インスタストーリーのハイライトをCanvaでセンスアップ!

Canva - Person Using Smartphone

インスタストーリーは通常24時間で消えますが、ハイライトにすると、消すまでずっとプロフィールに残り続けます。

人の目に触れることも多いハイライトを「Canvaの機能でおしゃれにする方法」や「ハイライトアイコンの設定をかっこよくするコツ」をご紹介します。

インスタストーリーのハイライトをおしゃれにするポイント

インスタストーリーのハイライトをおしゃれにするポイント

インスタストーリーのハイライトをおしゃれに演出するポイントを3つにまとめました。

ハイライトもおしゃれにデザインしたいと考えている方は、ぜひチェックしてくださいね。

カバー(表紙)や背景を作ってカテゴライズ

ハイライトのカバーや背景に統一感を持たせるとすっきり見やすいストーリーになります。ハイライトに指定したインスタストーリーは、カバーが編集できるようになっているので、カバーに指定するための画像をカテゴリーごとに作っておきましょう。

文字と背景色だけのテンプレートを作っておき、画像をストーリーに合ったイメージに差し替える、という方法もおすすめです。

ハイライト用のアイコンも別に用意!

ハイライトのカバー画像の一部を丸く切り抜く形でアイコンをなります。そのため、カバー画像に表示するためのアイコンを別に用意しておき、テーマごとに統一感を持たせると見る側も分かりやすくなります。

アイコン自体のデザインができる人は、もちろん自作のアイコンでもOKです。Canvaのように、無料素材を用意している写真サイトもありますので、用意されたアイコンで使えるものを流用するのもいいでしょう。

カバーとアイコンはフォントやカラーなどで統一感を持たせよう

カテゴリごとにカバー用の画像(アイコンも載せている画像)をいくつか作る際は、使用するフォントやイラストなどのイメージも統一しておきます。

同じタッチで書かれたアイコンをプロフィールに並べて統一感を持たせると、よりアカウントのブランドイメージ向上につながります。

Canvaでハイライトをカッコよくつくる!

Canvaで実際にハイライトのカバー・背景・アイコンを作る手順をご紹介します。

ハイライトのカバー(表紙)・背景をCanvaで作成

ハイライトで最初に見せたいハイライトのカバーデザインを、Canvaのテンプレートを使ってデザインしていきます。

スマホでCanvaアプリを起動したら、「新しいデザインを作成」から「Instagramストーリー」をタップしましょう。

113image8

次の画面でインスタストーリーに適したテンプレートの中から、自分がカバーにしたいと思うものを選びましょう。

自分がカバーにしたい

選んだテンプレートの画像を差し替えたり、背景色を変更したりします。

背景色を変更

編集画面右下にある「+」をクリックすると、編集画面下部にテキスト追加パネルや画像追加パネルなどのアイコンが並びます。ここから表示させたい文字や好きなイラストなどを取り入れて、デザインを進めていきましょう。

アイコンが並びます

デザインが完了したら、画像としてカメラロールに保存するか、Instagramに投稿します。画面右上の青くなっている上向きの矢印を選ぶと、「画像として保存」「Instagram」が選択できるリストが表示されますので、どちらかを選択してください。

カメラロールに保存するか、Instagramに投稿

画像として保存した場合は、カメラロールに入っているのご確認ください。Instagramへの投稿では、ストーリーに投稿するか、フィードに投稿(通常の投稿)するかが選べます。

instagramに投稿

ハイライトのアイコンもCanvaで作成

Canvaの無料素材を使って、アイコンを作成する手順を紹介します。

スマホアプリのCanvaで「新しいデザインを作成」から「Instagramストーリー」をタップしましょう。そこで、一番上に表示されている「空白」を選ぶと、空白の作業領域が作成されます。

空白の作業領域

そこで、背景を自分の好きなカラーにしてください。

背景を自分の好きなカラーに

ここで、右下の「+」アイコンをクリックして、「イラスト」パネルや「図形」パネルなどから、アイコンに使えそうな素材を選びましょう。完成した画像をカメラロールに保存します。

完成した画像をカメラロールに保存

作成したイメージをインスタストーリーで使う

作成したイメージをインスタストーリーで使う

実際に作成したカバー・背景・アイコンをハイライトに設定しましょう。Instagramを起動して、プロフィール画面に移動し、アイコンをクリックするとストーリーが追加できます。その際、作成した画像をインスタストーリーに取り込むことで、表紙や背景として使えます。

アイコンとして作った画像を利用する場合は、すでに作成しているハイライトをクリックして再生し、画面右下の「…」をタップしましょう。すると、カバー画像が設定できる画面が表示されます。

そこで、カバーとして見える範囲を指定すれば、ハイライトにアイコンを表示できるようになります。

インスタストーリーのハイライトにおすすめのCanvaのテンプレート&アイコン

最後に、ハイライトを作成する際に役立ちそうなテンプレートやアイコン素材を紹介します。

テンプレートは無料で使えるものが多いですが、アイコンはあまり無料素材がありません。継続的にCanvaを使っていく予定の方は、有料版にアップグレードすることで、有料素材もすべて自由に使えるようになります。

ハイライトのカバー表紙に使いたいテンプレート

ハイライトのカバー表紙に使いたいテンプレートは、写真を入れてアカウントイメージが分かりやすく整理されているものがおすすめです。

旅行の際に使いたい3ページセットのテンプレート。複数の写真と、背景のモノクロ画像がカッコよくまとまります。

ペットを飼っている方に合いそうなテンプレート。シンプルですが、優しいツートンカラーにおしゃれなフォントが高いレベルでマッチしています。

名言の引用テンプレート。色々な名言が用意されていますので、その日の気分で使ってみてはいかがでしょうか。

ハイライトの背景に使いたいテンプレート

シンプルで単色な背景もいいのですが、メイン画像を邪魔しない程度のイラストや写真が入っている背景もおしゃれです。

ハチの巣模様のテンプレート。シンプルですが、無地の背景を少し変えたいときに。

マジックアワーの背景テンプレート。写真の背景はもちろん、アイコン用の背景にも使えます。

おすすめのハイライトのアイコン(一部有料)

おすすめのハイライトのアイコン(一部有料)

ハイライトのアイコンは、自分がよく投稿する分野を表現するものや、他のSNSを示すアイコンなどがよく使われます。

センスの良いシリーズもののアイコンは、Canva内では有料になっているものが多いので、自作したりフリー素材のアイコンを探してきて取り込むのもおすすめです。

デザイン作成の切り札