職務経歴書の書き方 |サンプルテンプレートを使っておしゃれに作成!

Canvaを使えば、オリジナルの職務経歴書が作成できます!
今すぐCanvaで職務経歴書を作成!
職務経歴書

職務経歴書は転職活動を行う上で必須の書類です。自分の職務経歴をまとめたものを作成すれば、あらゆる業界で役に立ちます。学歴、職歴に加え、過去の実績も提示することでより自分のスキルをアピールすることができます。とはいえ、職務経歴書の作成は時間がかかる作業です。どんな内容を書けばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

現在、職務経歴書の書き方は多様化しており、あらゆる業界で使用できるように個人でカスタマイズして提出できるようにもなりました。クリエイティブな職種で応募する際にはポートフォリオにして提出もできることでしょう。

本記事では、職務経歴書のコツやポイント、各項目の書き方、作成方法、印刷する方法までを解説します。おしゃれな職務経歴書を作成するときにおすすめの無料テンプレートもジャンル別で紹介していきますので、ぜひ参考にしてご利用ください。

目次

この記事はこんな人におすすめ

  • 職務経歴書の作成方法がわからない
  • ITやクリエイティブ業界、外資系企業に転職したい
  • 自分を表現できるおしゃれな職務経歴書を作りたい

職務経歴書とは

職務経歴書とは、自分の職務経験や実績、成果を伝えるための書類であり、企業側にアピールするために提出します。採用側が書類選考を行う場合、合否の判断資料として使用されるので、基本的には提出は必須です。

希望の職種に応募する中で、いかに職務経歴書で他と差別化できるか、自分を十分にアピールできるかが重要になります。職務経験や実績だけでなく、内面のアピールや得意分野、人との関わり方をも表します。

満足のいく職務経歴書を作成するには、十分に自分をアピールする必要があります。過去を振り返りながら、自己分析をしっかり行った上で、職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書を書く前に準備したいこと

まずは、職務経歴書の内容を把握し、まとめることが必要です。入社年、退社年、勤務した会社の各情報(事業内容、資本金、従業員)、業務内容や実績、取り組み、スキル、資格(取得年)などを調べておく必要があります。自分の役割や強みがわからない場合は、事前に元同僚に聞いてみるなどして意見をもらうという方法もあります。

Canvaの職務経歴書テンプレートの使い方

Canvaでは、職務経歴書のテンプレートを数多くご用意しています。多種多様なデザインで、様々な職種に対応したテンプレートを無料で使用できます。採用者の目を惹くおしゃれなテンプレートで、個性豊かな職務経歴書が作成できます。

好きなテンプレートが見つかったら、カスタマイズ画面に進み、配置や文字フォント、色、背景の編集を行います。文字を入れ替えるように入力し、写真を追加すれば完成します。

Canvaは見出しのテキストやフォント、罫線などを編集できるので、職務経歴書をオリジナルに作成することが可能です。また、作成した職務経歴書データはクラウド上で保存されているので、いつでも再利用することができます。WEB版からでもアプリからでも作成が可能。PDFや画像データでダウンロードすることができ、自宅のプリンタやコンビニでも印刷可能です。

Canvaの職務経歴書テンプレート50選!

①シンプルな職務経歴書

シンプルな職務経歴書の作成におすすめのテンプレートを5種類ピックアップしましたので、ご紹介します。

最もシンプルなテンプレートです。プレーンなデザインで職務経歴書を作成したい人におすすめです。

色のアクセントを加えられるシンプルなテンプレートです。お好みの色に素早く変更できます。

シンプルかつ上品さが漂うスタイリッシュなテンプレートです。

背景付きで洗練されたシンプルなテンプレートです。

シンプルでも一際目立つ2カラムレイアウトのテンプレートです。

②企業向けのフォーマルな職務経歴書

独自のデザインで差別化を図りつつ企業向けでかっちりしたフォーマルな職務経歴書を作成したい方には、こちらのテンプレートをおすすめします。

青と白で統一されたビジネスライクなテンプレートです。

プレーンの背景色に力強いフォントを使用したフォーマルなテンプレートです。

洗練されたデザインで読みやすく区分けしたモノクロのテンプレートです。色はもちろん編集できます。

2色のヘッドバナーでインパクトありのビジネスライクなテンプレートです。

親しみやすいカラーとフォントを使用した使いやすいテンプレートです。フォーマルでも温かみのある雰囲気を出したい人におすすめです。

③クリエイティブな職務経歴書

自分のクリエイティブスキルを見せたいときに個性を表せるのが以下のテンプレートです。

背景に美しいイラストを組み合わせたテンプレートです。透き通るような洗練されたデザインがお好みの人におすすめです。

大きいタイトルを使用して、個性的なデザインを作成したい人におすすめのテンプレートです。

イラストのある新鮮で美しいデザインのテンプレート。クリエイティブさ漂う目を惹きつける職務経歴書になります。

ポップで明るい雰囲気のあるクリエイティブなテンプレートです。イラストも追加してあなただけの履歴書を作成してみましょう。

スマートに整理されたテクニカルなデザインです。左右均等がお好きな人におすすめのテンプレートです。

④カラフルな職務経歴書

色をたくさん使ってカラフルで明るい職務経歴書を作成したい人には、以下のテンプレートをおすすめします。

インパクトのある鮮やかな色でデザインされたテンプレートです。

パステルカラーでふんわりした雰囲気漂うテンプレートです。

カラフルな葉っぱのイラストでフレームを追加したテンプレートです。

アーティスティックなデザインで彩られたテンプレートです。カラーを変えると違った雰囲気にもできます。

背景とシースルーのバナーで一際目立つスタイリッシュなテンプレートです。カラフルかつまとまりのある素敵なデザインに仕上がります。

⑤写真付き職務経歴書

写真付きの職務経歴書を作成したい人には、以下のテンプレートをおすすめします。

写真が一番初めに目につくスタイルのテンプレートです。スイートなデザインで目を惹きつけます。

全体を淡い色でデザインしたテンプレートです。写真をバナートップにうっすらと設定することで目立ちすぎず、控えめな印象を与えることができます。

縦長の全身写真を貼り付けたい人におすすめです。シャープでくっきりしたデザインです。

写真を目立たせる職務経歴書を作成したい人におすすめのテンプレートです。手書きフォントで名前を入れ、ユニークなデザインに仕上げます。

あえて端に写真を貼り付けるテンプレートです。黒ベースで白フォント、黄色のアクセントを使うことで高級感のあるデザインに仕上がります。

職務経歴書のポイントとコツ

採用担当者が読みやすいように工夫することが大事です。読みやすいようなフォント・行間を選んでいるか確認しましょう。研修経験、マネージャー経験などを書くときは、具体的な業務範囲を明確にすることがポイント。採用側により具体的にイメージしてもらえた方が覚えてもらえます。自己PRや自己紹介文の項目では、自分の強みだけでなく、これからどんな風にお仕事をしていきたいか、何のスキルが欲しいか、何を実現したいかなどの目標や希望を書くと、採用側に方向性を提示することができます。また、目標を立ててそこに向かって努力しようとする姿勢や熱意を示すことができるので、好印象につながります。

職務経歴書のサイズ

一般的にはA4サイズ(210 x 297mm)をタテ方向に設定し、作成します。ビジネス書類はA4であることが多いからです。

職務経歴書の書き方

見本

職務経歴書の各項目の書き方

自己紹介/プロフィール・自己PRの書き方

クリエイティブな職務経歴書を作成するときには、簡単にプロフィールを書くと良いです。一目でわかるように、何をしていて、何を扱っているのか(どんな案件、作品、商品等)、仕事に対する意欲や意気込みなどを3、4文くらいで短くまとめます。見出しを「自己PR」にしても問題ありません。具体的にどんなお仕事がやってみたいのかを書いておくと、希望するお仕事に携われる可能性も高まります。

学歴の書き方

職務経歴書は履歴書と違うため、学歴はシンプルに書いて問題ありません。学校名と専攻、在学期間のみ、どこかに書いて採用側に知ってもらえれば良しという程度で考えましょう。デザイナーの職務経歴書の場合、デザインの専門学校を卒業したなどの記載があると、もちろん有利なので学歴を書くべきだと考えられます。

職務要約の書き方

職務要約とは、職務経歴を書く前の導入部分です。こちらも簡潔に3文くらいでまとめると良いです。大学卒業してからどのような道へ進んだか、現在はどの業種でどこの部署で何を担当しているかなどを書きましょう。

職務経歴(職歴)の書き方

職務経歴には、社名、規模、在職期間、担当業務、実績を書くことが必要です。詳細に書いた方が良い場合もありますが、A4ページ1枚に収めるなら、できるだけ簡潔に書きましょう。

職務内容(業務内容)の書き方

職務内容は、文章でなく、箇条書きで書くケースも多いです。対応した業務をリストアップし、下に主な実績や取り組みをまとめて書く方法もあります。デザイナーの経歴書であれば、どこで(社名)何をして(仕事)何を制作したか(実績)を簡潔にいくつかの文で書くこともできるでしょう。工夫すればコンパクトな職務経歴書も作成できます。

スキルの書き方

スキルを書いておくと、採用者側も確認する手間が省け、安心することでしょう。PCスキルや言語スキル、対人スキル(コミュニケーション、電話など)を書いておくと良いでしょう。たとえ高度なスキルがなくても、一般的なPCスキルがあると書いておくだけでデジタル面でも対応できるという印象を与えることができます。

実績の書き方

実績は数字を使って表すと具体的で伝わりやすいです。営業先や取引先の数、マーケティングならPV数やユーザー数の獲得など、さまざまな実績を数字で表せることができると一際目立つ職務経歴書が作成できます。

資格の書き方

資格に関しては、もちろん書くメリットはありますので、学歴の近くや補足部分に追加しましょう。仕事内容に関連する資格なら尚更良し。書いて損することはないでしょう。

趣味の書き方

趣味は必須ではないですが、良いアピールになることもあるので、採用側の興味を惹きつけると思うなら書きましょう。長年取り組んできた習い事やスポーツなどを書くと、継続性をアピールすることもでき、趣味で活躍した実績があるなら、私生活での頑張りも見せることができます。

特技の書き方

特技は必須ではないですが、何かしら仕事に関連させることも可能なので、こちらも採用側の興味を惹きつけると思うなら書きましょう。特技を分かってもらえると自分の得意分野の仕事業務を割り当ててもらえる可能性もあります。例を挙げると、集中力がある、早起き、高い暗記力、プレゼン力など。少しでも特技を書いておくと、自分のことをより理解してもらえるでしょう。

職務経歴書を差別化するポイント

色を使う

よく目にするプレーンな職務経歴書と違って、色を足している職務経歴書は採用側の目を惹きつけるでしょう。クリエイティビティや個性を表す一つの方法として、色を使うことをおすすめします。Canvaのカラーパレットで色の推薦機能を使って、よりデザインにマッチした色を選択することもできます。

線を効果的に使う

Canvaでは、縁や線を使ったテンプレートのデザインがあります。時系列を表す線で箇条書きに書くこともできれば、大きな区切りとして線を使用、タイトル下に長めの線を使用して読みやすくする方法もあります。また、線を使うことでよりおしゃれな職務経歴書も作成できます。「シンプル フレーム」と検索すると、デザインに使用できる様々なフレーム素材が表示されます。線やフレームを活用すると、プロフェッショナルな職務経歴書に仕上げることができるでしょう。

余白を利用する

余白は職務経歴書を読みやすくするために必須です。テンプレートを挿入した時に予め余白が設定されていることもありますが、こちらを参考にするなり、微調整するなりで自由にカスタマイズができます。文章や段落の間に余白を加えることで、シンプルに読みやすくなる場合が多いです。しかし、余白を入れすぎると全体のバランスが崩れるので注意です。余白のサイズと数が適切かどうか再確認してみましょう。


写真を添付する

職務経歴書の場合、写真は添付しなくても良いケースが多いですが、他の候補者と差別化を図るためにあえて添付するのも良いかもしれません。明るさが十分に伝わる写真だったり、真面目さを見せる写真だったり、自分の個性を表す写真を貼り付けると、アピールポイントも上がります。また、写真は相手に信頼感を与えるとも言われています。対面で面接するときにお互いが緊張しないためにも、写真を追加するという選択肢があります。一方で、写真がない分、採用側に興味や好奇心を持たれるケースもあります。

ポートフォリオを添付する

職務経歴書だけでは十分に制作したものや携わったプロジェクトを書き出せない。そのようなときに役立つのがポートフォリオです。要は、職務経歴書に加えて、ポートフォリオを添付する方法です。近年、映画制作者、イラストレーター、webクリエーター、翻訳者、ライターなどの間で、ポートフォリオの作成は一般的によく見られるようになりました。ポートフォリオの添付によって、これまで制作したデザインや作品、実績を実際に見てもらうことができます。中には、自分で立ち上げたポートフォリオのサイトのリンクを職務経歴書に貼り付ける人もいます。そうすると、オンライン上で担当者に作品を見てもらうことが可能です。

まとめ

本記事では、職務経歴書の書き方やコツ、作成方法などを深掘りし、無料で使えるテンプレートもご紹介しました。Canvaのテンプレートを使うことで、クリエイティブでスタイリッシュな職務経歴書もスムーズに作成することができます。テンプレートや素材(フレーム、図形、背景)をぜひお試しください。

完成した職務履歴書は、PDFやJPG、PNGでダウンロードすることができ、自宅のプリンターで高品質に印刷することができます。

職務経歴書の関連記事リンク

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス