ER図

ER図

ER図(エンティティ関係図)やERDを使えば、データベースの中で人やオブジェクト、概念がどのように関係し合っているかを図解することができます。CanvaのERダイアグラムメーカーを使えば、無料で簡単に視覚化できます。
SkyScanner
Playa Bowls
Painting with a Twist
Realty Austin
Engie
City of Los Angeles

ER図の作成機能

CanvaのオンラインER図作成ツールで、データがどのようにつながっているかを無料で表現しましょう。ER図の例からテンプレートを選び、データベースに合わせてカスタマイズしましょう。ライブラリからシンボルを探して、エンティティの関係を簡単に視覚化できます。

20種類以上のプロフェッショナルなグラフから選択可能

ワークフローを迅速化するプロフェッショナルデザインのテンプレート

データの可視化が簡単に - 複雑なソフトウェアの習得は不要

高解像度グラフの公開、共有、ダウンロード

ER図をプレゼンテーションやレポートなどに簡単に埋め込むことができます。

非デザイナーを念頭に置いた簡単なドラッグ&ドロップツール


ER図の作り方

ER図の作り方
ER図を作成(新しいタブまたはウィンドウで開く)

ER図を作成(新しいタブまたはウィンドウで開く)

ER図とは?

ER図は英語では(Entity Relationship Diagrams)エンティティ・リレーションシップ・ダイアグラム(ERD)と呼ばれ、さまざまな業界において、データベースのセットアップや構造化のために、オブジェクトや概念間のつながりを視覚化し、見つけるのに役立ちます。ER図は、エンジニアリング、情報システム、教育、および研究において不可欠であり、エンティティ関係モデリングは、ロジックや設計の欠陥を特定し、生産をシームレスかつ円滑にするのに役立ちます。ER図の設計は、データの詳細度や範囲によっても異なります。

ER図の歴史

ER図の歴史

ピーター・チェン(Peter Chen)は、データベースモデリングの統一的なフレームワークを模索する中で、エンティティ関係モデルを通じてデータベースを視覚化する改良方法を提案しました。彼の1976年の論文 "The Entity-Relationship Model: Toward a Unified View of Data "と題された1976年の論文以前は、ネットワーク、リレーショナル、エンティティの3つのデータモデルがありました。彼はこれらの既存のモデルを統合し、ER図またはERDに曖昧さを解決しました。

チェンのエンティティ関係図は、1980年代のジェームス・マーティンによるIE表記法の基礎となり、その後の統一モデリング言語(UML)のような情報システムの進歩の基礎となりました。

ER図の構成要素

エンティティ

エンティティ

情報を収集する物体や概念であることもあり、普通名詞や固有名詞として表示されることが多い。
リレーション

リレーション

2つのエンティティがデータベース内の同じ情報にどのように接続されているかを表すもので、動詞として表現されることが多いです。
アトリビュート

アトリビュート

エンティティに固有の側面または情報で、多価または派生的なもの。エンティティには形容詞、関係には副詞を用いることが多いです。
弱エンティティ

弱エンティティ

まだ一意に特定されていない別のエンティティとキー関係を持つエンティティ。
接続線

接続線

ダイアグラム内のすべてのものを結びつけ、エンティティとその属性間の関係を確立します。
カーディナリティ

カーディナリティ

エンティティ間の関係にいくつの属性があるかを表します。1対1、多対1、多対多のいずれかで表されます。

ER図で良好な関係を築く

ER図で良好な関係を築く

ER図は、詳細度とスコープで繁栄します。ER図作成ツールを使って、表示する必要のあるすべてのデータをサポートします。シームレスなブレーンストーミングキャンバスで可能な限り多くのエンティティ関係を特定したり、プレゼンテーションやインフォグラフィックに最適なサイズのERDを作成したりできます。また、プレゼンテーションやインフォグラフィックに最適なサイズでERDを作成することもできます。

ER図のデザイン要素で説明する

ER図のデザイン要素で説明する

ER図の各要素をうまく視覚化しましょう。Canvaの無料オンラインER図ツールには、エンティティを表現し、概念を接続し、属性を表示するために使用できる線や図形が豊富に用意されています。当社の豊富なメディア・ライブラリは、単なるシンボルとしてだけでなく、テーマを設定するためにも使用できます。ER図に技術、ビジネス、抽象的な雰囲気が必要な場合は、背景やベクターもご利用いただけます。

ER図の色とフォントの関連性

ER図の色とフォントの関連性

ER図を適切に識別し、ラベルを付ける。ダイアグラムの重要な側面に注意を向けるために色を使用します。熱帯食品店のデータベースに合う明るい配色が必要ですか?テーマを表す美しい色の組み合わせを選択し、テキストをポップにしましょう。ER図が読みやすく、誰にでも読めるようになるフォントをライブラリから選びましょう。

ER図作成のコラボレーションと接続が簡単

ER図作成のコラボレーションと接続が簡単

チームでER図を完成させましょう。デザインへのリンクを共有し、メンバーに編集アクセス権を与えます。変更を加えたり、コメントを残したりして、同時に作業を進めます。データベースの文書化、情報システムのトラブルシューティング、またはブレーンストーミングによる図の作成には、オンラインでER図を描いてください。その後、Eメールで送信したり、ウェブサイトに埋め込んだり、レポートとして印刷したりできます。

ER図のテンプレート

無料のER図テンプレートを使って、エンティティの関係をすばやく視覚化しましょう。Canvaには、データやデザインのテイストに合わせてパーソナライズできる、既製のレイアウトが無数にあります。ER図の例を選択して、カスタマイズを始めましょう。
引用符
"レポートのデザインに関しては、Canvaにはシンプルで使いやすいテンプレートが豊富にあり、グラフや情報を簡単に差し込むことができ、デザインに何時間も費やすことなく、実際の内容に集中することができました。"

Assem A


FAQ


関連するグラフ・図・チャート