スクリーンレコード

スクリーンレコードでプレゼンテーションを録画して共有しよう!
スクリーンレコード

Canvaのスクリーンレコード機能で、プレゼンに自分の顔と声をのせることができます

スクリーンレコード

カメラとマイクの設定をすれば、自分の顔と音声を録画/録音しながらプレゼンテーション全てを録画することができます。文字だけでは十分に注意をひけないとき、話している様子も録画できたら、プレゼンの効果は大きいです。マニュアル動画や研修動画の作成にも活用できる最高の機能なので、ぜひお試しください。

レコーディングスタジオを使ってスクリーンレコードをする方法

スクリーンレコード

プレゼンのデザインが完成したら、[共有]から [プレゼンと録画]を選んで、レコーディングスタジオをクリックします。話している時の顔も一角で撮影しながら録画ができます。もちろん、カメラをOFFにして音声のみ録音することもできます。プレゼンをスクリーンレコードできると、オンラインセミナーの動画としてシェアすることができます。YouTubeやSNSにそのまま投稿することが可能です。

Canvaで作成できるその他のプレゼンテーションタイプ

スクリーンレコード

Canvaには、その他3つのタイプでプレゼンテーショを作成できます。録画機能はないですが、QuickTime Playerなど別の録画機能アプリを駆使して、これらをプレゼン動画にすることが可能です。[スタンダード]は、自分のペースでスライドの切り替えができるタイプです。スライドの切り替え時間をそれぞれ調整しながら、音声を入れるなどの工夫ができます。[自動再生]は、設定されたスピードで自動的にスライドが変わります。[プレゼンタービュー]は、次のスライドとメモが表示されるので、視聴者にそれらを共有できるといったメリットがあります。

QuickTime Playerを使ったスクリーンレコードの仕方

スクリーンレコード

スクリーンレコードをしたい時に使える無料のアプリケーションがQuickTime Playerです。このアプリを使えば、[ファイル]>[新規画面収録]から画面の録画をすることができます。録画を停止すると、自動的にファイル保存されます。そのファイルをCanvaにアップロードして、修正したり、共有・シェアすることもできます。

スクリーンレコードをしたい時に使えるプレゼンテーション用のデザインテンプレートも豊富

スクリーンレコード

Canvaでは、プレゼンテーションの作成に便利なデザインテンプレートが豊富にあります。プロのデザイナーが作成したので、おしゃれで機能性のある見やすいテンプレートが見つかります。ビジネスライクなものから、スタイリッシュ、ポップ、シンプルなど、多種多様なスタイルでご用意しています。デザインの手間を省いて、文字だけ入力したい時に便利です。アップロード機能も簡単なので、写真や素材も素早く追加することが可能です。

スクリーンレコードの仕方

スクリーンレコード
プレゼンをスクリーンレコードしてみよう

パソコン、またはスマートフォン/iOSアプリで、Canvaを開きます。作成するものは自動的にクラウド保存されるので、途中からデバイスを変えて編集しても問題ありません。

テンプレートの検索ボックスに「プレゼンテーション」と入力して検索します。デザイン画面からテンプレートを検索することもできます。

テンプレートを開いたら、テキストの変更、配置の調整、背景色の変更などをして、デザインを編集します。

スライドが完成したら、[プレゼンと録画]を選んで、レコーディングスタジオをクリックします。スライドやデザインを切り替えながら、自分の声と顔も一緒に録画します。(別のアプリケーションで、Canvaのプレゼンを画面録画することも可能です。)

スクリーンレコードが終わったら、動画をダウンロードし、共有リンクを使って共有しましょう。そのまま各SNSに直接投稿することも可能です。
プレゼンをスクリーンレコードしてみよう

スクリーンレコードに関するよくある質問

はい。無料でスクリーンレコードはできます。

はい。スクリーンレコードだけでなく、プレゼンの作成やデザインも無料でできます。作成から動画のダウンロード・共有までワンストップで行えます。

はい、使えます。一部の機能は有料ですが、無料で多くの機能を使えます。無料のテンプレートや素材(画像・動画・イラスト・オーディオ素材など)も豊富にご用意しております。

パソコン、スマホ、タブレットなどでお使いいただけます。作成したデザインはクラウドに保存されるので、どのデバイスからでも編集を続けることができます。
引用符
自分では思いつかないようなレイアウトや色使いに毎回Wow!となります。自分で作るとワンパターンになりがちですがCanvaのデザインサジェスチョンからアイデアを得るとより楽しいものが作ることができます。

高木 和子