写真にウォーターマークを入れる

写真にウォーターマークを入れて作品を保護

写真やデジタルアート作品を盗難や不正使用から守りましょう。無料で写真や画像にウォーターマーク・透かしを入れ、一目で所有権を証明しましょう。

オリジナルウォーターマークを作成する

オリジナルウォーターマークを作成する

ブランドが正当な評価を受けていることを確認しましょう。写真、アートワーク、販促資料に無料のカスタムウォーターマークを入れれば、誰が見ているのかが一目瞭然になります。ロゴ、名前、マスコット、署名など、ブランドを識別するためのあらゆるマーカーを使用します。フォントをカスタマイズして、豊富なフォントライブラリからお選びください。その後、ウォーターマークをダウンロードして、すべての写真に使用することができます。

作品に瞬時にサイン

作品に瞬時にサイン

ドラッグ&ドロップの簡単なツールを使用して、どんな写真にもウォーターマークを追加できます。画像に合わせてウォーターマークのサイズを変更し、写真の任意の場所に配置します。必要に応じて回転させたり、写真に合わせて好きな角度に傾けることもできます。また、透かしの不透明度をカスタマイズして、写真やデジタルアート作品の外観に合わせることもできます。

デジタル作品に一括で透かしを入れる

Add Watermark to Photo Feature Card 3

Canvaのアカウントを持っていると、作成したウォーターマークも含めて、作業中のファイルが自動的にオンラインに保存されます。いつでも、どんなデバイスでも、無料で、すべての写真やデジタルプロジェクトにウォーターマークを簡単に追加することができます。

写真にウォーターマーク・透かしを入れる方法

写真にウォーターマーク・透かしを入れる方法
写真にウォーターマークを入れる

Canvaを開くか、携帯電話やタブレットで無料のスマホアプリをダウンロードしてください。

ウォーターマークがまだない場合は、検索バーに「ウォーターマーク」または「ロゴ」と入力して、カスタマイズできる数多くの既製ウォーターマークデザインを検索してください。また、ゼロからオリジナルのフォトウォーターマークを作成することもできます。新しいプロジェクトを開始し、Canvaのテキストツール、豊富なフォントとメディアライブラリを使用します。それを背景なしのPNG画像として保存します。すでにウォーターマークファイルがある場合は、エディタにアップロードするだけです。

ウォーターマークを入れたい写真をアップロードします。次に、画像ファイルを空白のエディタにドラッグ&ドロップします。

いよいよ写真に透かしを入れます。アップロードしてから、ウォーターマークを隅にドラッグするか、画像の中央に目立つようにはりつけます。ウォーターマークの外観を調整し、必要に応じてサイズを変更します。不透明度を変更して、半透明または完全に不透明にすることもできます。また、ウォーターマークをコピーして、写真に何度でも貼り付けることができます。

新しく透かしを入れた写真をダウンロードします。PNG、JPG、SVG、またはPDFファイルとして保存します。
写真にウォーターマークを入れる

FAQ

無料のスマホアプリをダウンロードし、携帯電話を使用して写真に透かしを追加します。アプリで、画像とウォーターマークファイルをアップロードします。プロジェクトを開き、写真をドラッグ&ドロップして、画像上の任意の場所に透かしを配置します。メイン画像をロックできるので、誤って写真を編集することなく、ウォーターマーク(サイズ、不透明度など)を自由に編集することができます。

写真やアートワークに透かしを入れることは、簡単ですが、知的財産を保護する効果的な方法です。知的財産には、撮影した写真や制作したデザインも含まれます。電子透かしを入れることで、画像やデジタルアート作品があなたのものであることを示すことができ、見知らぬ人があなたの作品をコピーすることが難しくなります。さらに、画像に透かしを入れることで、顧客や潜在顧客があなたのブランドを覚えてくれるようになります。

ウォーターマークとは、画像や印刷物の作成者または所有者を示すあらゆる記号のことです。作品に自分の名前を書くだけでも、ウォーターマークの一種と考えることができます。しかし、よりクリエイティブでプロフェッショナルな透かしをお探しなら、ロゴやサインを使用することを検討してみてください。また、フォントライブラリのフォントを使用して、ゼロから新しいウォーターマークデザインを作成することもできます。
引用符
Canvaは人生を変えるようなツールです。私が今まで見た中で最もよく考えられたウェブサイトの一つです。私は自分の作品をコミュニティで紹介するために使っていますが、いつも驚かされています。開発に費やした愛と努力に拍手!

@mahimagirdhar

写真編集機能