動画編集アプリを使って無料で編集!iPhoneやAndroid向けのおすすめアプリ18選。音楽や文字入れも自在に。同一アカウントでMac、Windowsで編集できるアプリもあります

Canvaは、ほぼすべてのSNSプラットフォームに対応したテンプレートをご用意しています。
Canvaで動画を作成!
header

PCがなければ動画編集できないと思っていませんか?この記事では、スマホやタブレット上でレイヤーを使った高度な動画編集をしたり、さまざまなBGMを使った迫力ある動画を作成したりできるさまざまなアプリをご紹介します。また、スマホで撮影した動画を、簡単な操作でかわいく加工して、すぐにSNSなどで共有できるアプリについても取り上げました。

オンラインで自由なデザインが楽しめるCanvaの人気テンプレートのトップ30もご覧ください!

目次

この記事はこんな人におすすめ

  • モバイルアプリで本格的な動画を作り込みたい人
  • 動画作成が初めてで、簡単に動画作成したい人
  • SNSに投稿する動画を作りたい人
  • マーケティングや広告向けの動画を作成したい人

無料で使える!注目の動画編集アプリ

無料だからといって、機能が不十分なわけではありません。無料でも驚くほどさまざまな機能を使いこなせる注目の動画作成アプリを厳選して18種類ご紹介します。

ここで取り上げたアプリ

1.  Canva

SNSに最適 & YouTube動画にも対応

Canvaは、各種ソーシャルメディアプラットフォームのサイズに最適化されたテンプレートが豊富に用意されているので、好みのテンプレートを選んだら、あとは手持ちの画像を配置するだけで簡単にオリジナルの動画を作成できます。

また、CanvaはYouTubeなどにアップするために15分を超える長時間の動画を作成したいというニーズにも対応しています。

Canvaで使用できる動画ファイルの条件は以下になります。

  • MOV、GIF、MP4、MPEG、MKV、またはWEBMファイル形式
  • サイズが1GB未満: Canva Freeユーザーは、250MB~1GBのファイルを圧縮するように求められます

注:作成できる動画の長さの上限は、使用するデータ容量によって異なります。詳細についてはこちらのリンクをご確認ください。

Canvaの機能一覧

a.まずはテンプレートを選択

トップ画面で動画テンプレート①を選択します(ここでは「モバイル動画」を選んでいます②)。好みの動画テンプレートをタップしたら③、デザイン画面④に配置されます。動画を追加するのも簡単です。[+] マークをタップしてください⑤。

この手順を繰り返して⑥、テンプレートを追加していくだけで簡単に好みの長さの動画を作成できます⑦。

b. 動画を置き換える

動画テンプレートのデザイン編集画面で動画を選択したときに、[置き換え] メニュー①が表示される動画は、別の動画に置き換えることができます。

ここでは、手持ちの動画を選択して②、置き換えてみました③(あらかじめ [メディアをアップロード] ボタンから動画をアップロードしておく必要があります)。

また、Canvaのグラフィック素材(写真や動画など)から選んで動画を置き換えることも可能です。ここでは、[動画] メニュー④から選択して配置してみました⑤。

c.背景のカラーを変更する

動画の背景部分を選択して [カラー] メニューが表示される場合は、カラー変更が可能です。[カラー] メニューをタップすると、使用できる色のパレットが表示されます。好きな色をタップして選択することもできますが、レインボーカラーを選択して、色を微調整することもできます①。

レインボーカラーをタップした画面では、スポイトツールを使って写真や画像から色を選択することも可能です②。

d.文字を変更する

文字の変更も簡単です。変更したい文字をタップして選択したら①、文字を入力し直すだけで反映されます②。

e.動画をトリミングする

Canvaで動画の長さを調整するには、「トリミング」機能を使用します。長さ調整したい動画をタップして選択したら①、下のメニューで記載された、はさみと数字のマークをタップします②。この数字は選択した動画の長さを示しています。ここでは、16.4秒の動画をトリミングします。

「トリム」画面が表示されるので、動画をカットしたい箇所でトリミングします③。

f.動画の音量を調整する

動画の音量を調整するのも簡単です。音量調整したい動画をタップして選択したら①、画面下の [音量] メニューを選択し②、表示される画面のスライダーを調整して好みの音量を指定します。

g.動画の切り抜きと反転

選択した動画を切り抜いて大きさを変更したり、反転させたりするには、画面下のメニューを使用します。変更したい動画や画像タップして選択したら①、切り抜く場合は [切り抜き] メニュー②を、反転させるには [反転] メニュー③をタップします。

 [切り抜き] メニューをタップすると、グリッド④が表示されるので、好みのレイアウトに変更して [完了] をタップ⑤すれば反映されます

[反転] メニューをタップすると、[水平に反転] と [垂直に反転] の2種類の反転が表示されます。ここでは [垂直に反転] を選択してみました⑥。

h.動画の再生・ダウンロード・共有

動画が完成したらプレビューして確認しましょう。動画を再生するには、デザイン画面右上の[▶](再生)ボタンをタップします①。すると、動画が再生されます②。

完成した動画をダウンロードするには、再生画面右上の [ダウンロード] メニューをタップします③。動画をダウンロードするための画面が表示されるので、ファイル形式などを指定して下の [ダウンロード] ボタンをタップします④。

動画をSNSでシェアしたり、リンクを共有したりするには、再生画面またはデザイン画面右上の [共有] メニューをタップします⑤。必要に応じて、表示された画面で共有メニューをタップします⑥。

無料アカウントでも驚くほどたくさんの動画テンプレートを使用でき、ウォーターマークが入らない15分以上の動画が簡単に作成できるCanvaのアプリは、動画初心者にもやさしいインターフェイスが特徴です。ぜひダウンロードして操作感をお試しください。

2. VivaVideo

高度な操作がワンタップで簡単!

無料でもかなりの編集が可能なうれしい高機能アプリがこちら。操作画面もわかりやすく、タップするだけで直感的に思い通りの動画が編集できるので、動画作成初心者でも安心です。

基本的な操作方法は、トップページ(1)の [編集] ボタンをタップして、動画や画像など使いたい素材を選択すると(2)、それらの素材をつなげた動画クリップ編集画面が表示されます(3)。フィルターやエフェクト、音楽などを追加してお好みでアレンジすることもできますが、簡単にスタイリッシュに仕上がるならテーマを適用するのが便利です(4)。また、ワンタップで1:1、4:5、4:3、9:16、16:9、3:4、2.39:1の7サイズに変更できるので、撮った動画を投稿したいSNSプラットフォームに合わせてすぐに調整することができます。

無料でもかなりの機能が使えるので、課金したくないという人にもおすすめですが、ウォーターマークを除去するには課金する必要があります。

3. VITA

完全無料でテンプレも豊富、しかもセンスのいい音楽がたくさん選べて気分がアガる!

画像加工アプリ「SNOW」などでおなじみのSNOW INC.が提供する高機能かつおしゃれな動画加工アプリです。

動画初心者なら、まずはトップページ下のチュートリアルにアクセスして、便利な機能を確認するのがおすすめです①。チュートリアルを見て、使ってみたい機能があればボタンをタップして簡単に動画作成を開始できます。ここでは、[スタイルを適用] を選択して、手持ちの動画をニュアンスあふれるスタイルでアレンジしてみました④。

上級者なら、トップページの [新しい動画] ボタンをタップしてゼロから動画を作成することもできます②。カット、トリミング、BGM追加、トランジション、複数トラックの編集、コントラスト調整など高度な編集も可能です。

または、作成済みのテンプレをチェックして、気に入ったものがあればそのアレンジを活用するものいいですね③。できあがった動画を保存したら、Instagram(インスタグラム)やインスタストーリー、YouTube、Lineなどにそのままシェアすることもできます。

4. Likee

世界中のユーザーとコミュニケーションできる

Likeeは、TikTokの最大のライバルとも言えるショートビデオアプリです。コミュニケーション機能が充実しており、ライブ配信している世界各国のユーザーと交流したり、人気の動画にいいねやコメントを残したりすることができるのが特徴。アプリを立ち上げると人気の動画が表示されます(この画面は「人気のVlog」①)。ライブ配信動画を見るには、②の「Live」をタップします。

また、ミュージックマジックフィルターを使って簡単に好みの音楽に合わせたショートビデオを作成したり、メイク機能を使っておしゃれな自撮り動画を作ったりすることもできます。編集画面はとてもシンプルかつ直感的なので、はじめて動画編集する人でもきっと迷うことはないでしょう。さまざまなプラットフォームに合わせ、ワンタッチでサイズ変更できる機能も便利です。

5. Quik

ユーザー必携!GO Pro謹製の動画編集アプリ

アクションカメラのGO Proが提供する動画編集アプリ。わずか数タップという簡単な操作で、臨場感あふれるGo Proライクな動画が作成できます。選べる音楽の種類はあまり多くないですが、いずれもかっこいいものばかりで、さすがGo Proという雰囲気の動画に仕上がります。Go Proを持っていない人でも楽しめるけれど、使えば使うほどGo Proが欲しくなってしまいそうな使用感です。無料だとやや力不足で、本格的に使いこなすには課金したいところ。

6. PowerDirector

驚くほどの機能が詰め込まれたハイエンドなアプリ

人気の動画編集ソフトPowerDirectorのアプリ版がこちら。PowerDirectorのユーザーなら、インストールしてすぐに操作できるはず。マルチトラックにも対応した高機能なアプリなので、マルチトラック編集に慣れていない動画初心者はちょっと戸惑ってしまうかもしれませんが、スタート画面をスクロールして「チュートリアル」や「編集のヒント」を参照すれば理解に役立ちます。

有料のプレミアム版を使用すれば、9万4,000点以上の動画素材、4,000以上のBGM素材、ボイスチェンジャー、音声ノイズ除去、40以上のエフェクト、手ブレ補正、プロレベルの動画が作成できるテンプレート、ウォーターマーク非表示、4K動画の出力など、PCレベルの高性能な機能をフル活用できます。

7. Magisto

AIにおまかせ!数タップでおしゃれな動画を自動作成

撮影した動画をおしゃれに加工してSNSにアップしたいけれど、センスよく編集できるかどうか不安。そんな悩みを解消してくれるのがMagistoです。加工したい動画や画像素材を指定して、「memories(メモリーズ)」「楽しい」「trending(トレンド)」などのカテゴリーから好みのスタイルを選択し、気分にぴったりの音楽を選べば、あとはAIににおまかせすれば、センスのいい動画に加工してくれます。ウォーターマークの除去やHD画像のダウンロード、長めの動画作成などの機能を利用したいならアカウントをアップグレードする必要がありますが、撮った動画をサクッとおしゃれに加工して、手早くシェアしたいというニーズなら、無料でもかなり使えるアプリです。

8.VideoShow

豊富なサウンド機能を使いこなそう!

音楽ライブラリーが豊富で、気に入った音楽素材をダウンロードしてから動画を追加していくという使い方も可能な便利なアプリです。また、あらかじめ設定されたテンプレートを使ってアレンジすれば、誰でも簡単におしゃれなオリジナル動画が完成します。無料でも長時間の動画が作成できるので、YouTube用の動画を作り込んだりする用途にも適しています。

広告を削除したり、ウォーターマークを除去したり、フル機能を使いこなしたいならVIP版を購入する必要があります。サインインした直後に割引オファーが提示されるので、有料で利用したい場合はそちらがおすすめです。

9.InShot

Instagram(インスタグラム)投稿向けの動画が簡単に作成できる

インスタグラム向けの動画作成が得意なシンプル操作のアプリです。とにかく操作が簡単で、誰でもすぐにオリジナルの動画を作成してSNSでシェアできるのが特徴。正方形の動画を作成するのに適したインターフェイスですが、YouTubeやTikTok向けのサイズに変更もできます。無料でダウンロードできる素材が豊富に揃っているのも便利なポイントです。広告を視聴すればさまざまなステッカーをダウンロードできるので、無料アカウントで動画作成アプリを使いこなしたい人におすすめです。

10. iMovie

Apple謹製のプリインストール動画アプリ

iPhoneやiPadにあらかじめインストールされており、Macと合わせて使えばさらに便利に活用できる動画編集アプリです。本格的な動画を作成したり、映画の予告編のような動画を作ったりすることができます。トランジションを利用して複数の動画素材をつなぎ合わせたり、動画を分割したり、途中でカットしたりと、かなり高度な編集が可能なだけに、初めて動画を編集する人はやや戸惑ってしまうかもしれません。

簡単に楽しめるのは「予告編」機能。「インディ」「アドレナリン」「インド映画」「ホラー」「冒険旅行」などのテーマをタップするだけで、あっという間に雰囲気あふれる動画を作成できます。

11. VLLO

無料でもウォーターマークを除去できる

BGMや効果音をダウンロードして臨場感あふれる動画を簡単に作成できるアプリ。モーションステッカー、フレーム、テンプレートなど、エフェクトが豊富に用意されており、簡単に適用できるので、動画初心者でも楽しい動画をあっと言う間に作成できます。トランジションやピクチャインピクチャ、クロマキー合成など、しっかりと作り込んだ動画を作成したいというニーズにも対応できます。

12.キネマスター

豊富なアセットやプリセットされたプロジェクトで初心者でも楽しめる

マルチレイヤー、クロマキー合成、スピードコントロール、反転など、高度な動画編集機能を備えつつ、プリセットされたプロジェクトや豊富なアセットを活用することで、初心者でも簡単に迫力ある動画を作成できるアプリです。アセットストアでダウンロードできるアセットとしては、エフェクト、トランジション、スタンプ、BGM、効果音、フリップグラフィック、動画および画像素材、フォントがあり、すべてチェックするのは難しいほど多様なアセットが揃っているのが特徴。詳しい操作方法についてYouTubeのチュートリアルを参照できます。さらに、Proを購入すれば、ウォーターマークや広告を除去できます。

13.Clips

日常をさっと切り取って親しい人に共有できる

Clipsを使えば、毎日の生活の小さなできごとやニュースなどを手早くビデオに加工して共有できます。「AR空間」機能を使えば、自分の部屋を紙吹雪の舞うバーチャル空間やダンサブルなクラブに変化させることも可能です。また、コミカルなフィルターやゲームタッチな背景などを活用して自撮り画像を個性的に演出することもできます。「ポスター」を使えばオープニングのタイトルもあっという間に作成できます。好みのBGMを選択し、ステッカーやテキストラベル、絵文字などを配置すれば、さあできあがり。

14.PicPlayPost

ビデオコラージュやスライドショーが簡単に

動画と静止画を組み合わせたクリエイティブで楽しい動画コラージュが簡単に作成できる、シンプルなインターフェイスのアプリです。便利な「自動テンプレート」機能を使えば、タップして好みのスタイルを選択するだけでオリジナルのスライドショーが作成できます。もちろん、動画だけ、静止画だけでスライドショーを作成することもできます。人気のGif画像スタンプサービス「Gifhy」と連携しているので、躍動感のあるスタンプを好きなだけ追加できます。

15.Splice

Go Proが提供する洗練された動画編集アプリ

すでにご紹介したQuikと同じく、アクションカメラのGo Proが提供する動画編集アプリです。QuikはiOSとAndroidの両方に対応していますが、SpliceはiOS にのみ対応しています。Quikでは物足りないという人が次にインストールするのにおすすめです。動画エディターとしての機能は、トリミング、画面分割、テキストの追加、トランジション、エフェクトなど、基本的な操作に対応しています。さらに、気分に合わせて選択できる音楽が6,000曲以上もあり、撮影した動画を丁寧に編集してセンスよく仕上げたい人に適しています。

16.Videoleap

簡単な操作でクリエイティブな動画が作成可能なiOS向けアプリ

iOSのみに対応した動画編集アプリです。多重露光やクロマキー合成、アーティスティックなエフェクト、マスクやブレンドが可能なレイヤー、映画のようにスムーズなトランジション、ポップなスタイルのステッカー、グリーンバックなどの機能を活用して、本格的かつクリエイティブな動画が作成できます。無料アカウントでもウォーターマークが入らないのも嬉しいところ。豊富な音楽サンプルも用意されていますが、使用するにはProを購入する必要があります。初心者でも高度な動画を作成したい人に向いていますが、使いこなすにはProを購入することをおすすめします。

17. Adobe Premiere Rush

モバイルでも高度な動画編集作業を実現

Adobe Premiere Rushを使えば、スマホでもPCで作成するのと同等なハイレベルの動画編集が可能です。作成したデータは自動的にクラウドで同期され、どこからでも編集を続けることができます。プロ品質の動画を作成したいならぜひ検討すべきアプリだと言えます。ただし、無料体験版だとか3回しか書き出しできないので、使用して気に入ったなら有料ライセンスを購入する必要があります。

使用するデバイスによって価格が異なりますが、Adobeの他のソフトを使わず、Premiere Rushだけの利用であれば、下で紹介している2種類のライセンスがおすすめです。

18. Boosted

企業の動画マーケティングに最適!

わずか数タップでテンプレートからスタイリッシュな動画が作成できるので、時間のないビジネスユーザーでも便利に使いこなせる動画編集アプリです。プロ品質のセンスの良い動画が簡単に作成できるので、企業アカウントでInstagramやFacebookなどのSNS運用を担当する人におすすめです。豊富なテンプレートを使いこなすには有料アカウントを購入する必要がありますが、無料でお試しできるテンプレートもあるので、興味を持ったなら、まずは無料アカウントでスタートできます。

動画編集アプリを選ぶコツやポイント

ここでは自分に適したアプリを見つけるために役立つ10のチェックポイントをご説明します。最初のステップは、どんな動画を作りたいのかイメージすることです。

1.どんな動画を作りたい?

何のために動画を作成しようと思っていますか?暮らしの中でくすっと笑ってしまうような瞬間を切り取ってSNSで共有したり、家族や親しい友人に見てもらいたいなら、ClipsVideoleapがおすすめです。マーケティングや広告用動画の作成なら、手早くスタイリッシュな動画が完成するBoostedCanvaをダウンロードしましょう。

2.無料でどのくらい編集可能?

無料版だと機能が限定されており、使いこなすには有料版のライセンスが必要になるアプリが多いですが、VITAのようにテンプレートやBGMが揃っていながら完全無料のアプリもあります。また、iOSユーザーなら、プリインストールされているiMovieを使うこともできます。

3.長さの制限は?

無料アカウントだと作成できる動画の長さに制限のあるアプリもありますが、たとえばCanvaVideoShowなら、無料でも長時間の動画を作成することが可能。YouTube向けの動画も作成できます。

4.ウォーターマークは除去できる?

透かしやウォーターマークを除去するために有料版ライセンスが必要になるアプリが多いなか、CanvaVLLOは無料アカウントでも透かしのない動画が作成できる点に注目です。

5.レイヤーを分けて編集できる?

高度な動画の作り込みには、複数レイヤーを使った作業が欠かせません。 Adobe Premiere Rushは、PC上で操作しているのと変わらない高度な編集をスマートフォンやタブレットでも実現しています。他には、PowerDirectorSpliceキネマスターVideoleapなどもレイヤーでの作業に対応しています。

6.文字は追加できる?

動画にも文字を追加して、字幕や説明を追加したいなら、フォントの種類をチェックしましょう。とくに動画の印象を左右する日本語フォントが数多く揃っているアプリがおすすめです。現在Canvaでは、193種類の日本語フォントを利用することができ、その数はますます増えています。

7.BGMや効果音は追加できる?

音楽や効果音をうまく使ってインパクトある動画を作成したいなら、音楽ライブラリーが豊富なアプリに着目して選びましょう。サウンド機能が豊富なアプリといえば、VideoShowです。最初に音楽を決めてから、ビジュアル素材を追加していくという作り方もできます。

8.エフェクトやスタンプは豊富?

エフェクトやスタンプ、イラスト、フレームなどを活用して、手早く簡単に楽しい動画を作りたいというニーズには、VivaVideoVITAInShotClipsなどがおすすめです。また、複数レイヤーなどを使って動画を作り込みたいという場合は、ハイエンドなPowerDirectorAdobe Premiere Rushがいいでしょう。

9.動画&静止画、どちらにも対応している?

動画だけではなく、静止画を使ったスライドショーも作成したいなら、ビデオコラージュやスライドショーを簡単に作成できるPicPlayPostを使ってみましょう。コラージュのコマには、静止画だけではなく動画も追加できるので、動きのある楽しいコラージュやスライドショーが作成できます。また、Canvaのスライドショーにも動画が使用できます。

10.SNSと連携している?

スマホで作成した動画をすばやく共有したいなら、SNSプラットフォームとの連携をチェックしておきましょう。たとえばInShotはInstagram(インスタグラム)への投稿に最適化されたアプリです。またCanvaには、Instagram投稿、Instagramストーリー、Facebook、TikTok、YouTube、Twitter、note、Pinterest、LinkedInなど、主要なSNSに対応したテンプレートが豊富です。

Canvaで人気の動画テンプレート30選

Canvaで人気の動画テンプレートをご紹介します。気に入ったデザインがあれば、「このテンプレートを使用する」ボタンを押すだけでデザインを開始することができます。ぜひ試してみてください。

1位

フィットネスをテーマとした爽やかなパープルのInstagram投稿用テンプレート

2位

オレンジを基調とした力強い動画プレゼンテーション

3位

手書きのデザインがシンプルで汎用性の高い教育用動画プレゼンテーション

4位

ビビッドな配色がスタイリッシュなInstagram投稿用テンプレート

5位

シックでデリケートなデザインのファッション動画プレゼンテーション

6位

ミニマルで洗練されたモノクロ基調のファッション動画プレゼンテーション

7位

前向きなメッセージを伝えたい優しいピンクの動画プレゼンテーション

8位

お祝いの気持ちを伝える大人っぽい雰囲気の動画プレゼンテーション

9位

ふたりの思い出を刻むベージュのアニバーサリー動画プレゼンテーション

10位

プロモーションに適したポップなInstagram投稿用テンプレート

11位

スタイリッシュな雑誌の表紙デザインのTikTok向け動画テンプレート

12位

明るく爽やかなコラージュ動画テンプレート

13位

子供向けに最適なポップな3Dイラストレーションの動画テンプレート

14位

パステルカラーがキュートなクイズ用動画テンプレート

15位

オンライン学習に便利な Instagram用カルーセル動画テンプレート

16位

新年のご挨拶にぴったりのゴールドとブラックのメッセージ動画テンプレート

17位

ラブリーなシュガーピンクのコラージュ動画テンプレート

18位

新年のメッセージを伝える優しい雰囲気の動画テンプレート

19位

美容アカウントに最適なYouTubeのアイコン用動画テンプレート

20位

アクティブでエネルギッシュな企業向けプレゼンテーション用動画テンプレート

21位

教育機関に最適なLinkedIn(リンクトイン)向け広告動画のテンプレート

22位

大切な友人の誕生日を祝うための楽しさあふれるカラフルなFacebook動画テンプレート

23位

スポーツやファッションをテーマにした動画に最適なシャープな印象のテンプレート

24位

インパクトのあるテキストレイアウトが特徴のTikTok用動画テンプレート

25位

フード写真をFacebookやInstagramに投稿するのに便利な動画テンプレート

26位

自宅学習をテーマにしたイラストレーション動画のInstagram投稿用テンプレート

27位

ブレインストーミングにぴったりのシンプルな動画テンプレート

28位

ポップなパステルカラーがキュートなTikTokの広告向け動画テンプレート

29位

すっきりしたイラストが特徴の英語のレッスン向け動画テンプレート

30位

シックな配色がエレガントな美容向け動画テンプレート

まとめ

無料でも動画が作成できるアプリはたくさんありますが、選択肢が多すぎて悩んでしまうかもしれません。どんな動画を作成したいのかあらかじめイメージすることで、必要な動画編集アプリをダウンロードできるはずです。最適なアプリを見つけるためにお役立てください。

また、無料の動画編集アプリをきっかけに、本格的な動画編集を開始するなら、高度な機能をフル活用できるCanva Proがおすすめです。

おすすめリンク

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス