手作りのプライスカードで商品にインパクトをもたせよう。

プライスカードを作成

オリジナルプライスカードを作成

Canvaを使えばどんなお店でも、またどんな商品にでも対応できるプライスカードを無料で手作りできます。プロが作成したテンプレートを使って作成するので、商品の名前と情報、あとは価格をのせるだけで作成できます。

カスタマイズも簡単にできるので、商品の種類によってレイアウトを変更したり、フォントや色を変更したりすることもできます。お客さまの目にとまるプライスカードを作って商品をアピールしましょう。

プライスカードを5ステップで作成

  1. Canvaを開いて、[名刺] のデザインタイプを選択します
  2. 豊富にそろったテンプレートから、好きなものを選択します
  3. 手持ちのロゴや素材をアップロードするか、100万点を超える素材集から好みのものを選びます
  4. 価格など、テキストを追加します
  5. 保存して共有しましょう

デザイナーに依頼せずに自分でカスタマイズ

  1. 画像を変更します。手持ちの画像をアップロードするか、100万点を超える写真、グラフィック、イラストをとりそろえたCanvaの素材集から選択します。
  2. フォントを変更します。130種類を超えるフォントから選択します。
  3. 背景を変更します。ライブラリーから背景を選択するか、画像を使用します。
  4. カラーを変更します。テキストボックスとテキストのカラーを変更して、自分らしくアレンジします。

豊富な種類のテンプレートと100万点を超える素材

Canvaにはプロがデザインしたテンプレートが多数用意されているので、商品の価格と情報を入力するだけ、まるでプロに依頼したようなデザインのプライスカードが作成出来ます。

またテンプレートだけではなく、様々なジャンルのお店、商品でお使いいただける素材もご用意。そのほとんどが無料、またはたった1ドルでご利用いただけます。お店やブランドのイメージにぴったりの素材を見つけて、あなたのだけのプライスカードを作成しましょう。

プライスカードには常に最新の情報を

Canvaで作成したプライスカードのデザインはクラウド上に保存されるので、あとから何度でも編集できます。商品の価格が変わった場合でも、テキストを編集するだけで新しい情報にアップデートできます。

プライスカードが完成したら印刷する

作成したデザインは名刺サイズの印刷データとしてPDFでダウンロードできます。あとは自宅のプリンターで印刷したり、印刷サービスに入稿したりするだけで、プライスカードができあがります。デザインの費用は一切かからないので、簡単にコストを落とすことができます。

FAQ

Canvaにアクセスするにはどうすればよいですか?

無料アカウントを作成してデザインを開始するには、www.canva.comにアクセスします。

アプリはありますか?

はい。無料のiPadとiPhoneアプリがあります。無料iPad、iPhoneアプリをダウンロードすれば、外出先で急にアイデアが浮かんだ場合でもその場でデザインを作成出来ます。

Canvaでショップカードを作成するにはどれくらい費用がかかりますか?

用意されているテンプレートはすべて無料で、何度でも使用できます。豊富な無料画像からも選択できるほか、ストックライブラリーにある有料写真はすべてわずか1ドルでご利用いただけます。その他に、Canvaの使用にかかる費用はありません。