ノンデザイナー必見!理解しておきたいデザイン用語50選

graphic-design-terms

グラフィックデザインの分野に一歩足を踏み入れると、知らない用語がたくさん。今までに学んだことがない言語を新しく学んでいるような気分になってしまうこともあるでしょう。そこで、グラフィックデザインにおいて日常的に使われる50の専門用語を厳選してみました。一つずつ理解していきましょう。

カーニング、トラッキング、暖色、寒色、CMYK、RGBなどなど。頭が混乱してしまいますよね。グラフィックデザインの分野にも他の分野と同様に多くの専門用語があります。その用語の多さから、順調にデザイン作業が進んでいる時に頭が混乱してしまうこともあるでしょう。しかし、たとえあなたが「混乱してしまった!どうしよう……」とパニックに陥っても心配することはありません。――私たちが混乱してしまった「あなた」のお手伝いをします。

あなたがデザイナーになりたてであったり、デザインにほんのちょっとの興味があったり、仕事を依頼したウェブデザイナーから受信したメールの内容を理解しようとしていたり。あなたの置かれている状況に関わらず、イスに腰かけてリラックスしてください。それでは、グラフィックデザインでよく使われる専門用語を見ていきましょう。

01.タイポグラフィー

タイポグラフィーとは、文字を読みやすくし、また視覚的に魅力的な手法を用いて芸術的に文字を配置させること。通常、タイポグラフィーは「デザイン」と「多種多様な書体を用いること」に関連し、デザインを見る人に視覚的にアイデアを伝えるサポートをします。

ビギナーが陥りやすいデザインに関するミスについて参照したい場合は、こちらのコラムを参照してください。

01-typography-tb-800x0

Better2Web

02.ボディコピー

ボディコピーとは、デザインや出版物のテキストの主要部分のこと。テキストによるウェブサイトのコンテンツ、本やあなたが今読んでいるこのコラムも全てボディコピーです。

02-bodycopy-tb-800x0

TwoPoints.Net

03.ディスプレイ書体

デザインを見る人の注目を引きつけることを目的としてデザインされた書体のこと。より分かりやすいたとえは、ポスターに書かれた映画のタイトル、雑誌の記事のタイトルや新聞の見出しなどがディスプレイ書体です。

03-displaytype-tb-800x0

TBA+D

04.ヒエラルキー

ヒエラルキー(階層)とは、テキストなどの重要度を表すために、要素を視覚的に分かりやすく配置すること。たとえば、タイトルを大きく太字にすることで、小さく明るい色の画像キャプションを使用するよりも見る人の注目を集めることができます。

04-Hierarchy-new-tb-800x0

Why Every Design Needs Three Levels Of Typographic Hierarchy

05.カーニング

2つの文字の間にあるスペースを調整すること。カーニングは、ごく一般的なデザインの専門用語で、通常、それぞれの文字の間のスペースによりきれいなバランスを作り上げるためのものです。

カーニングの詳細をもっと知りたいですか?知りたい場合は、こちらのコラムを参照してください。

05-kerning-branded-tb-800x0

06. レディング

英語表記では”leading(リーディング)”ですが、'ledding(レディング)'と発音します。レディングは、文字の行間のスペースのことを指します。レディングがあまりにも狭い場合、緊迫感と文字同士の重なりを引き起こしてしまい、その結果、内容が読みづらくなってしまいます。反対に、レディングがあまりにも広すぎる場合は、文章としてのつながりがないように見えることがあります。そのため、プロのグラフィックデザイナーは、ほどよいレディングのバランスを見つけています。

06-leading-branded-tb-800x0

07.トラッキング

トラッキングは文字間のスペースのことを指します。テキストの本文のトラッキングをする場合、プロのデザイナーは、大きな文字のかたまり(すなわち、ボディコピーのこと)の密度や見た目を変えるために、単語内の文字の間にあるスペースを調整します。ここで注意が1点。トラッキングとカーニングと混同しないようにしてくださいね。カーニングは、1つの単語内の文字間のスペースを調整するものです。 一方のトラッキングは、1つの単語だけではなく、ボディコピーといったまとまったテキストに使用します。

07-tracking-branded-tb-800x0

08. エックスハイト

小文字の平均的な高さのこと。どのような書体でも、小文字”x”の高さを見ることで一定の基準を把握することができます。そのため、エックスハイトと言う名前が付けられています。

08-xheight-branded-tb-800x0

09. アセンダ

小文字で、エックスハイトよりも上にある部分のこと。一般的な例として、 “b”、”d”、”f”などがあります。

09-ascender-branded-tb-800x0

10.ディセンダ

小文字でエックスハイトよりも下にある部分のこと。一般的な例として、”g”、”j”、”p”などがあります。

10-descender-branded-tb-800x0

11. OrphansとWidows

このデザイン用語は、文字列の最上部もしくは最下部に表示される単語、もしくは短い文章のことを指します。デザイン作業を終える前にボディコピーをチェックし、このような単語や文章が表示されていたら削除するようにしましょう。 要約すると、Orphanは「前ページの末尾の孤立行」、Widowは「ページの先頭にある孤立行」を指します。

11-orphanswidows-tb-800x0

12.セリフ書体

縦と横の線の端に小さく装飾的なストローク(「セリフ」と呼ばれます)がある書体のこと。セリフ書体は、プロフェッショナルで信頼感があり、伝統的に見える傾向があります。

12-serif-tb-800x0

Abraham Lincoln by Frances MacLeod

13.サンセリフ書体

小さく装飾的なストローク(セリフ)がない書体のこと。サンセリフ書体は、セリフ書体と比較して、モダンでスタイリッシュ、かつ凝った装飾がない簡素な書体に見える傾向があります。

13-sansserif-tb-800x0

Maven Pro by Joe Prince

14.スクリプト書体

手書きの筆記体に似た書体のこと。スクリプト書体は、どのような装飾が施されているかによって、エレガント・人間味がある・カジュアルのいずれかに見える傾向があります。

14-script-tb-800x0

Mission Script by James T. Edmondson

15.スラブセリフ書体

ヘッドラインやタイトルでよく使用される、太字のブロック体のセリフ書体ですが、ボディコピーではあまり使用されることはありません。スラブセリフ書体は頑丈で力強く大胆に見える傾向があります。

15-slabserif-tb-800x0

Carton by Nick McCosker

16.可読性

可読性(読みやすさ)とは、ある文字から次の文字へと目を移す時に、どれほど簡単に次の文字の判別がつくのかを示す指標のことです。可読性は、選んだタイプフェイス(書体)とその使用方法に大きく影響を受けます。つまり、一般論で言うと、よりシンプルなセリフ書体やサンセリフ書体は、小さなボディコピーに適しています。

16-legibility-branded-tb-800x0

17.アラインメント

バランスが良く、規則性があり、より論理的なレイアウトにするためにデザイン要素を配置すること。加えて、中央、左、右、両端揃えの4種類の一般的な文字アライメントがあり、これらは時と場合によって使い分けられます。

アライメントや他のタイポグラフィーに関する用語を掘り下げてみたい場合は、こちらのコラムを参照してください。

17-alignment-captions-tb-800x0

18.リードコラム

メインテキストから抜粋した短い引用もしくは抄録のこと。重要なアイデアを強調するための視覚的要素、また、見る人の興味を引く要素として使用されます。リードコラムは雑誌のデザインで非常によく見られる手法です。

18-pullquote-tb-800x0

Mikael Fløysand

19.カラーパレット

デザインで使用するために選んだ配色のこと。

きれいなカラーパレットを構築するためのより詳細なヒントについては、現役デザイナーによるこちらのコラムを参考してください。

19-palette-tb-800x0

Canva

20.モノクロ

1色で構成されたカラースキームのこと。その色の明るいトーンから暗いトーンまで含みます。

20-monochrome-branded-tb-800x0

21.類似色

色相環で隣り合う3色から構成されたカラースキームのこと。

21-analogous-branded-tb-800x0

22.補色

色相環で反対側にある2色から構成されたカラースキームのこと。

22-complementary-branded-tb-800x0

23. 3色配色

色相環で等間隔に配置されている3色から構成されたカラースキームのこと。

23-triadic-branded-tb-800x0

24. CMYK

CMYKまたは “シアン、マゼンタ、イエロー、キー・プレート”は、印刷用途で使用されるカラーモデルです。CMYKは減法混色の原色で、これは「白で始まり、黒で終わる」という意味です。そのため、この4色を混ぜていくと、最終的に黒に近い暗い色になります。

24-cmyk-tb-800x0

25. RGB

RGBもしくは「赤色、緑色、青色」とは、PCなどといったディスプレイ画面に用いる前提で使用されるカラーモデルのことです。RGBは中間色で、この3色を混ぜるとまず黒色になりますが、最終的には白色になります。

25-rgb-tb-800x0

26. Pantone(PMS)

「Pantone Matching System」とは、印刷向けに標準化された色のシステムのことです。全てのPantone色調には番号が付与されているため、正確な色合いを簡単に参照したり、識別したりできます。

26-pantone-tb-800x0

Neverland Studio

27.暖色

赤色、黄色、オレンジ色といった熱や暖かさを連想させる色のこと。これらの色は、より暖かみがあり、親しみやすく、より明るい感じを私たちに与えてくれる傾向があります。画像や写真にオレンジ色系のトーンを足すことで、暖かみのある雰囲気を加えることができます。

27-warm-branded-tb-800x0

28.寒色

青色、緑色、すみれ色といった、肌寒さを感じる温度を連想させる色のこと。これらの色は静かで落ち着いた雰囲気を作り出す傾向があります。画像や写真に青色系のトーンを足すことで、涼しげな雰囲気を加えることができます。

28-cool-branded-tb-800x0

29.色彩理論

色がどのように人の気分を変え、また色を見ることでどのように人が反応するのかを分析するために行った調査や研究のこと。この色彩理論によると、特定の色を見ることで、私たちの潜在的な感情や気分を呼び起こす可能性が大いにあるとのこと。たとえば、私たちは青色を信用と信頼性に結びつける傾向があります。そのため、多くの企業がロゴとブランド戦略に青色を取り入れているのです。

デザイナーだけが知っている配色に関する10個の秘密を知りたい場合は、こちらのコラムを参照してください。

29-colortheory-tb-728x0-tb-800x0

30.色のグラデーション

1色の中で、1つのトーンから別のトーンへと色が段階的に変化すること。一般的な色のグラデーションは2つあります。1つは、フレームの反対側に向けて色が変化していく線状グラデーション。もう1つが、フレームの内側から外側に向けて色が変化していく放射状グラデーションです。

30-gradient-branded-tb-800x0

31.透明度

要素が持つ透過度のこと。透過度が低いほど、要素はより透明になっていきます。

31-opacity-branded-tb-800x0

32.解像度

画像の詳細情報量のこと。解像度が高くなるほど、画像がきれいに表示され、より詳細なレンダリングがなされます。反対に、解像度の低い画像やグラフィックは、不鮮明であったり、画素が粗いためにモザイクがかかったような画像になったりする傾向があります。

32-resolution-branded-tb-800x0

33.コントラスト

並列して配置した2つの要素の差の程度のこと。一般的なコントラストの種類として、暗い・明るい、厚い・薄い、粗い・滑らかといったものがあります。

33-contrast-branded-tb-800x0

34.色の彩度

色の明度と鮮やかさの程度のこと。たとえば、彩度の低い色の場合、淡く、色あせて見えます。彩度が高い場合は、より明るく鮮明に見えます。

34-saturation-branded-tb-800x0

35.ストックフォト

専門的なスキルを使用して撮影され、オンラインで使用許可が得られる写真のこと。ストックフォトは、通常、写真家に撮影を依頼する代わりに使用するか、デザイナーが自分の写真のストック(在庫)から欲しいイメージが見つからない場合に使用されています。

きれい・無料・高品質のストックフォトを見つける最適なサイトのガイドについては、こちらのリストを忘れずにチェックしてください。

35-stockphoto-tb-800x0

Unsplash – Olenka Kotyk

36.三分割法

三分割法は、垂直(縦)線2本と水平(横)線2本で画像を分割すると、線が交差する範囲がデザインの焦点になる、という理論です。

36-ruleofthirds-tb-800x0

Photography Mad

37.ブランド

会社の価値観や精神/信念をカプセル化した概念、アイデア、感情のあつまりのこと。ブランドとは、ブランドを宣伝するコンテンツ、 従業員の話し方 、使用する言葉、維持すべき価値観など、会社を構成する多岐に渡る全ての概念を組み合わせたものです。

ブランドを構築する方法の詳細については、こちらのコラムを参照してください。

37-brand-tb-800x0

12 Simple Strategies All Memorable Brands Use To Leave a Lasting Impression

38.ブランド・アイデンティティ

会社の価値観、事業内容、精神/信念を表現すること。簡単に表現すると、ブランド(上記の定義を参照してください)の視覚化をすること。ロゴ、名刺、レターヘッド、会社の制服、パッケージデザインなどがこれに含まれます。

38-brandidentity-tb-800x0

39.ロゴタイプ

会社の名前を消費者などに視覚的にアピールするようにデザインしたロゴの種類のこと。Google、Ikea、Disneyといったブランドを頭に浮かべてみると良いでしょう。

39-logotypes3-tb-800x0

Creative Bloq

40.ブランドマーク

会社名を表示する代わりにシンボルを表示する、ロゴデザインの一種のこと。Apple社のロゴを頭に思い浮かべると簡単に理解できるでしょう。一般的に、ブランドマークにはロゴタイプが付いていることが多いですが、「常に」ではありません。

40-brandmark-tb-800x0

Creative Bloq

41.サムネイル・スケッチ

サムネイル・スケッチは、あなたがよく使用しているサムネイルの類ではありません。サムネイル・スケッチとは、潜在的なデザイン概念もしくは解決策の概略図のこと。これは、画面での作業に移行する前に、さまざまなアイデアやコンセプトを手作業で視覚化し、展開するために使用されます。

41-thumbnailsketch-tb-800x0

Adham Dannaway

42.グリッド

均等に分割し、交差する列と行で構成されるフレームワークのこと。グリッドを使用することで、グラフィックデザイナーは素早く、よりきれいに、より一貫した方法でデザイン要素を整列/配置できます。

42-grid-tb-800x0

20 Design Rules You Should Never Break

43.スケール

形と比率を損なうことなく、オブジェクトのサイズを変更すること。大縮尺にするとデザインにドラマが生まれ、小縮尺にするとデザインに繊細さが生まれます。

43-scale-tb-800x0

Erin Fakler

44.テクスチャ

デザインに関していうと、テクスチャを活用することで、デザインの実際の触わり心地、もしくはデザインの触覚を視覚的に表現することができます。テクスチャが施された画像とグラフィックをデザインに重ねることで、実際のテクスチャを表現したような見た目を作り出すことができます。

44-texture-tb-800x0

Wander

45. ホワイトスペース

「ネガティブスペース」と呼ばれることもあるホワイトスペースとは、コンテンツが一切ないデザインの範囲のこと。ホワイトスペースは、デザインに「一息つかせる」ことができるため重要なデザイン要素とされています。また、過度に複雑なデザインになることを避け、デザインをきれいな見た目に保ってくれます。

45-whitespace-tb-800x0

Chris Ballasiotes

46.マージン

ページの端の周りにあるスペースのこと。ページのマージン(余白)のサイズを増やしたり減らしたりすることで、より落ち着いたデザインやより緊張感のあるデザインを作ることができます。下に表示されている参考例は、より大きく、より広いマージンで構成されています。

46-margins-tb-800x0

João Oliveira

47.ダイカット

ダイカットとは、印刷されたデザインをさまざまな形に打ち抜き、ユニークな効果を作り出すこと。 ダイカットは印刷後に施され、デザインの仕上げプロセスに分類されます。

47-diecut-tb-800x0

Atipo

48.箔押し

光沢のあるメタリック仕上げを施すために、デザインの特定の部分にホイルを加熱プレスすること。

48-foilstamp-tb-800x0

Congostudio

49.レタープレス

金属板を使用して紙の表面にデザインをプレスし、立体的なデザインを作り出すプロセスのこと。

49-letterpressing-tb-800x0

Eli Kleppe

50. ロレム・イプサム

「ダミーテキスト」とも呼ばれるロレム・イプサムは、実際のテキストが利用できない場合に使用される一般的な filler texで す。プレースホルダテキストとして使用されることがあり、実際のボディコピーを盛り込んだデザインがどのように見えるのかを示してくれます。

50-lorem-ipsum-tb-800x0

LRB Blog

この説明で満足いただけたでしょうか?グラフィックデザイナーと一緒に(もしくは、グラフィックデザイナーとして)作業するときに遭遇するかもしれない、一般的なデザイン用語をご紹介してきました。

今現在、あなたがデザイナーであろうとなかろうと、専門用語は重要ですが、専門用語こそがすべてではないと頭に入れておきましょう。用語の定義はさまざまな状況の下で常に変化し、それに適応していくものです。ですので、新しいコンセプトやアイデアを注意深く追っていきましょう。また、分からないことがあった場合は、質問するようにしましょう!あなたが確信を持てずにいるコンセプトがある場合、それをしっかりと理解するために他の人に意見を求めることは決して恥ずかしいことではありません。 それでもダメな場合は 、自分が納得できるまで試行錯誤してみましょう。