【YouTube】サムネイルの設定方法とデザインポイントまとめ

【YouTube】サムネイルの設定方法とデザインポイントまとめ

YouTubeでインパクトのあるサムネイルを見ると、ついついその動画を開きたくなることはありませんか?YouTubeのサムネイルは、視聴者が動画を見るかどうかを判断する重要なポイントです。

今回はYouTubeのサムネイルについて、設定方法と見やすくデザインするポイントを紹介した後、Canvaでおすすめのデザインテンプレートをいくつか紹介します。

YouTubeのサムネイルを設定する方法

YouTubeのサムネイルを設定する方法

YouTubeのサムネイルを設定する方法は2つあります。1つめは、パソコンの画面から設定する方法、2つめはスマホから設定する方法です。それぞれの方法について手順を説明します。

基本は動画からセレクトされた3つの画像から選ぶ

基本のサムネイル設定は、YouTube側で自動でセレクトされた3つの動画からサムネイルを指定します。この方法の手順は以下の通りです。

  1. YouTubeの画面右上から「クリエイターツール」-「動画の管理」を起動
  2. 投稿動画の一覧より「編集」をクリック
  3. 表示された動画の編集画面の右側に3つのサムネイル候補が表示される
  4. 好きなサムネイルをクリックした後、画面下部の「変更を保存」クリック

これで、選んだ画像がサムネイルとして表示されます。

アカウントを「確認済み」にして自由な画像を設定する

自身のYouTubeアカウントを「確認済み」にすると、先ほどの動画編集画面で「カスタムサムネイル」がクリックできるようになり、自由な画像をサムネイルに指定できます。まずは、アカウントを「確認済み」にしましょう。

【アカウントの確認方法】

  1. YouTubeの画面右上から「クリエイターツール」-「ステータスと機能」を起動
  2. 一番上に表示されている「アカウントとステータス」横の「確認」をクリック
  3. アカウントの確認ステップで、国が「日本」になっていることを確認
  4. 確認コードの受け取り方法を指定(どちらでもよい)して電話番号を入力
  5. 受け取り方法で指定したSMSまたは電話で確認コードが伝えられるのでそれを入力

上記の手続きを済ませると、アカウントが確認済みになります。続けて自由な画像をサムネイルに設定する方法も確認しましょう。

【自由な画像をサムネイルに設定する方法】

  1. YouTubeの画面右上から「クリエイターツール」-「動画の管理」を起動
  2. 投稿動画の一覧より「編集」をクリック
  3. 動画の編集画面の右側のサムネイル候補下にある「カスタムサムネイル」をクリック
  4. デスクトップ上に保存している画像から好きなものを選んで指定した後「変更を保存」クリック

これで、サムネイルを自由に設定できるようになります。

スマホからのサムネイル設定方法

スマホからもサムネイルが設定可能です。ただし、YouTubeのクリエイターアプリである「YouTube Studio」のインストールが必要なので、事前に済ませておきましょう。アプリのURLは以下の通りです。

YouTube Studio(AppStore)

YouTube Studio(GooglePlay)

アプリを使ったサムネイル設定方法も見ていきましょう。

【スマホからのサムネイル設定方法】

  1. YouTube Studioを起動
  2. サムネイルを設定したい動画をタップ
  3. 動画上の鉛筆マークをタップ
  4. 「サムネイルを編集」という文字が表示されるのでタップ
  5. サムネイルの選択画面で「カスタムサムネイル」をタップ
  6. カメラロール等から好きな画像をタップ
  7. 右上に「選択」が表示されるのでタップ
  8. 「保存」が表示されるのでタップして完了

少し手順が多いように思いますが、流れるように操作できるのでストレスはかかりません。

YouTubeのサムネイルを作成するポイント

YouTubeのサムネイルを作成するポイント

YouTubeのサムネイルを自由に設定できるようになったら、自分でサムネイル用の画像を作成しましょう。YouTubeのサムネイルの作成ポイントを、デザイン面からいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目に留まるインパクトのある画像を選ぶ

まず、人気YouTuberの動画一覧を見て、サムネイルの作りを確認してみてください。とにかく、インパクトを重視しつつ、その動画で何を見られるかが端的に分かるように工夫しているものが多いのではないでしょうか。

とにかく目に止まるインパクト、そして伝える内容を端的にキャッチフレーズ化して伝えることを意識してみましょう。あまり文字がたくさんあると、視聴者はすべて読む前に離脱してしまいます。

顔出ししている人は極力顔を出す

顔出しでライブをしている人はできる限り顔出しをしたサムネイルを作りましょう。たとえ有名でなくても、顔を出し続けることで視聴者に覚えてもらいやすくなり、リピーターも訪問しやすいのでおすすめです。

VTuberやゆっくりさんなど、特定のキャラを全面に押し出している場合は、そのキャラを極力出したサムネイルにします。

文字の色と配置で視認性を高くする

文字情報の色や配置を工夫して、視認性を高めましょう。読みにくい文字は読んでもらえず、画面上のノイズになってしまうのでプラス面は何もありません。

画面が全体的に濃い色の場合は白抜き文字、逆の場合は濃い文字にするなど、読みやすく目立つ配色の文字になるように工夫しましょう。以下のポイントを意識すると、動画一覧の中でサムネイルが並んでいても、目立つようになります。

・語数は少なく端的に

・文字サイズは大きく

画像の中に文字を入れてみて、何となくキマらなかったりダサくなったり、という経験はありませんか?デザインについて詳しくないと、レイアウトを美しく見せることは意外と難しいものです。そこで利用したいのが既成のデザインテンプレートです。

文字入りのYouTubeサムネイルにおすすめのデザインテンプレート

文字入れはCanvaの得意分野です。YouTubeのサムネイルに使えるデザインテンプレートも、おしゃれで目立たせやすいデザインがたくさんあります。文字入りのYouTubeサムネイルとして利用してほしい、Canvaのデザインテンプレートをいくつか紹介しましょう。

写真ベースのシンプルなサムネイル

背景に写真を使い、中央に目立ちやすい文字を配したデザインテンプレート。タイトルやキャッチコピーを太字の部分に入れ、その下に小さくサブタイトルを入れてもカッコよく決まります。

画像部分とキャッチコピー部分を2分割の画面で表示したデザインテンプレート。斜めに区切ったことでシャープさやおしゃれなイメージを与えます。ちょっとした図形素材は、Canvaでもいくつか用意しているので自由に追加してくださいね。

ゲーム実況に使えるデザインテンプレート

YouTubeでゲーム実況配信をしている人も多く見られます。ゲームの内容によってイメージは千差万別ですが、ここでは多くのゲーム実況で共通して使える「コントローラー」をデザインモチーフに取り込んだテンプレートをご紹介します。

白無地に黄緑と黒のコントローラーを散らしたデザインテンプレート。使われている色は2色のみで、文字も小さいですがシンプルなので見やすくまとまっています。

こちらは、おしゃれな雰囲気にまとまっているデザインテンプレート。自分がやっているSNSのアイコンも配してアピールしています。大きな文字の上下に小さな文字で情報を入れていくことで情報が多くてもキャッチフレーズが目を引くようになっており、まとまりのあるデザインです。

デザイン作成の切り札