ビジネスに効果あり!スタイリッシュなレターヘッドを作成し、ブランドイメージを確立しよう

突然海外との取引が発生し、正式なレターヘッドで書類の提出を求められたとしたら、どうしますか? コーポレートロゴをデザインし、それに合わせてレターヘッドや封筒などのデザインも一新しなければならないのに、提出の期限は刻々と近づいている…。

そんな状況になったとしても、慌てる必要はありません。プロのデザイナーが作成したテンプレートを使って無料でレターヘッドをデザインできるオンラインサービスを活用すれば、ビジネスの信頼性を高めてくれる本格的なレターヘッドがすぐに用意できます。

もちろん海外との取引のシーンだけでなく、おしゃれなレターヘッドは、フリーランスや個人事務所にも、ショップやサロンのオーナーがブランドアイデンティティを確立するための強力なサポートになります。使い方はとても簡単。わずか数クリックで、オリジナルのレターヘッドを作成できます。

Mockup_Letterhead Maker 1-01

レターヘッドに記載すべき要素はこの5つ

正式な書類として提出できるレターヘッドを制作するには、以下の要素を含める必要があります。なかでもロゴは、オリジナルのデザインを使用して明確なブランドイメージを構築したいものです。

ロゴデータをまだ用意していないという場合は、ぜひCanvaのロゴ作成ツールを使って、オリジナルのロゴをデザインしましょう。手持ちのロゴがある場合は、デザイン画面から、ドラッグアンドドロップでアップロードすれば、すぐにテンプレートに組み込んで使うことができます。

  • ロゴ
  • 会社などの名称
  • 住所
  • 連絡先(電話やメールアドレスなど)
  • ウェブサイトのURL(あれば)

ブランディングについて改めて考えよう

レターヘッドは、ブランドアイデンティティを確立するための強い味方です。レターヘッドをデザインするのは、提供するビジネスの価値と向き合ういいきっかけになります。自分のサービスや商品は、顧客にどのような価値を提供することができるのか、また、その価値をどのように表現して、ユーザーに伝えたいのかという点について、今一度、時間を取って考えてみませんか?

ブランド価値を構築する流れは、以下の手順で行います。

  1. ブランドを定義する
  2. SWOT分析*などを活用して、強みを明確化する
  3. ブランドガイドを作成し、一貫したトーンで表現する

ブランドアイデンティティを構築する詳しい内容については、こちらの記事「ブランディングの究極ガイド」で解説しています。ナイキやAppleなどの企業を例に、視覚的にブランドを表現することの力を確認することができます。

*注:SWOT分析とは「長所」「短所「機会」「脅威」の角度から自社の競争環境を分析するフレームワークです。

本格的なレターヘッドを作成する簡単な5ステップ

  1. Canvaを開き、[レターヘッド] のテンプレートライブラリーから、好きなデザインを選択します。
  2. ロゴデータをアップロードします。ない場合は、Canvaのロゴ作成サービスを使って新たにデザインすることもできます。
  3. 会社名や住所など、文字情報を変更します。Canvaには、130を超えるフォントスタイルが揃っています。イメージどおりのフォントを見つけてください。
  4. 背景を変更したり、色を調整したりして好みのデザインに編集します。
  5. 完成したら、データをダウンロードしてプリントしたり、高品質な印刷を発注することができます。

テンプレートのサンプルが豊富

Canvaなら、専属のデザイナーが制作したレターヘッドデザインを、数百点以上あるテンプレートから選んで簡単にカスタマイズすることができます。テンプレートの使用はすべて無料。オンラインで簡単にデザインできます。テンプレートのサンプルを見るには、こちらをクリックしてください(会員登録していただく必要があります)。

ロゴからブランドカラーのパレットを作成

Canva Proを使用すれば、ブランドロゴから、ブランドカラーを抽出したカラーパレットを作成することもできます。Canvaにブランドカラーやロゴを登録しておれば、レターヘッドや名刺などをいつでも統一したブランドイメージで作成することができます。

デザインの共有も簡単

チームで共同作業したり、デザイン案を誰かに確認してもらいたい場合は、共有機能を使うことができます。他の人もデザインを編集できるようにするには、デザイン画面右上の [共有] ボタンをクリックして表示される、メール送信画面で [編集するリンクを共有] に設定すれば、受け取った人がCanvaの個人アカウントを使ってデザインを編集できるようになります。

デザインを確認してもらうだけなら、上記のメール送信画面で [表示するリンクを共有] を選択するだけです。

プロ品質の印刷を発注できる

レターヘッドのデザインが完了したら、データをダウンロードして自分でプリントすることもできますが、デザイン画面からそのままプロ品質の印刷を発注することも可能です。

やり方は簡単。デザイン画面右上の [レターヘッドを印刷] ボタンを押すだけです。この画面から、上質紙やデラックス紙などの用紙オプションや、マットや光沢などの仕上げのオプションも選ぶことができます。

よくある質問

レターヘッドとは文書の上部に表示される見出しのことで、ロゴ、会社名、連絡先の情報を含みます。レターヘッドは一般的には文字の左側または右側に配置され、ステーショナリーのテーマと一致するようにします。

レターヘッドをすべてのページで使用する必要はありません。一般的には、最初のページ以降は、同じ用紙でレターヘッドのないもの使用します。これは、レターヘッドの目的が、個人またはビジネスのブランドを紹介することが目的だからです。そのため、すべてのページでレターヘッドを使用しなくてもよいのです。

できます。デザイン画面左上の [サイズを変更] メニューから、お好きなサイズ(カスタムサイズ)を指定したり、あらかじめ設定されたお好みのサイズを選んだりできます。

Canvaの評価