おしゃれで注目される名刺をPCやスマホアプリで手早く簡単に作成しよう

受け取った人に好印象を与える名刺の基本は、必要な情報が正しく配置されており、読みやすいということです。この記事では、名刺デザインの基本であるレイアウトとフォントについて解説し、さらに名刺に記載すべき情報や一般的なサイズにも触れています。

名刺制作には、手作りする、デザイナーに外注する、印刷会社のサービスを使う、などさまざまな方法がありますが、それぞれのメリットとデメリットを詳しく説明しています。19種類の業種について名刺デザインのコツもまとめています。

さらに、オンラインで数千種類の豊富なテンプレートを使って簡単に高品質なデザインができるCanvaの使い方もわかりやすく説明してます。

個人名刺を作成

名刺デザイン・レイアウトの5つの基本ルール

名刺の目的は、あなたがどんな人で、どういう思いでその仕事に取り組んでいるのかを相手に知らせることです。名刺のレイアウトは、そのメッセージをわかりやすく伝えてくれます。ここでは、名刺デザインのレイアウトにあたって配慮しておきたい5つの基本ルールをご紹介します。

1: どの要素を強調するか

名刺の中で強調したい要素は何ですか? 名刺には、氏名、会社名、職業名、ロゴなどさまざまな要素がありますが、すべて同じウエイトで表記するのではなく、強調したい要素を際立つように配置するほうが印象に残る名刺になります。

強調する方法としては、他の要素と比べて大きくする、太字にする、色を変える、周囲の余白を大きく取るといった方法があります。

2: 余白

上記と関連しますが、名刺デザインでは余白も重要な要素です。名刺の紙面の中で印刷されていない余白を大きく取ったほうが上品な印象を与えます。逆に、紙面いっぱいに文字が入っている名刺は活力あふれる印象になります。目指すイメージにあわせて余白を調整しましょう。

また、氏名や職業名など強調したい要素は、周囲に大きく余白を取ることで目立たせることができます。

3: ジャンプ率

大きく表示する部分と、小さな文字の差をジャンプ率といいます。このジャンプ率が大きいほど元気で活動的な印象になり、小さければ上品なイメージになります。

たとえば氏名の文字と住所やメールアドレスの表記のジャンプ率によっても相手に与える印象は変わります。実際にテスト印刷するとよく分かるので、どのようなイメージを演出したいのか手に取って試してみましょう。

4: 文字揃え

それぞれの要素のかたまりの文字を揃えてすっきりしたデザインにしましょう。文字揃えには、「右揃え」「左揃え」「中央揃え」の3種類があります。これを応用したものとして、氏名やロゴを左に、住所や電話番号を右に揃える「左右揃え」も使われます。

5: 装飾

ロゴのない名刺でも、罫線や枠線などシンプルな装飾を活用すればおしゃれな印象の名刺がデザインできます。装飾を使う場合は、メインの要素を邪魔しないように控えめに取り入れるのがポイントです。

名刺デザイン・フォントとサイズ

名刺にはあまり奇抜な書体を使用せず、明朝体、ゴシック体、楷書体といった安定感のあるフォントを使うのがおすすめです。複数のフォントを混在させることは避け、どうしても必要な場合も2種類までにしておきましょう。

なお、英文と和文に別のフォントを使うことはよくあります。英文フォントを選ぶ場合は、Helvetica(ヘルベチカ)、Futura(フーツラ)、Garamond(ギャラモン)が一般的です。

通常、名刺の文字のポイント数は7~18ptに収めることが推奨されています。文字サイズが小さすぎると読みづらいので、最小でも7ptは確保しましょう。メリハリのあるレイアウトにするには、名前など目立たせたい要素は18pt、住所やメールアドレスなどは7ptというふうに、ジャンプ率も考慮します。

一般的な名刺のサイズ

日本の代表的な名刺のサイズ規格は「4号」で、大きさは91mm×55mmです。これは別名「東京4号」と呼ばれますが、同じものが関西では「大阪9号」と呼ばれています。東京から関西に転勤した場合などに間違って注文しないように注意が必要です。

一方、欧米では89mm×51mmの規格が一般的です。日本の名刺に比べ、やや横長になります。このサイズの名刺は横書きのデザインにした場合スタイリッシュなのですが、日本で使うには名刺入れのサイズに合わないため、受け取った人が整理しにくくなる可能性があります。相手のことを考えれば、日本の規格に合わせることをおすすめします。

名刺に記載すべき項目とは?

以下に、必ず掲載しておくべき要素と、必要に応じて追加したい要素をまとめました。あまり多くの要素を盛り込むと分かりづらくなるので、ぜひ伝えたい要素を選んで記載しましょう。

必ず名刺に掲載したい要素

  1. 氏名(必要に応じてふりがなやアルファベット表記も)
  2. 会社名/法人名
  3. 所属部署名
  4. 役職/肩書
  5. 住所と郵便番号
  6. 電話番号

必要に応じて掲載したほうがよい要素

  1. ロゴ
  2. メールアドレス
  3. FAX番号
  4. WebサイトのURL
  5. WebサイトのQRコード
  6. SNSアカウント
  7. 営業時間や定休日(店舗の場合)
  8. 地図
  9. 理念やキャッチフレーズ

名刺デザインはデザイナーや印刷会社に外注すべき?

近年、自分でPCやスマホのアプリを使って自分で名刺をデザインすることもできるようになってきました。名刺は自作したほうがいいのでしょうか。それとも従来のようにデザイナーに依頼して作ってもらったほうがいいのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

PCで自作する

PCとプリンターがあれば、自宅にいながらにして名刺を作成することができます。MicrosoftのサイトからWordの名刺テンプレートをダウンロードすれば、グラフィックソフトを持っていなくても簡単にオリジナルの名刺を作成できます。デメリットとしては、デザインの選択肢が多くない、デザインの洗練度があまり高くない場合がある、レイアウト調整がしづらいといった点が考えられます。また自分で印刷する場合、プリンターに仕上がりのクオリティが左右されるので注意が必要です。

オンラインのグラフィックデザインサービスを使う

オンラインで使えるグラフィックデザインプラットホームを使えば、PCでもスマホでも洗練された名刺をデザインできます。ドラッグ&ドロップで直感的に操作できるCanvaなら、デザイン初心者でもレイアウトの調整や、色や要素の変更などのデザイン作業が簡単です。デザイン作成から印刷発注までの流れがワンストップで完結するので、時間がない人でも高品質な名刺を簡単に入手することができます。オンラインで印刷を発注する場合、印刷代が必要になりますが、データをダウンロードすれば自分で印刷することもできます。

印刷会社のテンプレートを使う

格安で名刺を印刷できる印刷会社のサイトでは、オンラインで名刺デザインできるサービスがある場合もあります。これを使えば自宅から簡単に名刺を発注することができます。特急料金を払えば、翌日にでも名刺を手にすることができます。デメリットとしては選べるデザインテンプレートの数が多くない、レイアウト調整の際に制限がある、といった点が考えられます。

デザイナーに依頼する

プロのデザイナーに依頼すれば、高品質な名刺を思い通りにカスタマイズすることができます。特別な名刺を手に入れたい場合におすすめの方法です。デメリットとしては、他の方法に比べ高額になる、納品までに時間がかかる、打ち合わせの時間を取る必要がある、といった点が考えられます。

シンプル、スタイリッシュ、おしゃれ、かわいい…。Canvaは豊富なテンプレートやイラスト、写真から名刺デザインに使える素材が選べます!

デザイナーが作成した数万点もの名刺テンプレートから自由に選んでレイアウトをカスタマイズできるCanvaを使えば、時間がなくても、スマホしか持っていなくても、デザイン初心者でも簡単におしゃれな名刺をデザインできます。

Canvaの豊富な名刺テンプレートからぴったりのデザインテンプレートを探すには

数万点もの名刺テンプレートが揃っているCanvaで、イメージどおりのテンプレートを選ぶ方法をご紹介します。Canvaのトップページ右上にある検索窓で「名刺 おしゃれ」「名刺 ビジネス」「名刺 シンプル」「名刺 個人」など、好みのキーワードで検索してください。検索結果のページからは、さらに色で絞り込むこともできます。

また、このページの下にある「名刺を作成」ボタンをクリックして移動するデザイン画面から、左側のツールバーで好みのデザインを選んで名刺作成を開始することも可能です。

Canvaのテンプレートから、オリジナルの名刺をデザインする方法

1: サイズを決める

日本サイズの名刺(91mm×55mm)をデザインするには、Canvaのテンプレート一覧から日本語が表記されている名刺テンプレートを選んでください。英語表記の名刺は欧米規格のサイズに近い85mm×50mmになります。用紙サイズをカスタマイズするには、Canva Proをご利用ください。

2: テンプレートを選ぶ

上記の「Canvaの豊富な名刺テンプレートからぴったりのデザインテンプレートを探すには」を参考に、イメージに適したテンプレートを選びます。写真を使うなら、手持ちの写真に差し替えた場合の仕上がりイメージも想像しながら探してみましょう。Canvaなら、オンラインで何度でもデザインを作成できるので、気軽にいろいろなデザインを試してみましょう。

3: 要素を配置する

前掲の「名刺に記載すべき項目とは?」を参考に、必要な要素を配置していきます。テンプレートで要素を書き換えていけば、バランスのよいレイアウトが簡単に作成できます。また、文字間隔や行間を整え、文字揃えしてきれいに見えるように配置していきます。

4: 完成です!

一連の流れを図解で確認するには、こちらの記事を参照してください。

名刺デザイン完了から印刷まで

デザインが完了したら、データをダウンロードします。デザイン画面右側の「名刺を印刷」ボタンをクリックすれば、わずか数クリックで名刺印刷を発注することができます。また下向きの矢印をクリックすれば、データをダウンロードすることもできます。「PDF(印刷)」を選択すれば、印刷用のトリムマーク(トンボ)をつけたデザインをダウンロードできます。

【簡単!わずか5ステップ】オリジナルの名刺を手作り

  1. まずはCanvaにログイン

    Canvaを開いて、名刺のデザインテンプレートを選択します。このページの上部や下部にあるボタンをクリックすれば、デザイン画面に移動します。

  2. 好きなテンプレートを選びます

    数千点もの豊富なテンプレートから、好きなデザインを選択します。

  3. 自由に素材を入れ替えましょう

    お手持ちのロゴデータや素材をアップロードしたり、75,00万点を超える素材ライブラリーから好みのものを選びます。

  4. さらに詳細を調整します

    テキストを追加し、背景を変更したりしてアレンジします。

  5. できあがりです!

    データを保存して、印刷したり、共有しましょう。

名刺を作成

名刺デザインと情報整理のコツ

わかりやすくおしゃれな名刺をデザインするコツは、最初に情報を整理することです。

日本の名刺の標準サイズはわずか91mm×55mmです。小さな名刺の紙面に伝えたい情報をすべて盛り込んでしまうと、大事な情報が埋もれてしまうなど、逆効果になりかねません。たとえば、企業や店舗の地図や詳細情報はQRコードやWebサイトで伝えるなど、相手に便利な情報整理を心がけましょう。

名刺のデザイン方法と作成方法

すぐれたデザインの名刺をたくさん見ることは、デザイン作業の重要なステップです。Canvaのトップページの検索窓で「名刺」と入手すれば、プロのデザイナーによる数千点もの高品質な名刺デザインを見ることができます。気に入ったデザインテンプレートがあれば、クリックするだけですぐにデザインを開始できます。

名刺に掲載する情報は、あらかじめテキストエディターやメモ帳などに書き出しておくと入力ミスが防げます。以下は、必ず掲載したほうがいい情報です。

  • 氏名(必要に応じてふりがなやアルファベット表記も)
  • 会社名/法人名
  • 所属部署名
  • 役職/肩書
  • 住所と郵便番号
  • 電話番号

【業種別おすすめの名刺デザイン】

19種類の業種について、それぞれ名刺デザインのコツをまとめています。デザイン作成時のヒントにしてください。

フィットネス向けの名刺デザイン

フィットネス向けの名刺は、シャープで意思の強さを感じさせるデザインがおすすめです。無彩色にヴィヴィッドな蛍光色を合わせたり、ロゴを大きく使ってインパクトを狙うなどして、スポーツを通して得られる心身のコンディションを伝えましょう。

ヨガ向けの名刺デザイン

ヨガや女性向けのフィットネスでは、アースカラーやリラックスした雰囲気の色やデザインが好まれます。海や樹木、蓮の花など自然のモチーフやヨガのポーズをアイキャッチとして取り入れて個性を出しましょう。

ピラティス向けの名刺デザイン

ヨガとよく似たポーズも多いピラティスですが、本来はリハビリからはじまったエクササイズで、体の歪みを取り、しっかりとした体幹を作ることを目指します。名刺デザインにも、ピラティス独自のエクササイズの図解イラストなどを加えることで、ピラティスについて知らない人にもイメージしてもらいやすくなります。

マッサージ向けの名刺デザイン

「心地よさ」「くつろぎ」など、マッサージによって得られる効果をイメージさせるデザインを心がけましょう。さらに、リピーター客の多いマッサージ業界の名刺では、顔写真や似顔絵イラストを使って、相手に名前を覚えてもらいやすくするという工夫も一般的です。

エステ向けの名刺デザイン

エステ向けの名刺は、女性に好まれる優しいデザインが圧倒的に人気です。ピンクを基調にして、高級感を感じさせたい場合はゴールドをあしらい、手軽で簡単にエステを楽しんでもらいたいというコンセプトを伝える場合は鮮やかなピンクや花柄などポップな雰囲気を伝えます。名刺の裏に価格表など詳細な情報を記載するのもおすすめです。

美容院向けの名刺デザイン

美容院向けの名刺デザインでは、おしゃれでスタイリッシュであることは重要ですが、同時に女性だけではなく男性も対象にしていることを伝える必要があります。無彩色やベージュ、淡いブルーなど性別を問わない色を基調にして、ハサミなどのモチーフをアイキャッチにしましょう。

ネイルサロン向けの名刺デザイン

ネイルサロンはメニューが多いため、小さな紙面にどれだけの情報を伝えることができるかが名刺デザインのポイントとなります。名刺の裏面にメニュー表や地図を載せたり、SNSにリンクするQRコードを付けて最新デザインを紹介したりして、効率よく情報を届けましょう。

スクール・教室向けの名刺デザイン

音楽なら楽器や音符、料理やお菓子なら作品の写真など、スクールや教室に関連するアイコンやイラストを使うと、レッスン内容がイメージしやすくなります。表面に、教室名や講師名に加えてキャッチフレーズを入れたり、裏面に詳しい内容やメッセージを記載したりするのもおすすめです。

イベント向けの名刺デザイン

イベント向けの名刺デザインは、イベントのチラシとデザインや世界観を同じものにすることが大切です。これにより、統一感やブランドイメージを構築することができます。最新のイベント情報を知ってもらうことができるよう、QRコードやWebサイトのURL、検索キーワードなどを記載しておきましょう。

フリーランス向けの名刺デザイン

フリーランスにとって名刺はとても重要な営業ツールです。名刺には、ぜひ職種と専門分野を記載しておきましょう。「ファミリー写真が得意なカメラマン」「女性誌に強いイラストレーター」など、名刺を受け取った相手の記憶に残ることができれば、仕事の受注につながります。名刺裏面に過去の実績を記載するのもおすすめです。

デザイナー向けの名刺デザイン

デザイナーにとって、名刺はプレゼンテーションとも言える重要な役割を持ちます。名刺を渡した瞬間に、相手を唸らせる必要があるのです。このため、スタイリッシュでかっこいいデザインであることは当然として、さらに特殊紙やプラスチック素材を使ったり、名刺の一部を切り抜いたりなど、遊び心を感じさせる工夫も求められます。

クリエイター向けの名刺デザイン

クリエイターの名刺は、どのようなジャンルであっても、作品を紹介する小さなポートフォリオのようなものだと言えます。イラストレーターやデザイナーなら作品を掲載したり、WebのクリエイターならSNSやWebサイトのURLを記載するなどして、仕事の内容が相手に伝わるようにします。

カメラマン向けの名刺デザイン

他のクリエイターとは異なり、カメラマンの場合は、自分の作品を名刺デザインに使っている人はあまりいません。シンプルでミニマルなデザインや、レンズやカメラのモチーフをアイキャッチに使用することが一般的です。過去の作品を紹介するSNSやWebサイトのURLが記載されていることが多いです。

ショップ向けの名刺デザイン

ショップの名刺やショップカードのデザインは、ショップですでに使用しているロゴやキャッチフレーズを使って、その世界観と共通のイメージを展開することが大切です。さらに、電話番号や地図、営業時間、Webサイトなど、名刺を受け取った人が利用しやすい情報を盛り込みましょう。

コンサルティング向けの名刺デザイン

コンサルタントの名刺には、氏名や会社名などの基本的な情報に加えて、専門分野や経歴、実績などを盛り込みましょう。これにより、実際にどのような仕事をしているのか、名刺を受け取った相手が理解しやすくなります。信頼は重視されるコンサルタントの名刺は、あまり奇抜なデザインを選ぶことなく、相手に安心感を与えることができるオーソドックスなものがおすすめです。

弁護士向けの名刺デザイン

知的で落ち着きのある寒色や無彩色を基調にするのがおすすめです。高級感を与えるために、特別紙を使用したり、箔押し加工を使うのも一案です。事務所ロゴを加えると信頼感が増します。また、どのような分野を手掛けているのかわかるよう、経歴や実績を掲載するのも相談のハードルを下げるために役立ちます。

税理士向けの名刺デザイン

税務を行う税理士の名刺は、信頼感や誠実さを印象づけるデザインが基本です。そのためには、氏名や事務所名、住所などの基本情報だけではなく、税理士の資格情報と事務所のロゴマークを記載しましょう。さらに、場合によっては顔写真を掲載することで、さらに信頼感が増します。

社労士向けの名刺デザイン

健やかな労働環境づくりをサポートする社会保険労務士(社労士)の名刺は、ナチュラルなグリーンや優しいパステルカラーなど、白を基調とした柔らかなテイストが好まれます。信頼感を高める青を使う場合も、あまりハードな印象にならないように白の割合を多めにします。事務所ロゴがある場合は、ぜひ追加しておきましょう。

クリニック向けの名刺デザイン

信頼や安心感を与えるデザインや色合いを心がけましょう。たとえば青や紺色は信頼感を、緑や黄緑は健やかさを感じさせます。紙質はあまり薄手のものより、ある程度厚みがあるもののほうが高級感があります。クリニックの場合は、裏面に地図と診察時間がわかる情報を掲載すると、受け取った人に便利です。

よくある質問

オリジナルの名刺デザインを開始するには、www.canva.comにアクセスするか、またはiOS(iPhone、iPad)Androidの無料アプリをダウンロードして、無料アカウントを作成します。

はい、できます。QRコードジェネレーターを使用して、PNGかPDF形式の画像ファイルとしてCanvaにアップロードしてください。Canvaでは、無料で自分の画像をアップロードし使用できます。

Canvaの操作はドラッグ&ドロップだけなので驚くほど簡単です。テンプレートや画像素材、イラスト素材も多く取りそろえているので、デザインの知識やスキルは必要ありません。

What they say about Canva
自分では思いつかないようなレイアウトや色使いに毎回Wow!となります。自分で作るとワンパターンになりがちですがCanvaのデザインサジェスチョンからアイデアを得るとより楽しいものが作ることができます。テンプレート・デザインと写真の組み合わせは、作品のあらゆる可能性を視覚的に明示してくれます。想像を超える作品は、選択するのに困ってしまうくらい優れた出来栄えとなるでしょう。直感的に操作できる、フォントの種類が多い、画像の書き出しが簡単、作業スペースがコピーできる、デザインテンプレートが豊富でイメージが湧きやすい。

ビジネス向けのデザイン