文字エフェクト

文字エフェクトでおしゃれなデザインを作成しよう!
文字エフェクト

Canvaで使える幅広い文字エフェクト

文字エフェクト

Canvaなら、幅広い文字エフェクトを無料で使用できます。それぞれ違ったスタイルで文字装飾ができます。影付き、浮き出し、中抜き、スプライス、袋文字、エコー、グリッチ加工、ネオン、背景の中から好きなエフェクトを選びましょう。また、カラーを変えたり、太さや強度も変えられます。最後に図形スタイルが選べるので、文字をアーチ状に湾曲させることも可能です。

文字エフェクトの定番は袋文字!

文字エフェクト

Canvaには、新たに袋文字も登場しました!POP広告やマンガ文字としても使用できる万能な文字エフェクトです。使い方は簡単![エフェクト]から「袋文字」を選択して、カラーやフチの太さを編集します。文字を強調させて目を引きたいときに使用すると良いでしょう。ユニークな英語の袋文字にするなら、TypeCraftのアプリがおすすめです。

英語の袋文字エフェクトならTypeCraft

文字エフェクト

Canvaの連携アプリ「TypeCraft」を開くと、バリエーション豊かな英語フォントで袋文字が作成できます。Textでアルファベット文字を入力し、Fontで好きなフォントデザインを選択します。スタイルは中抜きとアウトラインがあり、カラーは自由に選択できます。操作画面の下「Add element to design」をクリックするとデザインに追加できます。

文字エフェクトでテンプレのテキストも自由に編集しよう

文字エフェクト

Canvaのテンプレートを使ってテキストを編集することもできます。カラー、影の向き、ぼかし、図形、文字スペース、縦書きなど、自由に編集ができます。さらに、文字に背景をつけることも可能です。丸みとスプレッドの度合いを調整してカラーを選ぶだけで簡単にできますのでお試しください。

文字間隔を広げる文字エフェクトでおしゃれなミニマルデザイン

文字エフェクト

文字エフェクトの中には、文字間隔を広げる機能があります。文字を入力して中心に配置し、上部メニューで[スペース]のアイコンを選択します。文字間隔を調整して好きな広さのスペースを追加します。文字間隔が生まれると、シンプルでミニマルなデザインに変身します。ロゴやバナー、ステッカー、アイキャッチ画像などにもおすすめです。

文字エフェクトでデザインを作成する方法

文字エフェクト
今すぐ文字エフェクトでデザイン作成!

Canvaを起動します。

デザインの種類が決まったら、テンプレートを検索します。テンプレートページからテンプレートを探すこともできますし、Canvaのデザイン画面からおすすめのテンプレートを探してデザインに使うこともできます。A4文書ならCanva Docsもおすすめです。

テキストを入力し、デザインに追加します。

文字を選択し、上部メニューの[エフェクト]をクリックして好きなエフェクトを選択します。カラーや強度を変えたり、文字間隔や行間幅も変えられます。

文字エフェクトを使ったデザインが完成したらダウンロードしたり、ほかのユーザーに共有します。SNSに直接投稿することも可能です。
今すぐ文字エフェクトでデザイン作成!

よくある質問

Canvaの文字エフェクトは無料で使えます。[エフェクト]から好きなエフェクトをお選びください。

Canvaは、直感的な操作でデザイン編集ができる使いやすいUIなので、初心者でも使いこなせます。Canvaのアプリになれると、数々のデザインがおしゃれに作れるようになります。

はい。Canvaでは、共有しながら編集できる機能があります。共有したい相手に「編集リンク」を送ることができます。「表示のみ」「コメントのみ」のリンクもあります。

1億点以上のプレミアム写真、動画、素材、3000種類以上のプレミアムフォントにアクセスできます。マジックリサイズ、背景リムーバ、プレミアムアニメーションなどの機能もお使いいただけます。
引用符
自分では思いつかないようなレイアウトや色使いに毎回Wow!となります。自分で作るとワンパターンになりがちですがCanvaのデザインサジェスチョンからアイデアを得るとより楽しいものが作ることができます。

高木 和子

その他の機能