集中線でデザインを作成

集中線で素敵なデザインを作成しよう!
集中線でデザインを作成

集中線とは?

集中線とは?

集中線とは、コミックや漫画で用いられる描線です。中心に向かって線を何本も引き、「迫力」や「勢い」などの表現効果をもたらすために使用します。人物の感情やその場の雰囲気も表せるため、漫画界では重宝されています。漫画コミック、4コマ漫画やその他のデザインを作成したいときに、楽しく使ってみたい素材です。Canvaでは無料で使用できるテンプレートも多数ご用意しておりますので、初心者でも簡単に素早くデザインを作成できます。デザイン作成から印刷までワンストップで行えるCanvaを使って、ぜひデザインを作成してみましょう!

漫画やコミックの絵の背景に集中線を加える

漫画やコミックの絵の背景に集中線を加える

漫画やコミックを作成するときに使用すると、シーンをパワフルに描くことができます。シンプルなものから派手なものまで多く取り揃えているので、雰囲気に合った集中線を使うことが可能です。回転する集中線も動画やGIF作成に使用できます。まずはテンプレートを追加し、左のツールバーにある「素材」をクリック/タップします。「集中線」と検索を入れると数多く表示されるので、絵に合ったものを選び、テンプレートに追加します。絵の背景に使用する場合は[配置]から[背面へ]に設定します。[最背面へ]にすると、背景の色が消えて用紙に丸ごと反映される可能性があるのでご注意ください。

メニューアイコンに集中線を使う

メニューアイコンに集中線を使う

集中線は漫画だけではなく、あらゆるデザインで使用できます。メニューアイコンにオシャレに使うことも可能です。Canvaでも取り扱っているLINEリッチメニューはLINE@を使用する様々な事業者の間で利用されています。テンプレート画面で「LINEリッチメニュー」と検索すると、多種多様なデザインが見つかります。メニューなのでアイコンや項目分けがされています。アイコンをより際立たせるために、この集中線を使用する方法があります。例えば、「集中線 ゴールド」という風に検索をかけると、スタイリッシュなデザインが見つかります。もちろん、色を変更してライトグレーにしてみたり、ホワイトにすることも可能なので、好きなスタイルで集中線を活用することができます。

集中線をテンプレート全体に引き伸ばして使用

集中線をテンプレート全体に引き伸ばして使用

集中線の使い方は多種多様ですが、チラシやポスター、メニューのデザインに使っても素敵になるのが、全体に引き伸ばす大きい集中線です。端側がデザイン画面をはみ出るくらいまで引き伸ばすと、まるでフレームのような均等の背景を作ることができます。デザインに一体感とインパクトが生まれます。中心に見出しとテキストを入れることで、文字を強調でき、視線を引きつけるという効果も期待できます。

集中線に使用できる修正ツール

集中線に使用できる修正ツール

集中線を使ったデザインを作成したいときに役立つのが、修正ツールです。色を編集したり、反転させたり、配置を変えられたりできる上、加工ツールも使用することができます。[画像を編集]を押すと、左に一覧で機能が表示されます。[スライス]や[ピクセル]など加工を取り入れることができ、直線の代わりに点線、ピクセルの四角形の形を使うこともできます。

集中線をデザインに使用する方法

集中線をデザインに使用する方法
集中線でデザインを作成!

集中線でデザインを作成!

集中線に関するFAQ

引用符
自分では思いつかないようなレイアウトや色使いに毎回Wow!となります。自分で作るとワンパターンになりがちですがCanvaのデザインサジェスチョンからアイデアを得るとより楽しいものが作ることができます。

高木 和子

その他の素材