Canvaで特性要因図(フィッシュボーン図)を簡単作成。デザインの知識はいりません。

特性要因図で効率的に問題の原因を洗い出しましょう

問題点の原因を洗い出し解決することは業種や役職にかかわらず、大事な仕事のひとつです。その最も効率的な方法は、問題の潜在的な原因をすべて導き出す特性要因図を作成することです。これは因果関係の図としても知られており、問題の考えられる原因を可視化して解決策を見つける素晴らしい手法です。

特性要因図の作成は手間がかかるだけでなく、時間もかかりますが、Canvaなら数分で特性要因図を完成させることができます。特性要因図をゼロから作成して構築しデザインすることに時間を費やす必要はありません。プロがデザインしたテンプレートから1つ選んでテキストを追加するだけなので、とても簡単です!

特性要因図を数分で作成しましょう

  1. 特性要因図を始めるには、新しくCanvaアカウントを作成します。
  2. 無料テンプレートのなかから、好きなデザインを選びます
  3. 手持ちの写真をアップロードするか、100万点を超えるストックライブラリーから画像を選びます
  4. 文章の追加や背景色の変更など、デザインを編集します
  5. 完成です!データを保存してデザインを共有しましょう

特性要因図をニーズに合わせて調整

  1. 素材を追加する。アップロードした画像以外に、100万点以上の写真やイラストを利用できます。ほどんどが無料、有料のものもたったの1ドルです。
  2. フォントを変更する。130以上から選べて、日本語フォントも充実。
  3. 背景を設定する。無地のものからユニークな柄のものまで、背景画像も豊富にそろっています。
  4. カラーを指定する。 テキスト、背景、イラストの色を自由に指定できます。パレットから選択するか、カラーコードを入力します。

図で問題の原因と解決策を見える化

特性要因図は、通常右から左に作成されます。はじめに、あらかじめ準備されたテンプレートを選択してカスタマイズしましょう。最も遠い端にある「頭」の部分に主な問題や課題を追加して開始し、背骨部分に原因や考えられる解決策を追加します。

必要に応じて、図に分岐を追加できます。矢印などの素材も多数用意しており、ワンクリックで追加できます。色も自由に変更できるので、注目すべき原因を色分けするといった運用も可能です。

フォントを活用して特性要因図を明確に読みやすく

適切なフォントを使用することで、特性要因図は簡単に読みやすくなります。 Canvaでは、100を超える無料フォントから選択することができます。Ralewayのような太字で重厚なタイプのフォントを使用して主な問題を強調してから、Open Sans Lightのようなより軽いフォントタイプで問題の原因や詳細を識別しましょう。  

テキストの色、背景、デザイン要素を変更して会社のイメージを反映することもできます。Canva for workをご利用いただければ、オリジナルのカスタムフォントをアップロードしてデザインに使用し、まとまりのあるプロフェッショナルなデザインにできます。

ミーティングいらずで共有、共同作業

特性要因図では通常、協力して処理を行いますが、多忙な職場では1つの部屋に集まってブレインストーミングして問題解決を行うのは困難です。Canvaなら、デザインを共有して必要な人に編集権限を与え、図に分岐を追加できるようにすることができます。この方法を使用することで、速度を落とすことなく物事を進行させることができます。

外出中にデザインを行う必要がある場合は?App StoreやGoogle Playから無償でアプリをiPad、iPhone、またはAndroidデバイスにダウンロードしてください。