初心者でも簡単!売上アップに役立つCDジャケットを無料でデザイン

心を込めて作った音楽なのに、CDのジャケットのデザインが垢抜けないために、素人っぽい作品に見える。丹精込めてコンテンツを作ったのに、パッケージのインパクトが弱いためにセールスが思わしくない……。

いくらすばらしいコンテンツを作っても、ユーザーやファンに手にとってもらえなければ、残念な結果に終わってしまいます。大切な音楽やコンテンツは、スタイリッシュなアートワークでプロらしく製品化したいものですが、デザイナーに依頼する予算がないという人もいることでしょう。また思い通りのイメージを伝えるために、自分でデザインしたいという場合もあるでしょう。

そんなとき、ぜひ使ってみたいのがオンラインのデザインサービスです。初めてでもプロフェッショナルなデザインができるツールを活用して、あなたの世界観を伝えるジャケットを自主制作してみませんか?

Create a New Album Cover

CD/DVDジャケットの役割・4つのポイント

CDやDVDのジャケットのデザインを検討するときは、以下の4つのポイントを念頭に、最も効果を発揮するデザインを考える必要があります。実際に手を動かす前に、これらのポイントについて吟味することから、デザインがはじまります。

1. 興味を惹きつける

「ジャケ買い」という言葉に象徴されるように、魅力的なパッケージは、それだけで購買意欲をそそります。ショップ売り場で競合する製品に勝ち抜き、手に取ってもらうには、いかに目立つかということが極めて重要です。デジタル配信の場合も、スクリーンに表示される面積が限られているだけになおさらです。ひと目見た瞬間、思わず興味を惹きつけるようなインパクトが求められます。

2. 世界観を伝える

バンドにとって、非常に重要になるのがこのポイントです。メロディや歌詞、バンドの方向性、ロゴを含め、どのような世界観があるのかということを、一目で伝えるのがジャケットです。すべての要素がひとつの世界観を表現していなければ、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

3. 情報を伝える

タイトルや製作者など、そのCDやDVDの特徴や情報をコンパクトに伝えます。講演やセミナーCD/DVDの場合は、その製品を購入すれば、どのようなメリットを得られるのかを端的に伝えるキャッチコピーが非常に重要です。

4. ブランド価値を伝える

いつまでも記憶に残り、後からでも思い出してもらえるような価値がブランドイメージです。たとえばテーマカラーやロゴなど、一連のシリーズに共通する重要な要素については、長期的な視点で設計する必要があります。

名作ジャケットにデザインのヒントを得る

デザインのイメージをふくらませるには、過去の有名なアルバムのアートワークに目を通すのも一案です。自分でデザインするという目線から、それぞれのアルバムがどのようなコンセプトでデザインされているのか、思いをめぐらすのもいいですね。

Canvaなら、プロレベルのジャケットを簡単に制作

  1. CDジャケットのデザインページにアクセスします。
  2. プロのデザイナーの手による、数百以上のデザインテンプレートから、好みのデザインを選び、クリックして選択します。
  3. 画像を変更したい場合は、手持ちの写真をアップロードしたり、左の [写真] アイコンをクリックして好みの写真を選んで差し替えます。
  4. 文字を変更したり、追加します。
  5. 必要に応じて色を変更したり、フィルターを追加したりします。
さっそくデザインを開始する

手に取ってもらえるジャケットデザインとは?

プロフェッショナルな仕上がりのジャケットをデザインするには、いくつかの基本を押さえておく必要があります。とてもシンプルなルールですが、これらを頭に入れておくことで、結果につながるデザインを制作できます。

タイトルなどの文字は控えめに

バンド名やタイトルを大きく打ち出したい気分になるかもしれませんが、スタイリッシュでプロフェッショナルなアートワークの基本は、控えめな文字サイズです。今一度、お気に入りのアーティストのジャケットデザインを見返して、どのような文字バランスが美しいのか把握しておきましょう。

シンプルなフォントを選ぼう

フォントで個性を出すことは避けたほうがよいでしょう。個性的なフォントは、よほどデザインを熟知していないかぎり使いこなせません。同様に、文字色もなるべく控えめに、できればモノトーンがおすすめです。ちなみに、スポーツブランドのナイキの広告クリエイティブの文字色は、すべて黒と白の2色で構成されています。

写真にはこだわり抜こう

バンドの写真を使うなら、ぜひプロのカメラマンが撮影したアーティスト写真(アー写)を使用するようにしてください。イメージどおりのアー写が用意できなかったり、撮影する予算がないという場合は、世界観に合う写真をオンラインで探しましょう。Canvaには、無料または格安で使える高品質な写真素材が100万点以上揃っています。

著作権はOK?

写真を使用する場合は、著作権を侵害しないようくれぐれも気をつけましょう。苦労して制作した作品が、著作権違反でトラブルになることのないよう、撮り下ろしの写真か、著作権フリー写真を使うべきです。Canvaのデザインツールに用意している写真やデザインは、すべて著作権フリーです。

印刷する場合は上質な用紙を

ジャケットを印刷する場合は、少し予算を投じて上質な写真用の用紙を使いましょう。高級な用紙は発色が美しく、あなたがデザインしたジャケットをより魅力的に見えてくれます。

よくある質問

ジャケットのデザインは何度でも編集して保存できます。納得できるアートワークができあがったら、レイアウトとして使いましょう。作成したデザインは、Canvaのホームページの [マイデザイン] に表示されます。

モバイルデバイスからすべてのデザインにアクセスすることもできます。iPhone、iPad、AndroidデバイスにCanvaを追加するだけです。App StoreGoogle Playから無料でアプリをダウンロードできます。

共同作業機能は、バンドメンバーや別のグラフィックデザイナーと連携する際に便利です。他の人がデザインを編集できるようにするには、デザイン画面右上の [共有] ボタンをクリックして、表示された画面でメールアドレスを入力してリンクを送信してください。リンクを受け取った人は、各自のCanvaアカウントを使用して、カードのデザインを編集することができます。その際、[リンクを共有] メニューをクリックして表示されるドロップダウンメニューで、[編集するリンクを共有] を選択してください。リンクを受け取った人にカードの編集権限が付与されます。

ライブラリーの有料素材を使用したデザインは、印刷部数が2,000部に制限されています。デザインをオンラインでのみ使用する場合は、何度でも使用できます。

Canvaの評価