• ホーム
  • 三つ折りパンフレットを作成

パンフレットデザインを無料で作成!テンプレートの活用法をはじめ、パンフレット制作に関するすべてを網羅

会社紹介、人材募集、製品案内などさまざまな用途で使われるパンフレット。このページでは、パンフレットを制作する際にぜひ知っておきたい、パンフレットの種類、作成の手順、掲載すべき情報、必要な料金の目安などを網羅しています。初めてパンフレットをデザインする人でもこれさえ読めばきっとおしゃれなパンフレットをデザインすることができます。

デザイナーに発注した場合、印刷会社に依頼した場合、自分で作成する場合のメリットやデメリットもまとめました。代表的な50の業界について、パンフレットデザインのコツもそれぞれ取り上げています。さらに、オンラインで簡単に高品質なパンフレットを自作できるCanvaについても紹介しているので、ぜひご利用ください。

パンフレットってどんなもの?

「パンフレット」という言葉を耳にしたことのない人はいないと思いますが、そもそもどのようなものを指すのでしょうか。

パンフレットとは、複数の紙を綴じた小冊子を言いますが、よく似た紙媒体として「カタログ」があります。実はカタログもパンフレットも、紙を綴じた小冊子という点では同じものなのですが、目的が違うため、一般的には厚さも異なります。

国語辞典『大辞林』には、「パンフレット」は「仮綴じの薄い冊子。パンフ」とあります。いっぽう「カタログ」は、(1) 商品や展覧会の作品の目録・説明書。(2) 営業案内。[「型録」とも当てる]とあります。

カタログには商品やサービスを一覧して紹介するという役割があり、分厚い冊子になる場合もあります。これに対し、パンフレットは商品やサービスの紹介を目的に作成される小冊子で、カタログと比較してページ数が少ないのが一般的です。通常10ページ程度のものが多く、多くても48ページ以下です。

パンフレットの種類について

パンフレットには、大きく分けて「二つ折り」「三つ折り」「観音開き(四つ折り)」「中綴じ」があります。なお、「リーフレット」とも呼ばれる、綴じられていない一枚もののパンフレットには、「二つ折りパンフレット」や「三つ折りパンフレット」「ミニパンフ」などの種類があります。

パンフレットとカタログ、リーフレット、チラシの違いとは

パンフレットとカタログ、リーフレットとチラシにフライヤー。よく似た紙媒体を示す言葉ですが、それぞれの違いをご存知ですか?

チラシとフライヤーは、ほぼ同じものを示し、英語の「Flyer(フライヤー)」の訳が日本語の「チラシ」です。なおチラシの語源は、大量に配布する広告であることから、「散らし」だと言われています。現在では、フライヤーはライブイベントやショップの告知を目的に、店頭などに配置して、興味を持った人に手に取ってもらうといった用途が一般的です。

リーフレットも、チラシやフライヤーと同様に、1枚ものの紙で作られていますが、二つ折りや三つ折りなどの形状で制作され、コンパクトなパンフレットのような役割を果たします。

パンフレットとカタログの違いは、すでに説明したとおり、カタログが情報を一覧化して提示したり、説明したりするという機能があるのに対し、パンフレットは特定の商品やサービスの紹介のために使われ、カタログと比較して薄いことが一般的です。

パンフレット作成の目的

会社案内、商品やサービスの紹介、展示会の紹介、学校案内、映画やイベントのパンフレット、ショップのフロアガイドなど、パンフレットはさまざまな用途で作成されます。

見栄えがよく、内容が相手に伝わりやすいパンフレットを作成することは重要ですが、パンフレットをデザインするにあたり、その目的を今一度考えておきましょう。あなたのパンフレットを受け取る想定ユーザーはどのような人でしょうか。年齢や性別、ライフスタイルや価値観などを、具体的なペルソナとして思い浮かべておくと、デザインがぶれることがありません。

その上で、「何を伝えたいのか」というコアバリューを言語化しておけば、必要な人に届くパンフレットをデザインすることができます。

パンフレットの作り方と作成方法

パンフレットを作成する場合、まず最初にコンセプトを策定します。次に、ターゲットとなるユーザーペルソナがイメージできたら、パンフレットに盛り込む内容について具体的に書き出します。デザインしながら文字を打ち込んでいくと、誤字脱字の原因となるので、あらかじめメモ帳などに必要な情報を記載しておくのがおすすめです。

これらの情報が定まったら、デザイン作業にかかりましょう。パンフレットデザインで気をつけるべきは、とくに三つ折りや二つ折りなどの複数のページがあるパンフレットを作成する際、間違った場所にレイアウトしないよう気をつけることです。そのようなことが起こらないよう、あらかじめデザインされたテンプレートを使って作成すれば、扉ページの位置を間違ってしまうというようなミスも発生しません。

パンフレットにはどんな情報を掲載する?

どのような目的で作成するのかによりますが、パンフレットのページ構成は基本的に類似しています。たとえば会社案内であれば、以下のような構成が一般的です。

  • 表紙
  • 目次
  • 会社概要
  • ビジョン・理念
  • トップからの挨拶
  • 企業情報(組織図や沿革など)
  • 事業内容(事業戦略や実績、商品やサービスの紹介など)
  • 社員紹介

これで分かるように、パンフレットはホームページの構成とよく似ています。自社のサービスや商品について知らない人に、わかりやすく情報を伝えるという点では、ホームページもパンフレットもよく似た役割を持っているのです。パンフレットに掲載する内容について悩んだなら、どんなWebサイトならどのような構成になるのか考えてみるのもいいでしょう。

パンフレットデザインの料金や費用

パンフレットデザインをデザイン会社に外注する場合、専門のスタッフが作業するので、ある程度の制作費を見込んでおく必要があります。スタッフが多く参加すればするほど高額になるので、どの程度作り込みたいのか、最初のコンセプトの段階ではっきり決めておきましょう。

以下は、パンフレットデザインに必要な費用の目安です。あくまでも目安なので、具体的なパンフレットのイメージが固まった段階で、複数の会社に相見積もりを取って納得できる会社に依頼しましょう。また、印刷会社のレイアウトサービスを利用すれば格安でパンフレットを制作できます。また、オンラインのグラフィックデザインサービスを利用することで、高品質なデザインのパンフレットを手軽に自作することも可能です。

  • 企画・ディレクション費(全体の制作指揮を行う):7万円程度~20万円以下が目安
  • デザイン費(ページあたりで計算されることが多い):ページあたり2万円程度~
  • 原稿作成費(文字数や、ページあたりで計算されることが多い):ページあたり1万円~2.5万円程度。キャッチコピーも作成する場合はより高額になる
  • 撮影費(必要に応じて):5万円~10万円程度
  • イラスト費(必要に応じて):5万円~10万円程度
  • 印刷費:加工や用紙、印刷部数によって大きく異なる。格安印刷なら1部あたり3.5円程度になる場合もあるが、通常は1部30円程度~

パンフレットデザインはデザイナーや印刷会社に外注すべき?

近年、自分でPCやスマホのアプリを使って誰でも簡単にデザインできるようになってきました。パンフレットを作成する場合、従来のようにデザイナーに依頼して作ってもらったほうがいいのでしょうか。また、印刷会社やオンラインのグラフィックサービスを使って自分で作成することはできるのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

デザイナーに依頼する

デザイン会社やデザイナーに依頼すれば、高品質なパンフレットを思い通りにカスタマイズできます。あこがれのデザイナーによるパンフレットは、会社やサービスをひときわ魅力的に引き立ててくれることでしょう。デメリットとしては、他の方法に比べ高額になる、納品までに時間がかかる、打ち合わせの時間が必要になるなどが考えられます。

印刷会社のテンプレートを使う

格安印刷を発注できる印刷会社のサイトでは、オンラインでパンフレットをデザインできる場合もあります。これを使えば自宅から簡単にパンフレットを発注することができます。追加料金を支払うことで、二つ折りや三つ折りなどの加工も可能です。デメリットとしては選べるデザインテンプレートの数が多くない、レイアウト調整の際に制限がある、といった点が考えられます。

自分でデザインする

オンラインで使えるグラフィックデザインプラットホームを使えば、PCからでもスマホからでも洗練されたパンフレットをデザインできます。ドラッグ&ドロップで直感的に操作できるCanvaなら、デザイン初心者でもレイアウトの調整や、色や要素の変更などのデザイン作業が簡単です。デザイン作成から印刷発注までの流れがワンストップで完結するので、時間がない人でも高品質なパンフレットを簡単に発注できます。

簡単5ステップ!Canvaでパンフレットを作成する方法

  1. Canvaを開く

    デスクトップでCanvaを開くか、アプリを起動したら、検索バーで「パンフレット」と入力し、デザインテンプレートを選択します。また、このページの上部や下部にあるボタンをクリックすれば、デザイン画面に移動します。

  2. テンプレートを検索

    数千点もの豊富なテンプレートから、好きなデザインを選択します。好みのレイアウトを見つけたら、クリックしてカスタマイズを開始するだけです。

  3. パンフレットをカスタマイズする

    適切なパンフレットテンプレートを見つけたら、レイアウトを調整して、思いどおりに仕上げましょう。数回クリックするだけで、お手持ちのロゴデータや素材をアップロードしたり、テキストボックスや要素を再調整したり、フォントや色を調整したりすることができます。6,000万点を超える素材集から好みのものを選ぶこともできます。

  4. デザイン要素を追加する

    Canvaで可能性は無限に広がります。さまざまなレイアウトを試したり、豊富なストック画像やイラストから選択したり、さまざまな色やフォントの組み合わせを試したりしましょう。

  5. データを保存して、印刷を注文する

    Canvaプリントでパンフレットの高品質プリントを注文すると、無料でご自宅まで配送します。また、PDF、JPG、またはPNGファイル形式でデザインを保存することもできます。デザインのアップデートも簡単です。

パンフレットデザインを開始

パンフレットの作成手順(外注する場合)

パンフレットを制作するには、以下の手順で確認しながら進行します。また、実際にこの手順でスタートする前に、相見積もりを取るというケースもあります。相見積もりの場合、依頼したい作業項目を明確に洗い出しておくと、あとで想定外の費用が必要になるということもありません。

  1. 企画立案・コンセプト策定
  2. 素材データ入稿
  3. デザイン作業
  4. デザインチェック
  5. 構成および修正
  6. 印刷
  7. 納品

自分でパンフレットを作成する方法

デザイン事務所に依頼しなくても、自分でパンフレットを作成することは可能です。具体的には、以下のような方法が考えられます。

  • 印刷会社の用意したテンプレートを使用する
  • Microsoft(マイクロソフト)のPowerPoint(パワーポイント)を使って作成する
  • Illustrator(イラストレーター)やInDesign(インデザイン)などのグラフィックソフトを使ってDTPで作成する
  • オンラインのグラフィックサービスを活用する

印刷会社のテンプレートや、PowerPointのテンプレートを使って自作する場合、レイアウトの自由度が低いために、イメージどおりのデザインができないこともあります。

デザインスキルがあり、IlustratorやInDesignなどのグラフィックソフトを持っている場合は、高いクオリティのパンフレットを思いどおりに制作できるでしょう。

またCanvaのようなオンラインのグラフィックサービスを使えば、デザイナーに依頼したような本格的なパンフレットを、自宅のPCや手持ちのスマホで簡単に作成することができます。完全無料か、もしくは格安の素材を購入するだけで使用できるので、多額な予算も必要ありません。

パンフレットデザインのポイントとコツ

会社や商品のイメージを決める大切なパンフレット。納品後に後悔することのないように、デザインに着手する前や、デザイン完了後も気を抜くことなく丁寧に進行させましょう。

以下は、ぜひ押さえておきたいパンフレット制作の5つのポイントです。

  • 目的を決める

パンフレットを作る場合、まずデザインから考えてしまいがちですが、大切なことは、パンフレット制作の目的です。そのパンフレットは何のために、誰に対して、どのような方法で届けられるのでしょうか。

  • サイズを決める

パンフレットのサイズは、その業種で一般的な大きさに揃えておくのがおすすめです。たとえば展示会のブースに並べる場合など、その業界で好まれるサイズだと目立つ場所に優先的に配置されたりするからです。

  • デザイン前に必要な素材をすべて揃えておく

写真やイラスト、キャッチコピーや本文テキストなど、必要な情報はデザイン作業に入る前にすべて用意しておきましょう。インタビューなどで人物が登場する場合、名前や役職を間違えることのないよう、名刺をもらっておくと安心です。

  • あらかじめレイアウトラフや台割表を作っておく

レイアウトラフとは、どのような位置に要素を配置するのか指定した用紙です。通常、手書きで作成しますが、共有しやすいようPowerPointで作成するケースもあります。

台割表(だいわりひょう)とは、パンフレットなど、複数の用紙にまたがる印刷物を作成する際に、全体の構成を指定するための指示書です。見開き単位で作成すれば、どのページで、見開きの2ページで写真を大きく使うことができるのかもすぐ把握できます。台割表があれば、全体の流れがすぐ分かり、各項目のボリュームもバランスよく調整することができます。通常、8ページ以上の印刷物には台割表が必要だとされます。

  • 誤植チェックのため慎重に校正する

場合によっては数千部、数万部という単位で印刷するパンフレットは、絶対に誤植が許されない印刷物だと言えます。

校正には、誤植をチェックする「文字校正」と、発色を確認する「色校正」の2種類があります。デザインする人と確認する人が同じだと、誤植に気が付かない場合もあるので、ぜひ別の人が誤植を確認するようにしましょう。できれば複数でチェックすると安心です。大量に発注する重要なパンフレットの場合は、専門の校正者に発注することを考慮してもいいでしょう。

デザイン性が重視されるパンフレットの場合は、文字校正に加えて、色校正の工程も手配しておくといいでしょう。

パンフレットデザインのアイデアに悩んだら、Canvaのテンプレートを参考にするのもおすすめ

Canvaには、プロのデザイナーが作成したテンプレートが1万4,000点以上も揃っており、パンフレット向けのデザインも豊富です。Canvaの高品質なデザインテンプレートを見ているだけで、インスピレーションがひらめくかもしれません。

Canvaのトップページ右上の検索ウィンドウに「パンフレット」「2つ折りパンフレット」「Z折りパンフレット」「営業用パンフレット」「会社パンフレット」などのキーワードを入力して検索してみてください。思いがけないレイアウトや配色が、きっといいアイデアを運んでくることでしょう。

パンフレットデザインをおしゃれに

おしゃれでかっこいいパンフレットをデザインする1つのコツは、クオリティの高い写真を使うことです。たとえば、インパクトのある写真を表紙の全面で使えば、思わず手にとってみたくなるようなおしゃれな仕上がりになるでしょう。

また、見出しと本文の文字の大きさの差(ジャンプ率)を大きくすることで、メリハリがあり、シャープな印象になります。また、余白を豊かに取ることで、上品でスタイリッシュなイメージに仕上がります。

このように、デザインのテクニックはさまざまにありますが、おしゃれなパンフレットを作成する基本は、クオリティを高いデザインを実際に数多く目にすることです。

シンプル、スタイリッシュ、おしゃれ、かわいい…。Canvaは豊富なテンプレートやイラスト、写真からパンフレットデザインに使える素材が選べます!

PCでも、スマホのアプリからでもシームレスにオンラインでデザインできるCanvaなら、まるでプロが作成したようなおしゃれなパンフレットをあっという間に作成できます。

Canvaでデザインするのは簡単です。さまざまなデザインが豊富に揃ったテンプレートライブラリーから、お好みのパンフレットデザインを選択し、画像やテキスト、フォントなどを変更するだけです。さらに、イラストや写真など、豊富なグラフィック素材を用意しているので、グラフィックデザインの経験がなくても、あっという間に高品質なデザインが作成できます。しかも、テンプレートの利用はすべて無料です。

アイキャッチ画像を無料で

Canvaは、6,000万点を超えるイラストや写真などのグラフィック素材ライブラリーをご用意しています。その多くを無料で利用することができ、有料の素材も低コストで利用可能です。もちろん、ご自身のお気に入りの画像をアップロードして使用することもできます。

自分らしいアレンジを加えたり、ブランドを印象づけたい場合は、お手持ちの素材をPCからドラッグ&ドロップしてCanvaにアップロードし、デザインにご利用ください。

Canvaはアプリでもパンフレットを作成可能

Canvaは、PCでもスマホでもシームレスにデザインできます。アプリでパンフレットをデザインするには、iOS(iPhone、iPad)やAndroidの無料アプリをダウンロードして、ドラッグ&ドロップ操作で制作するだけ。できあがったデザインを誰かと共有するのも簡単です。デザイン画面右上の [共有] ボタンをクリックしてメールで送信したり、[…] ボタンから直接SNSに共有することも可能です。

パンフレットデザインが完了したら、さっそく印刷しよう

パンフレットのデザインが完成したら、さっそく印刷しましょう。Canvaのデザイン画面では、PDF、JPG、PNGの形式から選んでデータをダウンロードすることができます。また、デザイン画面からプロ品質の印刷を直接発注することも可能です。マットや光沢、再生紙など、好みに合わせた紙を選ぶことができます。

【50業界】パンフレットデザインのコツ

パンフレットデザインのポイントとコツを、それぞれの業界別にまとめました。通販からNPOまで、50種類の業界について取り上げています。パンフレットをデザインする際の参考にしてみてください。

通販パンフレット

通販のパンフレットやカタログは、情報を豊富に盛り込み、商品の魅力を伝えるクオリティの高い写真を使用することに加えて、購買意欲を高めるために、魅力的な「読み物」にすることを意識しましょう。ブランドや商品開発の背後にあるストーリーを、インタビューなどで丁寧に伝えることで、その商品に対する共感を高めることができます。

不動産パンフレット

インターネットでの情報検索が一般的となった不動産業界ですが、今でもパンフレットやチラシによる情報拡散は人気の手段です。インターネットの操作に慣れていない高齢者にもリーチできるということに加えて、パンフレットやチラシは地域を限定して配布できるためです。発売予定のマンションの周辺に重点的にポスティングするという手法がよく活用されます。

具体的に物件の購入を予定していなかった人の興味も引きつけるために、パンフレットにはあまり詳細な情報を盛り込まず、イメージ写真や魅力的なキャッチコピーで、見た瞬間に直感的に関心を持ってもらえるように心がけましょう。また、間取り、駅からの距離、問い合わせ先、見学会参加者への特典などは重要な情報です。

リフォームパンフレット

住宅リフォームのパンフレットには、ビフォーアフターの写真を含む施工事例をぜひ掲載したいものです。インテリア関連業界であることから、センスの良さが問われるため、デザインや写真のクオリティには十分配慮する必要があります。また、リフォームを検討する人のほとんどが、相見積もりを取って競合他社と比較するので、パンフレットには担当者の顔写真を掲載するなど、お客様の信頼を獲得できるよう工夫しましょう。

外壁塗装パンフレット

さまざまな業者がポスティングする外壁塗装のパンフレットには、明朗な料金システムや会社のコンセプト、代表のメッセージや従業員の顔写真、お客様からのフィードバックなど、信頼感を高めるための仕組みを組み込みましょう。さらに、一級塗装技能士の資格者がいればその点をアピールします。また、見積り依頼してもらいやすいよう、電話番号やQRコードを目立つ場所に配置するという工夫も重要です。

医療パンフレット

病院やクリニックのパンフレット作成では、まず、何を目的に作るのかという点を明確にします。これには、診療案内、病院の総合案内、採用案内などが考えられます。そうすることで、提供すべき情報が具体的になるためです。デザイン面では、安心感や信頼感に加え、親しみやすさやわかりやすさを重視します。

介護パンフレット

介護施設向けパンフレットでは、入居者または被介護者と、その家族との両方の視点からデザインやコンセプトを検討します。施設概要や入居に際しての費用など、必要な情報を盛り込むことは重要ですが、あまり事務的にならず、入居者もその家族も安心して利用したいと思えるような内容を盛り込みましょう。たとえば所長のメッセージやスタッフからの声、サービス内容の詳細などを、イラストと写真を取り混ぜて掲載するのがおすすめです。

整体パンフレット

整体院がパンフレットやチラシを制作する際は、以下の法律に抵触しないよう気を付けましょう。

  • 医師法
  • あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(あはき法)
  • 医薬品医療機器法(旧薬事法)

上記の法律(あはき法)により、パンフレットやチラシには以下の内容を記載することができますが、院長の経歴や出身校などを記載することは禁じられています。さらに「治す」「治療する」という表現を使うことも禁じられています。このため、詳しい施術内容を伝えたい場合はホームページを見てもらうように動線を設計することをおすすめします。

  • 整体院の名称、住所、および連絡先
  • 施術する内容
  • 施術者であること
  • 施術者の氏名
  • 営業時間
  • 予約の可否
  • 休日および夜間施術の有無
  • 出張施術の有無
  • 駐車場の有無

デザイン面では、青、水色、緑、黄緑などの配色が好まれます。また、大地をイメージさせる茶色やベージュもサブカラーに使われることが多いです。

お弁当のパンフレット

お弁当のパンフレットには、商品カタログとも呼ぶべき重要な役割があります。取り扱うお弁当の写真と価格は必須情報です。また、電話やFax、LINEなど、注文のための連絡先もわかりやすくレイアウトします。さらに、こだわりの食材やセット割引、日替わりランチ、アレルギー対応など、訴求したいポイントを目立たせましょう。

塾のパンフレット

塾のパンフレット制作では、ターゲット層を明確にしましょう。試験を控えた受験生にアピールしたいのか、授業の内容ををわかりやすく説明して欲しい生徒に向けたものなのか、それとも保護者にメッセージを伝えたいのか、など具体的にイメージします。キャッチコピーは長すぎることなく、「夏期講習受付中」など単刀直入なものがおすすめです。さらに、内容に沿った季節感の写真をうまく活用することで、塾に申し込みたいというニーズを汲み取ることができるでしょう。

教室のパンフレット

教室やスクールのパンフレットは、主宰者からのメッセージやプロフィール、住所や電話番号、FAX、ホームページ、レッスン日、地図などの基本的な情報、さらに入学金やレッスン費などの費用を明記しましょう。レッスンの様子や教室の設備、発表や展示会などの写真を配置すると、教室やスクールに参加した場合のイメージが湧きやすいでしょう。さらに「よくある質問」に応えるコーナーを設けることもおすすめします。

生徒募集のパンフレット

生徒募集のための学校案内パンフレットは、年間行事や学校の設備、学習風景など、学校生活の様子を描写した写真をできるだけ豊富に使いましょう。一貫した品質の写真を使うために、専属のカメラマンに撮影してもらうことをおすすめします。配色については、スクールカラーを活かすことで、統一感のあるデザインに仕上がります。

学校案内のパンフレット

学校案内のパンフレットは、学校のブランディングのための大切なメディアです。豊富な写真やカリキュラム、学校設備、留学制度など、入学を検討中の人が知りたい情報をわかりやすく盛り込むことは重要ですが、理念や教育方針など、学校の価値観も正しく伝える必要があります。建学の理念や創学の歴史をパンフレットの冒頭の部分に配置することで、ブランドとしてのイメージを形作ります。

サークルのパンフレット

サークルのパンフレットデザインでは、気軽に参加してもらえるようなカジュアルな雰囲気に作成するのがおすすめです。仲間で集まって楽しく活動している写真をレイアウトするのもいいでしょう。あまり洗練されたデザインよりも手作りの暖かさを感じさせる雰囲気が好まれるため、たとえばメンバーによるイラストを採用するなどの工夫を取り入れましょう。

ジムのパンフレット

スポーツジムのパンフレットは、男性が多いジムならモノトーンや寒色を基調にしたスタイリッシュなデザインが人気です。また女性専用のジムであれば、アースカラーや暖色を取り入れた柔らかい雰囲気がおすすめです。スポーツジムのパンフレットは、入会を検討している人が手に取ることが多いため、無料体験チケットや入会金の割引クーポンなどを付けて入会に対するモチベーションを高めましょう。

フィットネスクラブのパンフレット

フィットネスクラブのパンフレットでは、参加意欲を高めるために、施設やプログラムの様子が分かる写真を多く使うのがおすすめです。さらに、プログラム表や地図、費用などの必須情報もわかりやすくレイアウトしましょう。特にフィットネスクラブでは、充実した施設や設備が入会の決め手になります。これらが魅力的に見える写真を用意することは極めて重要です。

スポーツ向けパンフレット

スポーツ向けのパンフレットは、力強さやエネルギーを感じさせる赤や、爽やかな青、活動的なイメージの黄色など、原色を使ったデザインが好まれます。パンフレットには、プログラムの詳細や施設概要、講師の写真付きプロフィールなどを含めることで、参加意欲を高める工夫を凝らしましょう。

団体向けパンフレット

団体向けのパンフレットを作成するには、まず目的を明確に決めましょう。ブランディングが目的、プロジェクトのサポーターを募集するため、団体の活動概要を対外的に周知するため、などさまざまに考えられます。その目的を実現できることを念頭にデザインを行います。抽象的な概念を説明するには、イラストを活用するのがおすすめです。

組合パンフレット

組合向けのパンフレットは、親しみやすさやわかりやすさがキーワードです。たとえば農業協同組合なら農作業に取り組む組合員の姿、企業の組合なら会社で表彰される組合員の写真やインタビューなど、メンバーの活き活きした様子を届ける内容が好まれます。

製造業向けパンフレット

製造業のパンフレットでは、企業の製品をラインアップしたカタログを作成するというケースが多いと思います。この場合、カタログを手に取るお客さんの属性を想定し、その人に向けたデザインを心がけるのがポイントです。たとえば女性向けなら女性にとって使いやすい視点から商品を紹介する、エンジニアが対象なら製品の技術やスペックなど数値的な側面に焦点を当てる、などが考えられます。

運輸向けパンフレット

運輸業のパンフレットをデザインする場合、業態をイメージするキーワードとして「届ける」「つなげる」「ひろげる」などが考えられます。これらのキーワードを連想させるイラストやイメージ写真を活用して、業務の内容をわかりやすく伝えましょう。事業所などが複数ある場合は、それらを地図上にマッピングして示すのもよく使われる方法です。

IT業界向けパンフレット

IT関連のパンフレットデザインには、落ち着きや論理性を象徴する青や紺などの寒色が好まれます。商品やサービスの強みを具体的な数字で示す必要があるため、グラフや表が多く使われるのも特徴です。ただし、無機質な印象を与えないよう、代表からのメッセージや会社の信条などのコンセプト要素にも力を入れるといいでしょう。

通信向けパンフレット

通信向けのパンフレットのデザインでは、ネットワークを象徴するイラストやイメージ写真が好まれます。またカラーリングでは圧倒的に青系が人気です。競合と似通った印象を与えることのないように、コーポレートカラーやロゴなどを上手に取り入れましょう。

アプリのパンフレット

アプリのパンフレットを作成する場合、一般ユーザーが対象となることがほとんどなので、ダウンロードしようという気持ちを喚起するために、そのアプリがいかに「わかりやすい」「簡単」「楽しい」ものなのかをデザインやコピー、イラストなどで伝えましょう。ページ内でアプリ操作の手順を説明するのもおすすめです。

旅行のパンフレット

ふと手に取ったパンフレットがきっかけで旅に出ることもあるくらい、旅行業にとってパンフレットは生命線です。ぜひ、パンフレットのデザインには力を入れましょう。旅行のパンフレットで最も重要な要素は写真のクオリティです。特に表紙には入魂の写真を選びましょう。さらに、オプションの料金やホテルのクラス、シーズンごとの料金変動など細かい要素が多いため、誤植のないよう複数で校正することをおすすめします。

宿泊業向けパンフレット

宿泊業向けのパンフレットデザインでは、チェーン展開している場合は、地図とともに全国のホテルの一覧を掲載しましょう。また、会社の紹介パンフレットの場合は、フロントやサービスパーソンなど、スタッフの顔写真とコメントを紹介することで、暖かいホスピタリティを伝えることができます。

ホテルのパンフレット

ホテルのパンフレットで重要なことは、わかりやすい価格表記です。特に、多岐にわたるプランがある場合は、読む人が混乱することのないよう明瞭に記載しましょう。また、客室内の内装や、ディナーやランチの内容は、宿泊を検討する際に重要な要素となります。ぜひクオリティの高い写真を使って魅力あふれるパンフレットをデザインしましょう。

旅館のパンフレット

日本の旅館ならではのくつろぎを伝えるために、パンフレットデザインでもおもてなしの心を表現したいものです。和風のフォントを使ったり、ミニマルで上品なデザインを採用したり、温泉や懐石料理の写真をあしらったりして、宿のコンセプトを表現しましょう。さらに、観光地の場合は、散策する人のために周辺の名所案内を掲載するのもおすすめです。

マスコミ向けパンフレット

マスコミ向けのパンフレットには、会社案内やメディアの案内、求人用のパンフレットなどいくつか種類が考えられます。しかし、いずれにしても一般の人に広くメッセージを届けることがマスコミの目的であるため、どんな人が、どのような気持ちで、どのような媒体を作成しているのかを、リアリティのある形で伝えるとよいでしょう。

広告向けパンフレット

昨今の広告業界では、デジタルマーケティングが欠かせません。広告業界向けのパンフレット制作では、データを駆使して戦略的な提案ができるということを示しましょう。さらに、ひとつの広告が世に出るまでに、どのような工程を経て制作されているのかをストーリーで伝えるのもおすすめです。

金融業界向けパンフレット

金融機関向けのパンフレットデザインでは、信頼感や安心感が重要な要素となるため、論理的で誠実な印象を与える紺や藍などの寒色をキーカラーに採用します。さらに、イメージ写真をうまく取り入れ、企業のコンセプトを伝えることも重要です。リテールの場合は、顔写真を添えて社員を紹介するのも好まれる方法です。

保険向けパンフレット

保険のパンフレットは、一般ユーザーに向けて作成されるため、ピンクや黄色などの暖色や、キャラクターを使った親しみやすいデザインが好まれます。また、グラフや表を使ってその保険がどのように役立つのかについて直感的に伝えるのもいいでしょう。加入を検討している人向けに、簡易な保険料金プラン計算ツールを用意するのもおすすめです。

コンサルティングのパンフレット

仕事を受注した企業の業務内容を分析して、改善点を指摘するのがコンサルティングファームの仕事です。このため、パンフレットのデザインも抽象的なものになります。イメージ画像やイラスト、チャートなどを活用して、経営判断を行う人にコンサルティング会社の役割をうまく伝える工夫が必要になります。

デザイン会社のパンフレット

デザイン会社のパンフレットは、その会社のデザイン力を示す重要なプレゼンテーションになります。このため、ぜひ主要なデザイナーが担当し、おしゃれでかっこいいものにしたいところです。ただし、デザイン作業はクライアントがあって発生するものであるため、あまり自己主張しすぎず、余白の多いすっきりしたものが好まれます。

アート関連のパンフレット

アート関連のパンフレットでは、優れたクオリティの画像で、アートの魅力を表現することが求められます。また、展示会の場合は、パンフレットやチラシが重要な広告ツールとなるため、手に取った人が足を運んでみたくなるような、洗練されたデザイン性が不可欠です。

レジャーのパンフレット

レジャー向けのパンフレットの目的は、そのプログラムに参加してもらうことです。観光地が作成する場合は、写真を多用して四季折々の観光スポットの魅力を伝えましょう。また、スキーやダイビングなどのアクティビティ向けパンフレットであれば、インストラクターなどがその楽しさを伝えるのがおすすめです。子供向けのプログラムの場合は、イラストを多用して子どもの興味を引き付けましょう。

娯楽のパンフレット

娯楽やエンターテインメント向けのパンフレットでは、そのプログラムの内容を魅力的に表現し、足を運びたいと思ってもらうことがひとつの目的ですが、もうひとつ、プログラムの思い出を形にして残すという役割もあります。ステージの写真に加え、出演者やキャストのプロフィール、あらすじ、背景のストーリーなど、さまざまな内容を盛り込めば、ずっと大切に保存されるパンフレットになります。

冠婚葬祭のパンフレット

冠婚葬祭、なかでもセレモニー関連のパンフレットでは、しめやかな印象を与える紫や、再生をイメージさせる樹木の緑が多用されます。さらに、パックの費用に含まれる内容を明瞭に記載すると安心感を与えます。なおウェディングでは、薄紫などの色は葬儀をイメージするため用いられません。

電気のパンフレット

電気業界のパンフレットでは、一般消費者を対象としたものなのか、企業が相手なのかによってデザインの方向性が異なります。企業相手の場合、専門的であり、技術に関する詳細などを記載する必要があります。一般消費者を対象にした場合は、わかりやすい料金体系や、その会社を利用することによって得られるメリットなどを直感的に表現できるようデザインを工夫するとよいでしょう。配色についても、より親しみやすさを表すために暖色を取り入れましょう。

ガスのパンフレット

ガスのパンフレットをデザインする場合は、電気のパンフレットとよく似たコンセプトで作成します。光熱費を気にかけるのは家庭の主婦が多いことから、女性に好まれるデザインを心がけるとよいでしょう。ガス代の節約法や安全な使用方法についてイラストを使って説明するのもおすすめです。

水道のパンフレット

水道のパンフレットでは、その水がどこからやってきているのか水源までさかのぼって紹介されることが多いです。さらに、浄水場や給水区域など、安心して水道を使用するために役立つ情報を盛り込みます。水道関連のデザインでは、圧倒的に青系の色彩と水滴のモチーフが好まれます。一般消費者向けのパンフレットでは、個性を出すためにキャラクターなどのイラストを使われることが多いです。

人材サービス向けパンフレット

企業の経営者が手に取ることの多い人材サービス業界のパンフレットには、企業の強みやコンセプトを、短いキャッチコピーでわかりやすく伝えましょう。登録している人材の年齢層や専門分野、スキルアップの仕組みなどの情報は、表などを使ってグラフィカルにデザインします。さらに、利用実績や取引先企業(または業界)一覧などを明記して、信頼感を持ってもらえるよう工夫するのがおすすめです。

宗教法人のパンフレット

一般的に宗教法人のパンフレットでは、団体を象徴する寺社仏閣の写真を表紙に使うことが多いです。「リラックス」や「癒やし」がキーワードとなるため、緑やパステルカラーなどを使って心の落ち着きを伝えるデザインを心がけます。メモリアルパークや霊園を紹介する場合は、美しい自然の風景写真で心地よさを伝えましょう。問い合わせが多い年中行事やイベント情報も忘れずに盛り込みます。

弁護士事務所のパンフレット

弁護士事務所のパンフレットでは、冒頭に代表弁護士の挨拶を顔写真付きで配置しましょう。さらに、取扱分野や実績、業務領域をイラストなどを使って記載します。また、その事務所ならではの強みも、短いキャッチコピーで表現します。さらに、相談を検討している人に向けて問い合わせ先を大きく記載し、相談の流れも紹介します。

税理士事務所のパンフレット

企業の設立や税務、相続など重要な事柄を扱う税理士事務所のパンフレットのデザインでは、「信頼感」に加え、相談しやすいという「親しみやすさ」が大切です。「信頼感」は青や紺で、「親しみやすさ」については黄緑や緑などのカラーで表現します。さらに事業理念や代表からの挨拶など、事務所の雰囲気が想像できる内容も加えましょう。セミナーや相談会、よくある質問といったコーナーもおすすめです。

会計士向けのパンフレット

税理士事務所向けのパンフレットと類似した内容を扱いますが、対象となるのがより規模の大きな事業所であることから、デザインには「親しみやすさ」よりも、「プロフェッショナル」「高度で専門的」な内容をイメージさせる要素を盛り込みます。具体的にはM&A(企業の合併・買収)を思わせる握手の写真や、大きなビルや会議室の写真などが好まれます。さらに、所属する会計士の紹介写真も加えておきましょう。

農業・林業・漁業向けパンフレット

農業・林業・漁業のためのパンフレットでは、どのような現場で働いているのかが伝わる写真を多く使いましょう。好まれる色は、自然をイメージさせる緑や、大地を思わせる茶色やベージュが圧倒的に多いですが、漁業では海を思わせるスカイブルーが好まれます。私たちの生活に身近な産業であることから、イラストが多用されるのも特徴です。

官公庁・自治体のパンフレット

官公庁・自治体向けのパンフレットでは、表紙にその地域を象徴する産業や場所をモチーフとした写真やイラストを配置します。また、職員からのメッセージを顔写真とともに紹介すると、親しみやすい印象を与えることができます。その官公庁や自治体が日本の中でどこにあるのか、地図を表示するのもいいでしょう。イメージキャラクターを活用するのもおすすめです。

印刷業界向けパンフレット

デジタルの時代を迎え、印刷業界のビジネスの姿が変化しています。このため、アナログ印刷に加え、電子出版などデジタル処理、さらにはマーケティングを強みとする企業も増えています。パンフレットでは、このように多岐にわたる事業をわかりやすくレイアウトして紹介する必要があります。印刷業界では、取り扱う商品が非常に幅広いため、細かい情報を読みやすく見せるデザイン上の工夫も求められます。

クリーニングサービスのパンフレット

クリーニングのパンフレットデザインでは、清潔な印象を与えることが重要です。これに加え、身近な産業であることから、オレンジや黄緑などの色を使って親しみやすさも表現します。コンテンツには、オプションなどを含め、クリーニングメニューの料金体系をはっきり表示することで安心感を与えることができます。ハウスクリーニングの場合は、作業の段取りを写真やイラストで説明するのもおすすめです。

NPOのパンフレット

NPOにとって、パンフレットは重要な広報ツールです。活動の理念や価値を伝え、共感してもらって賛助者を増やすには、魅力的なパンフレットデザインが大きな力になるからです。表紙には、ぜひアイキャッチとなる高品質な写真を使いましょう。さらに、団体の信条や概要、沿革、事業のあらましをイラストなどを使ってビジュアルで訴求します。寄付やボランティアの申し込みについての情報も忘れずに記載しておきましょう。

よくある質問

説得力のあるパンフレットを構成する情報としては、以下が考えられます。

  • 興味を引きつけるタイトルコピー
  • 箇条書きや短い文章で構成される読みやすい本文
  • 問い合わせ用の連絡先

さらに、魅力的なパンフレットデザインには、以下の要素が必要になります。

  • クオリティの高い画像
  • ブランドイメージに沿った配色とフォントの組み合わせ
  • 視認性を高める適切な余白

標準的なパンフレットのサイズは以下の4種類です。

  • A4(210mm × 297mm):カタログなどに使われる最も一般的な大きさ
  • B5(182mm × 257mm):週刊誌やノートのサイズ。
  • A5(148mm × 210mm):小型のパンフレットに使用されるサイズ。
  • B6(128mm × 182mm):レジや店頭に配置される小さなパンフレットのサイズ。

さらに、用途に応じて3つ折り、2つ折り、ゲート折り、アコーディオン折りなどの加工も用いられます。

パンフレットを使用することで、メッセージを迅速かつ視覚的に魅力あふれる方法で拡散できます。ビジネスの核心的なアイデアの共有や、新しい製品やサービスの発表、クーポンやプロモーションの拡散などに利用できます。特に、展示会、メディアキット、ダイレクトメールなどでよく使われる手法です。

Canvaの評価
自分では思いつかないようなレイアウトや色使いに毎回Wow!となります。自分で作るとワンパターンになりがちですがCanvaのデザインサジェスチョンからアイデアを得るとより楽しいものが作ることができます。テンプレート・デザインと写真の組み合わせは、作品のあらゆる可能性を視覚的に明示してくれます。想像を超える作品は、選択するのに困ってしまうくらい優れた出来栄えとなるでしょう。直感的に操作できる、フォントの種類が多い、画像の書き出しが簡単、作業スペースがコピーできる、デザインテンプレートが豊富でイメージが湧きやすい。

ビジネス向けのデザイン

テンプレートをチェック

すべてのパンフレットテンプレート