おしゃれな年賀状を作るコツは?Canvaでカンタン作成!

New year's eve fireworks in the sky

メールやSNS、メッセージアプリなどでのやりとりが多いからこそ、温かみが感じられる紙で届く年賀状は嬉しいもの。毎年年賀状のデザインに悩む人は多いと思いますが、今年はCanvaを使っておしゃれな年賀状を作ってみませんか?

この記事ではCanvaのおしゃれな年賀状テンプレートと、年賀状をおしゃれに作成するポイントについてご紹介します。

Canvaでおしゃれな年賀状をカンタンに作ろう!

おしゃれに見える年賀状デザインのポイントはいろいろありますが、Canvaならポイントをおさえたテンプレートが勢揃い!

Canvaを利用すれば、用意されたテンプレートをカスタマイズするだけで、簡単におしゃれな年賀状を作ることができます。

写真を入れ替えるだけでオリジナルのおしゃれ年賀状が完成

Canvaの年賀状テンプレートを使えば、写真を入れ替えるだけでカンタンにおしゃれな年賀状が完成!家族やペット、お気に入りの風景など自分だけの1枚を選んで年賀状を作ってみましょう。

オシャレなイラスト年賀状のテンプレートも

年賀状はイラスト派、そんな人にもCanvaの年賀状テンプレートはおすすめです。イラスト年賀状のテンプレートが豊富なだけでなく、単品のイラスト素材もたくさんあるので、テンプレートと素材を組み合わせて簡単にオリジナルのイラスト年賀状が完成します。

オシャレな8,000以上のテンプレートがそろう

Canvaには8,000以上のテンプレートストックがあります。年賀状専用のテンプレートでなくても、気に入ったデザインがあればテキストを書き換えるだけで簡単に年賀状に早変わり。そのほか10,000点以上ものストックフォトやアイコン、130種類のフォントなど、オリジナリティをプラスできる要素がたくさん!

つくった年賀状は簡単にSNSでシェアできるので、デジタル年賀状としても使えます。今年はCanvaのテンプレートを使って、おしゃれな年賀状を用意しましょう!

オシャレな年賀状を作るポイント!

自分らしさを出せる年賀状。せっかく作成するならおしゃれなデザインにしたいですよね。

「入れたい要素を詰め込んだらまとまりがなくなってしまった」

そんな経験はありませんか?おしゃれに見える年賀状のデザイン作成にはコツがあります。そのポイントを見ていきましょう。

人物写真の枚数は少ない方がオシャレに仕上がる!

年賀状の定番、家族やペットの写真を使った年賀状。1枚の年賀状で使用する写真を決めきれず、複数枚の写真を使ってしまいがちですが、人物写真は枚数が少ない方がおしゃれに見えます。

写真が1枚だとよりおしゃれに仕上げやすくなるので、「コレ!」と思う1枚にしぼりましょう。

背景がきちんと写った構図、人物は顔がよく見えるものを

人物写真を入れるときは、顔がはっきり写っているものを。また背景がきちんと写った構図の写真を選ぶとおしゃれに見えます。

背景がきちんと写った写真は人物の顔も大きすぎずトリミングがしやすいため、文字や住所を入れてもバランスがとりやすくなります。

ポスターのような1枚写真+センターぞろえの文字

デザインするときには文字の置き場所に悩むことも多いと思いますが、1枚のポスターのような写真には、センターぞろえの文字を配置するとおしゃれに見えます。簡単なコツなので、覚えておきましょう。

イラストの繰りかえし

年賀状をおしゃれに見せたいときには、イラストを繰り返し使ってみるのもおすすめです。大小アクセントをつけたり、幾何学模様のように同じイラストを何回も繰り返してみましょう。

使うイラストによってやわらかい雰囲気になったり、POPになったり好みに応じたテイストに仕上げることができます。

オリジナル写真とフレーム・パターンなどを組み合わせる

お気に入りのオリジナル写真を使ったレイアウトに、有機的なフレーム素材やパターンをプラスするとモダンな雰囲気に。

Canvaにはテクスチャ・パータン素材がたくさんそろっているので、モダンでおしゃれな年賀状のデザインもカンタン!いろいろな組み合わせを試してみましょう。

余白を十分にとる

年賀状に限らず、余白を十分にとることはデザインがおしゃれに見える基本。できるだけ要素を少なくして、すっきりとしたデザインを心がけましょう。

文字にはメリハリをつける

メインの「年号」や「HAPPY NEW YEAR 」大きめに、それ以外の文字は小さめにするなどフォントの大きさにメリハリをつけるとおしゃれに見えます。

デザイナーが作成しているCanvaの年賀状向けフォーマットは、フォントのメリハリが効いたおしゃれなデザインがたくさんそろっています。

ラメ・シール・ペイントマーカーなどをプラス

おしゃれなデザインの年賀状ができたら、プラスアルファの工夫をするとさらにインパクトある仕上がりになります。

手書きの文字をラメのペンで書いたり、デザインに合うマスキングテープやシールをプラスしたり、またラメパウダーなどを年賀状に塗布するのもオススメ。まるでアートのような年賀状の完成です!

デザイン作成の切り札