデアですが、大きなインパクトがあります。

これまでの影響

270万
植林された木
570万
取り組みに貢献した木
3,846人
恩恵を受けたメンバー
4,457ヘクタール
再生プランに含まれる土地の面積
Person planting tree sapling in soil

仕組み

  1. ご注文ごとに、Canvaでは木を一本植えています。Canvaでの印刷注文ごとに木が一本、11カ国18カ所にあるCanvaの拠点に植えられます。
  2. 木にホームが見つかります。Reduce.Reuse.Grow.(RRG)は、生物多様性と野生動物の回復のために、お客様の植える木に最適な植林地を見つけます。
  3. お客様の木が植えられます。地域社会や農家がお客様の木を植えることで、彼らの景観に活力を取り戻し、より持続可能な農業ができるようになります。

なぜ樹木を植えるのですか?

Canvaは、地域社会や農家がより持続可能な農業を行えるように、地球を癒すという使命を担っています。

木を植え、保護することで、保水力、生物多様性、生息地の保護を向上させるとともに、農業やアグロフォレストリーにおける機会を創出しています。

Man in blue t-shirt carrying young tree to plant
Man planting trees in Mt Sinaka

どのような樹木を植えるのですか?

Canvaは、危機に瀕した重要な生態系を回復するために、在来種の植林を行っています。

植物の多様性を育むために、イチジクからバレットツリー、アフゼリア・クアンゼンシスまで205種以上の在来樹種を植えています。

絶滅危惧種をどのように保護しているのですか?

「1回の印刷で1本の木を」は、生息地を守ることで絶滅危惧種も保護しています。

ここはフィリピンの植林地で、フィリピンワシやフィリピンワニなどの絶滅危惧種の生息地を探すために、地域社会を支援している中心的な場所です。

Grassy hill in foreground with city behind
A photo of a Philippine Eagle soaring in the sky, wings stretched out

フィリピンワシを救っています

絶滅危惧種であるフィリピンワシを保護するために、フィリピンワシ財団と提携しています。Canvaは、フィリピンワシの生存と生物多様性、そして将来の世代が楽しめるよう、森林資源の持続可能な利用に取り組んでいます。


フィリピンの国鳥であるフィリピンワシは、世界で最も希少なワシの一種です。国際自然保護連合(IUCN)で絶滅の危機に瀕しているとされる巨大な猛禽類で、野生では推定400組しか残っていないと予想されています。森が唯一の住処であるワシは、人間の活動によって日々脅かされているのです。


残念ながら、違法伐採や無責任な資源利用により、彼らの生息する森は消滅し、毎年少なくとも1羽のフィリピンワシが殺されています。森が失われるにつれ、フィリピンワシは狩りの獲物を求めていつもの狩場から遠く離れていきます。フィリピン以外では見ることができない、貴重で雄大な鳥類です。この種が絶滅してしまうことは、世界が貴重な生物遺産を失うことでもあります。

コミュニティーのご紹介

Moraharivo(マダガスカル)

ベシボカ川の植樹パートナーは、貴重なマングローブ林の復興に取り組んでいます。ベシボカ川の河口はかつてマングローブ林に囲まれており、ユニークな動植物の生息地が多く存在していました。何世紀にもわたって、マダガスカルに住む地元の人々は持続可能な食料源としてこれらの生態系に生息する魚介類に頼ってきました。マングローブの深い根系は、海岸線を安定させ、侵食を減らすうえでも不可欠な存在です。

  • 森林再生の種類:マングローブ
  • 地域面積:872ヘクタール
  • 樹木数(ヘクタールあたり):10,000本
  • 2021年に再生した面積:20ヘクタール
  • 炭素隔離量(ヘクタールあたり):840メートルトン
  • 総炭素隔離量(推定):16,800メートルトン
OnePrintOneTree_Madagascar
OnePrintOneTree_Mozambique

Mahubo(モザンビーク)

Boane地区に位置するMahuboの面積は約82kmです。現地の村には10万人を超える人々が居住しており、そのほとんどが自給自足のために農業を営んでいます。この地域では、木炭や木材の生産のために、過剰にマングローブ林が伐採されています。Canvaでは、20万本を超えるマングローブ、特にリゾフォラ、セリオプス、ブルギエラの在来種を植えて、約20ヘクタールの面積を再生する予定です。

  • 森林再生の種類:マングローブ
  • 地域面積:645ヘクタール
  • 樹木数(ヘクタールあたり):10,000本
  • 2021年に再生した面積:20ヘクタール
  • 炭素隔離量(ヘクタールあたり):840メートルトン
  • 総炭素隔離量(推定):16,800メートルトン

Kitiligini(ケニヤ)

ケニアの首都ナイロビの北に位置するKijabe村は、大地溝帯の端にあります。乾燥した急傾斜地とアフロモンタンの森で知られています。ケニアにあるこのユニークな森の周辺には、多くの牧歌的なコミュニティがあります。こうしたコミュニティでは、現地の生態系を頼りに、地域の社会と経済の維持を図っています。主に木炭の生産に伴う森林伐採により、土壌は非常に劣化しています。Canvaの復興パートナーは、農民が管理できる自然再生(FMNR)など、森林を再生するための方法をいくつか用いて地域の復興を支援しています。

  • 森林再生の種類:アフロモンタン
  • 地域面積:1,493ヘクタール
  • 樹木数(ヘクタールあたり):2,500本
  • 2021年に再生した面積:20ヘクタール
OnePrintOneTree_Kenya
OnePrintOneTree_AquinBay

Aquin Bay West(ハイチ)

薪と建設用資材の生産を目的とした過剰な伐採活動により、ハイチの海岸沿いのマングローブ林は荒廃しました。海洋汚染、海面上昇、ハリケーンも潮の流れを遮断し妨害するため、マングローブの生態系の健全性を脅かす一因となっています。南部の海岸線付近の森林再生は生態系だけでなく、地域社会の健全性と安全性にとっても重要です。マングローブの植樹は、ハイチを頻繁に襲うハリケーンの破壊的な風力から地域の人々を守るためにも役立ちます。

  • 森林再生の種類:マングローブ
  • 地域面積:338ヘクタール
  • 樹木数(ヘクタールあたり):10,000本
  • 2021年に再生した面積:9へクタール
  • 炭素隔離量(ヘクタールあたり):840メートルトン
  • 総炭素隔離量(推定):7,560メートルトン

フィリピン

前世紀の初頭はフィリピンの70%が森林に覆われていましたが、その後約18.3%まで激減しました。これは主に森林の伐採と土壌の劣化によるもので、生物の多様性に壊滅的な影響を与えています。フィリピンでは毎年30万4,000エーカーを超える森林の被覆が破壊されており、残存する森林は2036年までに消滅すると言われています。

地球の生物多様性の3分の2が17カ国に集中しており、フィリピンには、20,000種以上の固有種が生息していることから、この17カ国のうちの1つとしてフィリピンが認められています。

このことを念頭に置くと、フィリピンはCanvaファミリーの重要な部分を担っており(当社の最大のオフショアチームはマニラに拠点を置いています)、私たちの活動の原動力となっています。このプログラムを通じて、Canvaコミュニティは世界中で、そして私たちの身近なところで社会を改善することができます。

OnePrintOneTree_By the numbers
引用符
「父の教えでは、森を切り倒せばその付けが回ってきて、私たちを滅ぼすことになると言われていました。槍を投げれば、岩ばかりに命中することになる、と。私はこの森を守っていますが、樹木を盗むためにやって来る人々がいます。私は彼らに『木を持っていきたいなら私の命を奪ってからにしなさい』と言いました。私たちの村にとって、森はそれほど重要なのです。事実、この森を守っていることによって、私たちは他の場所に頼ることなく、この土地で何とか生活することができているのです」

Jean Zamanjisy

Antanamarina村長(マダガスカル)

よくある質問

いいえ、物理的にCanva自身では樹木を植えていません。CanvaはReduce.Reuse.Grow.Inc.(RRG)と提携しています。RRGは、サービスとしてのサステナビリティ事業を展開しており、印刷産業、消費財産業、テクノロジー産業が環境に与える影響を軽減するためのプログラムを運営しています。


RRGが当社に代わり、植樹プロセスを管理しています。これらの国々での活動を通じて、Canvaは炭素隔離を目的とした樹木やマングローブの植樹を行うことにより、気候変動の取り組みに貢献しています。さらには、地域の住民に生態学上の利益や社会的な利益をもたらしています。


このような植林や森林保護活動では、Canvaのパートナーが地元の村人たちを雇用し、経済的な活性化を図っています。

RRGは、私たちに代わって植林作業を管理し、世界中にある植林地の中から最も適切な場所を選びます。毎年、植樹地域を拡大していきます。

これらの地域を選択した理由は、当社が提供する環境上のメリットを最大化することができると同時に、当社が植樹を行う地域の住民にもプラスの影響を与えることができるからです。


長期にわたる植樹活動を成功させるためには、地域の村や社会と協力しながら活動することが不可欠です。当社のパートナーは、「植樹のための雇用」という方法論を採用して、現地のコミュニティのメンバーに利益をもたらしています。またお客様の注文もコミュニティに恩恵をもたらしています。安定した雇用を通して、貧困にあえぐ村人たちは、食糧、避難所、衣類、薬などの生活必需品を入手することができ、最終的には健全な森林を維持することで持続可能な地域社会を目指すことができます。

当社のプログラムは成長し続けています。RRGとともに、新たに世界中で再生地域を導入していく予定です。

RRGは、地域に適した原木の植樹を徹底していきます。当社のパートナーは、侵入種を植えることも導入することもありません。時には、地域社会における持続可能な利用を目的として、一定の割合でアグロフォレストリー種の植樹が行われる場合があります。

当社が植樹を行う地域によって異なります。商業用種床から収集したり、直接種子を収集したりしています。この最初の1年間、種子のほとんどは、近くの残存する森から現地の村人によって収集されています。収集された種子を補う必要がある場合、地域の信頼できる種子バンクから種子を購入しています。品質と発芽率を確保するために、Canvaのすべての種子は復興パートナー固有の地域の種床で栽培されています。

Canvaの印刷注文プロジェクトの大半は、地域社会の直接の権限下にある国有地で行っています。ハイチでの小規模なアグロフォレストリープロジェクトのいくつかは、農家が所有する私有地で行われています。

地域の森林再生に積極的に参加していただいたコミュニティがこれらの樹木を所有しています。地域の農家が所有する土地にアグロフォレストリー樹木が植えられた場合は例外です。このような場合、農家が木々を所有し、木々から得られる収益も取得します。

RRGには復興パートナーのネットワークがあり、現地のコミュニティの人々と協力して植樹チームを募集します。私たちの目標は、樹木を植えるだけでなく、極度の貧困を軽減することです。こうした地域コミュニティで極度な貧困生活を送っている人々に仕事を与えることで、彼らとその家族に対して信頼できる収入源を創出することができます。

単一または農家が管理する自然再生、粘土団子、種床、裸根移植、マングローブの繁殖植栽など、当社はさまざまな植樹方法を用いています。

できるだけ早期に実行します。時には、3ヶ月ほどで植樹する場合もあります。これは、樹木が割り当てられる国と植樹の季節によって異なります。

当社は、植樹を行う森林が恒久的で持続可能になるよう、最善を尽くしています。


この目的を達成するために、Canvaの復興パートナーは政府のすべての関連部門と緊密に連携して、再生地域を永続的な保護地域に指定するよう、書面による合意を必ず取得しています。また、私たちは伐採地域に樹木を植えることはありません。復興パートナーチームは、現地の村人を雇用して植樹活動を行っており、経済的なインセンティブにより、再生プロジェクトの健全性が確保されています。さらに復興チームは、現地の村人に代替燃料資源(燃費効率の良い乾燥木材を使ったコンロやソーラーオーブン)を供給し、木炭への依存の軽減または根絶を図っています。最後に、復興チームは労働力の一部として森林警備員を雇用しています。実際、植樹パートナーの1つであるEden Restorationは、Forest Guard Endowment Fundを最近創設しました。この基金では、森林再生地区を長期にわたって保全し保護するために、樹木1本の価格から1セントを基金として寄付しています。

苗木と珠芽が一定の割合で枯れることは避けられません。RRGが発見によると、自然再生が起こり始め、影響が倍増し始めると、草枯れとは無関係になるということです。マングローブ再生地域では、通常、自然再生は最初の植樹数の200%を上回っています。マダガスカルの乾燥した落葉性地帯でも同じことが言えます。

2022年8月1日現在、240万本の植樹を行いました。この数字は常に増加しており、Canvaはより多くの木を植えることを約束します。

いいえ、使いません。Canvaは、森林再生プロジェクトとは別に、持続可能な資源から紙を調達しています。