長期休暇中の子供が家で楽しめる!Canvaを使った9つの遊びアイデア

Child

学校の長期休みで有り余る時間。「退屈する子供にどんな遊びをさせよう?」親御さんなら考えてしまいますね。最近は気候や安全・衛生面の心配もあり、お子さんが家で過ごす機会が増えていることと思います。既製品で遊ばせてもすぐに飽きてしまうし、ゲームや動画視聴もあまりさせたくないというのが親心。

そんな時は手軽に作成できるペーパーグッズで、子供の心と脳の育成につながるような遊びをさせるのはいかがでしょうか。 この記事では室内で楽しめる遊びや取り組みのアイデアと、それに必要なペーパーグッズを無料で作成できるツール、「Canva」をご紹介します。

【この記事はこんな人におすすめ!】

  • 学校の長期休暇や休校中、子供に有意義に過ごさせたい
  • 家の中で退屈する子供に、なにをさせたらいいのかわからない
  • せっかくなので、遊びを通じて想像力や独創性などの能力を育みたい

目次

子供でも操作が簡単!「Canva」で遊びグッズを作ろう

Canvaホーム画面

ドラッグアンドドロップ操作で簡単にデザインが作成できる「Canva」。直感的な操作は子供でも覚えやすく、メールアドレスさえあれば無料ですぐに始められます。豊富なテンプレートやイラスト・写真素材を使ってデザインし、データをダウンロード。あとはご自宅のプリンターやコンビニで印刷すれば、遊びグッズの材料が完成。切り抜く、色を塗る、ひもを通すなどして使いましょう。(有料素材の利用やプランアップグレードの際には料金がかかります。)

またCanvaのスマホおよびタブレット向けのアプリを利用すれば、より直感的な操作が可能。細かい作業が必要な部分を大人がパソコンで作成し、子供がデザインするときにはアプリを利用すれば、親子の共同作業がはかどります。アプリはパソコン版と同じログイン情報で利用できます。

Canvaの基本的な使い方

まず始めにCanvaの基本的な使い方をご説明します。こちらを確認して、よりスムーズにデザインをすすめましょう。

    1. 最初にCanvaアカウントを作成します

Canvaのホームページにアクセスして右上にある「登録」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。メールアドレスなどを入力してアカウントを作成します。(GoogleもしくはFacebookアカウントでログインする場合、アカウント作成は不要です。)

Canvaアカウントを作成

    1. デザインサイズを選択して作成を開始します

ログインすると以下のようなホーム画面が表示されます。①もしくは②、いずれかの方法でデザインサイズを指定してください。

デザインサイズを指定して作成開始

「デザインを作成」 下に表示されている写真から作成したいアイテムを選択して、編集を開始します。

「カスタムサイズ」 「mm」や「cm」などの単位で用紙サイズを指定して、編集を開始します。

    1. 編集画面の機能を使ってデザインを作成しましょう

デザインサイズを選択して作成を開始すると編集画面が表示されます。Canvaはさまざまな機能を備えていますが、この記事で紹介するデザインを作成するためには、主に以下の①~⑦を利用します。

編集画面の機能

「テンプレート」 デザインテンプレートを検索、選択できます。

「写真」 写真素材を検索、選択できます。

「素材」 イラスト素材を検索、選択できます。

「テキスト」 テキストを入力できます。

「アップロード」 デバイスに保存されている画像を編集画面にアップロードできます。

「検索窓」 キーワードを入力して検索できます。

「↓(下向き矢印)」 デザインをダウンロードできます。

    1. 色やフォントの変更、コピーや移動も簡単です

編集画面に配置されている素材をクリックで選択すると、色の変更、素材のコピーができます。また、選択範囲の四隅の丸と側面の四角のマークをドラッグアンドドロップすることにより、サイズの変更が可能です。

テキスト選択でフォントの変更ができます。また各素材はドラッグアンドドロップで移動できます。

主な操作方法

作って使って楽しむ9つのアイデア

Canvaで作って楽しめる、遊びや取り組みのアイデア9つをご紹介します。

1.好きな絵柄で作って対戦「神経衰弱ゲーム作り」

映像記憶能力の高い子供に、神経衰弱でコテンパンに負かされる親御さんも多いことでしょう。日本ではトランプを用いるのが一般的ですが、海外では動物や国旗柄といった、デザイン性に富んだ「メモリーカード」で親しまれています。

Canvaでメモリーカードを作ってみましょう!

  1. ホーム画面の「デザインを作成」「チラシ/フライヤー」を選び編集画面を開きます。
  2. 「素材」で“表”を検索し、格子状のイラストを追加してグリッドを作成しましょう。
  3. 作成したいカードのテーマ(例:恐竜)を「素材」で検索し、格子の中に使いたいイラストを配置していきます。イラストはコピーして同じ絵のカードを2枚ずつ作りましょう。
  4. デザインが完成したら右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロード。
  5. ダウンロードした画像を厚めのA4用紙に印刷し、線に沿ってはさみやカッターナイフで切り分けて完成です!
メモリーカード作成画面

小さなお子さまに合わせて格子のサイズを調整し大き目のカードにしたり、新しいページを追加してカードの枚数を増やしたりもできます。ドーナツ型や葉っぱの形などで作ってもおもしろそうですね。お子さまにイラストを選んだり配置する作業をチャレンジしてもらいましょう。

2.色彩感覚を養おう!お好みのイラストで作る「ぬり絵」

自律神経を整えリラックス効果が期待されると、近年注目され始めた「ぬり絵」。きれいな絵を自分の好きなカラーにぬっていく作業には、大人も子供も虜になります。子供にぬってみたいイラストを選んでもらい、自作してみてはいかがでしょうか。

Canvaの画像素材を使えばぬり絵も簡単に作れます。

  1. ホーム画面の「デザインを作成」「チラシ/フライヤー」を選び、編集画面を開きます。
  2. 「素材」で“線 ぬり絵にしたいモチーフのキーワード(例:線 花)”で検索します。色がついていない、アウトラインのみで構成されたイラスト素材が見つかります。
  3. お子さまがイラストを選びそれを好きな構図で配置して、自由に作成しましょう。
  4. デザインが完成したら右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロードします。
  5. A4用紙に印刷して、色ぬり開始です!
ぬり絵作成画面

作成したデザインによっては、芸術的なぬり絵に仕上げることも可能です。水彩色鉛筆やラメ入りのペンなどを使っても楽めます。

3.はじめての「お菓子作り」!タグを作ってラッピングしよう

長期休みを機に、はじめてのお料理に挑戦してもらうのはいかがでしょう。慣れない手つきで一生懸命作った手料理は、家族にとって格別な味であること間違いなしです。クッキーなどのお菓子であれば、子供も俄然やる気になってくれるのではないでしょうか。はじめて作ったお菓子を袋に詰めてかわいいネームタグでラッピングし、親戚や近所に配ると喜ばれそうですね。

ラッピングに使うネームタグをCanvaで作ってみませんか?

  1. ホーム画面の「デザインを作成」にある「ネームタグ」を選んで編集画面を開きます。
  2. 左側にテンプレートの一覧が表示されるので、好きなものを選びましょう。素材を追加したり色を変更したりして、お好みのデザインに変更しても。
  3. デザインが完成したら、ページをコピーして同じデザインを6ページ分作ります。
  4. 右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロードします。
  5. プリンターの設定画面で一枚のA4用紙に6ページが印刷されるように設定して印刷します。
  6. デザインに沿ってはさみで切り抜いて、穴を空け紐やワイヤータイを通してタグが完成です。お菓子を袋に詰めたら、タグで口を縛って封をしましょう。

※参考ページ:Adobeサポート「複数ページの PDF を 1 枚に出力する方法」

ネームタグ作成画面

お菓子を作ったお子さまの名前や写真、送る相手の名前や日付を入れるなどして、記念になるようなデザインでタグを作ってみてください。

4.退屈な家をデコって楽しむ「部屋の飾りつけ」

長い時間を過ごす部屋に飾りつけをするのも、退屈を避ける手段の一つです。好きなイラストを印刷してそのまま壁に貼るも良し。オーナメントやモビールにくっつけるも良し。蓄光塗料入りのペンでイラストをなぞれば、電気を消したときに光ります。

Canvaの豊富なイラスト素材で部屋を飾りましょう。

  1. ホーム画面の「デザインを作成」「チラシ/フライヤー」を選び編集画面を開きます。
  2. 「素材」でイラストを選んだり、「テキスト」から子供の名前を入力したりして、飾りにしたい要素を追加していきましょう。
  3. デザインが完成したら右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロードします。
  4. プリンターでA4用紙に印刷し、イラストの形に沿って切り抜いて、壁や天井、窓などに貼り付けましょう。
家の飾り作成画面

段ボールハウスの飾りにしても素敵です。子供と一緒にアイデアを出し合いながら飾りつけしてみましょう。ネットでは手作りステッカーが作成できるプリンター用紙も販売されています。ご自宅にプリンターがあればぜひお試しください。

5.生活にメリハリを!「タイムスケジュール作り」

ダラダラ過ごしてしまいがちな長期休み。いたし方ないこととあきらめる前に、タイムスケジュールを作って毎日のルーティーンを決めてみるのはいかがでしょう?せっかく部屋に貼るのであれば、おしゃれなデザインで作成したいですね。

Canvaは時間割のテンプレートが豊富です。

  1. ホーム画面の「デザインを作成」「クラスの時間割」を選び編集画面を開きます。
  2. 左側にテンプレートの一覧が表示されるので、好きなものを選びましょう。
  3. 必要な項目を追加したり、イラストや色を変更したりして、お好みのデザインに変えても。
  4. デザインが完成したら右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロードします。
  5. A4用紙に印刷します。
  6. 「7時 → 起床」「9時~10時30分 → 宿題」「10時30分~11時30分 → ゲーム」など、子供と話し合いながらスケジュールを記入していきましょう。
タイムスケジュール作成画面

違うテンプレートを別ウインドウで開き、素材をコピーしてくることも可能です。小さな四角い枠を追加して、目標を書くところを設けてもいいですね。素敵なタイムスケジュールを作って、子供のやる気を引き出しましょう!

6.昔懐かし「福笑い」を作ってみよう

とんでもない位置に配置された目や鼻や口を見て大笑いする、福笑い。昔からあるお正月の定番の遊びですね。「笑う門には福来る」ということわざにある通り、笑いの絶えない家にして幸せを呼び込みましょう。自作して他には見ないような福笑いをつくれば、大爆笑間違いなしです。

Canvaには顔のパーツのイラスト素材がたくさんあります!

  1. ホーム画面の「デザインを作成」「チラシ/フライヤー」を選び編集画面を開きます。
  2. 「写真」もしくは「素材」で、“顔の輪郭”、“オレンジ”、“口”、“髭”などといったキーワードで検索し、顔のパーツにしたい素材を追加していきましょう。
  3. スペースが足りなければ新しいページを追加しましょう。
  4. デザインが完成したら右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロードします。
  5. プリンターでA4用紙に印刷し、イラストの形に沿って切り抜いて完成です。
福笑い作成画面

家族やペットの写真の顔パーツをトリミングして、「アップロード」からCanvaに素材として取り込んで使用してもおもしろいですよ。

7.自分で難易度を決められる「ジグソーパズル作り」

好きな人は何時間でも没頭できる「ジグソーパズル」。暇つぶしの代表格です。買いに行けなければ自作する手もあります。パズルにしたい図柄を決めるのは子供です。自由自在にデザインさせてみてはいかがでしょうか。

Canvaの豊富な画像素材で、さまざまな難易度のものが作れます。

  1. ホーム画面の「カスタムサイズ」をクリックして、幅29.7cm×高さ21cmのサイズを入力し編集画面を開きます。
  2. 「写真」もしくは「素材」で、パズルにしたい画像やイラストを検索して追加していきましょう。テンプレートから作成すれば簡単ですし、家族の写真を組み込んでもいいですね。
  3. 素材の色や位置を調整します。
  4. デザインが完成したら右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロードします。
  5. プリンターでA4の厚めの紙に印刷し、ばらばらに切り分けて完成です。
ジグソーパズル作成画面

パズルにするデザインや、ばらばらに切り分けるときの細かさよって難易度が変わります。またパズルを完成させたら、子供の記念すべき初のデザイン画を額に入れて飾ってもいいかもしれません。

8.「なんちゃって名刺」でユーモアセンスをアップ

大人の持ち物は子供の好奇心を掻き立てます。子供の名前を入れた「名刺」を作って、社会人ごっこを提案してみてはいかがでしょうか。「カップケーキプロデューサー」や「どんぶり勘定株式会社 大食い課 係長」などなど。あったらいいなと思う職業や性格に合った肩書きを自由に想像してもらい、それを盛り込みましょう。

Canvaでなんちゃって名刺を作ろう。

  1. ホーム画面の「デザインを作成」にある「名刺」を選んで編集画面を開きます。
  2. 左側にテンプレートの一覧が表示されるので、好きなものを選びましょう。
  3. 素材を追加したり色を変更したりして、お好みのデザインに変更できます。アップロードした子供の顔写真を入れればオリジナル度がアップします。
  4. デザインが完成したら、ページをコピーして同じデザインを6ページ分作ります。
  5. 右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロードします。
  6. プリンターの設定画面で、一枚のA4用紙に6ページが印刷されるように設定して印刷したら、デザインに沿ってはさみで切り抜いて完成です。
なんちゃって名刺作成画面

「はじめまして!教室をアゲるDJ、KO-JIです。よろしく。」「こんにちは!スライム作りの楽しさを伝えるYouTuber、ともこ先輩です。こちらこそよろしくお願いします。」などの独創的な自己紹介を交えながら名刺交換をさせて、楽しみながら社会勉強をしてもらいましょう。

9.もらってうれしい定番の「肩たたき券」

最後は子供からもらう定番のプレゼント「肩たたき券」です。肩たたきをしてもらえるのはもちろん嬉しいですが、お手伝い券や昼寝をさせてもらえる券も嬉しいですね。どんなものがほしいか親からリクエストしてもいいですが、親へのご褒美を子供に考えてもらうことにより目新しいものが出てきそうですよ。

Canvaのチケットテンプレートで簡単に作成できます。

  1. ホーム画面の「デザインを作成」にある「チケット」を選んで編集画面を開きます。
  2. 左側にテンプレートの一覧が表示されるので、好きなものを選びましょう。
  3. 文字を変更して、好きなご褒美券にします。素材を追加したり色を変更したりして、お好みのデザインに変更しても。
  4. デザインが完成したら、ページをコピーして同じデザインを4ページ分作ります。それぞれのページで違う内容のご褒美券にしてもいいですね。
  5. 右上の「↓(下向き矢印)」をクリックして、「PDF(印刷)」で画像をダウンロードします。
  6. プリンターの設定画面で、一枚のA4用紙に4ページが印刷されるように設定して印刷したら、デザインに沿ってはさみで切り抜いて完成です。
ご褒美券作成画面

使わずにいつまでも取っておきたくなるような、かわいらしいご褒美券を作ってもらってくださいね。

作成したデザインはコンビニでも印刷できます

もしご自宅にプリンターがない場合、ネットワークプリントアプリを使えばコンビニで簡単に印刷ができます。アプリをスマートフォンにダウンロードして、画像データをアップロードして申し込みを行い、お近くのコンビニで印刷してください。

主要なコンビニのネットワークプリントアプリをご案内します。(印刷予定のコンビニ店舗に、アプリを使った印刷が可能かをご確認のうえでご利用ください。)

まとめ

家で過ごす長く退屈な時間は、アイデア次第で楽しい時間へ変えられます。Canvaは、自ら遊ぶものを創り出そうとする子供たち、また子供に有意義な時間を過ごしてほしいと望む親御さんたちの頼もしい助っ人になることでしょう。ぜひ、この機会にCanvaを活用して家族で楽しんでくださいね。

※Canvaでは教育機関向けの無料プラン「Canva for Education」を展開し、教育分野への貢献に尽力しています。

※2020年4月14日現在の情報です。

デザイン作成の切り札