1. AIチラシ

AIチラシ

AIチラシをすばやく作成しよう!Canvaのデザインプラットフォームで誰でも簡単にデザイン作成ができます。
AIチラシ

AIチラシのレイアウトに困ったらテンプレートを使おう!

AIチラシ

Canvaなら、チラシのテンプレートをさまざまなデザインスタイルでご用意しています。AIチラシを作る際にもご使用いただけます。テンプレートの写真をAIで生成した写真と差し替えてみましょう。テーマによりふさわしい、理想に近い画像を使用できるようになります。デザインのフォントや配色が気に入らなければ、左メニューの[デザイン]>[スタイル] でシャッフルすることができます。好きなカラーパターンでAIチラシが編集できます。

AIチラシの文章もMagic Writeで考えよう!

AIチラシ

Canvaの文章生成機能「Magic Write」を使えば、AIチラシのキャッチコピーや説明文に困ることはありません!生成した文章を細かく修正したり、必要ないところは省いたりなど好きなように編集することができます。あらゆる言語に対応しているので、英語のチラシも作れちゃいます。Magic Writeは無料会員なら25回まで利用できます。Canva Proに加入すると、利用できる回数が250回に増えます。

AIチラシの画像をMagic Mediaで生成しよう!

AIチラシ

Canvaの画像生成を使ってAIチラシをデザインしましょう!Magic Mediaなら、イラスト、絵画、写真などあらゆる種類の画像を生成することができます。頭の中のイメージを具体化するのに最適な機能です。使い方は、プロンプトをテキスト入力して、画像スタイルを選択し、生成ボタンを押すだけ!10秒くらい待つとあっという間に4パターン生成されるので、好きな画像を選択しましょう。

Magic Editで画像を変身!理想に近いAIチラシを作成

さまざまなAI機能を駆使して画像を編集することも可能です。画像の中のアイテムをMagic Editを使って好きなアイテムに変身することも可能です。編集したい部分をブラシでなぞって内容を記入するだけであっという間に別アイテムに生まれ変わります。例えば「着物を水色に変更」と入力すると、数秒後に水色の着物になります。

簡単なスケッチから画像に変換してAIチラシに追加しよう!

AIチラシ

手書きから画像生成して、オリジナル画像をAIチラシに追加しよう!「Sketch To Life」なら、スケッチを描いてからプロンプトを入力し、生成ボタンを押すだけ!スケッチから画像生成ができます。似顔絵をちょこっと書いて立体的な絵の画像に仕上げることが可能でしょう。生成した画像に対しても編集ができ、好きな部分だけ切り取ったり、フィルターやぼかし、シャドウを使うことができます。

AIチラシを使ったデザイン方法

AIチラシ
今すぐAIチラシを作成!

お好きなサイズを選んでデザインを開始します。「チラシ」のサイズを選択またはカスタムサイズを使って作成することもできます。

アプリから「Magic Media」を開きます。テキストボックスに生成したい画像の内容をテキストで入力します。写真、アニメ、水彩画など好きなスタイルを選択し、「画像を生成」をクリックします。

AI生成した画像に調整やフィルターなど編集機能を使って、オリジナルに仕上げます。

コンテンツライブラリーからデザイン素材を追加したり、テキストを追加します。

AI画像生成を使ったデザインが完成したら、共有からデータをダウンロードします。また、デザインは他のメンバーに共有したり、印刷したり、SNSに投稿することも可能です。
今すぐAIチラシを作成!

よくある質問

はい。無料でAIチラシを作成できます。Magic MediaやSketch to Lifeを使って画像生成をすることができます。

はい。Canvaでは、共有しながら編集できる機能があります。共有したい相手に「編集リンク」を送ることができます。「表示のみ」「コメントのみ」のリンクもあります。

Canvaはパソコンの場合ブラウザで利用ができ、Canvaのアプリをインストールしていただくと、スマホやiPadなどのタブレットでもお使いいただけます。

Canva Proに加入すると、より多くのテンプレートやデザイン素材やお使いいただけます。61万点以上のプレミアムテンプレート、3000種類以上のプレミアムフォント、1億点以上のデザイン素材のほか、背景透過やワンクリックでできるサイズ変更、ブランドキットやコンテンツプランナーなどの機能も使えるようになります。
引用符
自分では思いつかないようなレイアウトや色使いに毎回Wow!となります。自分で作るとワンパターンになりがちですがCanvaのデザインサジェスチョンからアイデアを得るとより楽しいものが作ることができます。

高木 和子


その他のデザイン