オリジナル素材でテンプレートをカスタマイズ。オンリーワンの本格的なスタンプカードは、印刷サービス業者への入稿も可能です!

スタンプカードの無料作成

ショップのリピーターを増やすスタンプカードの運用&活用法

ハンコとカードさえ用意すれば、ショップやイベントの販促ツールとして手軽に運用できるスタンプカード。

お客様の手に渡るものだから、信頼感を得られるようなデザインでしっかり作りたいですよね。

Canva(キャンバ)ならデザイン初心者でも簡単操作。お好みのテンプレートや素材をカスタマイズして、おしゃれなスタンプカードを無料で作る事ができます。

来店を促して集客し、固定客化をはかる。そのためのスタンプカード発行は、シンプルですが大きな力を発揮します。

ただし様々なショップのカードがあふれている現代、自店のカードでお客様の再来店を促すためには、デザインと共に運用方法が非常に重要です。

  • スタンプ押印の条件設定は店舗の属性にマッチしているか。
  • お客様が適度にゴール達成を目指せるか。
  • ゴール達成時の特典は、お客様がお得感を感じてスタンプをためようと思える内容になっているか。
  • 他店と差別化できているか。

スタンプカードの魅力はゴール達成時の特典で決まるようなもの。地域の特性や競合店をマーケティング、利益率や店舗の個性に配慮しながら、お客様の心を摑む特典を考えます。

ちなみに、ゴールは遠すぎないよう設定するのがコツ。お客様が「また来店しよう。スタンプをためよう」とモチベーションを保てる位置を見つけます。

なお、スタンプカードは店舗運用の他、イベントを盛り上げたり子供の意欲を掻き立てるツールとしても効果大。色々なシーンで活用できます。

スタンプカードはデザイン性と機能性を兼ね備えて

スタンプカードはショップの「顔」となるツールの一つ。機能性と運用方法に加え、ブランド要素を持つデザインはとても重要です。

多くの企業や店舗がデザインに投資するのは、ショップの印象と信頼性がデザインによって左右されるから。

例えば、大人おしゃれな商品を販売するショップがそれに見合ったデザインを採用すれば、大人おしゃれなイメージが定着します。すると「大人おしゃれといえばあのショップ」とお客様に思い出してもらえますよね。

特にスタンプカードはお客様が携帯する可能性の高いツール。必然的にお客様の目に何度も触れます。ですから、自店ブランドを意識しつつも、持っていて心地いいカードデザインとミスのない紙面制作を心がける事が大切です。

デザイン性と機能性の融合によってお客様のリピートを促し、有効活用してもらえるスタンプカードを作りましょう。

素人でも無料で簡単にスタンプカードを作る方法

コストを抑えるなら、自分でスタンプカードを手作りするのが一番です。

しかし、プロの使うデザインソフトは高額、デザインに自信もない、そもそも素人だし作り方さえ分からない。そんな方でもパソコンかスマホ1台 、それにインターネット環境さえあれば大丈夫です。オリジナルのおしゃれなスタンプカードを、無料で簡単に作れるアプリがあるんです。

その名はCanva(キャンバ)。Webブラウザ上で動作する無料ツールなので、デザインソフトを購入する必要はなし。使用ブラウザは最新バージョン推奨です。

Canvaは無料登録ですぐ使える上、スマホに無料アプリをインストールしておけばマイデザインを同期できます。パソコンの大画面で作成したスタンプカードのデザインを、出先にスマホで手直し。またその逆もOK!

忙しい方にとってCanvaは便利で強力なデザイン制作ツールになります。

Canvaならテンプレートや素材を選んで楽々カスタマイズ

Canvaはインターフェイスがシンプルで、デザイン初心者でも直感的にレイアウトできます。また、プロデザイナー制作のハイセンスなテンプレート・素材・写真が100万点以上と豊富に揃っています。

スタンプカードを作成したいなら、デザインタイプ「名刺」を選択し、ショップの雰囲気やイメージに近いテンプレートを使ってカスタマイズしてみましょう。おしゃれ&かわいいデザインも思いのままです。

加えてオブジェクトやテキストの追加・削除、色や大きさなども自在。画像加工もCanvaでできるし、自動保存だからストレスフリーです。

デザインの共有もOK!スタンプカードが完成したら

自分で用意した素材や撮影写真を使用できるのも、Canvaの魅力の1つ。スマホで撮影した写真は、Canvaアプリで手軽にアップロードできます。

店舗ロゴやイラスト、写真をテンプレートの素材と差し替えれば、オリジナルのスタンプカードに早変わり。有料素材も、プロデザイナーの高品質なデザインがわずか1ドル(100円前後)から使えます。

作成手順も簡単。

 

まずテンプレート背景色を変更、ライブラリーや画像を選択・配置して店舗イメージを固めます。

次に素材を配置し、テキストボックスに文字入力。130種類以上のおしゃれフォントが用意されているので、イメージにぴったりなフォントが選べます。

最後に素材の配置やカラーを調整するだけ。本格的なデザインのスタンプカードで他店と差をつけましょう。

5ステップで簡単作成

  1. Canvaを開いて、[名刺] のデザインタイプを選択します
  2. 豊富にそろったテンプレートから、好きなものを選択します
  3. 手持ちのロゴや素材をアップロードするか、100万点を超える素材集から好みのものを選びます
  4. 画像を加工したり、テキストを追加したりします
  5. 保存して共有しましょう

カスタマイズも自由自在

  1. 素材を変更します。手持ちの素材をアップロードするか、100万点を超える写真、グラフィック、イラストをとりそろえたCanvaの素材集から選択します。
  2. フォントを変更します。130種類を超えるフォントから選択します。
  3. 背景を変更します。ライブラリーから背景を選択するか、画像を使用します。
  4. カラーを変更します。テキストボックスとテキストのカラーを変更して、自分らしくアレンジします。

デザインの共有もOK!スタンプカードが完成したら

作成したスタンプカードはメンバーと共有できるから、上司や仲間とのデザイン打ち合わせもバッチリです。

やり方はスマホもパソコンも同じ。編集画面右上の「共有」ボタンからSNSなどを選択し、送信先アドレスを入力するだけです。

スタンプカードのデザインが決定したら、いよいよ印刷に移ります。

Canvaは印刷にも配慮。作成デザインはPDF保存できるので、自宅やオフィスのプリンターから、またはネットプリントを利用してコンビニのプリンターからも出力できます。

・スタンプカードを長期間携帯してもらいたい

・お店のことをもっと知ってもらいたい

・お店に安心感や信頼感を持ってもらいたい

そんな時は高品質で印刷したいですよね。

Canvaで作成したスタンプカードのPDFデータは、PDF入稿が可能な印刷サービス業者に入稿できます。印刷の事で悩む必要はありません。

高品質なデザインのスタンプカードが作れるCanvaを利用しよう

プロのデザインを簡単操作で実現した無料アプリCanva。豊富なテンプレートや素材を選んでカスタマイズするだけで、納得のスタンプカードが作れます。

センスのいいデザインでお客様に喜びとインパクトを!Canvaで作ったスタンプカードで、お店やイベントを盛り上げましょう。

FAQ

Canvaにアクセスするにはどうすればよいですか?

無料アカウントを作成して今日からデザインを開始するには、www.canva.comにアクセスします。 Canvaの無料アプリをダウンロードすれば、iPadからもデザインを作成できます。

スタンプカードにQRコードを追加できますか?

はい、できます。QRコードジェネレーターを使用して、PNGPDF形式の画像ファイルとしてCanvaにアップロードしてください。Canvaでは、無料で自分の画像をアップロードし使用できます。

デザインスキルがまったくない場合はどうすればよいですか?

Canvaの操作はドラッグ&ドロップだけなので驚くほど簡単です。テンプレートや画像素材、イラスト素材も多く取りそろえているので、デザインの知識やスキルは必要ありません。