飲食店・カフェ向けのおしゃれなメニュー表をPC・スマホアプリで簡単デザイン!

お店の自慢は、生麺から作るパスタですか? それともオリジナルのカレーでしょうか。長年、研究を重ねてレシピを開発し、ついに飲食店をオープンするとなると、さまざまな準備が必要です。Canvaの飲食店メニューメーカーを活用して、その負担を少しでも軽減してください。Canvaの無料ツールなら、前菜、メイン、スープ、スペシャル料理などを組み合わせて、グルメなお客様にも感心して喜んでいただけるような、本格的なメニューが簡単に作成できます。

用意するのは食欲を刺激する料理写真数点と、お客様に向けて心を込めた文章だけ。わずか数分で、本格的な飲食店メニューを思い通りにデザインできます。もうメニュー作りに時間をとられることはありません。

How to make a restaurant menu - Canva

これだけは知っておくべきメニューデザインの基本

飲食店やカフェでメニューブックを手に取る瞬間は、何を注文しようかと期待が高まるひとときです。優れたメニューデザインで、そのようなお客様の期待に応えましょう。ここでは、メニューデザインの基礎知識について説明します。

メニューデザインとは?

飲食店で提供する料理を紹介するメニュー表やメニューブックは、お店の顔であり、売上を左右する重要な販促ツールだとも言えます。メニューデザインを作成するにあたっては、テーブルサイズやターゲット層、お店の雰囲気などに合わせて、寸法やページ数、写真の使い方などさまざまな検討事項があります。

どんな種類のメニューデザインがある?

お店の雰囲気や価格帯、ターゲットのお客様に合わせて、メニュー表のデザインにも多くの種類がありますが、大きく分けて、メニューデザインには以下の3種類があります。

なお、お客様にとっての「見みやすさ」を考慮した場合、1冊のメニューブックのページ数は、多くても12ページまでにとどめておくことがおすすめです。ドリンクやデザートのページが多いなら、別に専用のメニューブックを用意しましょう。

  • メニューブック

多くの料理を紹介することができる人気のデザインで、ホッチキス綴じ(中綴じ)やカシメ綴じが一般的です。お店の雰囲気に合わせて、シズル感のある写真を使ったり、高級感のある用紙で制作したり、汚れに強いラミネート加工を施したりと、アレンジの幅が広いスタイルだと言えます。

  • パウチメニュー

ファミレスなどでおなじみのパウチメニューは、汚れや濡れに強いラミネート加工を施したメニューです。パウチメニューは見やすいため、テーブルについた瞬間に目を引くデザインでお客様にアピールすることができます。パウチメニューの種類としては、1枚もの(ペライチ)、2つ折り、3つ折り、4つ折りなどがあります。

パウチメニューはページ数が多くないメニューに適しています。とくに1枚もののメニューは、キャンペーン中のメニューなど、おすすめの料理を紹介するのに適しています。また、シンプルなカフェメニューなどでもペライチのメニューが使われていることもあります。

  • メニューカバー

ページの差し替えができるタイプのメニューデザインで、厚手でしっかりしたカバーが使われます。閉じ方は、ビス綴じ、ピン綴じ、紐綴じ(ハトメ)、レール式、クリップ式など。

使用する素材としては、クロス生地や紙製が多いですが、木製のメニューカバーもあります。中華料理店や和食店、フランス料理やイタリア料理店などで採用されることが多いメニューのスタイルです。

メニューデザインの目的

メニュー表は、来店したお客様にお店のメッセージを伝える重要な手段です。主力の商品に注目を集めたり、プラスワンの注文やセットメニューで客単価を高めたり、季節感を出すことで注文してほしい料理をアピールしたりと、メニュー表を戦略的にデザインすることで、単価をアップし、リピーターを増やすことができます。

また、コンセプトに沿って戦略的にデザインされたメニュー表は、お客様にとっても役立つものです。たとえばセットメニューを探している人にすぐ目に留まるようにレイアウトしたり、時間がない人に向けて「すぐ出るメニュー」をまとめておく、お持ち帰り用メニューの提供といった工夫は、お店を訪れるお客様のさまざまなニーズを満たすことに繋がります。

なぜ大切?適切なメニューデザイン

お客様がテーブルに座ったとき、最初に目にするメニュー表は、お店の看板に匹敵する重要なビジュアル要素です。言葉を変えれば、お店からお客様へのメッセージだと言うこともできます。お店の雰囲気とメニューを統一感のあるデザインに仕上げることで、ブランド価値の向上につながります。

逆に、お店のコンセプトとメニューデザインがちぐはぐだと、来てもらいたいお客様にアピールすることができません。想定する客単価に合わせて、顧客像をイメージし、それに向けてメニューデザインを考えましょう。

また、メニューの成功を左右すると言って過言ではないのが写真のクオリティです。ぜひ、フード専門の写真家に依頼して、思わず注文したくなるような魅力あふれる写真を用意しましょう。

メニューデザインに必要な要素

メニューデザインでは、以下のすべての要素を盛り込む必要があるわけではありませんが、一般的にはこれらの要素を盛り込みます。

わかりやすいカテゴリー名:フードやドリンク、デザートなど、料理のカテゴリーで分類する。

興味を引きつけるメニュー名:メニュー名はキャッチコピーです。わかりやすく、かつ注文したくなるようなネーミングを考えましょう。

魅力を伝えるコメント:食材の生産地やこだわりポイントなど、一言添えることで注文してみようかという気持ちを高めることができます。

シズル感のある写真:高級レストランなどでは、あえてメニューブックに写真を使わないケースもありますが、一般的には写真は有効な手段です。

価格:こちらも、高級レストランではあえて表記しない場合がありますが、一般的なルールとしては明記すべきです。

英語版や中国語版のメニュー:来店するお客様の層によっては必要になります。

メニューデザインおすすめレイアウト・5つのポイント

お客様にとって、わかりやすくて必要な情報にすぐアクセスできるのは、優れたメニューデザインの条件です。以下に、メニューデザインの5つの基本ルールをご紹介します。

  1. おすすめのメニューを大きく紹介する。
  2. 写真は大きく目立つように使う。
  3. 目の動きに合わせて、横書きなら「Z」型、縦書きなら「N」型にレイアウトする。
  4. メインメニューの近くにサイドメニューを紹介して、セットで注文しやすくする。
  5. おすすめしたいメニューが多くても、情報を詰め込みすぎない。

わずか数クリックで、飲食店メニューを作成!簡単5ステップ

  1. Canvaを開く

    デスクトップまたはモバイルでCanvaを起動します。新規ユーザーの場合は登録してください。すでにアカウントをお持ちの場合は、ログインします。新しいページを開き、最初からデザインを始めるか、理想的なテンプレートを見つけてください。

  2. テンプレートをチェック

    プロがデザインしたテンプレートのライブラリから、最適な飲食店メニューを探しましょう。検索ツールを使用して、さまざまな色、レイアウト、テーマでデザインを絞り込み、カスタマイズを開始します。

  3. メニューをカスタマイズする

    さまざまなテンプレートの要素を試し、理想のデザインに仕上げます。手持ちのロゴや写真をアップロードして使用し、パーソナライズされたメニューを作りましょう。数回クリックするだけで、フォントと色の組み合わせを微調整できます。

  4. その他の機能を試してさらに要素を追加する

    魅力的にするために他の画像を使いたい場合は、無料のプレミアムストック画像、イラスト、ベクター画像が満載された大規模なメディアライブラリを検索しましょう。理想のレイアウトを作成するために、写真フィルター、フレーム、グリッドを試すことができます。

  5. 公開または印刷する

    共有オプションを使用して、飲食店メニューを直接ソーシャルメディアに投稿しましょう。ダウンロードしてPDFとして保存し、印刷してお客様に配布することもできます。

新しい飲食店メニューのデザインを開く

見やすいメニューデザインのコツ

メニューの内容をただ並べるだけでは、料理の内容がお客様にうまく伝わりません。メニューデザインを考えるときには、どのようなポイントに気をつければ、よりお客様にとってわかりやすいメニュー表になるのでしょうか。ここでは、お客様にとって使いやすいメニューデザインを作成する際に、覚えておきたいコツをまとめました。

人気のメニューを大きくわかりやすく紹介する

「今月のおすすめ」や「人気メニュー」など、定番メニューやおすすめのメニューをとくに大きくレイアウトして目立たせましょう。

カテゴリーで区分けする

「メインディッシュ」「サイドメニュー」「サラダ」「ドリンク」など、カテゴリーに分類すれば、ほしいメニューがどこにあるのかすぐわかります。

マークを付ける

辛さマークやベジタリアンメニューなど、ひと目で分かるマークを付けて視認性を高めましょう。

写真とメニュー名は近くに

写真とメニュー名が離れていると、どの写真が何を示しているのかわかりにくくなります。写真とメニュー名、価格を1つのセットとしてレイアウトしましょう。

文字は見やすく

お店の雰囲気に適したフォントを選びます。和食などで好まれる筆文字は、説明部分には向かないので、明朝体などにしましょう。また、強調したい文字色は、赤などの目立つ暖色を選択するのがおすすめです。青などの寒色は、沈み込んでしまい目立たないからです。

メニューデザインに使用する料理写真やドリンク写真の上手な撮影方法

メニューに使う写真のクオリティは、売上にも関わる重要な要素です。専門のカメラマンに撮影してもらうのがおすすめですが、手作りのメニューブックをデザインしたいので、写真も自分で撮るという場合もあるでしょう。ここでは、食欲をそそる(「シズル感」があるとも言います)写真を撮るための基本的なコツをご紹介します。

写したい料理全体にピントを合わせる

画面の一部だけフォーカスするのではなく、料理の全体にピントが合うようにする。セットメニューなら、メインを手前にして全体を写す。

シンプルな背景で料理を引き立たせる

実際のお店のテーブルを使うなどして、食べる人がイメージしやすいシンプルな背景セットを用意する。複数の料理写真を撮影する場合は、同じセットや照明を使って同じトーンで写真を撮る。

縦位置と横位置の両方を撮っておくと便利

たとえ使用するのが縦位置の写真でも、後でWebサイトで使用するなどという用途が出てくる可能性があるため、縦位置と横位置の写真を撮っておくのがおすすめ。

バランスの悪い隙間を作らない

画面全体に要素を配置するようにして、バランスの悪い空間ができないようにする。なお、構図のバランスさえ良ければ、被写体全体を写さない「見切り」は料理写真でよく使われるテクニックです。

順光ではなく逆光で撮る

料理を撮影するのにおすすめの光源は、明るい自然光です。ただし、直接太陽の光を当てると反射してしまうので、カーテンごしなど、柔らかい光になるようにします。

また、直接光が当たる「順光」は料理の撮影には向きません。最も美しく撮影できるのは、被写体の斜め45度から光が差している「半逆光」です。もし手前が暗く沈んでしまうようであれば、レフ板を使って明るくしましょう。

シンプル、スタイリッシュ、おしゃれ、かわいい…。Canvaは豊富なテンプレートやイラスト、写真からメニューに使えるデザインが選べます!

いつでも最新のメニューに

新作のスペシャル料理や、季節の料理を追加したい場合も、メニューをはじめから作り直す必要はありません。Canvaのカスタマイズ可能なレイアウトは、写真の差し替えやテキスト編集が簡単に行えるので、常に最新のメニューに保つことができます。

新しいメニューに更新したら、印刷用データのダウンロードも簡単です。メニュー完成後に [ダウンロード] ボタンをクリックして、デザインを印刷用PDFファイルとして保存します。これでデザインを印刷サービスに送信する準備ができました。

優れたデザインでメニューをより魅力的に

一度完成させたデザインでも、簡単に再編集できるので、新作のスペシャル料理や季節の料理を追加した場合いでもメニュー表をゼロから作り直す必要はありません。写真を入れ替えたりテキストを変更するだけで、あっという間に新しいメニュー表にアップデートできます。

Canvaで飲食店のヴィジュアルアイデンティティを簡単に構築!

メニュー表やチラシを、統一されたデザインのテンプレートで作成してみませんか?

このページの下部にある「テンプレートから今すぐデザインを開始!」の「飲食」タブをクリックすれば、「メニュー表」「チラシ」「ステッカー」「ショップカード」「商品紹介写真」「Instagram投稿」「Instagramストーリー」の合計7種類ものビジネステンプレートをご覧いただけます。

このテンプレート集を使えば、新規店舗のオープンや、レストランのリニューアルにあたって、完全に統一されたイメージでビジュアル戦略を構築することができます。ぜひ、レストランやカフェのブランディングにご活用ください!

Canvaのモバイル機能なら移動販売にも対応

ケータリングやキッチンカーなどで移動するシェフにもCanvaはとても便利です。iOS(iPhone、iPad)Androidの無料アプリを使用すれば、モバイルでメニューを作成できます。

店舗のウェブサイトを持っていなくても大丈夫。移動販売している場所からおすすめ料理をツイートする際にCanvaでメニューを共有しましょう。[共有] をクリックするだけで、新しくできたメニューへのリンクをFacebookやTwitterに投稿したり、メールで直接送信したりすることができます。

デザインしたメニューはどうやって印刷する?

メニューデザインが完成したら、さっそく印刷しましょう。Canvaのデザイン画面では、PDF、JPG、PNGの形式から選んでデータをダウンロードすることができます。また、デザイン画面からプロ品質の印刷を直接発注することも可能です。マットや光沢、再生紙など、好みに合わせた紙を選ぶことができます。

メニューデザインにおすすめのCanvaのテンプレート

Canvaには約2,000点におよぶメニューテンプレートが揃っています。ここでは、その一部およびメニュー作成に役立つヒントをご紹介します。

飲食店やレストランにおすすめのメニューデザイン

カジュアルな雰囲気のデザインから、高級レストランに最適な落ち着いたテイストまで、さまざまなデザインが揃っています。写真を魅力的に使ったデザインが豊富なので、ぜひ自慢の一皿を紹介してください。

カフェにおすすめのメニューデザイン

ペストリーやコーヒーカップをモチーフにあしらったナチュラルなテイストのデザインや、シンプルでスタイリッシュなデザイン、メニュー写真をカラフルに使ったデザインなど、さまざまなコンセプトから選べます。あなたがイメージするカフェにぴったりのメニューを作成してください。

バーにおすすめのメニューデザイン

特別な時間を演出するために、スタイリッシュなメニューは欠かせません。ミニマルなデザインのおしゃれなメニューでバーをブランディングしませんか?

居酒屋におすすめのメニューデザイン

赤やオレンジなど、暖色をキーカラーに取り入れた、仲間で集まり、にぎやかで楽しい時間を過ごす居酒屋にぴったりのデザインが揃っています。自慢の一品の写真を追加し、和風のフォントを使えば、もうできあがりです。

移動販売におすすめのメニューデザイン

移動販売のメニューデザインで重要なことは、写真でメニューを確認できること。そして、ドリンクやサイドメニューなどもきちんと網羅していること。そして電話番号などの注文方法が明記されていることです。Canvaの「持ち帰り用のメニュー」や「ランチメニュー」テンプレートなら、きっとイメージどおりのデザインが見つかるはずです。

焼肉店におすすめのメニューデザイン

食欲をそそる赤を基調としたデザインや、高級感のあるえんじや黒の背景デザインがおすすめです。高級感のあるステーキレストランのデザインテンプレートをアレンジして、ロゴや写真をオリジナルのものに差し替えれば、あっという間にすてきなメニューブックができあがりです。

寿司屋におすすめのメニューデザイン

和風のテンプレートをアレンジしたり、「寿司」で検索したりして独自の写真に差し替えましょう。Canvaには、和風のフォントも数多く揃っているので、イメージに合うフォントを試してみてください。そしてロゴデザインをカスタマイズすれば、世界に一つだけのお寿司のメニューになります。

イタリアンにおすすめのメニューデザイン

ラグジュアリーなレストラン向けのメニューデザインから、カジュアルなテイクアウトピザまで、多様なニーズを満たすデザインテンプレートが揃っています。Canvaの豊富なテンプレートから、お客様の食欲をそそるメニューをデザインしてください。

フレンチにおすすめのメニューデザイン

気軽なビストロやフランス料理の高級レストランにぴったりの、おしゃれでシックなメニューデザインがたくさん。ワインやバゲットなどのイラストや、きれいな飾り罫を配したメニューで、ブランド価値を高めましょう。

ラーメン店におすすめのメニューデザイン

ラーメン店向けのメニューは、汚れを防ぐためにラミネート加工でパウチするのがおすすめです。「中華」や「持ち帰り用メニュー」で検索して選び、背景色やフォント、写真を差し替えてオリジナルのデザインを作成してください。

和食・日本料理におすすめのメニューデザイン

「寿司」のメニューデザインをアレンジするのがおすすめです。Canvaのテンプレートデザインは、縦書きにも対応しています。気に入った横書きのデザインが見つかったら、テキストボックスを選択して、文字を縦にするボタンをクリックするだけ。後は、好みに応じてフォントを変更してください。

よくある質問

良い飲食店メニューでは以下のような点が実現されています。

  • 読みやすい
  • 季節ごとに多彩な調理方法
  • 論理セクションに分割
  • 写真の掲載は少なめに抑え、趣のあるイラストを使用
  • ブランドイメージのタイポグラフィーを使用し、控えめな価格表示
  • 創造的な名前と食欲をそそる説明で、食べ物を一層魅力的に

異なる配色により、さまざまな行動の動機を与えることができます。オレンジ色は食欲が増進させ、茶色は自然や土っぽさを示します。緑色は新鮮な地元食材を思い起こさせます。黄色は気分を高め、赤色は観る人の心を惹きつけます。カラースキームを利用して、最適なものを確認することができます。

オレンジ色は食欲を高め、茶色はナチュラルな雰囲気を示します。緑色は新鮮な素材の魅力をイメージします。黄色は気分を引き立て、赤はエネルギッシュな印象を与えます。Canvaには、さまざまな魅力的な配色パレットが揃っています。ぜひ、以下の記事を参考にして、お店のイメージに合ったメニューをデザインしてください。

Canvaの評価

ビジネス向けのデザイン

すべてのテンプレートを参照

すべてのメニューテンプレート