親和図

親和図

アフィニティマッピングで混沌を明確に。チームでアイデアを出し合った後、Canvaのオンラインホワイトボードツールで親和図を作成し、すべてのデータを分類・抽出し、豊かなインサイトを生み出しましょう。
SkyScanner
Playa Bowls
Painting with a Twist
Realty Austin
Engie
City of Los Angeles

親和図をオンラインで作成

どんなに多くのアイデアが出されても、どんなに大量のリサーチデータがあっても、親和図があればすべてを理解することができます。Canvaの親和図メーカーを使えば、ブレインストーミングでアイデアを出し合い、カテゴリーに集約する際に、チームの指針となります。親和性ダイアグラムの例を選び、Canvaホワイトボードのコラボレーションツールを使ってチームをディスカッションに参加させましょう。個々の付箋にアイデアを書いて、必要な数だけグループ分けできます。

無限のアイデアのための無限のスペース

ワークフローを迅速化するプロフェッショナルデザインのテンプレート

いつでも、どんなデバイスでも、誰とでも、共有し、アイデアを練ることができる

ホワイトボード、付箋、タイマーを使ってワークショップを行う

親和性ダイアグラムをドキュメントやプレゼンテーションなどに簡単に埋め込むことができます。

簡単なオンラインホワイトボードツールとデータ可視化


親和図の作り方

親和図の作り方
親和図を作成(新しいタブまたはウィンドウで開く)

デスクトップまたはモバイルでCanvaを開き、「親和図」を検索してホワイトボードのデザインを開始します。

カスタマイズ可能な親和図テンプレートをご覧いただき、お好きなものをお選びください。ブレーンストーミングや分解したいトピックや情報に合わせて、レイアウトを選んだり、ゼロから作成したりできます。

チームと一緒にアイデアを出し合い、親和性ダイアグラムを作成しましょう。チーム全員をオンラインのホワイトボードに招待し、テンプレート上で作業できるようにします。次に、キャンバスの上に問題文を置き、ホワイトボードの上の仮想付箋に事実やアイデアを書いてもらいます。タイマーを使って、すべての進捗を管理します。

似たような付箋や関連する付箋をグループ化します。そうすれば、自動的にカテゴリーが浮かび上がってきます。冗長なメモも含めて、すべてのアイデアがグループ化されるまで、分類を続けましょう。セッションが終わるころには、3から10のクラスターができていることでしょう。各カテゴリーに見出しをつけ、ノートの色をカスタマイズして、グループ分けを強調することができます。

完成した親和図を使って、親和グループをアクション・アイテムにする方法について話し合います。また、将来のワークショップのためにホワイトボードを保存することもできます。さらに、作成した親和図を他のチームと共有して発表したり、PDFや画像ファイルとしてエクスポートしたり、Docsに埋め込んだりすることもできます。
親和図を作成(新しいタブまたはウィンドウで開く)

親和図とは?

親和図とは、圧倒的な量の情報を意味のあるカテゴリーに分類するものです。大量のデータやアイデアは、通常、ブレーンストーミング・セッションや研究結果から得られます。多くの場合、アフィニティ・ダイアグラムは作業活動であり、チームがアイデアを付箋に書き出し、それを共通のテーマに従ってグループ分けする。その結果、親和性グループやセットと呼ばれるグループができ、チームは、関係性を明らかにし、洞察に満ちた議論を生み出し、問題の核心を狙った解決策を策定することができます。

なぜ親和図を使うのか?

なぜ親和図を使うのか?

親和図は驚くほど汎用性が高く、研究から企業まで、あらゆる場面で活用されています。しかし、どのような用途であっても、親和図には1つの目的があります。それは、膨大な数のデータをセットに分類し、同じようなものをグループ化して、アイデア、事実、意見を整理することです。

親和図から浮かび上がったカテゴリーを中心に、新鮮な洞察を得たり、実行可能な解決策を生み出したりする。エンドユーザーの問題やフィードバックの長いリストを分類した場合、実施したい変更のアイデアをグループ化し、タイムラインを分類することができる。調査データに関しては、さまざまな情報を分類し、それらを提示する際の流れや構成を計画することができる。アフィニティ・マッピングは、次のステップや将来の決断のための確かな土台を与えてくれます。

親和図に活用できる無限のキャンバスと無限の付箋

親和図に活用できる無限のキャンバスと無限の付箋

100枚以上の付箋が貼られた親和図も珍しくありません。Canva Whiteboardsで親和性図を作成すれば、付箋紙や付箋紙を貼るスペースが足りなくなることはありません。キャンバスが無限に広がるので、例えばリサーチアンケートの100の回答や、クラウドソーシングで集めたプラットフォームを改善するための100のアイデアなど、必要なスペースはすべて確保できます。親和性の高いグループをいくつでも作るスペースがあり、可能性のあるクラスターごとに付箋を色分けすることもできる。このように広々としたキャンバスがあれば、チームは簡単に傾向やパターン、親和性を見つけることができます。

親和図法に最適なワークショップツール

親和図法に最適なワークショップツール

ブレーンストーミングは親和図法の核心です。ワークショップツールを使って、スムーズにブレインストーミングを行いましょう。親和図テンプレートへの共有可能なリンクを送信して、全員を参加させましょう。複数の視点や考え方を得るために、多様なグループを招待しましょう。全員が付箋に意見を書き、図に貢献することができます。タイマーを使って、ノートをグループに分類する。1回では終わらない?ご心配なく。Canvaは進捗を自動保存するので、いつでもアイデア出しや並べ替えに戻ることができます。

親和図をあらゆるテーマに活用

親和図をあらゆるテーマに活用

どのような問題であれ、どれだけ多くの意見やアイデアが出されたとしても、Canvaが作成した親和図があれば解決策を導き出すことができます。チームメイトを集めるだけで、膨大な量のユーザーの意見、関係者へのインタビュー、各チームメンバーの観察から貴重なインサイトを抽出できます。リサーチチームであれば、定性調査の回答をカテゴリーにグループ分けして、似たようなテーマを明らかにすることができます。また、一人で仕事をしている場合、アフィニティ・ダイアグラムは、散らかった調査メモや同僚からの推奨事項を整理するのに最適な方法です。最後に、アフィニティ・ダイアグラムは、問題に対するチームのコンセンサスを得るのに役立ちます。

親和図でアイデアを解決策に変える

親和図でアイデアを解決策に変える

Canvaホワイトボードを使えば、親和図ワークショップがもっと楽しく、インタラクティブになります。リアルタイムのマウスポインターがあるので、ファシリテーターは進行状況を確認できます。チームメイトはコメントや絵文字でリアクションを追加できるので、フィードバックを集めるのがとても簡単です。アクションアイテムがある場合は、コメントにタグ付けできます。より多くの文脈を追加する必要がありますか?ホワイトボードにグラフや表(新しいタブまたはウィンドウで開く)を表示できます。ダウンロードからCanva Docsへの埋め込み、スライドデッキとしての提示まで、共有オプションは豊富です。Canvaのアフィニティダイアグラムメーカーを使えば、簡単に共同作業のエネルギーを高めることができます。

親和図テンプレートでインスピレーションを得る

次のブレーンストーミング・セッションでは、親和性ダイアグラム・テンプレートのいずれかを選択して、先手を打ちましょう。すべての付箋要素を複製し、データの必要に応じてクラスタを追加できます。親和性ダイアグラムの例を選択して、デザインを始めましょう。
引用符
"ストック素材を使用したり、独自の素材を取り込んだりして、グラフィックやグラフを素早く作成できるため、生産性を向上させながらストレスを軽減できる"

Alex H


FAQ

親和図法は、考案者の川喜田二郎が1960年代に考案したことから「KJ法」とも呼ばれます。また、"アフィニティ・チャート "や "アフィニティ・マップ "とも呼ばれます。

親和図法は、整理されていない事実やアイデアがたくさんあるときや、問題があまりにも大きく複雑に思えるときに使われます。アフィニティ・ダイアグラムは、膨大な量のデータ(事実、意見、答え、アイデアなど)を管理可能なグループに分類し、チームが実行可能なステップに変換することができます。たくさんのアイデアが浮かんでいるようなときは、オンライン・ホワイトボードに飛び込んで、親和性ダイアグラムの例を使いましょう。

親和図法では、チームでアイデアを出し合い、それをグループ分けします。通常、ブレーンストーミング・セッションが必要で、人々が集まって大きなワークスペースで親和図を作成し、付箋紙を追加、移動、並べ替えしながら進めていきます。仮想親和図を作成する場合は、当社のオンライン・ホワイトボードをご利用ください。無料のテンプレート、ブレーンストーミング・ツール、サイズ無制限の付箋をご利用いただけます。

効果的な親和図を作成するには
  • 問題を明確に述べる。協力者がどのようなアイデアや解決策を提案すればよいかを知ることができるように、問題や疑問を述べることから始めます。
  • 多様な人たちを招待する。そうすることで、多様な視点が得られ、より良い解決策につながる可能性があります。
  • ファシリテーターを任命する。親和図式のセッションは、人々が考えを共有することを促し、物事を進める方法を知っている人が主導します。

マインドマップと親和図は、どちらもアイデア間の関係を示します。しかし、その構造は異なります。マインドマップでは、中心となるアイデアがあり、そこから関連するアイデアが枝分かれしていきます。これに対して、親和図は、膨大な数のアイデアをクラスターに分類します。マインドマップとは異なり、アフィニティ・ダイアグラムには中心となるアイデアはありません。むしろ、情報を親和性のある集合にグループ化します。

関連するグラフ・チャート・図

親和図で無限のアイデアを整理する

親和図で無限のアイデアを整理する