Canvaで稼ぐ副業アイディア6選!

Canvaで稼ぐ副業アイディア6選!

リモートワーク環境の増加や働き方改革によって「副業をしてみたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

Canvaは趣味としてデザインや動画作成を楽しむこともできますが、Canvaを使って副業をすることも可能です!

お仕事としてCanvaを使い続けることで更なるスキルアップも期待できるかも?今回はCanvaを使った副業アイディア6選をご紹介いたします。

Canvaを教える

2017年に日本でローンチしたCanvaは、日本での認知度、ユーザー数ともに右肩上がりですが、まだまだCanvaの使い方を教えていただけるエバンジェリストが足りていません。

次々にローンチされる新しい機能もですが、まずは基本的な使い方を教えて欲しいとの声がたくさん届いております。

公式ブログ(新しいタブまたはウィンドウで開く)公式SNS(新しいタブまたはウィンドウで開く)でもCanvaの使い方やお役立ち情報をご紹介しておりますが、サービスの広がりに伴い「Canvaを教えて欲しい」との声が今まで以上に高まっているのを感じます。

また、Canvaの使い方は多岐に渡るため、例えば、実店舗をお持ちの方のオフラインとオンラインでの活用方法、ハンドメイド作家としてオンラインで集客・販売したい方、インフルエンサーとして好きなことや得意なことを発信したい方、音楽など芸術活動の告知で使いたいなど、作りたいものも様々で、デザインの系統も幅広い需要があります。

得意なジャンルや専門ジャンルのある方で、それぞれの分野でCanvaも教えてくださる先生がいましたら大変嬉しいです。

オンラインで教える

YouTubeでCanvaの使い方の動画をアップしたり、Udemyやストリートアカデミーなどで講習動画を提供する方法が挙げられます。

オフラインで教える

講演やセミナーを提供する。実際に講師と同じ場所で手取り足取り教えてもらいたいと思っているユーザーの方も多くいらっしゃいます。

小規模事業者さんのビジネス支援をされている、Canva Japan認定講師のいずいずさん。

Canvaの操作だけでなく、ユーザーのビジネスの目的に合わせたバナーやチラシの作成のコツと解説や、デザインの基本までオールマイティに解説されています。(いずいず公式ウェブサイト(新しいタブまたはウィンドウで開く)

Canvaでデザイン作成を受注する

こちらはクリエイター向けの副業になります。ご自身のウェブサイトや知り合いの紹介を通してデザイン作成の依頼を受けて発注します。

デザイン発注と合わせてCanvaの簡単な使い方も教える形にすれば、リンクで編集可能なデザインデータを共有し、簡単なテキスト修正などをクライアントにお願いすることにより、スピード感を持たせたり、追加作成分の金額を調整するなど、従来のデザイン作成依頼と比べて、より柔軟性を持たせることができます。

また、元々デザイナーでなかった方でも、Canvaを使ってクリエイターとして活躍されている方も多くいます。

ノンデザイナーでCanvaを使い始め、Canvaでの図解作成などを受注して、ココナラで最高ランクのプラチナまで上り詰めたぺち丸さん。現在はCanva Japan認定講師としても活躍中。(ぺち丸運営Canvaサイト:Cansil(新しいタブまたはウィンドウで開く)

Canvaで作ったグッズを売る

Canvaで作ったデザインは、商用利用可能なのでBASE(新しいタブまたはウィンドウで開く)SUZURI(新しいタブまたはウィンドウで開く)のようなサイトでオリジナルデザインのグッズを作って売ることも可能です。お友達や家族からデザインを褒められたことがある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?


Canvaのイラストやデザインをそのまま編集せずに使用し、販売することは禁止されています。イラスト素材+テキストなど、いくつかの要素を組み合わせたり、色を変えて「ご自身のデザイン」にして販売ください。

商用利用については下記の記事も参考にご覧ください。

Canvaがサポートしている稼ぎ方3つ

Canvaアフィリエイトプログラム

Canvaでは、サービスを紹介いただいた方に報酬をお渡しするアフィリエイトプログラムも実施しています。サービスを良いと思ってくださった方にCanvaを紹介いただき報酬を得ることで生活の安定に繋げたり、紹介された方にもツールを楽しんでいただいたりして、みなさまのクリエイティブ活動の費用をサポートする手段としてプログラムを活用いただければ幸いです。

Canvaアフィリエイトに関するお問い合わせは、 affiliate-support@canva.com へご連絡ください。


Canvaテンプレートを販売

Canvaのテンプレートを販売する方法は主に3つあります。

  • 自身のウェブサイトで販売
  • ネットショップサービスを通して販売
  • Canvaクリエイターになりロイヤリティ報酬を得る


Canvaクリエイターの詳細・応募は、Canvaクリエイター公式ページ(新しいタブまたはウィンドウで開く) をご覧ください。


Canvaで写真、動画素材の販売

ご自身で撮った写真や、描かれたイラストを販売することができます。Canvaで素材を検索した時に自分の素材が出てくるなんて楽しくなりませんか?

写真や動画、イラストも、さらに日本で使いやすい素材を増やしていきたいと考えていますのでみなさんのお力をお借りできると嬉しいです。

みなさんの多種多様な素材が集まって、よりバラエティに富んだプラットフォームになり、Canvaの輪が広がっていくのを想像するとワクワクします。

(2022年4月現在、一時的に新規申し込みを停止中です。再開した際には上記ページにて告知予定です。)

番外編:Canvaを使ってブランドを作る

Canvaの本社があるオーストラリアのシドニーで、最初は副業として、水着ブランドを立ち上げた方の例をご紹介します。

Dani Atkins(ダニ アトキンス)さんは、Kulani Kinis(クラニ キニス)(新しいタブまたはウィンドウで開く)という水着ブランドを立ち上げました。

立ち上げのきっかけは自身がハワイに行く時にオンラインで買った水着。2着で$500(約62,500円)もする水着が、本当に品質に見合っているのかと疑問に感じたことから、可愛くて、独創性があって、もっと手にしやすい価格の商品を作るにはどうしたらいいのかと考え始めました。4年で急成長したブランドはASOSやフォーエバー21でも販売されるようになりました。

ブランド立ち上げ時に、代理店やデザイナーに問い合わせたところ、金額が高すぎることが問題となりましたが、それがCanvaによって解決し、ブランド作りを実現することができました。

Canvaで自分のオリジナルのフォントやロゴを登録し、取扱表示ラベル、価格タグ、サンキューカード、パッケージなど統一感のあるブランドアイテムを作り上げました。今でもスタッフみんなで日々Canvaを使っているそうです。


Canvaを使ってできる6つの副業アイディア + 1をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

まずはご自身が楽しく始められそうなものから挑戦していただければ幸いです!

【関連記事】


【フリーランス向けおすすめサービス】

求人メディアの「サクサク仕事探し(新しいタブまたはウィンドウで開く)」は、お金と仕事のTIPSをお届けしているカジュアル経済メディアの「おかねチップス」と連携しており、スタートアップやベンチャー、クリエイティブ業界の仕事探しに特化した求人サービスを提供しています。


【起業・フリーランス向けおすすめサービス】

ITプロパートナーズ(新しいタブまたはウィンドウで開く)は、起業や独立にチャレンジしたい個人や現役フリーランスに週3日から参画できる直請け案件をマッチングしているITエンジニアのフリーランスエージェントです。

関連記事

すべて表示

アイディアを形に

もっとも簡単なデザイン作成サービス