インスタストーリーで文字を動かす2つの方法と動きのパターン一覧

インスタストーリーで文字を動かす2つの方法と動きのパターン一覧

リアルタイムに起こった出来事を、スマホを使って気軽に投稿できる、インスタグラムの「ストーリーズ(Stories)」(ストーリー)。

ご自身の近況報告や所属する会社のプロモーションに活用されている方も多いかと思います。

インスタグラムのストーリーを見ていると、ある人の投稿では文字が動いていることに気がつかれた方もいるのではないでしょうか?

そう、インスタグラムのストーリーでは、文字やスタンプを動かすことができるんです。 動画と動く文字を組み合わせるテクニックを身につけておくと、投稿のバリエーションが大幅に増やせるようになるでしょう。

今回は、インスタグラムのストーリーで文字を動かす方法を、「インスタグラムのアプリを使う方法」と、「その他のアプリを使う方法」の2種類からお伝えします。

1 ストーリーで文字を動かす方法には2種類がある

先述の通り、インスタグラムのストーリーで文字を動かす方法には、大きく分けて2種類あります。

1つ目はインスタグラムのアプリを使う方法です。ストーリーを投稿する際に、文字を動かすための工夫を行います。

2つ目は、他のアプリを使って文字を動かし、それをインスタグラムにアップする方法です。 今回は「Canva」というアプリをご紹介します。

Canvaは豊富なテンプレートをもとに、クオリティの高いコラージュ画像が作れるアプリです。 完成したデザインに動きをつけることで、入力した文字も合わせて動かすことができます。

2 インスタグラムのアプリを使ってストーリーの文字を動かす方法

まずは、インスタグラムのアプリ自体を使い、ストーリーで文字を動かす方法を説明します。 文字を動かすといってもそこまで難しい作業は必要なく、直感的な操作によって簡単に実現可能です。

  • 文字を選び色味や大きさを決める
  • 文字の位置を決めて固定する

という、上記の2ステップを踏むだけで、ストーリー中の文字を自在に動かすことができますよ。

2−1 1.文字を選び色味や大きさを決める

まずはインスタグラムのアプリを起動して、いつも通り左上にある自分の「ストーリーズ」アイコンをクリックします。

すると、写真か動画の撮影画面になるため、「通常」や「BOOMERANG」モードを選んで撮影しましょう。動画で撮影する必要があるため、シャッターボタンを長押しします。

シャッターボタンを長押し

動画の撮影が終わったら、右上にある「Aa」というアイコンをクリックし、文字入力に移行しましょう。

文字入力に移行

好きな言葉を入力し、文字の色味や大きさを調整します。

文字の色味や大きさを調整

ここまでは通常のストーリー投稿と同じです。

2−2 2.文字の位置を決めて固定する

文字を入力し終わったら、そのまま指先で押し込むように長めにタップします。 これで文字の部分が動画内に固定されます。これを「ピン固定」と呼びます。

下部にある動画のシークバーを調整することで、文字を固定する際に任意のタイミングで表示させられます。

任意のタイミングで表示

最後に、右下の「固定する」を選び、文字の位置を固定しましょう。 その後は通常通りストーリー用に保存します。

文字の位置を固定

文字を固定した状態でカメラが上下左右に移動すると、文字だけが背景に固定されるため動いて見えるという仕組みです。

このように、たったの2ステップを踏むだけで、インスタグラムのストーリーで文字を自在に動かすことができます。

このテクニックを覚えておけば、投稿の際に表示するメッセージを、より印象深く見せられるようになるでしょう。

完成したストーリーでは、このように動画内で文字が動いて見えます。

2−3 3.被写体に合わせて文字を動かす方法

先ほど紹介した方法の応用編として、画面内の被写体に合わせて文字を動かす方法を紹介します。

インスタグラムのストーリーを開き、動画の撮影から文字の入力までは通常の方法と同じです。 文字の位置とタイムラインのバーを調節し、動画内で移動しているストローの上に固定しました。

完成するとこのように、ストローの移動に合わせて文字を動かすことができます。 景色をパノラマ風に撮影する際や、人物や動物など動きのある被写体に文字を乗せてることで、躍動感のあるストーリーに仕上げられるでしょう。

2−4 4.文字を途中から表示させる方法

文字を途中から表示させる方法も紹介します。

基本的には、文字を動画内の動く被写体に固定する方法と同じです。 インスタグラムのストーリーの作成時に、文字の中央部分が画面外に出てしまうと表示されなくなるという特性を使います。 例えば、「最初に文字を動かす」と入力する場合は、中央に位置する「字」の部分が該当します。

「最初に文字を動かす」を作成した後、ストローに固定。一度ストローが画面外に出た際に、文字が消えます。再度ストローが表示された際に、「途中から文字を動かす」という文字を入力し、固定します。

すると、ストローの動きに合わせて、文字が最初と途中からの2回表示されるようになりますよ。

この方法を使えば大人数で撮影した際に、画面内に人物が入ってくる度に名前や説明文を表示できるなど、さまざまな用途に使用可能です。

2−5 5.インスタグラムのアプリではフォントの種類に制限がある

インスタグラムのストーリーで文字を動かす方法は、投稿時の一工夫だけで完了することがわかりました。これからは積極的に文字を動かし、効果的な見せ方を研究していきたいところです。

しかし、インスタグラムで入力できる文字のフォントは限られており、毎回個性的な投稿をしようと思っても似たり寄ったりなものになりがちです。

見る人の印象に残りそうな個性的なフォントを使いたい場合には、他のストーリー投稿用のアプリを活用するのがよいでしょう。

3 Canvaというアプリがおすすめ

インスタグラムのストーリーを華やかにしてくれるアプリとして、Canvaがあります。 Canvaはプロのデザイナーが作成した60,000種類のテンプレートを使い、インスタグラムのストーリー投稿用のコラージュなどが手軽に作れるアプリです。

自分で撮影した写真の他、クオリティの高い写真素材が100万点以上用意されており、気分やシチュエーションに合わせた投稿の自由度を高めます。Canvaのアプリを活用すれば、ストーリーの投稿時に文字を動かすことが可能です。

ここからは、Canvaを使った、インスタグラムのストーリーの文字の動かし方を説明します。

  • 多数のテンプレートから気に入ったものを選ぶ
  • 写真や動画を挿入する
  • 文字を入れる
  • 画像にはスライドショーのような動きをつける
  • 文字も合わせて動いて見えるようになる

上記の5ステップで完成です。

3−1 多数のテンプレートから気に入ったものを選ぶ

Canvaのアプリを立ち上げ、上部の「ストーリー」を選択しましょう。

「ストーリー」を選択

コラージュ作成用の豊富なテンプレート素材が確認できます。

テンプレート素材が確認

テンプレートの段階ですでに雰囲気のあるものが多く、そのまま活用することもできます。 もちろん、テンプレートを活かして自分で撮影した写真を組み込み、クオリティの高い投稿をめざしたいところです。

3−2 写真や動画の挿入・透明度に変化をつけられる

今回は、写真枠が2つあるテンプレートを選択しました。

写真枠が2つあるテンプレート

それぞれの枠内に写真や動画を挿入可能です。 左側の枠内にバラの花の写真素材を入れてみました。

枠内に写真や動画を挿入可能

選択した写真や動画は透明度を変えられるため、雰囲気を出すためにさまざまな工夫ができそうです。

写真や動画は透明度を変えられる

3−3 文字を入れる

全体のデザインが完成したら、文字を入れましょう。すでにテンプレートに文字が入力されている場合は、長押しして設定を変更します。

文字を入れる

新規に文字を入れたい場合は、アイコンから文字を選び、任意の場所に表示させましょう。

3−4 画像にはスライドショーのような動きをつけられる

完成したデザインには、スライドショーのような動きをつけることができます。 上部の赤枠で囲んだ部分を選択しましょう。

スライドショーのような動き

すると、デザイン全体の動きを選択できるようになります。 動きの種類は、「ライズ」「ブリーズ」「パン」「スライド」「フェード」の5種類から選ぶことができます。

デザイン全体の動きを選択

今回は「パン」を選択しました。

Canvaを用いたストーリーの動き「パン」

写真が横方向からスライドするように表示され、躍動感のある仕上がりにできます。

3−5 文字も合わせて動いて見える

デザインに動きを加えた際に、入力した文字も連動して動くようにできています。 動きの種類によって文字の表示の仕方が変わるため、パターンごとに確認して好みのものを選びましょう。

Canvaを用いたストーリーの動き「ライズ」

Canvaを用いたストーリーの動き「ブリーズ」

Canvaを用いたストーリーの動き「スライド」

Canvaを用いたストーリーの動き「フェード」

デザインの動かし方によって文字の動きが決まっていますが、Canvaの豊富なフォントを活かし、インスタグラムにはない多彩でかわいい文字を入れることができます。

以下は、今回利用したテンプレートです。無料で利用できるのでおすすめです。

4 まとめ

インスタグラムのストーリーの文字を動かす方法をご紹介しました。

インスタグラムのアプリ自体に文字を固定し、動いているように見せる機能があるため、用途に合わせて積極的に活用していきましょう。

文字のフォントやサイズなど、見せ方にこだわりたいという場合は、Canvaの利用がおすすめです。 コラージュしやすいテンプレートや、素敵な無料の写真素材と合わせて、オリジナリティの高い投稿を実現できます。

インスタグラムのストーリーに個性のある文字を添えることで、より注目されやすい投稿にできます。 所属する会社や経営する店舗の広報のためにインスタグラムを活用している方は、商品やサービスのアピールポイントを訴求しやすくなる、文字に注目してみてください。

デザイン作成の切り札