グリッド線追加は画像配置の優れた手法です。また、ソーシャルメディアページ用の画像作成のアイデアのヒントとなるイメージボードとしても役立ちます。

ビートルズのア・ハード・デイズ・ナイトのカバーからピエト・モンドリアンの最高の作品まで、このグリッドベースなフォトグリッドのデザインが持つ構造や形の感覚は、とても魅力的です。多数用意されているグリッドレイアウトの1つを選んで、[レイアウト] ウィンドウをクリックすれば、このフォトグリッドをお試しいただけます。デザインエレメントを空のフレームにドラッグアンドドロップすれば、それで完了です。

写真グリッドをプロジェクトのベースにしてみましょう。シンプルな3フレームのデザインから、ムードボードに最適な複雑な配置まで、デザイングリッドを使えばさまざまなアイデアを試すことができ、アレンジは自由自在です。

Canvaでグリッド線を追加する
Canvaでグリッド線を追加する

イマジネーションをグリッドで始めましょう。

自分に多少の制約を課すことが、既成概念にとらわれないアイデアや、デザインの課題への新たなアプローチを思いつくきっかけになることがあります。グリッドを使用すると、写真の切り抜きや準備プランを立ててデザインを開始するのに役立ちます。フォトコラージュの作成で行き詰まったら、Canvaのグリッドライブラリーをアイデアのヒントとしてお役立てください。ツアー中にインスピレーションを受けたら、モバイルデバイスにCanvaをダウンロードして(iOSとAndroidデバイスの両方で無料)、いつでも、どこでもデザインできます。

グリッドレイアウトを選択して切り抜き

写真グリッドは、作業がとても簡単です。グリッドボックスに写真をドラッグすると、写真は自動で調整されますが、本当に楽しいのはここからです。[切り抜き]をクリックして、写真のサイズ変更や、切り抜きの再調整、配置を試してみましょう。切り抜きによって、緊張感を生んだり、フォーカスを加えたり、ゆったりとした雰囲気を出したりできます。1つのデザインで1枚の写真を何通りにも切り抜いて、スペースを満たしたり、連続した工程を表現したりすることもできます。

Canvaでグリッド線を追加する
Canvaでグリッド線を追加する

カラーで写真グリッドにアクセントとコントラストを

デザイングリッドの用途は無限大です。たとえば、グリッドは写真以外のもので塗りつぶすことができます。ボックスを選んで、パレットやカラーホイールからカラーを選択して、単色でボックスを塗りつぶします。グリッドに色を付けて、バランスをとったり、模様やパターンを追加したり、統一感のある色使いでデザインをまとめてみたりと、さまざまなアレンジが可能です。

グリッドにテキストを追加して内容を表現

デザイン素材を重ねることで、デザイングリッドの可能性はさらに大きく広がります。フレームの中やフレームをまたいで、テキストを追加してみましょう。フォントや記号と組み合わせてバランスよくデザインされたCanvaのテキストホルダーからお好みのものを選んで配置したり、万能なテキストツールで独自に作成したりできます。

Canvaでグリッド線を追加する
Canvaでグリッド線を追加する

写真グリッドでストーリーを語る

漫画のページでは、グリッドは時間の経過や動きを表現するのに使用されます。しかしグリッドは、コスチュームを着たヒーローの災難を表現するほかにも、さまざまな使い道があります。グリッドは手順の説明や図を使った解説にも最適です。また独自の写真をアップロードして吹き出しを付ければ、写真を漫画風にアレンジもできます。工夫してデザインをレベルアップしてみましょう。