インパクトを与える英語フリーフォント50選

Canvaには無料で使える英語フォントがたくさん!
Canvaでデザインを始める!
headline-font

見出し(ヘッドライン)に使うフォントは、それだけで読者の注意を引くようなものであるのが望ましいでしょう。そうでなければ、せっかくの作品を、それがどんなに素晴らしいものであっても、見てもらうことができないからです。

ヘッドラインが機能しているかどうかを考える上で重要なこととして、適切なフォントを選べているかどうかということがあげられます。人目を引かないようなフォントを使っていては、見出しが見出しとして機能しないのです。骨太で独特で、インパクトのあるようなフォントを使えば、その他大勢の中でも注意を引くことができるようになるでしょう。

しかし、そのようなフォントを見つけるのは簡単ではありません。そこで、この記事ではインパクトの強い50の見出しフォントをご紹介します。どれも現在、無料でダウンロードが可能で、Canvaにアップロードすればデザインに取り入れることもできます。

ではいよいよ、その50のフォントを見ていきましょう。

01. Adam.CG Pro(アダムCG プロ)

Adamはsans serifのフォントで、Futuraにインスパイアされたデザインになっています。綺麗な見た目、そして中量級の見た目が、より装飾感の強いフォントとの組み合わせにもぴったりです。

02. Zebrazil(ゼブラジル)

美しく繊細な見た目のフォントで、背が高く、アクセントが細い上に、さりげないserifがエレガントさとモダンさをプラスしています。間違いなく注目の的になる、格式高いコンテンツにぴったりのフォントです。

03. Mohave(モヘイヴ)

大文字専用のフォントで、滑らかさを感じる見た目が特長です。ウェイトの種類も3種類あり、更にイタリックにも対応しています。このバリエーションによって様々なデザインでの汎用性も高くなっています。

04. Anson(アンソン)

これもsans serifのフォントで、目を引く見出しフォントとして最適なフォントのうちのひとつです。クリーンな見た目ながら丸みを帯びているところに柔らかさもあり、小文字のデザインは少しだけserifを意識したかのようなものになっています。sans serifのフォントでありながら、尚も個性的なフォントとして使えるのです。

05. Komoda(コモダ)

ユニークなsans serifのフォントで、その線の細さと背の高さから他のフォントとは違う特長を有しています。より背が低く、太字のフォントと組み合わせることで、その特長はより一層目立つことになるでしょう。

06. Promesh(プロメッシュ)

太字でserifのついた、アスリート感のあるフォントです。ジャージの素材のようなメッシュ感テクスチャによりユニークなタッチが生まれています。スポーツのプロモーションにぴったりである一方、メッシュ無しのバージョンを用いれば、もう少し落ち着いたデザインとして使うこともできるでしょう。

07. Calendas Plus(カレンダス・プラス)

美しくエレガントなフォントで、続き文字にも対応しています。カリグラフィ的な美しさを備えつつ、文字としての読みやすさも損なわれていません。

08. Summit(サミット)

10のスタイルと5つのウェイトのバリエーションを持つsans serifフォントです。いずれもどこかノスタルジーを感じさせる見た目ですが、同時にモダンでもあり、少し抑えめの見出しフォントとして優秀です。

09. Building(ビルディング)

Leonardo Gubbioni作のsans serifフォントです。アールデコのスタイルで作成されたメタリック調の、ストイックなフォントとして、注目を集めること間違いありません。

10. Peyo(ペイヨー)

遊び心のあるsans serifフォントで、幾何学的でありながら丸みも感じるデザインとなっているために軽快さを演出しています。調子を外したような見た目なところが、特別感を感じさせる要因にもなっています。

11. Glamor(グラマー)

モダンかつエレガントで、更にシックなフォントです。クラス感がにじみ出るようなフォントで、様々なバリエーションを24も備えています。ファッションや美容などの分野で使うのにぴったりです。

12. Franchise(フランチャイズ)

太字でクリーン、そしてとにかく読みやすいフォントです。細部に拘ったディテールのために注目を集めやすく、とにかく力強さが感じられます。その上で文字と文字の間が詰められていることもあって、メッセージがコンパクトにまとまりのあるものとして伝えられることとなります。

13. Gabo(ガボ)

太めのsans serifの、見出しにはうってつけのフォントです。特にGのように文字のデザインに少しだけ遊び心を感じられるところがユニークで、もっとスリムなフォントと組み合わせることで相乗効果を発揮することができるでしょう。

14. League Gothic(リーグ・ゴシック)

League GothicはAlternate Gothic #1の生まれ変わりと言えるsans serifのフォントです。スリムながら重厚感のある見た目が、その他のsans serifとの違いを証明しています。イタリックなどのバージョンもあり、デザインの中で多角的に用いることのできるフォントです。

15. Ostrich Sans(オーストリッチ・サンズ)

見た目が面白く、色々な用途に使えそうなsans serifフォントです。丸いものや軽量化されたもの、太字のものなど、多くのバリエーションを有しており、これにより汎用性の高いフォントにもなっています。

16. Junction(ジャンクション)

どこか人間味のあるsans serifのフォントで、太字・細字のバージョンもあります。uやnに見られる独特なカーブが全体的に丸みを感じるフォントのデザインと対称的で、個性的なフォントに仕上がっています。

17. Blackout(ブラックアウト)

新聞の見出しのようなsans serifフォントですが、通常ならあるはずのBやOの穴の部分が塗りつぶされているところがポイントです。このある種奇妙な見た目がこのフォントに『ただ者ではない』という印象を与え、メッセージに対する注意を引く役目を担っています。

18. Knewave(ネウェーヴ/クネウェーヴ)

楽しげで大胆なデザインの、まるでペイントされたかのようなフォントです。全体としては丸みが感じられますが、筆で書いたようなタッチのために独特の印象も感じられます。細かいことには拘らないというような、自由な精神が感じられるフォントです。

19. Raleway(レイルウェイ)

クラシックなsans serifのフォントで、wの形が特に特長的です。細くエレガントな見た目で、シンプルに注意を引くことのできるミニマリストのフォントと言えるでしょう。

20. Orbitron(オービトロン)

幾何学的なsans serifフォントで、どこか未来的な、SF的雰囲気を感じます。それでいてなお読みやすいところが、やはり新時代のフォントとしてのアピールにもなっていると言えるでしょう。

21. Chunk(チャンク)

他には無い、slab serifのデザインフォントで、とにかく注目を浴びたいというときにはぴったりのフォントです。古い時代の新聞の見出しのようなフォントであるため、どこか昔懐かしいような感じもあります。線も決して太すぎず、よりスリムなフォントと組み合わせるのにぴったりです。

22. Sniglet(スニグレット)

丸みの強いフォントで、ソフトな印象ながら遊び心も忘れていません。楽しげな見出しにぴったりのフォントですが、使いどころには注意が必要でしょう。

23. Big Noodle Titling(ビッグ・ヌードル・ティルティング)

sans serifの、大文字用フォントです。比較的シンプルなデザインですが、フォントの底部分が真っ直ぐに揃えられているためにシャープでユニークな見た目になっています。また、イタリックのバリエーションもあるため、もう少し強調したい場合にも対応できます。

24. Megalopolis Extra(メガロポリス・エクストラ)

大胆で線の太さが特長的なデザインのフォントで、iやjに見られる特長的なカーブがユニークな個性を発揮しており、お堅い感じが緩和されています。かしこまりすぎず、ソフトな印象に仕上げたいときに最適のフォントです。

25. Academic M54(アカデミックM54)

スポーツで着るようなTシャツ、またはそんなロゴを思い出させるフォントです。CやSなどに入っているちょっとした切り込みのおかげで、乱雑なイメージが中和され、文字全体のデザインの息抜きが実現されています。

26. Matiz(マリツ)

少し捻りの利いたsans serifのフォントで、少し『ざらざら』したようなテクスチャが用いられています。これにより手描き感が生まれていますが、デザインとしての構成は失われておらず、ただのフォントではなく遊び心のあるフォントとして見出しに使うのにぴったりの選択となっているのです。

27. Coolvetica(クールヴェティカ)

Helveticaのモダンバージョンというイメージで作られたsans serifフォントです。シンプルかつ読みやすい点はHelveticaと同じですが、それぞれの文字の独特なカールが個性をプラスしています。見出しとしてシンプルに使いやすいフォントではありますが、退屈は感じさせません。

28. Telegrafico(テレグラフィコ)

読みやすく、見た目にも面白いsans serifフォントです。見出しフォントとして優秀である他、より繊細なフォントと一緒に使うとバランスを取ることができ、面白い効果が生まれるでしょう。

29. Speakeasy(スピークイージー)

アールデコの流れを受け継ぐsans serifのフォントで、その随所に影響が見られます。間違いなく見る人の目を引きつける、そんなフォントだと言えるでしょう。

30. Kilogram(キログラム)

KalleGraphicsによるフォントで、Nick CurtisのAnagramというフォントを下地にしています。シャープながらカーブも強く、aの文字を三角に置き換えてしまうなど、個性と意外性の塊のようなフォントと言えるでしょう。それぞれの文字に多くのバリエーションがあり、これを組み合わせることで見た目に魅力的な効果を生み出すことができます。

31. Minstrel Poster WHG(ミニストレル・ポスター・WHG)

ユニークなカーブが特長のsans serifフォントで、全体として堅苦しさがないフォントに仕上がっています。他にも、mやeの形など、それぞれの文字が個性的で、思わず眺めてしまうデザインになっているのです。

32. Age(エイジ)

ユニークで未来的なsans serifフォントです。丸みがありますが直線的な構造もあるのが特長で、gのデザインが特に印象的です。

33. Great Lakes NF(グレイト・レイクス・NF)

それぞれの文字に入っている斜めのカットが個性的で、その背の高さから力強さが感じられます。うるさくなりすぎない程度に目立つというのが、見出しフォントとして優秀である証拠です。

34. Gipsiero(ジップシエロ)

昔のホラームービーに出てくるようなserifフォントです。ウェスタンの雰囲気があり、ひびの入ったようなバリエーションを使うと、古めかしいような、少し薄気味悪い感じを演出することもできます。

35. Qhytsdakx(キトスダクス)

クリーンな見た目のモダンなフォントで、確実な存在感を放っています。ミニマリスト的デザインの見出しとして用いるのにぴったりのフォントであると言えるでしょう。

36. Nevis(ネヴィス)

力強いsans serifのフォントで、メッセージを伝えながらも内容の理解を邪魔するようなことがありません。全て大文字にしても読みやすく、その上で印象的な見出しを作ることができるので、きっと重宝するでしょう。

37. Code(コード)

美しくシンプルなsans serifフォントで、細身のバリエーションと太文字のバリエーションがあります。そのシンプルさはヘッドラインで用いるのに効果的で、バリエーションを組み合わせて使えば様々なデザインに対応できるでしょう。

38. Nexa(ネクサ)

これもシンプルなsans serifフォントですが、少しインパクトが強めのデザインになっています。gに見られるダイナミックなカーブなど特長的な要素を有しており、細身のバリエーションと太文字のバリエーションを組み合わせることで、これも汎用性の高いフォントとして使うことができるでしょう。

39. Langdon(ラングドン)

真剣さを感じる、頼りがいのあるようなムードを漂わせており、影のようなエフェクトを持たせているところに個性も同時に持ち合わせています。単独で使うととても太く力強いフォントのように感じますが、他のフォントと合わせて使うと主張しすぎないという奥ゆかしいフォントでもあります。

40. Aleo(アレロ)

slab serifのフォントで、繊細さを感じるデザインになっています。柔らかく丸みのあるフォントですが、同時に強い個性を持っていて、その上で更に読みやすいという優等生的フォントなのです。バリエーションも3つのウェイトとイタリックで対応しています。

41. Lovelo(ラヴロ)

幾何学的なsans serifフォントで、更に3つの異なるスタイルが利用できます。線の入ったバージョンは息苦しさを感じさせないため、特に見出しをユニークなものにしたいときに使い勝手の良いフォントです。

42. Airbag(エアーバッグ)

モダンなslab serifフォントで、面白い影のエフェクトがついています。これのため、色の付いた背景の上でも読み難くなることはありません。無料バージョンでは大文字専用ですが、それでも充分に使いやすい見出し用フォントと言えます。

43. Intro(イントロ)

三角形や円、四角などの幾何学的図形をモチーフとしています。普通のフォントとはちょっと違う幾何学的なsans serifフォントです。

44. Archive(アーカイヴ)

コンテンポラリーな印象のフォントで、幾何学的なスタイルを取り入れながらも丸みや柔らかさも感じられるようになっています。パワフルながら主張し過ぎず、素敵な見出しにぴったりのフォントです。

45. Muchacho(ムチャチョ/マチャチョ)

西部風のserifフォントで、それぞれのフォントの"足"部分が非常に特長的です。そのユニークさは、きっと見出しフォントとしても注意を引きつけてくれることでしょう。

46. Musket(マスケット)

serifとsans serifの中間のような面白いフォントで、特長的なカーブを持っています。優秀な見出し用フォントであると同時に、serifともsans serifとも相性の良いフォントでもあります。

47. Bariol(バリオル)

可愛らしいsans serifフォントで、ソフトでフェミニンな印象ですが、どこか真剣さも感じられます。印象的な見出しを作る上で使い勝手の良いフォントですが、奇をてらうような『脅かし』が無いのも好印象です。

48. Mecca(メッカ)

遊び心のあるシャープなフォントで、幾何学的なデザインもあって個性が強くなっています。様々なシチュエーションで使えるフォントですが、特に音楽やイベントのポスターにぴったりです。

49. Mission Script(ミッション・スクリプト)

筆記体に近いフォントで、スイートかつカジュアルな見た目です。何か楽しい、気楽な内容の見出しフォントにぴったりで、エレガンスを加えることができるデザインになっています。

50. Governor(ガバナー)

アールデコの時代のマイアミビーチにあった標識にインスピレーションを受けたフォントです。シンプルながら個性的で、見出しとしても読みやすく他のフォントとの組み合わせも色々なパターンが考えられるデザインと言えるでしょう。

最後に

今回ご紹介したようなフォントを用いることで、きっとあなたのデザインの見出しも目立つものになること間違いありません。ここでご紹介したフォントはCanvaにアップロードすれば自由にデザインに活用できるため、日本語フォントや他のフォントとの組み合わせなども是非試してみてくださいね。

関連記事

すべて表示

Group 3 (3) (1)

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス