ステークホルダーマップ

ステークホルダーマップ

ステークホルダーマップを使って、プロジェクトに関わる人々やグループの関係を可視化しましょう。Canvaの無料ステークホルダーマップメーカーを使って、オンラインですぐにデザインし、作品を共有しましょう。
SkyScanner
Playa Bowls
Painting with a Twist
Realty Austin
Engie
City of Los Angeles

ステークホルダーマップ作成機能

Canvaのオンラインステークホルダーマップツールを使って、適切な人々を巻き込み、プロジェクトや製品の立ち上げを成功させましょう。直感的なエディターと豊富なエレメントライブラリで、ステークホルダーを簡単にマッピングし、ニーズを整理してプロジェクトを推進できます。ゼロから始めることも、あらかじめ用意されたテンプレートから選ぶこともできます。

20種類以上のプロフェッショナルなグラフから選択可能

ワークフローを迅速化するプロフェッショナルデザインのテンプレート

データの可視化が簡単に - 複雑なソフトウェアの習得は不要

高解像度グラフの公開、共有、ダウンロード

プレゼンテーションやレポートなどにステークホルダーマップを簡単に埋め込むことができます。

非デザイナーを念頭に置いた簡単なドラッグ&ドロップツール


ステークホルダーマップの作り方

ステークホルダーマップの作り方
ステークホルダーマップを作成(新しいタブまたはウィンドウで開く)

Canvaを起動し、"ステークホルダーマップ"と検索して、ステークホルダーマップツールをご利用ください。

カスタマイズ可能なステークホルダーマッピングテンプレートのコレクションをご覧ください。スタイル、テーマ、色で絞り込んで検索できます。また、空白のレイアウトから始めて、自由にデザインを作成することもできます。

関連する情報を記入し、ステークホルダー マップを作成します。プロジェクトの主要なプレーヤーとその役割を特定し、関与の観点から整理し、相互に関連付けます。長方形、円、さまざまな形を使って各要素を表し、線や矢印でその関係を示します。

ステークホルダー・マップを自由にカスタマイズ。要素の配置を調整します。個人やグループを色で分類します。プレースホルダテキストのスタイルを変更する。また、アイデアを視覚的に表現するために、ライブラリから適切なアイコン、イラスト、ベクターを見つけることもできます。考えを共有するためのスペースが必要ですか?ホワイトボードに拡張して、リアルタイムでチームとコラボレーションしながらインスピレーションを得ましょう。

作成したステークホルダーマップデザインは、高解像度のPNG、JPG、PDFファイルとしてデバイスに保存できます。印刷したり、Canvaのドキュメント、プレゼンテーション、レポートに埋め込むことができます。また、メールで共有したり、ウェブサイトやソーシャルメディアで公開することもできます。
ステークホルダーマップを作成(新しいタブまたはウィンドウで開く)

ステークホルダーマップとは?

ステークホルダーマップとは、プロジェクトに影響を与える人々や組織と、それらの関係を視覚的に表したものです。誰が関与する必要があるのか、その役割、何を要求し、何を期待しているのかが示されています。ステークホルダーマップは、テクノロジーやヘルスケアから観光まで、さまざまな業界で応用できます。ステークホルダーマップは、プロジェクトのあらゆる段階を通じて、各ステークホルダのニーズを理解するのに役立つため、ステークホルダーマネジメントには欠かせないものです。

ステークホルダーマップで関係を可視化する

ステークホルダーマップで関係を可視化する

ステークホルダーマップを使って、プロジェクトのあらゆるフェーズでステークホルダーと効果的に連携しましょう。Canvaの最高のステークホルダーマップツールを使って、主要人物を特定し、関係性を確立しましょう。関与が必要なすべての人をリストアップし、影響力の観点から分類し、物事を推進するためのアクションプランを作成します。Canvaの使いやすいプラットフォームと強力な機能を使えば、プロジェクトの最初から最後まで、簡単に軌道に乗せることができます。

ステークホルダーマップで細部に至るまで地図を描く

ステークホルダーマップで細部に至るまで地図を描く

新市場への参入や新製品の発売?多くの人が関わり、何から始めればいいのかわからず、圧倒されることもあるでしょう。Canvaでステークホルダーマップを作れば、プロジェクトや製品の明確なイメージを描くのに必要なツールがすべて揃います。顧客とサプライヤーをアイコンで区別したり、コミュニケーションの流れを矢印で結んだり、要素を並べ替えてステークホルダーを階層別に分類したり。また、色やフォントを使って、伝えたいメッセージを表現することもできます。

ステークホルダーマップ作成をチームで行う

ステークホルダーマップ作成をチームで行う

Canvaのステークホルダーマップ作成機能を使えば、コラボレーションも簡単です。メールや共有可能なリンクでデザインにアクセスできます。アイデアを出し合いながらチームを巻き込み、リアルタイムの洞察を提供しましょう。エンゲージメント戦略の概要、リソースのリスト、優先順位の投票。Canvaの簡単なコラボレーション機能により、時間を節約し、生産性を高め、より効率的なワークフローを構築することができます。

ステークホルダーマップを無限のキャンバスで作成

ステークホルダーマップを無限のキャンバスで作成

Canvaがあれば、アイデアを広げるスペースに制限はありません。チームと協力して、主要なステークホルダーをマッピングし、チャンスを発見し、潜在的な障害をナビゲートしましょう。ホワイトボードに展開」をクリックするだけで、魔法をかけることができます。付箋を使って重要な部分を強調したり、コメントやフィードバックを追加したり、タイマーを設定してブレーンストーミングセッションを記録したりできます。Canvaのホワイトボード(新しいタブまたはウィンドウで開く)を使えば、あなたのデザインをもっと生かすことができ、1つの共有バーチャルスペースで自由にアイデアを探求できます。

ステークホルダーマップテンプレート

無料のステークホルダーマップテンプレートで、利害関係者を整理し、インスピレーションを得てプロジェクトを始めましょう。Canvaのコレクションからデザイン済みのステークホルダーマップ例をパーソナライズし、色、フォント、シンボル、さまざまなデザイン要素を使用して、必要な方法でマップをスタイリングしましょう。
引用符
"デザイナーでなくても優れたグラフや図を作成できる"

Matylda


FAQ

ステークホルダーマッピングとは、プロジェクトを始める前にステークホルダーを地図上に可視化するプロセスです。利害関係者を関心、影響力、権力、正当性、緊急性などの観点から分類する。サリエンスモデルやパワー/インタレストグリッドのような多くのステークホルダーマッピングモデルは、各ステークホルダのニーズ、動機、関係性を一目でわかるようにグラフで示します。

ステークホルダーは、内部ステークホルダーと外部ステークホルダーに分類できる。内部ステークホルダーとは、製品やプロジェクトの構築に携わる従業員で、何らかの影響力を持つ者を指します。CEO、プロダクトマネージャー、デザイナーなどがその例です。一方、社外のステークホルダーは、顧客やメディアなど、組織の外部にいるものの、プロジェクトの影響を受ける人たちです。内部ステークホルダーと外部ステークホルダーは、どちらもプロジェクトの成功に一役買うため、その見極めは非常に重要です。

プロジェクトを始める前にステークホルダーをマッピングしておくことは、主要な関係者を特定し、各段階で誰に通知し、監視し、優先順位をつけるべきかを知る上で重要です。プロジェクトや製品を開発する中で、各ステークホルダーのニーズを予測し、より適切な意思決定を行い、潜在的な対立領域を発見し、より重大な問題に発展する前に迅速に対処することができるようになります。ステークホルダーマッピングは、プロジェクトを円滑に進め、ステークホルダーの利害を一致させるのに役立つため、ステークホルダーマネジメントには欠かせません。

ステークホルダーマップ作成には、「特定」「分析」「マッピング」「最終決定」の4つのステップがあります。
  1. まず、プロジェクトの影響を受ける人々や組織を特定することから始めます。必要だと思う数だけ名前を挙げてください。ステークホルダーの人数は、プロジェ クトが進むにつれて、いつでも見直すことができます。
  2. プロジェクトに対する影響力や関心の度合いを分析します。
  3. 各段階でどの利害関係者が関与する必要があるか、また、どのように彼らのニーズを満たすかを決定します。選択したステークホルダーマップモデルに応じて、ステークホルダーをグリッドまたはマトリックスにマッピングします。こうすることで、誰に優先順位をつけ、誰に情報を伝え、誰を監視すべきかがわかります。
  4. 関連情報をすべて集めたら、作業を確定します。ステークホルダーマップを自社の構造に合わせてデザインし、仮想ワークスペースで共有することで、すべてのステークホルダーがアクセスできるようにします。

ステークホルダーマッピングは、それぞれの状況によって異なるように見えるかもしれないが、いずれも誰が関与し、次に何をすべきかを理解するのに役立つ。ステークホルダー・マッピングを行う際には、以下のベスト・プラクティスを念頭に置いてください。
  • 包括的であること。ステークホルダーのさまざまな視点と、彼らがプロジェクトによってどのような影響を受けるかを理解する。
  • オープンにコミュニケーションする。開発しようとしているものについて、各利害関係者がどのように感じているかを理解することができるからです。
  • できるだけ詳細に。ステークホルダーマッピングに詳細を盛り込めば盛り込むほど、ステークホルダーのニーズをより的確に伝えることができます。
  • 連絡を絶やさない。プロジェクトの期間中、オープンなコミュニケーションチャネルを維持し、ステークホルダーの考えや参加を気にかけていることを示しましょう。

関連するグラフ・チャート・図

ステークホルダーマップによるプロジェクト利害関係者の管理

ステークホルダーマップによるプロジェクト利害関係者の管理