Canvaを利用してインスタストーリーへの投稿をレベルアップするには

Stepping-up-your-Instagram-stories-with-Canva_featured-image

2018年、InstagramのStories(インスタストーリーとも呼ばれる。)はますます活気を見せ、Instagramにおけるマーケティングについても重要な要素となりました。このストーリーには毎日3億ものアクティブユーザーが居て、Snapchatと比べると倍の数にまでなっています。

ところで、Canvaを用いることでInstagramのストーリーに投稿するのに、便利なテンプレートを手軽に作ることができることはご存知でしょうか。テンプレートを作成することで、時間を節約できるようになるだけでなく、ブランド全体の統一感を表すことができるようにもなります。

ここでは、Instagramのストーリーがどうして重要なのかということを踏まえた上で、Canvaでそのテンプレートを作る方法、テンプレートを自分の事業戦略に最適化する方法を考えてみましょう。更に気になったら、こちらもぜひご参照ください。

Instagramのストーリーが重要な理由

Instagramのアルゴリズムは変化を続けており、ユーザーはエンゲージメントが創出できないことに憤りを感じています。そのため、より多くのユーザーがフィードではなくストーリーを見るようになったことは当然とも言えます。Instagramのストーリーにより、フォロワーと繋がり、投稿へのトラフィックを生んだ上で、リーチするための戦略を考える余地がまた生まれたのです。

このサービスは楽しいだけでなく無料で、更にフォロワーと毎日交流するのに最適な方法でもあります。常に交流することで、フィードにあなたの投稿が無い場合でも、あなたのブランドを意識してもらえるようになるのです。

CanvaでInstagramのストーリーテンプレートを作るには

Canvaを用いることで、ブランドとして統一感のある投稿をすることが可能になります。数100万もの背景、130種類のフォント、たくさんのグラフィックを組み合わせることでテンプレートをカスタマイズし、あなたのブランドにぴったりのテンプレートを作りましょう。

コンテンツが、全体として統一感があるように、Instagramのアカウントにそれなりの美意識を持たせるというのは、より多くのフォロワーを獲得していく上で、とても重要なことであり、これからのInstagramにおけるマーケティングで成功しようと思うのなら欠かすことのできない要素ともなっています。

今やInstagramのプロフィールは、ウェブサイトのホームページと同じくらい重要であり、ますます多くの人がブランドを検索する上で、まずInstagramをチェックするようになっています。つまり、ウェブサイトを作成する上でどんな画像や文章を載せるべきか、ということを考えるのと同様に、Instagramを使う上でもそれと同じかそれ以上の注意を払う必要があるのです。

先進的なブランドにおけるソーシャルメディアの専門家は、この原則をInstagramのストーリーに応用し、ブランドロゴやブランドとしての色、フォントを用いることで、ブランドの認知度を高めることに成功しています。

Xpress-Classes-1

Xpress-Classes-2

Xpress-Classes-3

Laterの『Canvaでインスタストーリーを作る方法』を動画でチェックしてみましょう。

ブランドに合わせてテンプレートをカスタマイズ

Canvaの無料アカウントを作成したら、ロゴをアップロードし、色選択によってブランドの色を決定、これにより統一感がありブランドロゴの入ったテンプレートを作成することができます。

上級テクニック:CanvaのWorkアカウントを持っているなら、特定のブランドフォントや店舗のロゴ、カラーパレットをアップロードすることで、よりスムーズに作業することも可能です。

Canva-templates-page-tb-800x0

Canvaのデザインチームが作成したテンプレートは自由に使うことができ、カスタマイズも可能です。正しいアスペクト比のことを考える必要もありません。テンプレートは既に正しい設定で作成されているからです。

Canvaのテンプレートをカスタマイズしてインスタストーリーに使う

Canvaを用いることで、ブランドとしてInstagramのストーリーに投稿するための美しいテンプレートを簡単に作ることができます。必要なのは、Canvaを開いてCreate a Design(デザインを作成)を選択するだけです。

Create-a-design-Canva-page-tb-800x0

次に、カスタムサイズから、1080x1920ピクセルを選択します。

custom-dimensions-tb-800x0

ここから、自由にテンプレートを作成することができます。様々な背景、テキストオプション、素材を組み合わせて色々なことを試してみましょう。

左のパネルにあるメニューオプションをクリックすると、利用できるオプションがリストになって表示されます。また、パネル上部には検索窓が開くので、これを使って必要な素材を探すこともできます。

Canva-Search-bar-tb-800x0

既に使いたい画像があるという場合はアップロードすれば作成に用いることができます。アップロードするとアップロードフォルダに保存されるので、いつでも使うことができるようになります。編集作業が完了したら、名前をつけてテンプレートを保存すれば、いつでも利用することができます。

Canva Photo Libraryを使う

Canvaには、自由に利用できる画像やイラストが用意されたライブラリーもあります。100万を越える背景やテクスチャのコレクションから、自分のデザインに最適と思われるものを選びましょう。無料でも充分な数の画像が用意されていますが、低価格で利用できるプレミアム画像もあります。

Canva-stock-photos-page-tb-800x0

Canvaのインスタストーリーテンプレートはどんなときに使えるか

ここでは、CanvaのテンプレートをInstagramのストーリーに活用するいくつかのアイデアを見てみましょう。

近況報告・アナウンスメント

写真とテキストを入れるスペースを入れたテンプレートを作れば、そこを少し入れ替えるだけで、ブランドの新情報や製品の新発売、イベントなどを告知することができます。ブランドの色やフォント、アイコンを意識して作成することで、後々の広告の際にも時間短縮になるのです。

例えば、新しいブログの投稿をシェアするときには、画像とテキストをテンプレートに差し込むことで、オーディエンスの注意を引くことのできるストーリーを生み出すことができます。ブランドのロゴを追加したり、背景写真を独自に用意したりすることで、更にテンプレートはブランドらしいものになるでしょう。

Later-Instagram-stories-tb-800x0

引用・お客様の声

引用やお客様の声などを提供する上でも、Canvaのテンプレートを使うことができます。Instagramの通常テキストや背景オプションを使うのではなく、ブランドの色やフォントを使ったテンプレートを作成しておくことで、時間と労力の節約になるでしょう。

無料体験、ギフトなど

誰でも無料のものは大好きです。Instagramのストーリーを用いて、ちょっとしたヒントやレシピ、壁紙などを共有すると良いでしょう。オーディエンスは喜んでくれるだけでなく、また新しいプレゼントがないか、時々確認しに戻ってきてくれるようになります。

Instagram Stories Highlightsのカバー

Instagramのハイライト機能を使うことで、より多くのフォロワーにブランドを届け、ブランドの在り方を示し、トラックを創出したり、製品を販売したりすることができるようになります。こうしたハイライトをブランド的にすることで、Instagram上全体の見え方が統一的になり、それだけフォロワーとの交流の機会も増えやすくなるのです。

Later-IG-Story-Highlight-1

Later-IG-Story-Highlight-2

latermedia-IG-profile

このハイライトに用いるカバー(表紙)も、Canvaで簡単に作れます。まず、ブランドにぴったりの背景を左側のパネルにあるBackground(バックグラウンド・背景)から選択し、続いて色を選択します。

color-palette-Canva-editor-tb-800x0

次にElements(素材)のタブからIcons(アイコン)をクリックして、自分のハイライトカテゴリーにぴったりのグラフィックを探しましょう。例えば『カレンダー』を検索すると、次のように様々なカレンダーをチェックすることができます。

Canva-icons

もしもブランディングにぴったりなアイコンを既にお持ちなら、それをアップロードすることもできます。こうして表紙を作成したら、Download(ダウンロード)し、それをお使いのデバイスに保存してください。

Canvaのテンプレートを用いることで、Instagramのストーリーで色々なことが可能となります。あらゆるソーシャルメディア戦略と同様、このストーリーを活用することでフォロワーと交流し、オーディエンスをどんどん増やしていくことが可能です。ブランドの色を加えたテンプレートを用意しておくことで、時間の節約になるだけでなく、ただのフォロワーをファンにすることにも繋がるのです。

デザイン作成の切り札